CRYPTO

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

RVN_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のRavencoin(RVN)について詳しく知りたい。Ravencoin(RVN)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Ravencoin(RVN)の概要
  • Ravencoin(RVN)の特徴
  • Ravencoin(RVN)の価格推移
  • Ravencoin(RVN)の将来性
  • Ravencoin(RVN)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Ravencoin(RVN)は、ビットコインからのフォークを通じて2018年に誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕がRavencoin(RVN)について、概要や特徴から、将来性、購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとRavencoin(RVN)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Ravencoin(RVN)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の概要

RVN01

出典:Ravencoin公式サイト

 

Ravencoin(RVN)は、ビジネスマンのBruceFentonと開発者のTronBlackによってビットコインからのフォークによって2018年に誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

>>仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?概要・特徴や将来性を徹底解説

 

Ravencoin(RVN)はデジタルピアツーピア(P2P)ネットワークであり、用途に応じたブロックチェーンを実装することを目的としています。

 

有価証券、収集品、金、イベントチケット、そして航空会社のマイルなどの資産をトークン化し転送を容易にするように設計されています。

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の特徴

RVN02

出典:Ravencoin公式サイト

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の特徴は以下のとおり。

 

  • コンセンサスアルゴリズムにKAWPOWを採用
  • 誰でもトークンを発行できる
  • メッセージング

 

①コンセンサスアルゴリズムにKAWPOWを採用

 

Ravencoinの設計コードはBitcoinからコピーされていますが、独自のネットワーク、アセット、およびプロトコルルールを採用しビットコインの機能を改良しています。

 

Ravencoinは、KAWPOWと呼ばれるProof-of-Work(PoW)関連のコンセンサスアルゴリズムを採用し、ユーザーがマイニングへ参加しやすくしています。

 

ビットコインのコンセンサスアルゴリズムであるPoWと同様に、KAWPOWはRavencoinソフトウェアへ接続しているコンピューターCPUを利用し、ネットワークを保護しトランザクションを検証の上、RVNを新規発行します。

 

②誰でもトークンを発行できる


Ravencoinは誰でもトークンを発行することができます。

 

新たに暗号資産(仮想通貨)を作成するには、ユーザーは一定量のRVNコインをバーン(燃焼)させ、トークンに任意の名前をつける必要があります。

 

発行者は暗号資産(仮想通貨)の作成時に、発行するトークンの数量や分割される可能性の有無、そしてトークンが持つ特別な機能を設定することができます。

 

注目すべき点としては、トークン発行者は誰でもRVN報酬をトークン所有者に配布することが可能です。

 

たとえば、コミュニティ内でインセンティブのためにトークンを作成したりすることができます。

 

③メッセージング


Ravencoinは、トークンの作成者がトークン保有者ににメッセージを送信する機能「メッセージング」を実装しています。

 

用途としては、トークンに関する提案に投票する必要がある場合に特定の所有者にメッセージを送ることができます。

 

すべてのRVNトークンは譲渡可能であり、トークン所有者は投票券をネットワークの他のユーザーに譲渡できるだけでなく、コミュニティの株式を売却することもできます。

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来性

仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来性

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. デジタルトークンの需要増
  2. NFT分野への進出

 

①デジタルトークンの需要増

 

Ravencoinは実世界の資産を表すデジタルトークンのプラットフォームとして機能するため、今後のデジタルトークンの需要増に伴ってニーズが増すと考えられます。

 

例えば、ビットコインのセキュリティおよびトランザクションモデルを新しいクラスの資産に適用しようとしているプロジェクトにとっては魅力的に映るはずです。

 

さらに自分の資産をトークン化したい投資家がその将来性を見込んでRavencoin(RVN)を購入することも考えられます。

 

②NFT分野への進出

 

Ravencoin(RVN)はNFTマーケットプレイス「RVNFT」をリリースしています。

 

 

NFTはここ最近で盛り上がりを見せており、クリプトパンクスやBAYCなどはかなりの高値で取引されています。

 

さらに絵画や音楽などのアート分野や野球やサッカーといったスポーツ分野でもNFTへの参入が目立っています。

>>NFTアートとは?特徴や将来性、購入・販売方法から作り方まで解説!

 

そうした流れを受けて、RVNFTの利用者も増加すると見込まれるためRavencoin(RVN)の価値も上昇すると考えられます。

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の価格推移

仮想通貨Mina Protocol(MINA)の直近のチャート

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

RVN価格

 

2021年2月に暗号資産(仮想通貨)全体の上昇トレンドに乗り価格が急上昇。

 

一時22円を記録し過去最高値を記録しました。

 

その後は暗号資産(仮想通貨)全体が調整局面に入り、下落トレンドに転じたためRavencoin(RVN)は価格が安定して推移しています。

 

今後も実資産をトークン化できる需要は高まると見られており、Ravencoin(RVN)の需要も増すと見られています。

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)の購入方法

仮想通貨Telcoin(TEL)の購入方法

 

Ravencoin(RVN)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でRavencoin(RVN)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Ravencoin(RVN)を購入する

 

そのため、Ravencoin(RVN)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Ravencoin(RVN)は今後需要が増える見込み

仮想通貨Ravencoin(RVN)は今後需要が増える見込み

 

今回は、仮想通貨Ravencoin(RVN)について解説しました。

 

実資産をトークン化できるプラットフォームとして今後も注目され、ユーザーが増えることが予想されます。

 

2022年5月現在、Ravencoin(RVN)の価格は約4円と購入しやすい価格です。

 

安い今のうちにサクッと1万円ほど購入しておけば、将来値上がりしたときに利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Ravencoin(RVN)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Ravencoin(RVN)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

この記事を読んだ97%の人が行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら無料で口座開設をして行動しましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5