CRYPTO

仮想通貨Secret(SCRT)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

SCRT_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のSecret(SCRT)について詳しく知りたい。Secret(SCRT)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Secret(SCRT)の概要
  • Secret(SCRT)の特徴
  • Secret(SCRT)の価格推移
  • Secret(SCRT)の将来性
  • Secret(SCRT)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のSecret(SCRT)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

Secretは、スマートコントラクトのデータプライバシーをデフォルトで備えたブロックチェーンであるSecret Networkのガバナンストークンです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、Secret(SCRT)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとSecret(SCRT)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Secret(SCRT)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Secret(SCRT)の概要

SCRT01

出典:https://scrt.network/

 

仮想通貨名 Secret
ティッカーシンボル SCRT
プラットフォーム名 Secret Network
現在の価格(2022年5月21日時点) ¥249.55
時価総額(2022年5月21日時点) ¥40,675,970,810
時価総額ランキング(2022年5月21日時点) 113位
購入できる主な取引所

Binance
gate.io 他

 

Secretは、スマートコントラクトのデータプライバシーをデフォルトで備えたブロックチェーンであるSecret Networkのネイティブコインです。

 

 

パーミッションレスとプライバシー保護の両方を備えたアプリケーションを構築して使用することができます。

 

この機能は、ユーザーを保護し、アプリケーションを安全にし、Web3のこれまで不可能だった何百ものユースケースを可能にします。

 

Secret Networkは、ユーザーの安全性を担保すると同時に、既存の企業やプロジェクトが機密データを保護しながら安全に参加できる、次世代のDeFiアプリケーションの基盤になることを目標としています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

Secret(SCRT)の特徴

SCRT02

出典:https://scrt.network/

 

Secret(SCRT)の特徴は以下のとおりです。

 

  1. 高いプライバシー性
  2. パーミッションレス・ブロックチェーン
  3. データ保護と利便性を両立

 

①高いプライバシー性

 

現在のブロックチェーンはデフォルトではパブリックであり、すべてのデータが誰にでも公開され、ユーザーを危険にさらしています。

 

有意義なユースケースを可能にし、世界的な普及を実現するためには、ユーザーや組織は、自分のデータがどのように使用され、共有されるかをコントロールする必要があります。これは、"プログラマブル・プライバシー "と呼ばれる概念です。

 

シークレット上のノード(シークレットノードと呼ばれる)は、暗号化されたデータに対して一般化可能な計算を行うことができ、これにより、スマートコントラクト(シークレットコントラクトと呼ばれる)がプライベートデータやセンシティブデータを入力として使用できるようになります。

 

Secret Networkの焦点は、単なる取引上のプライバシーではなく、計算上のプライバシーにあります。シークレットのこのプライバシー機能は、分散型金融、Web3、機械学習、アクセスコントロールなど、多くの分野で重要です。

 

Secret Network上の取引では、このプログラマブル・プライバシーによって高いプライバシー性が担保されています。

 

②パーミッションレス・ブロックチェーン

 

Secret Networkは、2015年にMITで初めて執筆されたオリジナルのプライバシー研究と論文をベースにしたオープンソースのパーミッションレス・ブロックチェーンです。

 

パーミッションレス・ブロックチェーンとはイーサリアムで導入されている管理者なしに誰でもブロックチェーンネットワークに参加できるチェーンのことです。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

その中には、現在、ブロックチェーン分野で最も影響力のある論文の一つであり、2,000件の学術的引用がなされている「Decentralizing Privacy」も含まれています。

 

Secretは、Enigma、Secret Foundation、Secretnodes.org、Chain of Secretsなど、多くの独立した開発チームや団体によってサポートされています。

 

③データ保護と利便性を両立

 

シークレット・ネットワークは、暗号化されたデータを安全に処理するために、TEE(Trusted Execution Environment)を利用したコンピュータ(シークレット・ノード)の分散型ネットワークとして構築されています。

 

TEEは、データ処理のブラックボックスのようなもので、スマートフォンやゲーム機など、日常のあらゆるプラットフォームで利用されています。

 

デフォルトではデータは暗号化されているため、Secret Networkのユーザーは自分の機密データを見るための「閲覧キー」を持っています。閲覧キーは、オーディター、ウォレット、エクスプローラーなどの第三者と共有することができます。これにより、ユーザーは自分のデータを管理し、誰と何を共有するかを決めることができます。

 

Secret(SCRT)の価格推移

SCRTチャート

 

Secret(SCRT)はこの1年間で価格が急騰しています。

 

Defiの拡大により、金融面でのプライバシーが重要視されるようになったため、プライバシー性の高いSecret(SCRT)のニーズが増えたことが要因です。

 

Defiの利用者は今後も増え続けるため、ユーザーの取引の安全性を担保できるSecret Networが重宝されるようになる可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、Secret(SCRT)の価格の後押しとなるでしょう。

 

Secret(SCRT)の将来性

SCRT03

出典:https://scrt.network/

 

続いて、Secret(SCRT)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. SECRETトークン
  2. SECRET BRIDGES
  3. SECRET FINANCE
  4. シークレットNFTS

 

①SECRETトークン


SECRETトークン(SNIP-20)は、シークレットネットワーク上のスマートコントラクトのやり取りにおいて、デフォルトではプライベートなトークンを鋳造し、匿名性と機密性を確保するために暗号化されます。

 

トークンの残高、取引の詳細、トークンのメタデータを閲覧するには閲覧キーが必要です。これらのシークレットトークンは、シークレットファイナンスやシークレットNFTなど、シークレットネットワークのエコシステム全体で使用することができます。

 

このようにプライバシー性の高い機能を備えたトークンなので、Defiにおける取引の安全性を高めることができるため、今後の需要が増すと見られています。

 

 

②SECRET BRIDGES


SECRET BRIDGESは、他のブロックチェーンネットワーク(Ethereum、Binance Smart Chainなど)上の資産をSecret Networkに転送できます。

 

暗号資産(仮想通貨)のNEARなども同様のブリッジ機能を有しています。

 

NEARlogo
仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)とは?特徴や将来性、購入方法を解説

続きを見る

 

資産がシークレットブリッジを介して転送されると、シークレットトークンの契約が実行され、資産は暗号化され、アドレスの所有者またはその閲覧キーの所有者のみが閲覧できるようになります。

 

これらのシークレットトークンは、シークレットネットワークのエコシステムで使用することができます。

 

SECRET BRIDGESを使うことで異なるブロックチェーン上の資産を一元管理できるようになり、ユーザーの利便性向上につながります。

 

③SECRET FINANCE



Secret Financeは、シークレットネットワーク上に構築されたスマートコントラクトによって実現される、プライバシーを保護した分散型金融アプリケーションです。

 

シークレットDefiのアプリケーションは、クロスチェーンでの相互運用が可能で、フロントランニングやMEVに強く、デフォルトでプライベートであり、手数料が安いことが特徴です。

 

クロスチェーンは人気通貨のポルカドット(DOT)にも備わっている機能です。

 

ポルカドットロゴ
【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴、将来性などを解説

続きを見る

 

また、Secret Financeは、成長をインセンティブするための高利回りの運用方法を提供します。

 

このようにDefiの特徴である高い利回りで運用ができるため、資産運用が効率化します。

 

④シークレットNFTS

 

シークレットはNFT売買も可能です。

 

NFTについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

NFTTOP
【イケハヤ氏に学ぶ】NFTを売る際に重要なことは「マーケティング」です

続きを見る

 

シークレットNFTは、ユニークなアイテムやイベントをデータにしたもので、所有権や取引がデフォルトで非公開となる、偽造できないシークレットトークンです。

 

これらのユニークなアイテムは様々な目的で使用することができますが、個人的な記念品などのトークンはプライベート性が高いものです。Secret NFTは、このようなユースケースに適しているでしょう。

 

Secret(SCRT)の購入方法

仮想通貨MANAは今すぐ買うべき?

 

残念ながら、Secret(SCRT)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でSecret(SCRT)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Secret(SCRT)を購入する

 

そのため、Secret(SCRT)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

まとめ:Secret(SCRT)は今後のDefi需要が見込まれる

まとめ

 

今回はSecret(SCRT)について解説いたしました。

 

Secret(SCRT)は、プライバシーを優先した初のブロックチェーンエコシステムであり、今後のDefi拡大による需要増加などが見込まれます。

 

2022年5月現在で、250くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Secret(SCRT)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Secret(SCRT)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5