※本サイトにはプロモーションが含まれます

CRYPTO

仮想通貨SHANTI (SHN)とは?特徴・買い方、将来性と注意点について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のSHANTI (SHN)について詳しく知りたい。SHANTI (SHN)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • SHANTI (SHN)の概要
  • SHANTI (SHN)の特徴
  • SHANTI (SHN)の買い方
  • SHANTI (SHN)のチャート・価格推移
  • SHANTI (SHN)の将来性
  • SHANTI (SHN)のリスク・注意点
  • SHANTI (SHN)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

SHANTI(SHN)は、仮想通貨を貸し借りしたい人をマッチングするサービス、「SHANTI」が発行する仮想通貨です。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、SHANTI(SHN)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでSHANTI(SHN)に関する理解が深まるはず。

なお、SHANTI(SHN)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要です。

少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

SHANTI (SHN)の概要

名称 SHANTI(SHN)
時価総額 2487位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2023年9月時点) ¥0.00000015
時価総額(2023年9月時点) ¥28,053,749
公式サイト SHANTI(SHN)公式サイト

SHANTI(SHN)は、世界中の誰もが利用できるブロックチェーンベースのレンディングサービスを提供する「ソーシャルレンディング」プロジェクトです。

このプロジェクトは、銀行口座を持っていない人々や金融サービス業者からお金を借りることができない人々に対して、お金を貸し借りできるようにすることを目的としています。

SHANTI(SHN)プラットフォームは、貸し手と借り手をマッチングさせ、両者を仲介することで、レンディングサービスを提供しています。

>>仮想通貨のレンディングとは?儲かる仕組みや始め方を紹介!

SHANTI(SHN)プロジェクトの最初のステップは、お金を借りる機関を制限することで、プラットフォームの信頼性と安全性を高めることです。

貸し手は、銀行や仮想通貨取引所などの機関に限定されています。しかし、貸し出しサービスが軌道に乗れば、これらの機関に加えて、個人でもお金を貸すことができるようになります。

貸出サービスが増えるにつれて、金利が上昇し、貸し手は利益を得ることができます。将来的には、誰でもSHANTI(SHN)プラットフォームを使ってお金を借りることができるようになるでしょう。

SHANTI(SHN)プロジェクトの主な目的は、世界中の人々に金融サービスへのアクセスを提供することです。

このプロジェクトは、現在、銀行口座を持たない人々にとって、お金を貸し借りすることが困難である問題に対処するために開発されました。

これにより、誰でもお金を借りることができ、金融サービスへのアクセスが拡大されることが期待されます。

また、SHANTI(SHN)プラットフォームは、ブロックチェーン技術を活用して、セキュリティと透明性を高めています。これにより、利用者が安心してサービスを利用することができます。

 

SHANTI (SHN)の特徴

SHANTI(SHN)の特徴は以下のとおり。

  1. レンディングの仕組みを採用
  2. Pancake Gamesと提携済
  3. TTXと提携済
  4. 仮想通貨SHNを発行
  5. 保有者にメリットが多い

それぞれ解説します。

 

①レンディングの仕組みを採用

SHANTI(SHN)は、仮想通貨を利用したレンディングプラットフォームの開発を目指しています。

このプラットフォームは、「お金を貸したい人」と「お金を借りたい人」を対象としており、仮想通貨を貸し借りすることができます。

レンディングサービスは、貸した人が貸した期間に応じて高い利回りを得ることができるため、多くの人に利用されています。貸し手は仮想通貨をレンディングプラットフォームに一定期間預けるだけでよく、管理は運営会社に任されます。仮想通貨を預けてリターンを得るステーキングと似た仕組みです。

SHANTI(SHN)プラットフォームに預け入れた仮想通貨は、一般の銀行に預けるよりも高い利回りが期待できます。

また、貸し手にとっては、借り手が多ければ多いほど金利が高くなり、利益の出るサービスとなります。

 

②Pancake Gamesと提携済

SHANTI(SHN)は、Pancake Gamesと提携して、出資を受けました。

Pancake Gamesは、NFTゲームプラットフォームを提供しており、ブロックチェーン技術を利用したゲームを提供しています。

SHANTIは、Pancake Gamesからの出資を受けていますが、今後どのようなプロジェクトが展開されるかはまだ明らかではありません。

ただ、SHANTIが提供するレンディングサービスを利用した新しい展開が予定されている可能性があります。

Pancake Gamesは、今後、多くのブロックチェーンゲームを提供する予定であり、世界中で注目を集めています。

SHANTIは、このような注目を集める企業との提携を通じて、より広い市場に向けての展開が期待できます。どのような新しいプロジェクトが展開されるかは、今後の発表に注目したいところです。

 

③TTXと提携済

SHANTI(SHN)はTTXとも提携・出資を受けており、PancakeGamesと共同開発しているDefiプロジェクト「TTX.Finance」にも関与する可能性があります。

TTXは、NFTを活用したアイドルやタレントの取引を行う「TTX NFT」、新しい音楽産業の創造を目指す「NFT MUSIC」、PlayToEarnをベースとしたGameFiプラットフォーム「TTX GAMES」などを展開しています。

また、TTXには多くの著名人、アーティスト、ゲーム関連の有能な開発者が参加。

2022年にはNFTやメタバース、GameFiといったブロックチェーンを最大限に活用したプロジェクトが注目されることが予想されます。

TTXはSHANTIに出資し、PancakeGamesと共同開発しているDefiプロジェクト「TTX.Finance」にもSHANTIが関わる可能性が高いとされています。

具体的にどのようなプロジェクトが展開されるのかは明らかではありませんが、TTXのゲームが独自のメタバースを展開すれば、アイドルやアーティストが仮想空間でライブを行うことも可能になるかもしれません。

今後TTXとSHANTI(SHN)によるNFTを用いた様々な展開が期待されます。

 

④仮想通貨SHNを発行

「SHN」とは、SHANTI社が発行する仮想通貨の一種で、融資を行う際にSHNトークンを保有することで金利が優遇されるガバナンストークンとしての役割を持っています。

SHANTIプラットフォームで得た利益の一部は、SHNの買い戻しに充てられ、買い戻されたSHNは焼却され、SHNトークンの希少価値を高めます。

将来的には、SHANTIの流動性が高まれば、「SHN」をデジタル通貨に交換することができ、この通貨は「マクドナルド」や「スターバックス」でも使用可能となるとされています。

また、SHNトークンを保有している人には、PancakeGames社がGcakeトークンをエアドロップすると発表しています、

そのため、PancakeGames社やTTX社がSHANTIに出資することで、SHNトークンの価格を引き上げる計画が発表されるかもしれません。

 

⑤保有者にメリットが多い

SHANTIという仮想通貨は、ユーティリティトークンとして使用される場合、保有者にいくつかのメリットがあります。

  • 融資を受ける際の金利優遇
  • 利益の一部が買戻しに使用
  • バーンによる価値安定

例えば、SHANTIを保有している人は、SHANTIを利用して融資を受ける場合に金利が下がります。このため、借り手は金利優遇を受けることができます。

また、SHANTIプラットフォームからの利益の一部は、市場でSHANTIを買い戻すために使用されます。

これにより、SHANTIトークンの供給量が減少し、希少性が高まるため、SHANTIの価値が上昇する可能性があります。

最後に、SHANTIトークンは実質的にデフレーションの影響を受けます。なぜなら、SHANTIトークンの一部が買い戻され、焼却されるため、供給量が減少するためです。

これにより、需要が高まる可能性があり、SHANTIトークンの価値が上昇する可能性があります。

 

SHANTI (SHN)の買い方・購入方法

SHANTI(SHN)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

SHANTI(SHN)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでSHANTI(SHN)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでSHANTI(SHN)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでSHANTI(SHN)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

SHANTI (SHN)のチャート・価格推移

SHANTI(SHN)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年10月~12月

SHANTI(SHN)の2022年10月から12月にかけての価格は、わずかに上昇傾向にありました。

最高値は12月15日に記録されたものの、その後は下落傾向にありました。

12月16日の急落は、市場全体が下落し、SHANTI(SHN)も同様に影響を受けたためです。その後、12月24日には、SHANTI(SHN)は再び下落し、その原因は不明ですが、市場全体が休暇モードに入ったことも一因でしょう。

最終的に、SHANTI(SHN)は、市場全体の影響を受けつつも、わずかながら下落傾向にありました。

しかし、SHANTI(SHN)の価格に影響を与える様々な要因があり、市場の動向や開発計画などを注視することが重要です。

 

②2023年1月~3月

SHANTI(SHN)の2023年1月~3月の価格推移は、最低値である3月10日の¥0.0000618から、最高値である3月18日の¥0.000187まで変動。

一般的な暗号通貨市場の流れに沿った変動であったものの、SHANTI(SHN)は相対的に比較的強く推移しました。

3月18日以降、市場全体で一般的な下落トレンドがあったものの、SHANTI(SHN)は最低値圏で推移していた暗号通貨と比較して、比較的強いトレンドを示しました。

SHANTI(SHN)の価格変動には、投資家の関心の変化や一般的な暗号通貨市場のトレンドなど、複数の要因があります。

3月18日以降の一般的な市場下落の背後には、暗号通貨取引所Binanceが規制当局からの圧力により、一部のサービスを停止すると発表したことがあります。

これは暗号通貨市場に不安をもたらし、価格下落の原因となりました。

以上のように、SHANTI(SHN)の価格変動には、一般的な暗号通貨市場の流れや投資家の関心の変化など、複数の要因が絡み合っています。

SHANTI(SHN)は、一般的な市場の下落にもかかわらず、比較的強い推移を示したことから、投資家の間での関心の高さがうかがえます。

 

③2023年4月~

SHANTI(SHN)は2023年4月にわずかな価格変動を経験しました。

4月28日、開始価格は¥0.0000699で、その日の終値は¥0.0000048でした。最高価格は¥0.00007083、最低価格は¥0.0003357でした。

この価格の変動は、市場全体の動向に影響を受けていると考えられます。

暗号通貨市場全体が前週までに急騰した後、4月23日以降市場はしっかりと押し戻され、多くの通貨が下落しました。SHANTI(SHN)の価格の変動も、この市場全体の影響を受けている可能性があります。

SHANTI(SHN)の価格変動は、そのトークンの供給量や需要にも影響を受ける可能性があります。

SHANTI(SHN)の時価総額は安定しており、上昇傾向にありますが、その原因には供給量や需要のバランスが含まれている可能性があります。

以上の要因を総合すると、SHANTI(SHN)の価格変動は市場全体の動向や需要と供給のバランスなど、様々な要因によって影響を受けていると考えられます。

 

SHANTI (SHN)の将来性

続いて、SHANTI(SHN)の将来性について解説します。

  1. 数多くの企業と提携済
  2. ブロックチェーン需要の増加
  3. メタバース市場の拡大
  4. バーンを実施
  5. レンディングサービスの普及
  6. NFT市場の拡大
  7. トークノミクスが理想的

それぞれ解説します。

 

①数多くの企業と提携済

SHANTI(SHN)は既に多数の企業と提携を果たしています。

Pancake gamesやTTXなどと提携しており、SHANTI(SHN)の将来性の高さが評価されていることがわかります。

今後さらに提携先が増える可能性もあり、SHANTI(SHN)のユーザー数の後押しとなるかもしれません。

、TTXットフォームNFTの機

ービ

 

②ブロックチェーン需要の増加

今後、ブロックチェーンの需要は急速に増加すると見られています。

2025年には、ブロックチェーンを利用したサービス市場が7,247億6,000万円に達すると予測されています。

出典:矢野経済研究所

この市場は、大手企業を中心に2021年から普及し、2025年には中堅企業や自治体にも普及していくことが予想されています。

そのため、効果検証から本格的な運用へと進んでいく案件が増えると予想されています。

また、ブロックチェーンの利用はトレーサビリティや認証に留まらず、住宅の賃貸契約と公共料金などとのデータ連携を可能にし、入居時に水道や電気の利用開始ができるようにするなど、様々な領域で広がっていくことが予測されています。

SHANTI(SHN)はブロックチェーンを基盤に提供されているため、ブロックチェーンの普及とともにSHANTI(SHN)の価値も上昇していくと考えられます。

 

③メタバース市場の拡大

今後メタバースの市場がさらに拡大すると予測されています。

総務省の情報通信白書によると、メタバースは今後ますます発展し、2030年までには世界市場規模が78兆8,705億円に拡大すると予測されています。

出典:総務省

メタバースとは、バーチャル空間に存在する仮想現実の世界で、人々は仮想のアバターを通じて交流し、活動することができます。

最近では、ゲーム、SNS、Eコマース、教育などの分野でメタバースが利用され、今後ますます注目されていくでしょう。

SHANTI(SHN)は、TTXという企業から出資を受けており、将来的にメタバース空間上でレンディングサービスを提供することを目指しています。

レンディングサービスとは、仮想通貨を預けることで利息を得るサービスのことで、メタバース内での活動に必要な仮想通貨を持つユーザーにとっては、便利で魅力的なサービスとなります。

今後、メタバース市場の拡大に伴い、SHANTI(SHN)が提供するメタバース上のレンディングサービスの需要が高まる可能性があります。

また、メタバースがますます発展することで、SHANTI(SHN)の利用価値が高まり、価格の上昇が期待されます。

メタバースの始め方については、メタバースの始め方・やり方、必要機材を徹底解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④バーンを実施

SHANTI(SHN)は、定期的に「バーン(焼却)」される仕組みがあります。

バーンとは、仮想通貨を焼却することを意味します。

バーンは、仮想通貨を焼却することで、その価値を下げることなく、残りの仮想通貨をより高い価値で保有することができるというメリットがあります。

そのため、定期的に供給量が調整され、価格の下落などを防止しています。

 

⑤レンディングサービスの普及

SHANTIは、レンディングサービスに特化したプラットフォームを提供しています。

レンディングサービスとは、暗号資産を担保にして、利子を受け取ったり、借り入れたりすることができるサービスのことです。

暗号資産市場が拡大するにつれて、レンディングサービスの需要も増加すると予想されます。また、中小規模の投資家も参加しやすい、低コストで効率的な金融サービスであるため、需要はますます高まるでしょう。

SHANTIのレンディングサービスは、分散型であるため、中央集権的な金融機関に依存することなく、より安全で信頼性の高いサービスを提供することができます。

これにより、レンディング市場においてSHANTIは差別化された存在感を示すことができるでしょう。

 

⑥NFT市場の拡大

SHANTIは、NFT(非代替性トークン)取引のプラットフォームも提供しています。

NFTとは、オンライン上でのデジタルアセットの所有権を保証するトークンであり、アートや音楽、ゲームなど様々な分野で注目されています。

NFT市場は、急速に拡大しており、今後もさらなる成長が見込まれています。

SHANTIは、NFTの取引をより効率的に行うためのプラットフォームを提供することで、この市場において重要な役割を果たすことができます。

 

⑦トークノミクスが理想的

SHANTI(SHN)はトークノミクスが理想的と言えます。

SHANTI(SHN)のトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

運営チームの保有割合が25%であり、エコシステムへの配分が25%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがSHANTI(SHN)は理想的な割合と言えるでしょう。

 

SHANTI (SHN)の注意点とリスク

SHANTI(SHN)の注意点やリスクは以下のとおり。

  1. 競合プロジェクトが多い
  2. 海外取引所は安全性が未知数
  3. SHANTI(SHN)人気に乗じた詐欺に注意

それぞれ解説します。

 

①競合プロジェクトが多い

レンディングプラットフォームは、以下のように多数の競合プロジェクトが乱立しています。

これらのプロジェクトは、それぞれが異なる特徴や技術を持ち、よりよいレンディングサービスを提供することに注力しています。そのため、この市場で競合するためには、より優れた技術や機能を提供する必要があります。

しかし、競争が激化するとSHANTI(SHN)が遅れを取る可能性があると言われています。これは、競合他社がより高度な技術やユーザビリティを提供する場合、SHANTI(SHN)の需要や利用者数が減少する可能性があるためです。

そのため、SHANTI(SHN)は、競合他社との差別化や強みを見出し、市場での存在感を確立することが必要です。

 

②海外取引所は安全性が未知数

現在、SHANTI(SHN)は日本の国内取引所では取り扱われておらず、購入するには海外取引所を利用する必要があります。

しかし、これらの海外取引所は、日本の法律に基づいて認可されていないため、利用する際には、リスクがあることを事前に十分に理解しておく必要があります。つまり、何らかのトラブルが発生する可能性があり、取引所に預けた資産が返ってこなくなる可能性があります。

これは、日本の法律が海外取引所を管理・監督することができないために起こる問題です。また、海外取引所には、日本の取引所と比べてセキュリティが脆弱な場合があるため、資産を預ける場合にはリスクが高くなることもあります。

そのため、海外取引所を利用する際には、十分な情報収集とリスク管理が必要です。安全性を確保するためには、複数の取引所を利用することが推奨されます。また、投資の前には、リスクを十分に理解してから行うことが重要です。

おすすめの取引所については、仮想通貨おすすめ銘柄&取引所ランキング!今後伸びる可能性が高い通貨を紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③SHANTI(SHN)人気に乗じた詐欺に注意

SHANTI(SHN)の人気に乗じた詐欺が報告されているため、十分に注意しましょう。

以下は、注意すべき詐欺の種類です。

 

1.偽のSHNトークンを販売する詐欺

SHNトークンは、SHANTI(SHN)から発行されており、一部の取引所でのみ取引が可能です。

偽のSHNトークンを販売する詐欺があるため、公式取引所以外での購入には注意が必要です。

 

2.詐欺的な投資プロジェクト

SHANTI(SHN)の人気に乗じた詐欺的な投資プロジェクトがあります。

これらのプロジェクトは高いリターンを約束し、投資家から資金を募りますが、実際には詐欺であり、投資家は資金を失う可能性があります。

 

3.フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、偽のウェブサイトを作成し、ユーザーの個人情報を盗む手法です。

SHANTI(SHN)に関連するサイトやアプリを使用する際は、公式サイトや公式アプリを使用するようにし、偽のサイトには注意しましょう。

これらの詐欺から自分を守るためには、公式の情報源からのみ情報を収集し、公式取引所でのみSHNトークンを購入するようにし、投資に関しては信頼できる情報源を確認することが重要です。

また、不審なメールやリンクには注意し、個人情報を入力しないようにしましょう。

 

SHANTI (SHN)に関するよくある質問

最後にSHANTI(SHN)に関するよくある質問に答えます。

  1. SHANTI(SHN)は国内取引所で買える?
  2. SHANTI(SHN)はステーキングできる?
  3. SHANTI(SHN)の発行上限はどのくらい?
  4. SHANTI(SHN)は安全なの?

順番に回答します。

 

①SHANTI(SHN)は国内取引所で買える?

SHANTI(SHN)は国内取引所では購入できません。

SHANTI(SHN)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②SHANTI(SHN)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③SHANTI(SHN)の発行上限はどのくらい?

SHANTI(SHN)の発行上限は10,000,000,000,000SHNです。

そのため、上限があり価値が上がりやすい通貨として注目が集まっています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④SHANTI(SHN)は安全なの?

SHANTI(SHN)はブロックチェーン技術をベースにしています。

ブロックチェーンは分散型台帳技術であり、取引履歴や保有者情報などの重要なデータが暗号化され、改竄されることがないように保護されています。

このため、SHANTI(SHN)が保有者のプライバシー情報を保護することができると言えます。

次に、SHANTI(SHN)はERC-20トークンとしてイーサリアムブロックチェーン上で運営されています。

イーサリアムは、セキュリティと安全性に重点を置いており、スマートコントラクトに関する問題が発生することがないように、常に最新のセキュリティ標準を採用しています。

また、イーサリアムブロックチェーン上で運営されるトークンは、普通の取引所で取引される通貨と同じように、多くの取引所に上場しています。

 

まとめ:SHANTI (SHN)は将来性が期待できる銘柄

今回はSHANTI(SHN)について解説してきました。

SHANTI(SHN)はレンディングプラットフォームであり、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

SHANTI(SHN)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

SHANTI(SHN)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5