CRYPTO

仮想通貨SNX(Synthetix)とは?概要・特徴、買い方や将来性について徹底解説

SNX(Synthetix)

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のSNX(Synthetix)について詳しく知りたい。SNX(Synthetix)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • SNX(Synthetix)の概要
  • SNX(Synthetix)の特徴
  • SNX(Synthetix)の買い方
  • SNX(Synthetix)のチャート・価格推移
  • SNX(Synthetix)の将来性
  • SNX(Synthetix)の今後の価格予想
  • SNX(Synthetix)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

SNX(Synthetix)は合成資産を作成・取引できるラットフォームです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、SNX(Synthetix)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでSNX(Synthetix)に関する理解が深まるはずです。

なお、仮想通貨取引を始めるには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者の方にとってはコインチェックがおすすめです。

コインチェックでは500円から仮想通貨が購入でき、さらに積立購入やレンディングサービスに対応しているため幅広い取引が可能です。

口座開設は無料なので、まずはサクッとコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

SNX(Synthetix)の概要

名称 SNX(Synthetix)
時価総額 73位
取引所 Binance、Kucoin
価格(2023年1月時点) ¥266.43
時価総額(2023年1月時点) ¥66,606,690,326
公式サイト SNX(Synthetix) 公式サイト

SNX(Synthetix)はブロックチェーン上で合成資産の発行・取引ができるプラットフォームです。

Synthetixは分散型金融(DeFi)プロトコルであり、Ethereum(ETH)チェーン上に構築されています。

ユーザーはSNX(Synthetix)を通じて、流動性の高い株式やコモディティなどと連動する合成資産を取引することができます。

非ブロックチェーン資産を導入することで、仮想通貨の領域を広げ、より強固な金融市場へのアクセスを提供することを目的としています。

Defiプロトコルであるため、中央集権的なリスクが排除されていることも大きな利点です。

さらに、従来のシステムとは異なり、SNX(Synthetix)では個人情報を提供する必要はなく、アカウントを作成する必要さえありません。

Synthetix(SNX)は国内取引所の取り扱いは無いので、まず送金用の仮想通貨を購入し、海外取引所に送金して海外取引所で購入する必要があります。

国内取引所の中ではアプリのダウンロード数が国内1位のコインチェックが最もおすすめ。

コインチェックはアプリが見やすく取引画面が使いやすいため、初心者でも迷う事なく取引することが可能です。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

SNX(Synthetix)の特徴

SNX(Synthetix)の特徴は以下のとおり。

  1. 合成資産の発行・取引が可能
  2. 以前はHavven(HAV)という名称
  3. SNXトークンを発行
  4. 流動性が高い
  5. 高い安全性を誇る
  6. 独自DEXのKwenta

順番に解説します。

 

①合成資産の発行・取引が可能

Synthetix(SNX)はイーサリアム上にある合成資産の発行と取引が可能なプラットフォームです。

合成資産とは、法定通貨やその他のコモディティと同じ価値を持つトークンです。

ユーザーは商品、法定通貨、さらには株式を含む幅広いデリバティブを作成、保有、取引することができます。

また、特定の仮想通貨の取引も可能であり、BTCが最もよく取引されています。

このプロジェクトの名前の「Synthetix」は「合成する」を意味する言葉「synthesize」から来ています。

そして、このプロジェクトは資産を合成することを目的として開発されています。

発行された合成資産の取引については、Synthetixが所有する独自のDEX「Kwenta」で行われます。

 

②以前はHavven(HAV)という名称

SNX(Synthetix)は以前はHavven(HAV)という名称でした。

当初はnUSDなどのステーブルコインの発行プロトコルでしたが、より汎用性の高いプラットフォームを目指し、SNX(Synthetix)に変更されました。

SNX(Synthetix)になることで、従来のステーブルコイン以上のものを提供可能になりました。

独自トークンであるSNXは、法定通貨、貴金属、指数などのさまざまな合成資産を取引できます。

SNX(Synthetix)はHavvenでは実現できなかった方法を具体化することを目的としています。

 

③SNXトークンを発行

Synthetix(SNX)は独自トークンのSNXを発行しています。

SNXトークンはステーキングやSynthetixの取引手数料の受取などに使用されます。

SNXを預けると合成資産が発行され、報酬としてSNXが支払われます。

 

④流動性が高い

Synthetix(SNX)は注文板やスリッページを持っていない取引所なので、流動性が高いことが特徴です。

SNX(Synthetix)の取引は分散型取引所 (DEX) であるKwentaを利用します。

他のDEXとは異なり、Kwentaにはオーダーブックがなく、ピアツーコントラクト取引を利用しています。

つまり、すべての取引は無限の流動性を提供できるスマートコントラクトに対して実行されます。

そのため、価格は独自のアルゴリズムによって自動的に決定されます。

Synthetix(SNX)を使用して取引を行う際、取引者はSNXトークンを担保として、資産を発行して取引を行います。

取引自体はプラットフォーム上でアルゴリズムとの取引となり、他の取引所のような投資家との取引ではない点がユニークです。

 

⑤高い安全性を誇る

SNX(Synthetix)は高い安全性も特徴のひとつです。

SNXトークンはEtehreumのERC20規格と互換性があり、Synthetixネットワークはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスによって保護されています。

例えば、銅と紐づいたSNX(Synthetix)が必要な場合、プロトコルはsCOPPERなどのトークンを発行します。

トークンは Synthetixチェーンで発行されるため、SNX(Synthetix)プラットフォーム全体でサポートされ、スマートコントラクトによって管理されます。

このスマートコントラクトは保証システムとして機能し、望ましくない損失を軽減し、インフレ等のSNX(Synthetix)に対するガバナンスを制御します。

 

⑥3つのDAOで制御

SNX(Synthetix)は3つのDAOでシステムを制御しています。

当初はオーストラリアで設立された非営利財団である Synthetix Foundation によって管理されていました。

しかし、2020年に以下の3つの分散型自律組織 (または DAO) に制御が移されました。

  • ProtocolDAO:プロトコルのアップグレードとSynthetix のスマートコントラクトの変更のための資金を管理
  • GrantsDAO::Synthetix の公共財に関するコミュニティ提案への資金提供を管理
  • SynthetixDAO:ネットワークの開発を進めているエンティティへの資金提供を管理

このようにSNX(Synthetix) は、分散化された方法で、仮想通貨と現物資産の両方へのアクセスを可能にします。

 

⑥独自DEXのKwenta

KwentaはSNXをトレードできるDEXです。

Synthetix ネットワーク上に構築されているため、ユーザーはSNXを直接取引できます。

Kwentaを使用するには、web3 ウォレットを接続し、sUSDまたはその他のSNXトークンを購入して、取引を開始するだけです。このプラットフォームは、次の3つの機能で構成されています。

  1. ユーザーがシンセを作成し、利用可能なトークンを表示するダッシュボード機能
  2. シンセを追跡して取引する交換機能
  3. トークンを取引するための迅速な方法を提供

Kwentaは、無制限の流動性、ゼロスリッページ、非カストディの取引を提供します。現在、次のカテゴリのSNXをサポートしています。

  • sUSD、sEUR、sJPYなどの法定通貨 
  • 合成金 (sGOLD) や合成銀 (sSILVER) などの商品。
  • sBTC、sETH、sBNB などのデジタル通貨。

3つのカテゴリに加えて、Kwentaは逆仮想通貨と暗号インデックスをサポートしています。

iBTC、iETH、iBNBなどの逆仮想通貨は、特定の仮想通貨の価格を逆行します。たとえば、ETHの価格が上昇すると、iETHの価格は等しく下落し、その逆も同様です。

一方、sDEFI/iDEFIやsDEX/iDEX などの暗号インデックスと逆暗号インデックスは、DeFiトークンのバスケットとネイティブDEX コインのバスケットを追跡します。  

 

SNX(Synthetix)の買い方・購入方法

SNX(Synthetix)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

SNX(Synthetix)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでSNX(Synthetix)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでSNX(Synthetix)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでSNX(Synthetix)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

SNX(Synthetix)のチャート・価格推移

SNX(Synthetix)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年1月~5月

2022年初頭、その後のDefiの人気と仮想通貨市場の盛り上がりにより、価格は1,000円近くまで跳ね上がりました。

また、Defiの利用者が急増したことも価格を押し上げたと考えられます。

その後は仮想通貨市場の下げに伴い、価格を下げています。

 

②2022年6月~10月

2022年6月から10月にかけて仮想通貨市場の相場が動いたことにより、大きな価格変動を経験しました。

一時は200円まで値を下げましたが、その後価格は600に達するまでに上昇しました。

その後、方向感の乏しい比較的安定した値動きが続いています。

 

③2022年11月~

2022年11月以降は仮想通貨全般が下落しているため、値を下げています。

しかし、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は300円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

SNX(Synthetix)の将来性

続いて、SNX(Synthetix)の将来性について解説します。

  1. Defiの需要増加
  2. 新たな取引所への上場
  3. アップデートによる信頼性向上

それぞれ解説します。

 

①Defiの需要増加

Defiは今後、需要が増加すると考えられます。理由としては以下のとおり。

  1. 技術の進歩により、デジタル資産を安全に保管・管理できるようになり、DeFiのプラットフォームが普及してきていること。
  2. DeFiを利用することで、資産の管理および取引が安全かつ便利に行えるため、使用者が増えていること。
  3. DeFiプラットフォームは、仮想通貨やブロックチェーン技術を利用した新しい金融サービスを提供することができるため、需要が高まっていること。
  4. DeFiは、デジタル資産を扱う場合に限らず、金融市場や資本市場などのさまざまな分野で活用される可能性があるため、需要が高まると考えられていること。

これらのことから、Defiの需要増加が後押しとなり、SNX(Synthetix)のユーザーも増えると予想されます。

 

②新たな取引所への上場

SNX(Synthetix)は現在BINANCEなどの主要な取引所に上場済です。

これはSNX(Synthetix)の将来性や実用性に一定の評価が与えられていると言えます。

今後新たな取引所へ上場する可能性もあり、上場時にはさらなる価格高騰が期待できます。

 

③アップデートによる信頼性向上

Synthetix(SNX)はイーサリアムを利用して開発されており、イーサリアムのアップデートなどにより信頼性が向上する可能性があります。

現在、Synthetix(SNX)がテストしている「Optimism」の実用性が立証され、Optimismを活用した仮想通貨が増えることでSynthetix(SNX)の需要がさらに伸びるかもしれません。

また、合成資産は金融市場の様々なアセットにアクセスすることができるので、多様な投資に利用することができるでしょう。

そして、独自のDEX「Kwenta」での取引により、取引のスピードや安全性が向上することが期待できます。

 

SNX(Synthetix) の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトによると、AIを使ったSNX(Synthetix)の今後の価格予想は以下のとおり。

Year Minimum Price Average Price Maximum Price
2023 $3.06 $3.15 $3.69
2024 $4.31 $4.44 $5.27
2025 $6.17 $6.39 $7.34
2026 $8.67 $8.93 $10.71
2027 $12.74 $13.10 $15.48
2028 $18.56 $19.22 $21.71
2029 $26.88 $27.65 $31.66
2030 $38.03 $39.41 $45.52
2031 $54.74 $56.71 $66.23
2032 $78.55 $80.82 $93.37

2年後には現在の価格の2倍程度に上昇

2032年には約80ドルまで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

最近ではビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

SNX(Synthetix)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

今後のDefiの需要増加によりSNX(Synthetix)も成長していくでしょう。

 

SNX(Synthetix)に関するよくある質問

最後にSNX(Synthetix)に関するよくある質問に答えます。

  1. SNX(Synthetix)は国内取引所で買える?
  2. SNX(Synthetix)はステーキングできる?
  3. SNX(Synthetix)の発行上限はどのくらい?
  4. SNX(Synthetix)の創設者は?

順番に回答します。

 

①SNX(Synthetix)は国内取引所で買える?

frax share(FXS) は国内取引所では購入できません。

SNX(Synthetix)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②SNX(Synthetix)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

SNX(Synthetix)のプラットフォームでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③SNX(Synthetix) の発行上限はどのくらい?

frax share(FXS)の発行上限は308,069,419です。

そのため、供給量が限られているため、価格上昇が期待できる投資先として注目を集めています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④SNX(Synthetix)の創設者は?

SNX(Synthetix)の創設者はKain Warwickです。

kainは過去にオーストラリアで仮想通貨支払いプラットフォームを構築した経験があり、最も有名なものはBlueshyft です。そこでは取締役も務めていました。

それ以前にはブロックチェーン オーストラリアの諮問委員会のメンバー、バーガーコレクティブの諮問委員会のメンバーなどを歴任。

SNX(Synthetix)の中心メンバーにはさらに2人の著名なメンバーがいます。Justin MosesとClinton Ennisです。

Justin MosesはSynthetixのCTO であり、当初からプロジェクトに携わってきました。

Synthetix に入社する前は、MongoDBのエンジニアリング ディレクターでした。設​​計と展開を専門とする大規模システムに関する豊富な経験を持っています。

Synthetixのシニア アーキテクトであるClint Ennis は、ソフトウェア エンジニアリングにおいて 18 年以上の経験があります。Ennisは伝統的な金融の出身で、JPモルガンチェースでアーキテクトリードとして働いていました。

 

まとめ:SNX(Synthetix)は将来性が期待できる銘柄

今回はSNX(Synthetix)について解説してきました。

SNX(Synthetix) は合成資産を取引できる利便性の高いステーブルコインを提供しており、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

SNX(Synthetix)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

SNX(Synthetix)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5