MONEY

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)とは?概要や特徴、将来性を解説

STPT_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のStandard Tokenization Protocol(STPT)について詳しく知りたい。Standard Tokenization Protocol(STPT)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Standard Tokenization Protocol(STPT)の概要
  • Standard Tokenization Protocol(STPT)の特徴
  • Standard Tokenization Protocol(STPT)の価格推移
  • Standard Tokenization Protocol(STPT)の将来性
  • Standard Tokenization Protocol(STPT)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Standard Tokenization Protocol(STPT)は、異なる種類のブロックチェーンのトークンに連動した金融資産を簡単に発行できる「Standard Tokenization Protocol」で用いられる独自トークンです。

 

今回は暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕がStandard Tokenization Protocol(STPT)について、概要や特徴から、将来性、購入方法まで解説します。

 

この記事を読むとStandard Tokenization Protocol(STPT)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Standard Tokenization Protocol(STPT)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の概要

STPT01

出典:https://www.stp.network/

 

Standard Tokenization Protocol(STPT)は資産のトークン化のための分散型ネットワークです。

 

有価証券や不動産などの資産を容易にセキュリティトークン化することを目的に開発されました。

 

セキュリティー・トークン(ST)とは、ブロックチェーンやトークン(コイン)の技術を有価証券に適用したデジタルな有価証券のことです。

 

STを用いた資金調達は、新たな資金調達方法として注目を集めており、今後市場の発展が見込まれています。

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の特徴

STPT02

出典:https://www.stp.network/

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の特徴としては以下のとおり。

 

  1. セキュリティトークンを発行できる
  2. オープンソースのプロジェクト

 

①セキュリティトークンを発行できる

 

Standard Tokenization Protocol(STPT)は株式や不動産などの「資産」をセキュリティトークンという形式で発行可能です。

 

セキュリティトークンを発行できるようになると以下のようなメリットがあります。

 

  • 手数料が格安
  • ERC20トークン形式で資産を管理できる
  • セキュリティトークンを担保に暗号資産(仮想通貨)を借り入れできる
  • セキュリティトークンを元手に配当収入を得る

 

上記のように多くの利便性があることがわかります。

 

このようにStandard Tokenization Protocol(STPT)は、暗号資産(仮想通貨)全般を網羅するプラットフォームになることを目指しています。

 

②オープンソースのプロジェクト

 

Standard Tokenization Protocol(STPT)は、すべての規制に準拠しながら資産をトークン化できるオープンソースのプロジェクトです。

 

オープンソースとは、ソフトウェアを構成しているプログラムである「ソースコード」を無料で一般に公開することです。そうすることで誰でもそのプログラムを再利用することができます。

 

Standard Tokenization Protocol(STPT)のネットワーク上で発行されたトークンは、プロトコルのオンチェーンバリデーターを使用して、規制に準拠しているかをチェックします。

 

STPT標準のトークン化プロトコルを使用して発行されたトークンは、任意のブロックチェーンプラットフォーム間で転送が可能なので資産を容易に移管することができます。

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の将来性

仮想通貨Mina Protocol(MINA)の将来性

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. IEOを実施済
  2. 資産のトークン化は需要大

 

①IEOを実施済


Standard Tokenization Protocol(STPT)は海外の大手取引所BITTREX(ビットトレックス)でIEOを実施済です。

 

IEOとはイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering)の略で、各プロジェクトが発行するトークンを仮想通貨取引所が販売する方法です。

 

IEO
仮想通貨のIEOとは?特徴やメリットについて解説【ICO・STOとの違いも】

続きを見る

 

IEOは2019年6月に行われ、約8,000万円相当のSTPTが完売しています。

 

IEOは取引所が仲介するため一定の将来性がある暗号資産(仮想通貨)しか適用できません。大手のBITTREXでのIEOを成功させたということは一定のお墨付きを得たと言えます。

 

②資産のトークン化は需要大


Standard Tokenization Protocol(STPT)は、資産をトークン化するためのプラットフォームです。

 

既存の株式や債券、不動産などのあらゆる資産を、トークン化して保管や売買を容易にしています。

 

たとえば、一例として株式の一部をトークン化して、トークンの保有枚数に応じて配当金を分配したり、不動産をトークン化して家賃収入を暗号資産(仮想通貨)で得るといったことも可能です。

 

このようにトークン化することで様々な資産への投資が容易になり、より多くの投資家が参加することが可能です。

 

③2021年にSTP2.0を実施


Standard Tokenization Protocolは、2021年に「STP 2.0」をローンチしました。

 

 

STP 2.0とは、暗号資産(仮想通貨)Polkadotのブロックチェーン上でトークンを発行したり、他のブロックチェーンへ接続できる改良版のStandard Tokenization Protocolです。

 

 

Polkadotは高速処理・安い手数料が特徴のため、より早くより安くセキュリティトークンのやり取りが可能になります。

 

ポルカドットロゴ
【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説

続きを見る

 

他のブロックチェーンへの接続(クロスチェーン)できるようになり、イーサリアムだけではなく様々なブロックチェーンへトークンを移動できるようになります。

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の価格推移

仮想通貨Mina Protocol(MINA)の直近のチャート

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

STPTチャート

 

Standard Tokenization Protocol(STPT)は2021年10月に暗号資産(仮想通貨)全体の上昇トレンドに乗り価格が急上昇。

 

一時21円を記録し過去最高値を記録しました。

 

その後は暗号資産(仮想通貨)全体が調整局面に入り、下落トレンドに転じたためStandard Tokenization Protocol(STPT)は価格が安定して推移しています。

 

今後も有価証券のトークン化の需要は高まると見られており、Standard Tokenization Protocol(STPT)の需要も増すと見られています。

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の購入方法

仮想通貨Mina Protocol(MINA)の購入方法

 

残念ながら、仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でStandard Tokenization Protocol(STPT)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Standard Tokenization Protocol(STPT)を購入する

 

そのため、Standard Tokenization Protocol(STPT)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)は今後需要が増す見込み

 

今回は、仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)について解説しました。

 

有価証券等の資産をトークン化できるプラットフォームとして今後も注目され、ユーザーが増えることが予想されます。

 

2021年12月現在、仮想通貨Standard Tokenization Protocol(STPT)の価格は約11円と購入しやすい価格です。

 

STPT価格

 

 

安い今のうちにサクッと1万円ほど購入しておけば、将来値上がりしたときに利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Standard Tokenization Protocol(STPT)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Standard Tokenization Protocol(STPT)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5