MONEY

仮想通貨Tidal Finance(TIDAL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

TIDAL_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のTidal Finance(TIDAL)について詳しく知りたい。Tidal Finance(TIDAL)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Tidal Finance(TIDAL)の概要
  • Tidal Finance(TIDAL)の特徴
  • Tidal Finance(TIDAL)の将来性
  • Tidal Finance(TIDAL)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のTidal Finance(TIDAL)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Tidal Finance(TIDAL)は、ブロックチェーンを活用し保険をかけながら、より高い利回りを獲得できるDefiプラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Tidal Finance(TIDAL)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとTidal Finance(TIDAL)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Tidal Finance(TIDAL)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Tidal Finance(TIDAL)の概要

tidal01

出典:https://tidal.finance/

 

名称 Tidal Finance
通貨単位 TIDAL
仮想通貨ランキング 1203位(2021.11月現在)
価格 1.1円(2021.11月現在)
公式サイト TIDAL公式サイト

 

Tidal Finance(TIDAL)は、初のマルチチェーンフレキシブル保険プラットフォームです。

 

Tidal FinanceはPolygonネットワークを利用したハッキングやスマートコントラクトの障害に対するオーダーメイドのサブスクリプション保険を提供しています。

 

PolygonTOP
仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

既にStaFi、Xend Finance、Marlin、EasyFi、bZxなどがTidal Financeの保険を導入しています。

 

今後のDefi拡大による保険への需要増加が見込まれるため、Tidal Financeが注目を集めています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

仮想通貨Tidal Finance(TIDAL)の特徴

tidal02

出典:https://tidal.finance/

 

Tidal Finance(TIDAL)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 初のマルチチェーン保険プラットフォーム
  2. 開発チームが優秀
  3. マイニング報酬が得られる

 

①初のマルチチェーン保険プラットフォーム

 

Tidal Financeは、企業と直接連携する初のマルチチェーンの保険プラットフォームであり、Polygonで発売された初の保険ソリューションでもあります。

 

この革新的な保険モデルにより、企業は変動するTVL(Total Value Locked)や進化する投資戦略に基づいて、週単位で保険料を調整することができます。ユーザーは保険の購入者をカバーすることができ、業界最高水準のAPYを受け取ることができます。

 

②開発チームが優秀

 

Tidal Financeは、開発チームが優秀であることも大きな特徴です。


チームは、JPモルガン・チェース・アセット・マネジメント、バンク・オブ・アメリカ・インベストメント・バンキング、ヘッジファンド、QRIアナリティクスなどに勤務していた、数学、分析、金融の高度なバックグラウンドを持つ経験豊富なプロフェッショナルで構成されています。

 

Tidal Financeは、ニューヨーク州ニューヨーク市を拠点としており、金融の中心地であるニューヨークから世界へ向けてサービスを提供しています。

 

③マイニング報酬が得られる

 

Tidal Financeのサービスの一環としてマイニングプログラムを導入しており、Tidal Financeのプラットフォームを使用したユーザーに対してマイニング報酬が付与されます。

 

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

 

「リザーブプロバイダー」は、ハッキングの際にカバーの購入者に「裏付け」を提供する、Tidal Finance版の流動性プロバイダーです。

 

リザーブプロバイダーが複数のプロトコルをバックアップすることができるオーバーレバレッジ構造により、リザーブの利回りが高くなっています。Tidalは、トークン供給総量の30%をカバーマイニングプログラムに割り当てています。

 

仮想通貨Tidal Finance(TIDAL)の将来性

tidal03

出典:https://tidal.finance/

 

続いて、Tidal Finance(TIDAL)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. Defi拡大による需要増加
  2. 様々な報酬獲得方法
  3. 他人による資産移動を防止
  4. 投票による健全なプロジェクト運営

 

①Defi拡大による需要増加

 

DeFiが主流になるにつれ、投資家や企業にとっては安心してDefiを使える保証の需要が増加します。

 

他の新技術同様、スマートコントラクトはハッキングや攻撃などを受けやすい傾向にあります。

 

DeFi商品の採用を増やすためには、これらのプロトコルに対する信頼性を高める必要があります。Tidalはこの問題を、DeFiプロトコルのユーザーにとって経済的に魅力的で、透明性がある方法で解決します。

 

②様々な報酬獲得方法

 

ユーザーは、4つの役割の形でTidalプラットフォームに参加することができます。

 

  • 準備金提供者:USDCを保険担保として提供し、保険料を得る。
  • カバー購入者:保険料を支払ってTVLをカバーする。
  • 保証人:相互カバープールのプロトコルのトークン保有者は、自分のトークンを出資し報酬を得ることが可能。
  • TIDAL staker:TIDALトークンをコレクテラルとしてステークし、プレミアムを得る。

 

上記のとおり様々な方法が用意されているので、ユーザーは自分が望む好きな方法でTidal Finance(TIDAL)に参加することができます。

 

③他人による資産移動を防止

 

Tidalや他の誰かがユーザーの資金をコントロールすることはありません。

 

ユーザーだけが自分の資産を操作可能です。Tidalチームの誰も、ユーザーの資金をコントロールすることはできないため安心して利用できます。

 

④投票による健全なプロジェクト運営

 

Tidalトークンの価値を支持することは、Tidalトークン保有者にとって最善の利益となります。

 

トークンの価値は、ひいてはTidalプロトコルの全体的な健全性に直接関係します。

 

Tidalはプロジェクトの運営方針などに対する投票プロセスを設けており、過半数の投票を行ったトークン保有者に報酬を与えます。

 

こうしたユーザー参加型のプロジェクト運営を通して、公平性・透明性を保っています。

 

仮想通貨Tidal Finance(TIDAL)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Tidal Finance(TIDAL)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でTidal Finance(TIDAL)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでTidal Finance(TIDAL)を購入する

 

なので、Tidal Finance(TIDAL)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Tidal Finance(TIDAL)は今後の需要増加が期待できる

まとめ:Tidal Finance(TIDAL)は今後の需要増加が期待できる

 

今回はTidal Finance(TIDAL)について解説いたしました。

 

Tidal Finance(TIDAL)は、初のマルチチェーンフレキシブル保険プラットフォームであり、今後のDefi拡大による需要増加などが見込まれます。

 

Tidal Finance(TIDAL)は2021年11月現在で、1くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

tidal価格

 

繰り返しになりますが、Tidal Finance(TIDAL)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Tidal Finance(TIDAL)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5