CRYPTO

仮想通貨Trust Wallet Token(TWT)とは?概要・特徴、買い方や将来性について徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のTrust Wallet Token(TWT)について詳しく知りたい。Trust Wallet Token(TWT)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Trust Wallet Token(TWT)の概要
  • Trust Wallet Token(TWT)の特徴
  • Trust Wallet Token(TWT)の買い方
  • Trust Wallet Token(TWT)のチャート・価格推移
  • Trust Wallet Token(TWT)の将来性
  • Trust Wallet Token(TWT)の今後の価格予想
  • Trust Wallet Token(TWT)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

Trust Wallet Token(TWT)はウォレットを開発するTrust Walletが発行しているトークンです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、Trust Wallet Token(TWT)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでTrust Wallet Token(TWT)に関する理解が深まるはず。

なお、Trust Wallet Token(TWT)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要なので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Trust Wallet Token(TWT)の概要

名称 Trust Wallet Token(TWT)
時価総額 67位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2023年1月時点) ¥194.63
時価総額(2023年1月時点) ¥81,090,875,276
公式サイト TWT公式サイト

Trust Wallet Token(TWT)はウォレットを開発するTrust Walletが発行しているトークンです。

Trust Wallet Token(TWT)はユーザーに幅広い利点とインセンティブを提供するシンプルなBEP-20ユーティリティトークンです。

Trust Wallet自体は、Ethereum、BinanceおよびTRONブロックチェーンの一般的なトークンに加えて、人気のある数十のネイティブ資産をサポートするモバイル仮想通貨ウォレットです。

Trust Wallet Token(TWT)の所有者は、アプリ内仮想通貨購入の割引やDEXサービスの使用など、Trust Walletを使用する際はさまざまなサービスを利用することができます。

その他にTrust Wallet Token(TWT)保有しているとTrust Walletのガバナンスに参加することができ、Trust Walletの更新提案に投票することができます。これはアプリの開発を形成するのに役立ちます。

Trust Wallet Token(TWT)は当初、バイナンスチェーン上のBEP-2資産として開始されましたが、2020年10月にBinanceスマートチェーンでBEP-20トークンとして再開されました。

 

Trust Wallet Token(TWT)の特徴

Trust Wallet Token(TWT)の特徴は以下のとおり。

  1. Trust Walletユーザーに付加価値を提供
  2. BINANCEと密接な関係
  3. 高いセキュリティ性
  4. アプリ内割引
  5. Dappsを利用可能
  6. NFTに対応
  7. ステーキング・スワッピングに対応
  8. 複数の支払方法に対応

順番に解説します。

 

①Trust Walletユーザーに付加価値を提供

Trust Wallet Token(TWT)はTrust Walletのユーザーに付加価値を提供するように設計されたユーティリティトークンです。

Trust Walletエコシステムの外部にはユーティリティはありません。

しかし、Trust Wallet Token(TWT)はBEP-20資産としてBinanceスマートチェーン資産をサポートするウォレットに転送することができ、他の資産と交換したり、サービスの支払いに使用することができます。

また、Trust Walletの開発に関する議決権やガバナンスを付与し、割引されたDEX取引やアプリ内購入にも利用できるため、Trust Wallet Token(TWT)は投資対象として注目されています。

 

②BINANCEと密接な関係

Trust Wallet自体は以前からBINANCEと密接な関係を築いています。

Binanceは世界的に有名な仮想通貨取引所であり、Trust Walletの運営母体でもあります。

そのため、BinanceではTrust Walletの利用を推奨しており、BINANCEユーザーはTrust Wallet使用率が極めて高いです。

さらに、Trust Wallet Token(TWT)はBINANCEが提供する高性能のブロックチェーン (DApps)であるBSCチェーンでローンチした最初のトークンの1つです。

その結果、Trust Wallet Token(TWT)は格安な手数料と高速取引を実現しています。

今後もBINANCEとの良好な関係を維持することにより、一定の需要が見込めるでしょう。

 

③高いセキュリティ性

Trust Wallet Token(TWT)は高いセキュリティ性も特徴のひとつです。

Trust Wallet Token(TWT)はコンセンサスアルゴリズムにプルーフオブステーク(POS)を採用しています。

これは、51%攻撃やSybil攻撃など、さまざまな攻撃からネットワークを保護するために使用されます。

また、Binanceが運営する寛大なバグバウンティプログラムによっても保護されています。これは、Binanceチェーンとそのコアスマートコントラクトの脆弱性を発見した人には、BNBで最大10,000ドルが支払われるというもの。

これに加えて、BEP-20資産としてTWTは、それを管理するために使用されるウォレットソフトウェアの安全性によって保護されます。

Trust Walletの場合、パスコードのセキュリティロックと12ワードのリカバリーフレーズが要求されます。

そのため、幾重にも安全対策を講じており、セキュリティ性が極めて高いと言えます。

 

④アプリ内割引

Trust Walletユーザーは、Trust Wallet Token(TWT)リワードを使用して、暗号取引、購入、スワップの割引を受けることができます。

そのため、既存ユーザーに対するユーティリティが豊富と言えます。

 

⑤Dappsを利用可能

Dappsを利用することもできます。

Trust walletの中心的な機能はウォレット機能に付随したDappsアプリケーション機能です。

これにより、ユーザーがDappsプラットフォームを利用するためにログインまたはログアウトすることなく、Openseaや他のプラットフォームを自由に利用できます。

 

⑥NFTに対応

Trust Walletのユニークな機能として、ユーザーはERC-721、ERC-1155、およびそのBEP相当などのトークン規格のNFTを保存することができます。

そのため、仮想通貨と共に保有するNFTを安全に保管できるため、ユーザーにとって利便性が高いウォレットと言えます。

Trust Walletークの情アルの情

Trust WalletNFTットの所の移

 

⑦ステーキング・スワッピングに対応

Trust Walletにはステーキングとスワッピング機能が内蔵されています。

Trust Walletはコンパクトなソフトウェアで分散型取引所の特典を提供します。

ユーザーは、スワップ、資産のステーキング、および質の高い暗号取引と投資サービスを得るために異なる自動化されたマーケットメーカーにアクセスすることができます。

 

⑧複数の支払方法に対応

ユーザーは複数の支払い方法を選択することができます。

クレジットカードやデビットカードのほか、Google pay、Apple pay、銀行振込で、リストアップされた40の暗号資産のいずれかを支払うことができます。

 

Trust Wallet Token(TWT)の供給量

Binance Smart Chainへの移行の一環として、元のTrust Wallet Token(TWT)供給の99%がバーンされ、新しい最大供給量は10億TWTに設定されました。このうち、4分の1以上が現在流通しています。

Trust Walletユーザーが紹介キャンペーンに参加したり、クイズに答えたり、アプリ内でタスクを完了したりするとTrust Wallet Token(TWT)を獲得できるため、Trust Wallet Token(TWT)の循環供給は徐々に成長します。

Trust Wallet Token(TWT)の配分割合は以下のとおり。

  • 40%:ユーザー獲得費用
  • 15%:Trust Walletコミュニティに配布
  • 30%:留保
  • 15%:開発者に割り当て

今後、トークノミクスや発行スケジュールが公開される予定です。

 

Trust Wallet Token(TWT)の買い方・購入方法

Trust Wallet Token(TWT)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

Trust Wallet Token(TWT)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでTrust Wallet Token(TWT)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでTrust Wallet Token(TWT)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでTrust Wallet Token(TWT)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

 

Trust Wallet Token(TWT)のチャート・価格推移

Trust Wallet Token(TWT)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年1月~5月

2022年初頭、その後のDefiの人気と仮想通貨市場の盛り上がりにより、価格は160円近くまで跳ね上がりました。

また、Defiの利用者が急増したことも価格を押し上げたと考えられます。

その後は仮想通貨市場の下げに伴い、価格を下げています。

 

②2022年6月~10月

2022年6月から10月にかけて仮想通貨市場の相場が動いたことにより、大きな価格変動を経験しました。

一時は80まで値を下げましたが、その後価格は180に達するまでに上昇しました。

Trust Walletが発行するトークンということで信頼感を得た形です。

その後、方向感の乏しい比較的安定した値動きが続いています。

 

③2022年11月~

2022年11月以降は仮想通貨全般が下落しているため、値を下げています。

しかし、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は200円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

Trust Wallet Token(TWT)の将来性

続いて、Trust Wallet Token(TWT)の将来性について解説します。

  1. Defiの需要増加
  2. 新たな取引所への上場
  3. Trust Walletの普及

それぞれ解説します。

 

①Defiの需要増加

Defiは今後、需要が増加すると考えられます。理由としては以下のとおり。

  1. 技術の進歩により、デジタル資産を安全に保管・管理できるようになり、DeFiのプラットフォームが普及してきていること。
  2. DeFiを利用することで、資産の管理および取引が安全かつ便利に行えるため、使用者が増えていること。
  3. DeFiプラットフォームは、仮想通貨やブロックチェーン技術を利用した新しい金融サービスを提供することができるため、需要が高まっていること。
  4. DeFiは、デジタル資産を扱う場合に限らず、金融市場や資本市場などのさまざまな分野で活用される可能性があるため、需要が高まると考えられていること。

これらのことから、Defiの需要増加が後押しとなり、Trust Wallet Token(TWT)のユーザーも増えると予想されます。

 

②新たな取引所への上場

Trust Wallet Token(TWT)は現在BINANCEなどの主要な取引所に上場済です。

Trust Wallet Token(TWT)はTrust Walletが発行しているため高い信頼性が特徴です。

さらに、主要な取引所に上場していることは、Trust Wallet Token(TWT)が実用性が高いと評価され、今後も市場で活用される可能性が高いということを示しています。

また、新たな取引所への上場によって、取引量が増加し、価格の上昇が期待できる可能性もあります。

 

③Trust Walletの普及

今後Trust Walletが普及する可能性が高いと考えられます。

仮想通貨やNFTの需要増加に伴い、ハッキング対策としてウォレットを導入するユーザーが増えているからです。

Trust Walletは安全性が高いでこと、取引手数料が低いこと、複数の通貨をサポートする機能があることなど、ユーザーからも高い評価を受けています。

そのため、Trust Walletの需要も高くなり、Trust Wallet Token(TWT)の価格上昇の後押しとなるでしょう。

 

Trust Wallet Token(TWT)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトによると、AIを使ったTrust Wallet Token(TWT)の今後の価格予想は以下のとおり。

最小値 平均値 最大値
2023 $2.13 $2.21 $2.58
2024 $3.06 $3.18 $3.65
2025 $4.40 $4.52 $5.34
2026 $6.08 $6.26 $7.69
2027 $8.70 $9.01 $10.37
2028 $12.77 $13.22 $15.20
2029 $18.31 $18.84 $22.29
2030 $26.61 $27.37 $32.04
2031 $37.63 $39.00 $45.83
2032 $55.27 $57.22 $66.15

2年後には現在の価格の2倍程度に上昇

2032年には約57ドルまで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

最近ではビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

Trust Wallet Token(TWT)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

今後のDefiの需要増加によりTrust Wallet Token(TWT)も成長していくでしょう。

 

Trust Wallet Token(TWT)に関するよくある質問

最後にTrust Wallet Token(TWT)に関するよくある質問に答えます。

  1. Trust Wallet Token(TWT)は国内取引所で買える?
  2. Trust Wallet Token(TWT)はステーキングできる?
  3. Trust Wallet Token(TWT)の発行上限はどのくらい?
  4. Trust Wallet Token(TWT)の創設者は?

順番に回答します。

 

①Trust Wallet Token(TWT)は国内取引所で買える?

Trust Wallet Token(TWT) は国内取引所では購入できません。

Trust Wallet Token(TWT)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Trust Wallet Token(TWT)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Trust Wallet Token(TWT)の発行上限はどのくらい?

Trust Wallet Token(TWT)の発行上限は1,000,000,000です。

そのため、上限が決まっていることから価値が上がりやすい通貨として注目を集めています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④Trust Wallet Token(TWT)の創設者は?

Trust Wallet2017Viktor Radchenko

フォRadchenkoックンジ2013Trucker Path

ック1

Radchenkoスト EthereumERC20ークープットット

ットフォーム20187Binanceの金RadchenkoBinanceームットフォーム

ームの全20の個Binance

 

まとめ:Trust Wallet Token(TWT)は将来性が期待できる銘柄

今回はTrust Wallet Token(TWT)について解説してきました。

Trust Wallet Token(TWT)はTrust Walletが発行している信頼性の高いトークンであり、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Trust Wallet Token(TWT))はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

Trust Wallet Token(TWT)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、購入用の仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5