MONEY

仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)とは?特徴や買い方、将来性を徹底解説

zil_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のZilliqa(ZIL/ジリカ)について詳しく知りたい。Zilliqa(ZIL/ジリカ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Zilliqa(ZIL/ジリカ)の概要
  • Zilliqa(ZIL/ジリカ)の特徴
  • Zilliqa(ZIL/ジリカ)の将来性
  • Zilliqa(ZIL/ジリカ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のZilliqa(ZIL/ジリカ)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)スマートコントラクトを活用した高スペックが特徴のdAppsプラットフォームです。 

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Zilliqa(ZIL/ジリカ)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとZilliqa(ZIL/ジリカ)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Zilliqa(ZIL/ジリカ)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)の概要

zil01

出典:https://www.zilliqa.com/

 

仮想通貨名 Zilliqa(ZIL)
シンボル ZIL
価格 12円(2021年11月5日現在)
時価総額 146,076,791,854円(2021年11月5日現在)
ランキング 93位(2021年11月5日現在)
総発行枚数 21,000,000,000 zil
公式サイト Zilliqa公式サイト

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は2017年に公開された、ブロックチェーンやイーサリアムが抱える処理遅延や手数料高騰といった課題を解決できるdappsプラットフォームです。

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は新らしく開発された通貨ですがイーサリアムをベースに開発されており、ERC20に準拠したトークンです。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

コンセンサスアルゴリズムにPoCを採用しており、いわゆるスケーラビリティ問題を解決することが可能なブロックチェーンプロジェクトとして期待されています。

 

さらに最近ではZilliqa(ZIL/ジリカ)を活用したNFTマーケットプレイス「ZILSTARS」もリリースされ、さらに注目を集めているプロジェクトです。

 

 

仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)の特徴

zil02

出典:https://www.zilliqa.com/

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. シャーディングを採用
  2. 取引手数料が格安
  3. シンガポール国立大学研究員が開発
  4. ビザンチンフォールトトレランス(pBFT)

 

①シャーディングを採用

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)では「シャーディング」という技術を採用し高速処理を実現しています。

 

 

シャーディングとは、ネットワーク上の各ノードを「シャード」という複数のグループに分け、グループごとに平行して処理を行う方法のことです。

 

各ノードが平行して取引処理を行うため、1秒あたり約2500件ほどの処理が可能となります。

 

ビットコインが1秒間に処理できるのが7件ほどなので、桁違いの処理速度ということがわかります。

 

このシャーディング技術によりスケーラビリティ問題(手数料高騰・処理遅延)といった課題を解決に導きます。

 

ちなみに、シャーディングは人気の暗号資産(仮想通貨)IOSTでも採用されている技術です。

 

IOST
仮想通貨IOSTとは?今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

 

②取引手数料が格安


既存のブロックチェーンはスケーラビリティ問題により手数料が高騰しているという課題を抱えています。

 

取引手数料の上昇は、ネットワークが混雑し処理に時間がかかることに関係しています。

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は先述のシャーディング技術により、ネットワークが混雑しても高速処理が可能であるため、取引手数料は非常に低いことが特徴です。

 

③シンガポール国立大学研究員が開発


Zilliqa(ZIL/ジリカ)はシンガポール国立大学の研究員であるXinshu Dongによって開発されました。

 

Xinshu Dongは2015年にシャーディングについての論文を発表しており、その後も継続してブロックチェーンのスケーラビリティ問題の解決を目指して開発が進められてきたブロックチェーンプロジェクトです。

 

④PBFTを採用

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は、コンセンサスアルゴリズムに「PBFT」を採用しています。

 

PBFTとは中央管理者(コアノード)を設定する方式であり、こうすることで処理性能が向上します。中央管理者は定期的に変更することで不正を防止しています。

 

PBFTを採用することでノードの一部に不具合があって処理ができない場合やなどでも、問題なくトランザクション処理が可能なので安定したネットワーク稼働が実現できます。

 

仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)の価格推移

ZIL価格

 

2020年の12月以降に価格が急上昇しました。

 

Defi関連銘柄の需要が増え、その影響で価格高騰が起きたと見られています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

Zilliqa(ZIL)はdApps開発ができるブロックチェーンプラットフォームであり、dAppsの需要が増えるとその影響で価格が高騰する傾向があります。

 

仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

続いて、Zilliqa(ZIL/ジリカ)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. シンプルな機能で汎用性が高い
  2. BINANCEへの上場
  3. dAppsの需要増加
  4. 新たな取引所への上場

 

①シンプルな機能で汎用性が高い

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)のシステムは非常にシンプルと言えます。

 

高速処理と安い手数料が特徴のZilliqa(ZIL/ジリカ)は、既存の通貨の改良版と見ることができます。

 

既存の仮想通貨プロジェクトや企業も改良目的でZilliqa(ZIL/ジリカ)の技術を採用する可能性も十分にあります。

 

実際にソフトウェア開発を手がける企業であるインフォテリアはZilliqa(ZIL/ジリカ)と提携し、企業のDapps導入の促進を目指しています。

 

 

それ以外にも高速処理を売りにクレジットカードの代替として活用されることも想定されます。

 

このように様々な分野での応用が期待できます。

 

②BINANCEへの上場

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)に上場したことで、一気に注目を集めました。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

BINANCEは上場時の審査が厳しいことでも知られており、Zilliqa(ZIL/ジリカ)の実用性について一定のお墨付きを得た形となります。

 

BINANCEは世界中で600万人を超えるユーザーを抱えているため、Zilliqa(ZIL/ジリカ)の今後の開発状況次第で、そうした多くのユーザーに購入され価格が高騰する可能性があります。

 

③dAppsの需要増加

 

Zilliqa(ZIL)の近年の価格上昇はdAppsの需要増加が要因と言われています。

 

Defiの人気に伴い、EOSやSOLなどのdApps関連の銘柄の価格が上昇している傾向にあります。

 

EOSロゴ
仮想通貨EOS(イオス) とは?概要や特徴、今後の展望を紹介

続きを見る

FLOWTOP
仮想通貨FLOW(フロウ) とは?概要や特徴、今後の展望を徹底解説

続きを見る

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)はdAppsを開発できるプラットフォームであるため、dApps需要を見込んだ投資家が購入しているものと見られます。

 

暗号資産(仮想通貨)全体の上昇トレンドにより、DefiやdAppsの需要も増加していくことから今後も価格が上昇する可能性が高いです。

 

④新たな取引所への上場

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は今後、新たな取引所へ上場する可能性も十分に考えられます。

 

新たな取引所への上場時には、取引所による厳しいチェックが行われます。

 

そのため、上場した銘柄はそうしたチェックを通貨した将来性のある銘柄ということになり、一定の信頼感が得られます。

 

こうしたことから新規上場時には価格が高騰する可能性があるので、随時情報をチェックしておきましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)
【初心者向け】仮想通貨の買い方とおすすめ銘柄、取引所を解説

続きを見る

 

仮想通貨Zilliqa(ZIL/ジリカ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でZilliqa(ZIL/ジリカ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでZilliqa(ZIL/ジリカ)を購入する

 

なので、Zilliqa(ZIL/ジリカ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Zilliqa(ZIL/ジリカ)は今後の需要増加が見込まれる

まとめ:BAND(Band Protocol)は今後の価格上昇が期待できる

 

今回はZilliqa(ZIL/ジリカ)について解説いたしました。

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は既存のブロックチェーンやイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する将来有望なブロックチェーンプラットフォームです。

 

Zilliqa(ZIL/ジリカ)は2021年11月現在で、12くらいと手ごろな価格なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

zil価格

 

繰り返しになりますが、Zilliqa(ZIL/ジリカ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Zilliqa(ZIL/ジリカ)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5