MONEY

仮想通貨ワンインチ(1INCH)とは?概要や特徴・買い方を解説

1inchlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のワンインチ(1INCH)について詳しく知りたい。ワンインチ(1INCH)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ワンインチ(1INCH)の概要
  • ワンインチ(1INCH)の特徴
  • ワンインチ(1INCH)の展望
  • ワンインチ(1INCH)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にワンインチ(1INCH)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のワンインチ(1INCH)ってどんな特徴があるんだろう?どの取引所で買えるの?」と悩んでいませんか?

 

1INCH(ワンインチ)とは、分散型取引所(DEX)のひとつである、「1inch Exchange」で使えるガバナンストークンのことです。

 

今回は実際にワンインチ(1INCH)を保有しているぼくが、ワンインチ(1INCH)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでワンインチ(1INCH)に関する理解が深まるはずです。

 

また、ワンインチ(1INCH)は現在国内取引所では取り扱いが無く、BINANCEなどの海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ワンインチ(1INCH)の概要

1inchlogo

名称 1INCH(ワンインチ)
通貨単位 1INCH
仮想通貨ランキング 107位(2021.7月現在)
プラットフォーム イーサリアム
タイプ ERC-20
発行日 2020年12月
発行上限数 15億枚(1INCH)
1INCH Exchange公式サイト https://1inch.exchange/

 

1INCH(ワンインチ)とは1inch.exchange が開発したガバナンストークンのことです。

 

1inch (1INCH) は、2020年12月に 1inch.exchange プラットフォームの活性化を目的として配布が開始されました

 

1inch.exchangeは「DEX アグリゲーター」の中でも大きなシェアを占めており、月平均取引高が約10億円にも達するためDEX 市場における10%ほどのシェアを占めています。

 

1inch.exchangeの魅力として「フロントランニング防止機能」など、ユーザーにとって不利な状況での取引にならないような仕組みを構築しており、初心者でも安心して使えるという点が挙げられます。

 

その他有名なDEXアグリゲーターにPancake bunnyがあります。Pancake bunnyについては、【自動複利運用】PancakeBunny(パンケーキバニー)とは?概要と使い方を解説で詳しく解説しています。

 

ワンインチ(1INCH)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

ワンインチ(1INCH)の特徴は以下のとおり。

 

  1. フロントランニング防止機能
  2. 流動性マイニングが可能

 

①フロントランニング防止機能

 

ワンインチ(1INCH)はフロントランニング防止機能を実装しています。

 

フロントランニングとは、攻撃対象者のオーダーを見た攻撃者が自身のオーダーを割り込んで先に処理することで、攻撃対象者をより不利なレートで取引させる方法のことです。

 

フロントランニングは一般ユーザーが狙われる傾向にありますが、ワンインチ(1INCH)はフロントランニングの実行者が攻撃に必要な情報を見ることができない仕組みを導入しており、フロントランニングを防止しています。

 

②流動性マイニングが可能

 

ワンインチ(1INCH)は流動性マイニングによる資産運用が可能です。

 

流動性マイニングとは、分散型取引所(DEX)に流動性を提供し、その報酬として取引所の独自トークンを受け取る仕組みを指します。

 

流動性マイニングは非常に高いAPR(年利)を得られることが特徴であり、平均してAPR10%~30%のため人気を集めています。

 

例えば、Pancakeswapの場合だと以下のように、軒並みAPR70%~90%であり、銀行預金の0.0001%とは比べ物になりません。

 

pancakeswap_apr

 

Pancakeswapの使い方については、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説で詳しく解説しています。

 

ワンインチ(1INCH)の今後の展望

ビットコイン上昇

 

続いて、ワンインチ(1INCH)の今後の展望について解説していきます。

 

  1. DEXの普及
  2. 開発チームが優秀

 

①DEXの普及

 

管理者を必要としないDEXは、DeFi(分散型金融サービス)の普及に伴って必要性が増しています。Defiについては、【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】で詳しく解説しています。

 

手数料の安さや年利の高さなどがユーザーに支持され、今後利用者が増加していく可能性が高いです。

 

そうなると、自動で複数のDEXを比較して最良のレートで取引してくれる「DEXアグリゲーター」にも注目が集まります。

 

1inch Exchangeは、Uniswap、KyberNetwork、0xなど複数のDEXに接続しており、瞬時に最良レートを判断してくれます。

 

ユーザーが自分でどのDEXがいちばん有利なのかを調べる手間が省けるので、取引を効率化できます。

 

②開発チームが優秀

 

1inch.exchangeの開発者はSergej KunzとAnton Bukovの二人です。

 

出典:1inch

 

セルゲイとアントンは共通の友人を介して出会い、その後一緒に開発などを行うようになり、「ハッカソン」で何度か賞を受賞しています。

 

ハッカソンとは、プログラマーやデザイナーなどシステム開発に携わる複数人でチームを結成し、1日~1週間の短期間でプログラミングのアイデアやプロダクトの品質を競うイベントです。

 

セルゲイとアントンがハッカソンを通じて出会った優秀な開発者も1inch Exchangeで働いているため、優秀な開発者が揃っている環境で開発が行われています。

 

ワンインチ(1INCH)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ワンインチ(1INCH)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でワンインチ(1INCH)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでワンインチ(1INCH)を購入する

 

なので、ワンインチ(1INCH)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ワンインチ(1INCH)は今後の将来性が高い

飛翔

 

今回はワンインチ(1INCH)について解説してきました。

 

今後、Defiの普及によりDEXアグリゲーターのニーズが増すため、ワンインチ(1INCH)も価格が高騰する可能性があります。

 

ワンインチ(1INCH)は2021年7月現在で270くらいと手ごろな価格なので、先行投資として30,000円分くらいを保有しておくと大化けするかもしれません。

 

繰り返しになりますが、ワンインチ(1INCH)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ワンインチ(1INCH)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5