MONEY

仮想通貨Ark(アーク)とは?特徴・将来性・買い方を解説

ARKlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のArk(アーク)について詳しく知りたい。Ark(アーク)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Ark(アーク)の概要
  • Ark(アーク)の特徴
  • Ark(アーク)の展望
  • Ark(アーク)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にArk(アーク)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のArk(アーク)ってどんな特徴があるんだろう?どの取引所で買えるの?」と悩んでいませんか?

 

今回は実際にArk(アーク)を保有しているぼくが、Ark(アーク)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでArk(アーク)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Ark(アーク)は現在国内取引所では取り扱いが無く、BINANCEなどの海外取引所を使う必要があります。

>>BINANCEで口座開設する

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Ark(アーク)の概要

ARKlogo

 

Ark(アーク)は仮想通貨Lisk(リスク)からのハードフォーク(分裂)で誕生した仮想通貨です。リスクについては、【仮想通貨】リスク(LSK/Lisk)とは?特徴や今後の展望を解説で詳しく解説しています。

 

そのため、Liskに採用されている機能を併せてもっており、Liskよりも利便性が向上するように開発されています。

 

また、スマートブリッジという機能を有しており、他のブロックチェーンとの連携も可能です。

 

Ark(アーク)の特徴

クアンタムの今後の展望

 

Ark(アーク)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 高速処理を実現
  2. 独自のコンセンサスアルゴリズムを採用
  3. 異なるブロックチェーンを接続可能

 

①高速処理を実現

 

Ark(アーク)は、処理速度が高速であることが特徴です。

 

例えば、ビットコイン(BTC)はブロック生成に約10分かかりますが、Ark(アーク)は8秒しかかかりません。

 

また、ビットコインなどは将来的にデータ容量がひっ迫すると言われていますが、Ark(アーク)はその点もクリアしており実用性が高いです。

 

②独自のコンセンサスアルゴリズムを採用

 

Arkのコンセンサスアルゴリズムには、LISKと同様に、DPoS(Delegated Proof of Stake)が採用されています。

 

Delegatedは「委任した」という意味であり、Arkの場合はブロックチェーンに追加できるノードを投票で決める形をとっています。

 

こうして厳選されたノードだけで承認作業を行うので、取引の高速化にもつながります。

 

​③異なるブロックチェーンを接続可能

 

​Arkはスマートブリッジという機能を有しており、異なるブロックチェーン同士を接続することができます。

 

現在接続可能な通貨はETH、ERC20、BTC、LISKの4種類。

 

今後接続できるブロックチェーンを増やしていき、最終的には全てのブロックチェーンを接続可能にすることを目標にしています。ブロックチェーンについては、【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?で詳しく解説しています。

 

Ark(アーク)の今後の展望

お金を追う

 

続いて、Ark(アーク)の今後の展望について解説していきます。

 

Ark(アーク)の今後は、企業やプロジェクトとの提携による認知度向上がポイントになります。

 

Ark(アーク)は日常生活で使うことを目的に作られているため、認知度が向上すればその利便性の高さから一気に普及する可能があるからです。

 

また、スマートブリッジによって異なるブロックチェーンを接続できるという点は、他の仮想通貨には見られない機能であり、スマートブリッジが実現すれば大きく価値を上げるはずです。

 

Ark(アーク)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Ark(アーク)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。Ark(アーク)以外にも200種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、手数料が安いことなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

gate.ioも300種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っているので、オススメです。

 

ちなみに、海外取引所でArk(アーク)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでArk(アーク)を購入する

 

なので、Ark(アーク)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

まとめ:Ark(アーク)は先行投資しておく価値がある

仮想通貨ICOを行う目的

 

今回はArk(アーク)について解説してきました。

 

Ark(アーク)は高速処理とスマートブリッジにより、日常生活における仮想通貨の利用を促進することを目指しています。

 

今後、ビットコインやイーサリアムといったメジャー通貨との連携が可能になれば利用者が爆発的に増え、価格が高騰するはずです。

 

Ark(アーク)は2021年7月現在で100くらいと手ごろな価格なので、今の内にサクッと30,000円分くらいを保有して先行投資しておきましょう。

 

Ark(アーク)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Ark(アーク)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5