MONEY

仮想通貨ARPA(アーパ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説

ARPAlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のARPA(アーパ)について詳しく知りたい。ARPA(アーパ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ARPA(アーパ)の概要
  • ARPA(アーパ)の特徴
  • ARPA(アーパ)の将来性
  • ARPA(アーパ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に暗号資産(仮想通貨)を運用し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のARPA(アーパ)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

ARPA(アーパ)はブロックチェーンを活用した安全かつ信頼性の高い計算ネットワークプラットフォームです。

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、ARPA(アーパ)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでARPA(アーパ)に関する理解が深まるはずです。

 

また、ARPA(アーパ)は現在国内取引所では取り扱いが無く、海外取引所を使う必要があります。おすすの取引所については以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ARPA(アーパ)の概要

ARPA①

 

名称 ARPA Chain(アーパチェーン)
通貨単位 ARPA
時価総額ランキング 441位(2021.8月現在)
プラットフォーム Ethereum
形式 ERC-20
発行日 2018年3月
発行上限数 20億枚(ARPA)

 

ARPA(アーパ)はブロックチェーンベースの安全な計算ネットワークプラットフォームです。

 

プライベートスマートコントラクトやデータのプライバシー保護、そしてシャーディングという技術を活用してネットワーク上で安全で信頼性の高いデータのやり取りが可能です。

 

高い信頼性が必要な金融データなどを匿名性を保ったまま、迅速に処理できるブロックチェーンによって情報を資産として取り扱うことを可能にします。

 

ブロックチェーンとデータ暗号化を駆使し、暗号化した匿名性の高いデータの送受信ができるのがARPA(アーパ)です。

 

ARPA(アーパ)の特徴

ARPA②

 

ARPA(アーパ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 高いセキュリティ性でプライバシーを保護
  2. 柔軟性と互換性
  3. スケーラビリティが高い

 

①高いセキュリティ性でプライバシーを保護

 

ARPA(アーパ)のユーザーはマルチパーティ計算(MPC)を使用することで自らの情報を非公開にしたまま、データの計算機能を使用することができます。

 

ARPA③

画像引用元:https://arpachain.io/

 

高いセキュリティ性を保ちつつ、正確な計算が可能である点が大きな特徴です。

 

②柔軟性と互換性

 

ARPAネットワークは柔軟性があり、使いやすく、イーサリアムやEOSなどの既存のブロックチェーンと互換性があります。

 

イーサリアムとEOSについては、それぞれ以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用したプライバシー保護など、様々な機能を活用できます。

 

③スケーラビリティが高い

 

ARPA(アーパ)は超高速計算が可能です。

 

産業に必要なレベルの計算とストレージ保存が可能なオフチェーン計算ネットワークを用いているため、大規模なプロジェクトにおける処理なども対応可能です。

 

このようにスケーラビリティ(拡張性)が高いこともARPA(アーパ)の特徴のひとつです。

 

ARPA(アーパ)の将来性

お金を追う

 

続いて、ARPA(アーパ)の将来性について解説します。

 

  1. 複数国の市場へ進出
  2. 政府や機関との連携

 

①複数国の市場へ進出

 

ARPA(アーパ)は2020年までは中国企業のみをターゲットにビジネスを行うことを予定しています。

 

中国市場の土台を整備しつつ技術力を高めていき、遅くとも5年後にはアジアの企業向けにサービスを提供することを計画しています。



サービスとして提供するのは、ブロックチェーンを活用した企業同士のデータ交換技術です。

 

企業間で機密性の高いデータを安全に授受できるようになるので、多くの需要が生まれると想定されています。

 

②政府や機関との連携

 

中国ではブロックチェーンの開発を国を挙げて推進しています。

 

インターネット上における個人情報漏洩防止のため、ARPAの技術に注目が集まっています。

 

ARPAは中国政府やアメリカの情報技術機関「IEEE」と連携しながら、ブロックチェーンのルール制定に関わっています。

 

こうした政府などとの提携により高い信頼度を得ているので、今後ARPA(アーパ)の需要が一気に伸びる可能性があります。

 

 

ARPA(アーパ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ARPA(アーパ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でARPA(アーパ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでARPA(アーパ)を購入する

 

なので、ARPA(アーパ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ARPA(アーパ)は今後世界中でシェアを握る可能性がある

価格上昇

 

今回はARPA(アーパ)について解説してきました。

 

ARPA(アーパ)は企業の機密性の高いデータを匿名性を保ったまま、計算や送受信ができるのでこれからのビジネスにおけるニーズが高い技術です。

 

ARPA(アーパ)は2021年8月現在で6くらいと買いやすい価格なので、試しに10,000円分くらいを買っておくと将来大化けするかもしれません。

 

ARPA価格

 

ARPA(アーパ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ARPA(アーパ)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5