MONEY

仮想通貨Avalanche(AVAX)とは?特徴や将来性について解説

Avalanchelogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のAvalanche(アバランチ/AVAX)について詳しく知りたい。Avalanche(AVAX)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Avalanche(AVAX)の概要
  • Avalanche(AVAX)の特徴
  • Avalanche(AVAX)の展望
  • Avalanche(AVAX)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にAvalanche(AVAX)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

「仮想通貨のAvalanche(AVAX)ってどんな特徴があるんだろう」と、疑問を感じていませんか?

 

Avalancheは、高速な処理速度が特徴であり「イーサリアムキラー」のひとつとして注目を集めている仮想通貨です。

 

今回は実際にAvalanche(AVAX)を保有している僕が、Avalanche(AVAX)について概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでAvalanche(AVAX)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Avalanche(AVAX)は現在国内取引所では取り扱いが無く、BINANCEなどで購入することができます。BINANCEについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Avalanche(AVAX)の概要

Avalanchetop

 

ブロックチェーン名 Avalanche(アバランチ)
通貨名・トークン名 AVAX
ティッカーシンボル AVAX
公式サイト https://www.avax.network/
ホワイトペーパー Whitepapers
最大供給量 7.2億枚

 

Avalancheとは、イーサリアムのスケーラビリティ問題(処理遅延、手数料の高騰)を解消するべく開発された仮想通貨です。

 

イーサリアムとは
【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

管理者が不要である非中央集権的な仮想通貨でありながら、圧倒的な速度のトランザクションスピード(1秒あたり6500件)を誇っています。

 

Avalancheはイーサリアムと同様にスマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)、DeFiのプラットフォームとして利用されており、仮に大量のプロジェクトが一気にAvalancheに参加しても稼働に影響は無いと言われています。

 

こうした背景からAvalancheは「イーサリアムキラー」と呼ばれています。

 

多くのプロジェクトではトランザクション(送金などの処理)の処理スピードの遅延が問題となっています。

 

たとえば、仮想通貨とクレジットカードの1秒間の処理速度を比較すると以下のとおり。

 

  • ビットコイン:3~7件
  • リップル:1500件
  • VISAカード:4,000件

 

この処理速度の遅さは2021年現在でも普及していない理由のひとつです。

 

仮想通貨が決済手段としての実用性を兼ね備えることで、一気に利用者が増えて普及するはずです。

 

こうした普及を阻害する要因となっているスケーラビリティ問題を完全に解決するというのがAvalancheの目的です。

 

Avalanche(AVAX)の特徴

FLOWの特徴

 

Avalanche(AVAX)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ビットコインやイーサリアムと同じパブリックチェーン
  2. 定期的にバーン(焼却)を実施
  3. 誰でもNFTを発行可能

 

①ビットコインやイーサリアムと同じパブリックチェーン

 

Avalancheは、ビットコインやイーサリアムと同じパブリックチェーンです。使う場合には独自の仮想通貨が必要になります。ビットコインとイーサリアムについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

イーサリアムとは
【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

仮想通貨を購入
【初心者向け】ビットコインの基礎知識について解説【利益200万】

続きを見る

 

Avalancheにおける独自通貨はAVAXと呼ばれ、ステーキングや手数料などの支払いに使用されます。

 

Avalancheは、AVAXを使ったパブリックセールで4,200万ドルの資金調達に成功しています。総発行量は720,000,000AVAXであり、メインネットにはその半分が提供されています。

 

②定期的にバーン(焼却)を実施

 

Avalanche(AVAX)は定期的にバーン(焼却)を実施しています。

 

バーン(Burn)とは、運営者が保有している仮想通貨の一部を永久に使えないようにすることです。

 

バーンにより、市場に流通するAVAXの量が減少するため、1AVAXあたりの価値は上昇します。

 

つまり、Avalancheが使用されるほどAVAXの価格は高騰していくという仕組みになっています。

 

③誰でもNFTを発行可能


Avalanche(AVAX)が提供している専用のウォレットを使って誰でも簡単にNFTを発行することができます。

 

NFTの発行手数料も0.001AVAX(1AVAX=8,000円のとき8円)と格安なので、気兼ねなくNFTを始められます。

 

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

 

Avalanche(AVAX)の今後の展望

展望

 

つづいて、Avalanche(AVAX)の今後の展望について解説します。好材料が多いことから今後の価格上昇が見込まれます。

 

  1. イーサリアムとの高い互換性
  2. Defi普及への貢献

 

①イーサリアムとの高い互換性

 

Avalancheは、イーサリアムと高い互換性を持っています。

 

互換性があり、イーサリアムよりも高速な処理速度を誇るため、Avalancheはイーサリアムにとって代わる可能性があります。

 

現在イーサリアム上に構築されているDEX(分散型取引所)などのプロジェクトについても、移行が容易なAvalancheを使うことでより高速な取引処理を実現できます。

 

イーサリアムの互換性があるAvalancheへ乗り換えることで、一気に需要が高まりAvalanche(AVAX)の価格が高騰するはずです。

 

②Defi普及への貢献

 

2021年現在、話題になっているのがDefi(分散型金融)です。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

しかし、Defi型トークンは価格だけが先行している傾向にあります。

 

期待感や投機的な投資マネーの流入により、実際の価値以上の価格がついているトークンも少なくありません。

 

Avalancheがそうした状況を打破する可能性があります。

 

Avalancheの圧倒的な処理速度を目当てに、イーサリアム上に構築されている多くのDefi系プロジェクトがAvalancheを利用すれば、Defiの実用性は各段に向上します。

 

イーサリアム上のDefiプロジェクトの一番の課題はスケーラビリティ問題(処理速度遅延)ですが、Avalancheの処理速度であれば、この問題を解決できます。

 

Avalanche(AVAX)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Avalanche(AVAX)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくもBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

 

以下のリンクから口座開設すると手数料が10%引きになるのでぜひご利用ください。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でAvalanche(AVAX)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでAvalanche(AVAX)を購入する

 

なので、Avalanche(AVAX)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Avalanche(AVAX)は大きな価格上昇の可能性がある

価格上昇

 

今回はAvalanche(AVAX)について解説してきました。

 

Avalanche(AVAX)は、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決できるポテンシャルを秘めているため、イーサリアムにとって代わる存在です。

 

今後、スケーラビリティ問題に悩むイーサリアム上のプロジェクトが、Avalanche(AVAX)の高速処理を目当てにAvalancheへ乗り換える可能性もあります。

 

Avalancheの利用者が増えることでAvalanche(AVAX)の価格も一気に上昇するはずです。

 

Avalanche(AVAX)は約17円(2021年6月現在)くらいなので、手ごろな価格の今のうちに先行投資として少額の30,000円分くらい買っておくと、将来爆上がりするかもしれません。

 

なおAvalanche(AVAX)は今のところ、海外取引所でしか購入できないのでBINANCEで口座開設をしておきましょう。

>>BINANCEで口座開設する

 

海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Avalanche(AVAX)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5