MONEY

話題沸騰中の仮想通貨バナナコイン(BANANA)とは?将来性や買い方を紹介!

BANANA

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のバナナコイン(BANANA)について詳しく知りたい。バナナコイン(BANANA)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • バナナコイン(BANANA)とは
  • バナナコイン(BANANA)の特徴
  • バナナコイン(BANANA)の将来性
  • バナナコイン(BANANA)の買い方

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

皆さんはバナナコイン(BANANA)についてご存じでしょうか?

 

バナナコインとはApeSwapというDEX(分散型取引所)が発行する独自のアルトコインです。

 

2021年5月に世界最大級の仮想通貨取引所、Binanceの最高経営責任者(CEO)が、猿が映っているだけの意味深な動画を投稿しました。

 

CZキャプチャ

 

これを見たユーザーたちが、ApeSwapがBinanceへ上場するのでは?と推測し、一気に価格が高騰しました。

 

最近ではSNSで与沢翼さんがバナナコインについて発言していたり、青汁王子こと三崎優太氏がバナナコインを3億円投資したりと話題に尽きない仮想通貨です。

 

 

今回は、バナナコインとはどんな仮想通貨なのか、特徴や購入方法についてご紹介いたします。

 

なお、バナナコインを入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

もくじ

バナナコイン(BANANA)とは

banana①

 

ApeSwapが発行している独自通貨のバナナコインについてですが、


まずはApeSwapを構成している仕組みである「DEX」と、「ApeSwap」そのものについて解説させていただきます。

 

①DEXとは


DEXとは、今話題のDeFi(ディーファイ)の一種です。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

中央集権的な仲介者が存在せず、ユーザー同士が直接取引を行える分散型取引所のことを指します。

 

仲介者が存在せず、ユーザー同士が直接取引を行うことでコストを低く抑えることが可能になります。

 

仮想通貨の売買で利益を得られるだけではなく、仮想通貨を預け入れることで、その報酬として金利を得られる仕組みがあるのが大きな特徴といえます。

 

②ApeSwapとは


ApeSwapとは、海外の大手取引所であるBinanceが開発したBSC(バイナンススマートチェーン)というBinance独自のブロックチェーン技術を活用したDEXです。

 

BinanceTOP
バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

続きを見る

 

ApeSwapに仮想通貨を預け入れることで、報酬として金利を得られることや、ApeSwap上で仮想通貨同士の交換(スワップ)ができる他、仮想通貨を預け入れることで得られる金利をバナナコインなどで受け取ることが可能です。

 

つまり、バナナコインとは、ApeSwapという仲介者が存在しないDEX(分散型取引所)で独自に発行されている仮想通貨なのです。

 

バナナコイン(BANANA)の特徴

BANANA②

 

バナナコインは、どんな特徴があるのか。


主に、以下の3点が挙げられます。

 

​​①世界27位の取引所が発行している


2021年9月現在、バナナコインを発行しているApeSwapはCoinGeckoのDEX部門の24時間ボリュームで27位にランクインしています。


また、CoinGecko Japanによる国内での週間人気ランキングでは、2021年5月22日〜28日の週には第2位に躍り出て、9月18日〜24日時点でも10位にランクインしていることから、いまだ注目され続けている取引所だと言えるでしょう。


今後の将来性も期待できます。将来性に期待が持てる銘柄については、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

アルトコインロゴ
【徹底比較】将来性のある仮想通貨のおすすめ銘柄5選【選抜】

続きを見る

 

②ステーキングが利用できる


バナナコインにはステーキングという機能が備わっており、自分が保有するバナナコインをApeSwapに預けることで、年利100%以上の報酬を受け取る事ができます。

 

スマホでお金
仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

続きを見る

 

報酬はバナナコインだけではなく、ApeSwapに上場している銘柄も選択が可能です。

 

その中には、年利200%を超える高配当な銘柄も存在します。

 

③イールドファーミングすることができる


特定のコインを2種類預けて報酬が貰えるイールドファーミングを行う事ができます。

 

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

 

配当は全てバナナコインで配布されます。

 

具体的には、バナナコインの発行元であるApeSwapに仮想通貨を2つ預ける(流動性の提供)ことで、LPトークンと呼ばれる仮想通貨が発行されます。

 

そのLPトークンをさらに預けると報酬が受け取れるようになります。

 

バナナコイン(BANANA)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

まだ誕生してまもないバナナコインですが、今後の将来性は期待できるでしょうか。


結論からお伝えすると、今後も成長が期待できると考えられます。

 

①バイナンス上場間近の可能性


2021年7月にApeSwapは、バイナンスが将来有望なDeFiプロジェクトを選ぶ「MVB(DeFi版のMVP)」の1つに入りました。

 


MVBに選出されるには、セキュリティ面や、将来性、取引量などが優秀である必要があります。


そして、MVBに選出されたプロジェクトは、バイナンスからの融資を受けることもあり、今後の成長に大きな期待が持てます。


実際に、ApeSwapと同時期のMVBに選ばれた「ALPACA」コインは2021年8月にBinanceへ上場しています。


そのため、ApeSwapも今後バイナインスへ上場する可能性は非常に高く、上場した際には価格の高騰が期待できるでしょう。

 

②中長期的に見るとまだ価格が上がる可能性がある


ApeSwapは2021年3月に立ち上がり、5月にはバナナコインの価格が一時1,200円台まで価格が高騰すると、いうかなり早い時点で注目されました。

 

現在、価格は落ち着いていますが、現在DEXで人気のパンケーキスワップが発行しているCAKEも最初の高騰後に価格は落ち着いています。

 

cake
仮想通貨ケーキ(CAKE)とは?概要や特徴、将来性について解説

続きを見る

 

その後、長期的に見て価格の上昇が続いているので、バナナコインも今後長期的に見れば価格が上昇する可能性が高いでしょう。

 

③運営が活発に情報発信している


これまでに成長してきた仮想通貨の特徴の一つに、運営が活発に開発を行っており、情報発信を行っている、という点がありました。


ApeSwapも公式サイト、Twitterともに頻繁に更新され、最新の情報をキャッチすることができます。

 

 

バナナコイン(BANANA)の買い方

仮想通貨を購入

 

バナナコインの購入方法ですが、現在国内の仮想通貨取引所では購入ができません。

 

そのため、海外の仮想通貨取引所に登録する必要があります。

 

おすすめの海外の仮想通貨取引所はBinanceです。

 

世界最大級の仮想通貨取引所で、日本語にも対応しており、利便性も抜群です。

 

以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が継続的にキャッシュバックされるので、めちゃお得です!

 

BINANCEで口座開設する

 

それでは、順を追ってバナナコインの購入方法を解説します。

 

①国内の仮想通貨取引所に登録する


Binanceに登録する前に、国内の仮想通貨取引所に登録する必要があります。


なぜなら、Binanceで仮想通貨を購入する際、クレジットカードでも購入することができるのですが、手数料が非常に高く、仮想通貨価格の3.5%、あるいは10USDの高い方がかかってしまいます。


クレジットカード以外での手数料は0.1%なので、国内の仮想通貨取引所から仮想通貨をBinanceに送る方が手数料が安くなります。


国内の仮想通貨取引所は初めての方でも使いやすく、操作性の良いCoincheckがおすすめです。


Coincheckであれば、Binanceへの送金が容易に行うことがでるのでまずはCoincheckへの登録を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②Binanceに登録する


次に、Binanceに登録します。


まずは以下のボタンをクリックし、Binanceのページにアクセスしましょう。

 

BINANCEで口座開設する


日本語になっていない場合は、画面右上に言語を選択できる所があるので、そこから日本語を選びましょう。


その後、画面右上の「登録」を選択し、メールアドレスとパスワードを設定します。


その後、Binanceからメールが届くので、メールからBinanceへ再度アクセスし、先ほど設定したアドレスとパスワードを入力してログインします。


ログインすると、二段階認証の設定をおすすめされますので、セキュリティ強化のため、必ず設定しましょう。


「Google 認証」を選択し、画面にしたがって二段階認証の設定を完了させます。

 

③Binanceに仮想通貨を送金する


Binanceに登録したら、まずは国内の仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)を購入しましょう。


送金スピードの早さと、手数料の安さを考えると、イーサリアムがおすすめです。


国内の仮想通貨取引所で通貨を購入したら、Binanceへアクセスします。


ログインが完了したら、「ウォレット」を選択し、「フィアットと現物」を選択します。


送金したい仮想通貨の欄にある「入金」を選択します。


すると、入金アドレスが表示されますので、このアドレスを使用して国内の仮想通貨取引所からBinanceへ入金しましょう。


まずは小額送金し、届いたことが確認できてからまとめて送ると良いでしょう。

 

④BNBを購入する


Binanceへ仮想通貨が送金できたら、送金した仮想通貨をBNBに交換します。


BNBは、Binanceが独自に発行している仮想通貨です。


Binanceにログインして、ダッシュボードからトレード→コンバートを選択しましょう。


コンバートページに移ったら、振替元の仮想通貨を、国内の仮想通貨取引所から送金した通貨を選択し、振替先の通貨をBNBに設定します。


そして、振替元の金額欄に交換したい額を入力。


送金した通貨を全てBNBに交換したい場合は、「最大」をクリックすると保有している全額が入力されます。


振替先の金額欄は空白で結構です。


ここまでできたら、「金額入力」をクリックして、そのまま画面にしたがって進めば、保有していた通貨とBNBの交換が完了します。

 

⑤MetaMaskを導入する


次に、WalletアプリのMetaMaskをインストールします。


ApeSwapに送金するには、MetaMaskを導入する必要がありますので、アプリをインストールしましょう。


インストールできたら、新しいウォレットの作成を選択し、画面にしたがってウォレットを作成します。


ウォレットが完成したら、MetaMaskにBNBを送金するために、BSCネットワークを追加する必要があります。


既存の設定のネットワークでは、BinanceからMetaMaskに送金はできません。


設定方法は、画面左上の「三」マークをタップし、「設定」から「ネットワーク」を選択しましょう。


そうすると、ネットワーク一覧が表示されますので、画面下部の「ネットワークの追加」をタップします。


そして、ネットワークを追加するための入力欄が表示されるので、以下の内容を入力します。

 

・ネットワーク名
Binance Smart Chain
・RPC URL
https://bsc-dataseed.binance.org/
・チェーンID
56
・シンボル
BNB
・ブロックエクスプローラーのURL
https://bscscan.com

 

以上の項目を入力し、「保存」をタップするとBSCネットワークの設定が完了します。


この設定を行うと、自動的にMetaMaskのネットワークはBSCネットワークが選択されていることになるので、このまま作業を進めて行きます。

 

⑥BinanceからMetaMaskへBNBを送金する。


MetaMaskの設定が完了したので、次はBinanceからMetaMaskへBNBを送金します。


まずは、MetaMaskのアカウント名の下に、「0x」から始まるアドレスが表示されているので、それをタップして、コピーします。


この時、画面上部を見て、BSCネットワークが選択されているか確認してください。


次に、Binanceのダッシュボードから、「ウォレット」→「フィアットと現物」に進み、BNBの欄から「出金」を選択します。


出金のページに移行したら、アドレスの欄に先ほどMetaMaskでコピーしたアドレスをペーストします。


ネットワークは「BSC」を選択します。


送金したい額のBNBを入力して、「出金」を選択します。


これでBinanceからMetaMaskへの入金処理が完了しました。


MetaMaskを確認して、入金されているかを確認しましょう。

 

⑦ApeSwapでBNBとBANANAをスワップする


次に、ApeSwapでBNBとバナナコインをスワップ(交換)する方法を解説します。


まずはMetaMaskを起動させ、画面左上の「三」マークから「ブラウザ」を選択します。


検索窓で「apeswap」と入力し、検索します。


一番上に出てくる、ApeSwapのページをタップします。


この時、ページのアドレスが「https://apeswap.finance」になっているか必ず確認してください。


ApeSwapのページに移行したら、画面上部の「Connect」をタップします。


すると、このサイトに接続しますか?というアラートが出てくるので、「接続」をタップします。

 

これでMetaMaskとApeSwapの接続が完了しました。

 

次はいよいよBNBとバナナコインをスワップします。


ApeSwapページの「三」マークをタップして、メニューを開き、「Exchange」をタップします。


するとSwapするページに移行するので、「from」の方にはBNBを選択して、「to」の方にBANANA(バナナコイン)を選択します。


そして、交換するBNBの額を入力し、「Swap」をタップします。


Swapボタンをタップすると確認画面が表示されるので、確認して「Confirm Swap」をタップします。


すると、実際に支払うBNBの金額と、手数料が表示されるので、「確認」をタップします。


確認をタップすると「Transaction submitted」という画面が表示されるので、「close」をタップします。


そして「トランザクションが完了しました」が表示されたら、BNBとバナナコインのスワップが完了します。


これでようやくバナナコインを所持することができました。

 

まとめ:バナナコイン(BANANA)は将来性が期待できる

まとめ:Nucleus Vision(NCASH)は将来有望なので保有の価値あり

 

以上、バナナコインとは何か、特徴や将来生、購入方法について解説させていただきました。

 

パンケーキスワップのCAKEのように、これからの価格の上昇が期待できるバナナコイン。

 

PancakeswapTOP
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説

続きを見る

 

今後、Binanceに上場することがあれば、価格は間違いなくまた高騰するでしょう。

 

今のうちに投資しておくのが得策ではないでしょうか。

 

繰り返しになりますが、バナナコインは海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、バナナコインの将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

人気の仮想通貨SHIBA INU(SHIB)についてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5