MONEY

仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

CENNZlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のCentrality(CENNZ/センズ)について詳しく知りたい。Centrality(CENNZ/センズ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • CENNZ(センズ)の概要
  • CENNZ(センズ)の特徴
  • CENNZ(センズ)の展望
  • CENNZ(センズ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にCENNZ(センズ)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

「Centrality (センズ/CENNZ)ってどんな仮想通貨なんだろう?」と疑問に思っていませんか?

 

Centralityとはアプリケーションを作るためのプラットフォームであり、CENNZ(センズ)はそこで使われるトークンのことを指しています。

 

今回は実際にCENNZ(センズ)を保有しているぼくが、CENNZ(センズ)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでCENNZ(センズ)に関する理解が深まるはずです。

 

また、CENNZ(センズ)は現在国内取引所では取り扱いが無く、HitBTCなどの海外取引所を使う必要があります。おすすめの取引所については、【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】で紹介しています。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

CENNZ(センズ)の概要

CENNZTOP

出典:Centrality公式サイト

 

Centralityとは、DApps(分散型アプリ)開発を容易にするプラットフォームを目指すプロジェクトのことであり、CENNZ(センズ)はそのプラットフォーム上で使われるトークンです。

 

DAppsとは、特定の管理者がいなくても機能するアプリのことです。DAppsが使われるDefiについては、【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】で詳しく解説しています。

 

ユーザーはCentrality上の任意のアプリに登録すると、自動でその他のCentrality上のアプリにも接続される仕組みになっています。この仕組みによりDApps開発がより簡単に行えるようになります。

 

DAppsのプラットフォームとしてはイーサリアムが知られていますが、CentralityはイーサリアムよりもDAppsを簡単に開発できることが特徴です。イーサリアムについては、【初心者向け】ビットコインとイーサリアムの違いとは?特徴を解説で詳しく解説しています。

 

2018年のCentralityのICOでは、わずか6分の間におよそ100億円の資金調達を成功させるなど、将来性の高さが注目されています。

 

CENNZ(センズ)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

CENNZ(センズ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 1アカウントで全てのアプリを管理可能
  2. アプリ開発のためのモジュールを提供
  3. エアドロップを実施

 

①1アカウントで全てのアプリを管理可能

 

Centrality/CENNZ(センズ)はイーサリアムと同様にDapps開発のプラットフォームです。

 

Dapps開発に必要な機能が網羅されているため、Centralityを利用することで簡単にアプリ開発が行えるようになります。

 

ひとつのDappsに登録すれば、その他のプラットフォーム内のDappsにも登録情報などが連携されます。

 

そのため、一度登録しておくだけで他のDAppsも利用できるようになるため何度も登録をする手間が省けます。

 

②アプリ開発のためのモジュールを提供

 

モジュールとは、CentralityがDApps開発を容易にするために提供しているパーツのようなものです。

 

DAppsの開発者はこのモジュールをCENNZ(センズ)で購入することで、より簡単にDAppsを開発することができます。

 

モジュール利用により、DApps開発の参入ハードルが下がるため、今後多くの開発者や企業がCentralityを利用すると見られています。

 

③エアドロップを実施

 

CentralityはCENNZ(センズ)保有者に対して、エアドロップを実施しています。

 

エアドロップとは仮想通貨の知名度向上や資金調達のために、トークンを無料で配ることです。

 

 

Centralityは不定期にこのエアドロップを実施しており、CENNZ(センズ)保有者へ報酬を付与しています。

 

CENNZ(センズ)の今後の展望

ビットコイン上昇

 

続いて、CENNZ(センズ)の今後の展望について解説していきます。以下のように好材料が多いことから将来性が見込まれています。

 

  1. ニュージーランド政府からの支援
  2. 多くの企業と提携済
  3. イーサリアムのシェアを奪う可能性

 

①ニュージーランド政府からの支援

 

Centrality/CENNZ(センズ)はニュージーランドを拠点に開発が進められており、ニュージーランド政府から3年間で1500万ドルの返済不要の支援を受けています。

 

このように国からの支援を受けることで、高い信頼を得ています。

 

②多くの企業と提携済

 

セントラリティは多くの企業との提携を果たしており、元ソニー社長である安藤氏が代表のIotプロバイダであるJasmyとも提携しています。

 

また、セントラリティアマゾンのAWSのスタンダードテクノロジーパートナーにもなっており、新しいサービスへの期待感からCENNZ(センズ)の価格が上昇しました。

 

さらに、中国のInfiniVision(インフィニビジョン)とも提携済みです。

 

 

今後も多くの企業との提携が見込まれており、CENNZ(センズ)の価格を後押しすると見られています。

 

③イーサリアムのシェアを奪う可能性

 

DApps開発のプラットフォームにおいては、現状イーサリアムが多くのシェアを占めています。

 

しかしイーサリアムでのDApps開発には知識やスキルなどが求められるため、誰もが開発に参加できるわけではありません。

 

一方で、セントラリティのモジュールを活用することで誰でもDApps開発が可能です。

 

そのため、イーサリアムでは開発に参加できなかった開発者や、開発のノウハウを持たない企業が開発に参入しやすくなります。

 

結果的にセントラリティを利用したDApps開発が増え、イーサリアムのシェアを奪う可能性があります。

 

CENNZ(センズ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

CENNZ(センズ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ちなみに、海外取引所でCENNZ(センズ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでCENNZ(センズ)購入する

 

なので、CENNZ(センズ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:CENNZ(センズ)はアプリ開発プラットフォームの主流になる可能性がある

飛翔

 

今回はCENNZ(センズ)について解説してきました。

 

Centrality/CENNZ(センズ)は誰もが容易にアプリ開発ができるプラットフォームを目指しており、その参入障壁の低さから多くの開発者やユーザーに利用される可能性が高いです。

 

CENNZ(センズ)は2021年7月現在で9くらいと手ごろな価格なので、先行投資として30,000円分くらいを保有しておくと今後値上がりするかもしれません。

 

繰り返しになりますが、CENNZ(センズ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、CENNZ(センズ)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

今後伸びそうな草コインについてはこちら。

アルトコイン
【2021年6月更新】おすすめの草コイン厳選5選!購入方法も紹介

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5