MONEY

仮想通貨CWS(Crowns/クラウン)とは?概要や特徴・買い方を解説

CWSlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のCWS(Crowns/クラウン)について詳しく知りたい。CWS(Crowns/クラウン)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • CWS(Crowns/クラウン)の概要
  • CWS(Crowns/クラウン)の特徴
  • CWS(Crowns/クラウン)の展望
  • CWS(Crowns/クラウン)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にCWS(Crowns/クラウン)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のCWS(Crowns/クラウン)ってどんな特徴があるんだろう?どの取引所で買えるの?」と悩んでいませんか?

 

今回は実際にCWS(Crowns/クラウン)を保有しているぼくが、CWS(Crowns/クラウン)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでCWS(Crowns/クラウン)に関する理解が深まるはずです。

 

また、CWS(Crowns/クラウン)は現在国内取引所では取り扱いが無く、Gate.io、MXC、Kucoinなどの海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

CWS(Crowns/クラウン)の概要

CWSlogo

 

CWS(Crowns/クラウン)はDefiとNFTを活用してゲーマー・ゲーム開発者へ報酬を継続的に支払うことを目的として開発されたゲームプラットフォーム「Seascape Network」で使われるトークンで、2021年2月にUniswapで取引が開始されました。

 

現在はERCとBSCのブロックチェーンに対応しており、Seascape Network上のゲーム内で使用できる通貨になります。

 

今後の開発計画によると、価格が急騰しているPolkadotやKusamaとも統合予定であるため、利便性が向上し保有者が増加する見込みです。

 

Polkadotについては、【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説で詳しく解説しています。

 

CWS(Crowns/クラウン)の特徴

クアンタムの今後の展望

 

CWS(Crowns/クラウン)の特徴は以下のとおり。

 

  1. NFT・ゲーム内で使用可能
  2. 著名Youtuberが推している
  3. Binanceから出資を受けている

 

①NFT・ゲーム内で使用可能

 

CWS(Crowns/クラウン)は、DeFiやNFTゲームの全ての参加者に報酬を与えるように設計されています。

 

 

CWS(Crowns/クラウン)は、ストアでゲームやサービスを購入するときの決済手段として使用できます。有利な利回りで運用するために、SeascapeのDeFiプラットフォームに預けることもできます。

 

プレーヤーはさまざまなLPマイニングおよびNFTステーキングゲームを通じて収益を飛躍的に増やすことができます。

 

Defiについて詳しく知りたい方は、【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】をご参照ください。

 

②著名Youtuberが推している

 

仮想通貨系Youtuberとして知られるLark Cavis氏も「100倍に上がるコイン」のひとつにCWS(Crowns/クラウン)を挙げています。

 

 

「Seascapeはトークン、CWS、またはNFTのいずれかで支払われるゲーマーに報酬を与える、本当に素晴らしいブロックチェーンベースのゲームの制作を可能にしている」と述べています。

 

③Binanceから出資を受けている

cws2

 

CWS(Crowns)の発行元であるSEASCAPEは、海外の大手取引所Binance(バイナンス)から出資を受けており、評価が高いことがわかります。BINANCEについては、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しています。

 

その他、BINANCE以外にもLD Capital、JRR Crypto、Nabais Capital、DuCapitalなどから資金提供を受けています。

 

また、暗号資産(仮想通貨)のNEO、Tron、ICON、Algorand、Matic、Chainlink、Makerなどとも提携予定です。

 

CWS(Crowns/クラウン)の今後の展望

お金を追う

 

続いて、CWS(Crowns/クラウン)の今後の展望について解説していきます。

 

  1. NFT関連銘柄
  2. バイナンスへの上場可能性
  3. 投資家以外へのアプローチ

 

①NFT関連銘柄

 

CWS(Crowns/クラウン)は、最近注目を集めているNFTに関連する銘柄です。

 

NFTは「Non-Fungible Token」の略であり、「代替不能なトークン」という意味です。

 

つまり、他にはない唯一の価値を持っているということであり、その希少性から価格が高騰する可能性があります。

 

CWS(Crowns/クラウン)はゲーム内で使用できる通貨であるため、ゲームのアイテムや土地などをNFTとして売買・所有することができます。

 

NFTは今後アートや音楽、ゲームなどあらゆる分野で普及すると見られているため、そのことに伴いCWS(Crowns/クラウン)の価値も上昇するはずです。

 

将来有望なNFT関連銘柄については、【将来有望】NFT関連のおすすめ仮想通貨5選!取引所も紹介で詳しく紹介しています。

 

②バイナンスへの上場可能性

 

CWSの開発元であるSeascapeは、大手取引所のBINANCEから出資を受けています。

 

BINANCEは出資の際の審査が厳格であることで知られており、創業者のCZも「将来性のあるコインは無料で上場させたが、いくらお金を積まれても草コインは上場させない」と発言しています。

 

 

こうした厳格なBINANCEの出資を受けていることからも、CWS(Crowns/クラウン)の将来性の高さがうかがえます。

 

先述のとおり、BINANCE以外にもLD Capital、JRR Crypto、Nabais Capital、DuCapitalなどから資金提供を受けており、実用性の高さについては様々な企業からの「お墨付き」と言えます。

 

③投資家以外へのアプローチ

 

NFTを始めるためには、仮想通貨の購入方法や運用方法などを知る学ぶ必要があります。

 

そのため、特に初心者にとっては難しく感じてしまう傾向にあります。

 

その点、Seascapeではマイニングやステーキングといった初心者にとっては難しい運用方法を、ゲームを通じて楽しく学ぶことができます。

 

既に「Profit circus」や「NFTBrawl」、「Staking Saloon」等のゲームがリリースされています。

 

こうしたゲームを通じて、いままでNFTや仮想通貨に触れてこなかったユーザーへのアプローチが可能になります。

 

ゲーム業界全体の収益は年間1500億ドルに上るため、一部のユーザーを引き込むことができればDeFiやNFT市場がさらに活発化し、CWS(Crowns/クラウン)の価値が上昇します。

 

CWS(Crowns/クラウン)の購入方法

仮想通貨を購入

 

CWS(Crowns/クラウン)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、UniSwap・PancakeSwap・Gate.io・MXC・Kucoin等で購入する必要があります。

 

どこで買っても大丈夫ですが、PancakeSwapで購入してCWS-BNBでステーキングすると報酬としてCAKEがもらえるのでお得です。Pancakeswapの使い方については、以下の記事を参考にしてください。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説

 

ちなみに、海外取引所でCWS(Crowns/クラウン)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでCWS(Crowns/クラウン)を購入する

 

なので、CWS(Crowns/クラウン)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

まとめ:CWS(Crowns/クラウン)は先行投資しておく価値がある

仮想通貨ICOを行う目的

 

今回はCWS(Crowns/クラウン)について解説してきました。

 

ゲームとNFTは非常に相性がいいので、今後のNFT市場の盛り上がりに比例してCWS(Crowns/クラウン)の需要も高まると見られています。

 

CWS(Crowns/クラウン)は2021年7月現在で450くらいと手ごろな価格なので、今の内にサクッと30,000円分くらいを保有して先行投資しておきましょう。

 

CWS(Crowns/クラウン)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、CWS(Crowns/クラウン)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5