MONEY

仮想通貨ENDOR(エンドール)とは?特徴や将来性、購入方法を徹底解説

ENDOR_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のENDOR(エンドール)について詳しく知りたい。ENDOR(エンドール)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ENDOR(エンドール)の概要
  • ENDOR(エンドール)の特徴
  • ENDOR(エンドール)の将来性
  • ENDOR(エンドール)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のENDOR(エンドール)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

ENDOR(エンドール)とは、イスラエルのEndor社によって開発された「人工知能を活用した未来予測のプラットフォーム」を指します。

 

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、ENDOR(エンドール)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとENDOR(エンドール)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、ENDOR(エンドール)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ENDOR(エンドール)の概要

ENDOR(エンドール)①

 

ENDOR(エンドール)とは、イスラエルのEndor社が開発したAIなどを活用した未来予測に関するプラットフォームのひとつとして開発された暗号資産(仮想通貨)です。

 

 

簡単に説明すると、AIを活用して誰でも簡単に未来予測サービスを利用できるようにすることが目的です。

 

具体的には「将来の株価」「災害が起きる可能性」「今後の流行」などの未来をAIによって高精度で予測することができます。

 

未来予測システムは従来から類似サービスが複数誕生していますが、ENDOR(エンドール)は暗号資産(仮想通貨)を利用していることが特徴であり、注目を集めています。

 

ENDOR(エンドール)の特徴

ENDOR(エンドール)②

 

ENDOR(エンドール)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 人工知能を簡単に活用できる
  2. ENDOR(エンドール)トークン
  3. 高セキュリティ

 

①人工知能を簡単に活用できる


ENDORの目的は、未来予測を行うプラットフォームを提供することです。

 

従来の未来予測のためには多くのデータを収集することが必要になるため、資金やスキルのない個人での活用は難しいのが実情でした。

 

しかしENDOR(エンドール)では資金やスキルの無い個人でも簡単な質問を基に、自動で信ぴょう性のある予測を得ることができます。

 

②ENDOR(エンドール)トークン

 

ENDOR(エンドール)ではネットワーク運営の貢献者へENDOR(エンドール)トークンを付与しています。

 

ENDOR(エンドール)の開発に参画したり、プラットフォームに必要なデータの収集などを行うことでトークンを報酬として受け取ることができます。

 

報酬が付与されることで、プラットフォームの開発がより活発になり、蓄積されたデータが増えることで未来予測の精度が高まります。

 

③高セキュリティ

 

ENDOR(エンドール)はデータを全て暗号化しており、高いセキュリティ性を誇っています。

 

ENDOR(エンドール)では情報の公開・非公開も選択することが可能です。

 

そのため、個人が未来予測のためにプライベートなデータをアップロードしたとしても「非公開」を選択しておけば、他のユーザーにアクセスされる心配はありません。

 

ENDOR(エンドール)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

ENDOR(エンドール)の将来性を語る上でのポイントは以下のとおり。

 

  1. 多くの企業と提携
  2. 複数の賞を受賞

 

①多くの企業と提携

 

ENDOR(エンドール)は数多くの企業と提携してプロジェクトを進めています。

 

パートナー企業の一例が以下のとおり。

 

ENDOR(エンドール)④

 

マスターカードやコカ・コーラなど名だたる大企業と提携していることからも、プロジェクトの期待度が伺えます。

 

また、暗号資産(仮想通貨)のOrbsとも提携しており、ブロックチェーンの垣根を超えた相互運用が期待されています。

 

orbslogo
仮想通貨Orbs(オーブス)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

②複数の賞を受賞

 

Endor(エンドール)はこれまでに既にいくつもの賞を受賞しています。

 

  • ワールドエコノミックフォーラム2017「Technology Pioneers」
  • ガトナークールベンダー2017
  • DARPA(国防高等研究計画局) ネットワークチャレンジ
  • フォーブス:世界で最も強力なデータ科学者7名

 

中でもワールドエコノミックフォーラム2017「Technology Pioneers」については、過去にAirbnb、Google、Spotify、Twitterなどが受賞しておりENDOR(エンドール)の今後に期待が持てます。

 

ENDOR(エンドール)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ENDOR(エンドール)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が継続的にキャッシュバックされるので、めちゃお得です!

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でENDOR(エンドール)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでENDOR(エンドール)を購入する

 

なので、ENDOR(エンドール)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回はENDOR(エンドール)について解説してきました。

 

ENDOR(エンドール)は、だれもが簡単に高精度の未来予測ができるようになり、今度どのような対策をするべきかが事前に把握できるため需要が増加すると考えられます。

 

ENDOR(エンドール)は2021年10月現在で0.2くらいと比較的買いやすい価格なので、試しに先行投資で10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

ENDOR(エンドール)価格-min

 

繰り返しになりますが、ENDOR(エンドール)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ENDOR(エンドール)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

人気の仮想通貨SHIBA INU(SHIB)についてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5