MONEY

仮想通貨eng(エニグマ)とは?概要や特徴、購入方法を徹底解説

englogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のeng(エニグマ)について詳しく知りたい。eng(エニグマ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • eng(エニグマ)の概要
  • eng(エニグマ)の特徴
  • eng(エニグマ)の将来性
  • eng(エニグマ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のeng(エニグマ)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、eng(エニグマ)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとeng(エニグマ)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、eng(エニグマ)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨eng(エニグマ)の概要

eng①

 

通貨名称 ENG(Enigma/エニグマ)
最大発行数 1億5000万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://enigma.co/
ホワイトペーパー https://enigma.co/enigma_catalyst.pdf

 

eng(エニグマ)は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された分散型アプリケーション(DApps)を作るためのプラットフォーム「Enigma」で使用される仮想通貨です。

 

eng(エニグマ)はイーサリアムと同様に「スマートコントラクト」という契約を自動で履行できる機能を搭載しており、誰でも簡単にDappsを作ることができるようになるのが特徴です。イーサリアムについては、【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説で詳しく解説しているのでご参照ください。

 

データのやり取りの際には暗号化されるので、匿名性を保つことができ、将来的には企業のビジネス利用なども見込まれています。

 

仮想通貨eng(エニグマ)の特徴

eng②

 

eng(エニグマ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 分散化&暗号化が可能
  2. 投資プラットフォーム​Catalyst(カタリスト)
  3. スケーラビリティ問題に対応済

 

①分散化&暗号化が可能

 

eng(エニグマ)はブロックチェーンを活用して情報を分散化・暗号化しておりプライバシーが保たれます。ブロックチェーンについては、【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?で詳しく解説しています。

 

一カ所のデータベースに一括保存するわけではなく、世界中のコンピュータに分散保存しているためハッキングやサーバーダウンのリスクを抑えることもできます。

 

②投資プラットフォーム​Catalyst(カタリスト)

 

eng(エニグマ)はCatalystという投資プラットフォームを提供しています。

 

Catalystを活用することで誰でも簡単に投資ファンドを設立したり、データの売買ができます。

 

また、BINANCEなどの大手取引所の取引のデータを参考に、自動売買ができるBotの開発も可能です。BINANCEについては、【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説で詳しく解説しています。

 

③スケーラビリティ問題に対応済


スケーラビリティとは取引件数などが増加しても問題なく対応できることを指します。

 

現在、イーサリアムなどではスケーラビリティ問題(手数料高騰・処理遅延)の解決が急務となっています。

 

一方、eng(エニグマ)は複数のノードを使って処理ができるため、データの送受信にかかる負荷を軽減することができ、スケーラビリティ問題を解決しています。

 

仮想通貨eng(エニグマ)の将来性

eng③

 

eng(エニグマ)の将来性を語る上でのポイントは以下の2つ。

 

  1. 個人データの安全なやり取り
  2. ヘルスケアデータの分析

 

①個人データの安全なやり取り

 

これまでは、個人データの売買においては一度販売されたデータが他の企業などに転売されてしまう危険性がありました。

 

しかし、eng(エニグマ)のプラットフォームを活用することで売買履歴が適切に保存されるため転売を防ぐことができ、データマーケット市場での安全な取引を可能にします。

 

②ヘルスケアデータの分析

 

ヘルスケアデータの分析をAIで行う場合、データのプライバシー保護が大きな参入障壁となります。

 

現在、AIでヘルスケアを分析する企業は患者のデータを適切に扱うためにデータ提供者との間でNDA(秘密保持契約)を結ぶ必要があり、企業側の負担となっています。

 

この点をスマートコントラクト機能で解決します。eng(エニグマ)のスマートコントラクト機能を利用することによって、契約事務を効率化できるためさらなる研究にリソースを割くことが可能になります。

 

仮想通貨eng(エニグマ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

eng(エニグマ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が継続的にキャッシュバックされるので、めちゃお得です!

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でeng(エニグマ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでeng(エニグマ)を購入する

 

なので、eng(エニグマ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:eng(エニグマ)は今後の将来性に期待できる

まとめ:Harmony(ONE)は今後の価格上昇が期待できる

 

今回はeng(エニグマ)について解説してきました。

 

eng(エニグマ)はデータを暗号化・分散化して送受信できるプラットフォームなので、金融やヘルスケア領域のニーズ増加と共に需要が増えると見込まれます。

 

eng(エニグマ)は2021年9月現在で10くらいと格安なので、試しに先行投資で10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

eng価格

 

繰り返しになりますが、eng(エニグマ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、eng(エニグマ)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

人気の仮想通貨SHIBA INU(SHIB)についてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5