MONEY

仮想通貨FEG Token(FEG/ゴリラ)とは?概要や特徴・将来性について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のFEG Tokenについて詳しく知りたい。FEG Tokenの特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • FEG Tokenの概要
  • FEG Tokenの特徴
  • FEG Tokenの展望
  • FEG Tokenの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にFEG Tokenや他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のFEG Tokenってどんな特徴があるんだろう?どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

今回は実際にFEG Tokenを保有しているぼくが、FEG Tokenの概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでFEG Tokenに関する理解が深まるはずです。

 

また、FEG Tokenは現在国内取引所では取り扱いが無く、gate.ioなどで購入することができます。以下のリンクから口座開設すると手数料が10%割引になるのでお得です。

>>gate.ioで口座開設する

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

FEG Tokenの概要

FEG①

 

FEG TokenとはイーサリアムとBinance Smart Chain(BSC)上で稼働する分散型金融(DeFi)プロジェクトです。Defiについては、【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】で詳しく解説しています。

 

トークン名のFEGは「Feed Every Gorilla(すべてのゴリラを養う)」の頭文字から来ており、ゴリラをモチーフにしています。

 

いわゆる「動物系コイン」の一種で、ドージコインやSHIBA INUなどの仲間と言えます。ドージコインやSHIBA INUについては以下の記事で詳しく解説しています。

>>【画像付き】仮想通貨ドージコイン(DOGE)の買い方の手順を解説

>>仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

 

FEG Tokenの特徴

クアンタムの今後の展望

 

FEG Tokenの特徴は以下のとおり。

 

  1. 非中央集権的
  2. バーンを実施
  3. 保有者への還元
  4. 持続的な発展
  5. ガバナンストークン

 

①非中央集権的

 

FEGは徹底した非中央集権的な体制をとっています。

 

FEG Tokenの保有者は分散化されており、初期からの大口保有者は1人もいないため、運営に関する決定はコミュニティ主導で行われます。

 

②バーンを実施

 

FEG Tokenは定期的にバーン(仮想通貨を永久に使えないようにすること)を実施しています。

 

FEG Tokenのすべての取引の1%はバーンされるため、トークン発行枚数は徐々に減少し、トークンの価値が高まります。

 

トークンの価値が高まることで価格の上昇につながるため、FEG Tokenの価値を保ち続けることができます。

 

③保有者への還元

 

FEG Tokenは利益を保有者へ還元しています。

 

FEG Tokenで取引を行うと、1%の手数料がかかりますが、そのうち1%を、ホルダー(保有者)に還元されるよう設計されています。

 

④持続的な発展

 

FEG Tokenは持続的な発展を目指しています。

 

そのため、FEG Tokenのチームは今後もトークンの価値を維持するために複数のプロダクトを継続的にリリースします。

 

⑤ガバナンストークン

 

FEG Tokenはガバナンストークンとしての役割も担っています。

 

FEG Tokenは独自の分散型取引所(DEX)である、「FEG Exchange」のガバナンストークンとしても機能します。

 

FEG Tokenの今後の展望

お金を追う

 

つづいて、FEG Tokenの今後の展望について解説します。好材料が多いことから今後の価格上昇が見込まれます。

 

  1. 動物系トークンの人気
  2. 定期的にバーンを実施

 

①動物系トークンの人気

 

FEG Tokenの直近のチャートを見てみると以下のとおりです。

 

FEG②

 

5月に急騰しています。これはドージコインSHIBA INUAKITA INUなどの動物系トークンの人気に連動したものです。

 

そのため、今後も動物系トークンの人気が続けばそれに伴ってFEG Tokenの価格も上昇する可能性が高いです。

 

さらに、分散型取引所(DEX)のひとつであるApeSwap Financeの人気もFEG Tokenに好影響を与えています。

 

Apeswapはモチーフが猿であり、独自トークンがBANANA(バナナ)であることから、FEG Token(ゴリラ)を関連銘柄として価格を押し上げました。

 

②定期的にバーンを実施

 

FEG Tokenの最大の特徴は、バーンを実施して供給量を減らすことで、トークンの価値が向上する点です。

 

FEG Tokenはトランザクション(取引)を行うと、必ず2%の手数料が発生します。

 

そしてその2%の手数料の使い道は以下のとおりです。

 

  • 1%はバーン(焼却)され、使えなくなる
  • 1%はFEG Tokenの全ホルダーに還元される

 

つまり、FEG Tokenは「長期ホルダー」にメリットがある仮想通貨です。

 

バーンの回数などは特に上限が設定されていないため、この方針を継続していく可能性が高いです。

 

FEG Tokenの購入方法

仮想通貨を購入

 

FEG Tokenは残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

gate.io

 

ぼくもこのgate.io(ゲート)を使っています。FEG Token以外にも300種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、手数料が安いことなどから満足して使っています。

 

以下のリンクから口座開設すると、手数料が10%割引になるのでぜひご利用ください。

>>gate.ioで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でFEG Tokenを購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでFEG Tokenを購入する

 

なので、FEG Tokenを購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:FEG Tokenは今後価格が上昇する可能性がある

仮想通貨ICOを行う目的

 

今回はFEG Tokenについて解説してきました。

 

FEG TokenはドージコインやSHIBA INU、AKITA INUなどの動物系トークンの人気に連動する傾向にあります。

 

今後、動物系トークンの価格が上昇した際、FEG Tokenも一緒に価格が上昇する可能性が高いです。

 

FEG Tokenは約0.0000008755円(2021年6月現在)くらいなので、手ごろな価格の今のうちに先行投資として少額の10,000円分くらい買っておくと、将来爆上がりするかもしれません。

 

なおFEG Tokenは今のところ、海外取引所でしか購入できないのでgate.io(ゲート)で口座開設をしておきましょう。

>>gate.ioで口座開設する

 

海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、FEG Tokenを買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5