CRYPTO

ファイルコイン(FIL)とは?特徴や将来性・買い方について解説

ファイルコイン(FIL)ロゴ

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のファイルコイン(FIL)について詳しく知りたい。ファイルコイン(FIL)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ファイルコイン(FIL)の概要
  • ファイルコイン(FIL)の特徴
  • ファイルコイン(FIL)のチャート・価格推移
  • ファイルコイン(FIL)の将来性
  • ファイルコイン(FIL)の購入方法
  • ファイルコイン(FIL)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際にファイルコインや他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、収益をあげています。大手暗号資産(仮想通貨)メディアでも執筆中であり、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは、インターネットファイルシステムを開発している企業「Protocol Labs」が開発した「ユーザー間で直接ストレージを貸し借りできる分散型ストレージネットワーク」のことであり、このネットワークで使われる暗号資産(仮想通貨)も「Filecoin(FIL)」と呼ばれています。

 

2017年8月にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施し、合計2億5,700万ドル(約280億円)もの資金を調達したことでかなりの注目を集めました。ICOについては、【初心者向け】仮想通貨のICOとは?仕組みや参加方法なども解説で詳しく解説しています。

 

実際にファイルコイン(FIL)はこの1年で価格が約5倍に上昇しています。

 

ファイルコイン(FIL)チャート

 

この価格上昇を見ると、いかに投資家達がファイルコイン(FIL)に注目しているかがわかりますよね。

 

今回は暗号資産(仮想通貨)取引で200万円ほどの利益を上げている僕が、ファイルコイン(FIL)の概要や特徴、そして今後の見通しなどをわかりやすく解説していきます。

 

ファイルコイン(FIL)を買うのにおすすめの取引所などもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ちなみにファイルコイン(FIL)は国内取引所では取り扱いが無いので、国内取引所から仮想通貨を送金して海外取引所で購入することになります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要なので、少額の1円から購入できるビットフライヤーに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

ファイルコイン(FIL)の概要

ファイルコイン(FIL)ロゴ

 

ファイルコイン(FIL)の概要は以下のとおり。

 

通貨名 Filecoin
シンボル FIL
現在の価格(2022年9月現在) ¥822
時価総額(2022年9月現在) ¥238,779,037,260
取扱取引所 Binance
BITTREX
OKEx
Kraken
Huobi など
公式サイト ファイルコインの公式サイト

 

ファイルコイン(FIL)は「Protocol Labs」が開発した暗号資産(仮想通貨)で、2017年に取引が開始されました。

 

Protocol Labsは従来のストレージサービスが抱えている、第三者による不正なアクセスや情報漏洩、情報改ざんなどの問題を解決すべくIPFSという技術を開発。

 

IPFSではデータを一つのサーバーに集中させるのではなく、データを細分化・暗号化して世界中のコンピュータに分散して管理しています。

 

そのため、以下のようなメリットがあります。

 

  • 障害が起きてもデータを分散しているので問題なくサービスを提供できる
  • データが細分化・暗号化しているので改ざんが困難

 

今後、5Gの普及により送受信されるデータは増加していくと見られているため、データの集中管理にはリスクが伴うと考えられており、Google、Amazon、Netflixなどでも分散型管理に大規模な投資をしています。

 

ファイルコイン(FIL)の特徴

お金を追う

 

ファイルコイン(FIL)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ICOで280億円以上の資金を調達
  2. ビットコインを超える可能性がある
  3. 多数のマイナーが参加

 

①ICOで280億円以上の資金を調達

 

ファイルコイン(FIL)は2017年8月に実施したICOで約282億円もの資金調達に成功し、ICO資金調達額歴代2位を記録しています。

 

 

また、ICOに参加する資格を持つ投資家は総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家、もしくは年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家だけに限定されたため、一般投資家がほぼ参加できなかったことも話題となりました。

 

参加した投資家たちの顔ぶれを見てみると、セコイアなどの大手ベンチャーキャピタル 、ウィンクルボスなどの仮想通貨系VC 、さらにはスタンフォード大学などの期間投資家2100名が名を連ねました。

 

②ビットコインを超える可能性がある

 

ファイルコイン(FIL)は数々の有名な機関投資家や大企業から高評価を受けており、さらにNasdaqが発表した「今後ビットコインを超える可能性を持った暗号資産3選」にも選出されています。

 

So, let’s delve deeper into these three promising crypto picks

(では、3つの有望な暗号資産について見ていきましょう)

  • SingularityNet (AGI)
  • Filecoin (FIL)
  • Vidt Datalink (VIDT)

引用:Nasdaq

 

ビットコインは圧倒的な知名度と普及率を誇りますが、機能が特に優れているかというとそうでもありません。

 

そのため、実用性が高く今後の将来性が期待できるファイルコインは、ビットコインを超える可能性があると考えられています。

 

ビットコインについて詳しく知りたいという方は、【初心者向け】ビットコインの基礎知識について解説【利益200万】をご覧ください。

 

③多数のマイナーが参加


ファイルコインの安定稼働には多くのマイナーが参加することが必要です。

 

ファイルコイン(FIL)の本格稼働時には34か国から400人を超えるマイナーが集まり、確保できたストレージの総容量は325PB(ペタバイト)に上りました。

 

400人のマイナーの大部分は法人であるため、安定したマイニング作業が担保されます。

 

また、マイニング作業に出資だけする人もいるので、それを考えると数万人規模がファイルコイン(FIL)のマイニングに参加していると言えます。

 

ファイルコイン(FIL)のチャート・価格推移

 

ファイルコイン(FIL)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

それぞれの時期の価格推移を解説します。

 

①2022年1月~3月

 

2022年序盤はビットコインの値下げ等に連動し、価格を下げました。

 

しかしその後のDefi人気、仮想通貨市場の盛り上がりにより一気に話題となり、3,200近くまで価格が急上昇。

 

Defiユーザーが急激に増加したこともファイルコイン(FIL)の価格の後押しになったと見られています。

 

②2022年4月~7月

 

2022年4~7月にかけて金融情勢の緊迫化に伴う仮想通貨全般の下落に連動し、急激に価格を下げました。

 

一時700円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨市場が若干持ち直したため、1,200円前後まで上昇しています。

 

③2022年8月~

 

2022年8月以降はビットコインの下落に連動して、価格は低迷気味です。

 

現在は800円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

 

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので、ファイルコイン(FIL)への期待が高まっています。

 

ファイルコイン(FIL)の将来性

展望

 

つづいて、ファイルコイン(FIL)の今後の展望について解説します。

 

  1. データ管理需要の急増
  2. 中国での高い人気

 

①データ管理需要の急増


昨今のWeb3(分散型インターネット)への移行の中でデータ管理の需要が急増し、より低コスト・より安全なデータ管理方法が求められています。

 

そのため、ファイルコインの一番の特徴である分散型データストレージネットワークにも多くの注目が集まっており、今後さらに普及していくと見られています。

 

②中国での高い人気


ファイルコインは中国で人気が高い暗号資産(仮想通貨)であり、中国国内でファイルコイン(FIL)需要が高まることで価格上昇に繋がる可能性が高いです。

 

 

このようにCMでもファイルコイン(FIL)を宣伝しているため、認知度が向上しています。

 

中国市場を視野にいれてないステラルーメンや、中国国内で人気のない暗号資産(仮想通貨)と比較すると優位であると言えます。

 

さらに、中国政府は5G、人工知能、IOTにおけるイノベーションを推進するためのインターネットインフラを計画しているため、ファイルコインの後押しになりそうです。

 

ファイルコイン(FIL)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ファイルコイン(FIL)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

 

ファイルコイン(FIL)の買い方は以下のとおりです。

 

  1. ビットフライヤーで口座開設
  2. ビットフライヤーで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでファイルコイン(FIL)を購入する

 

順番に解説していきます。

 

①ビットフライヤーで口座開設

 

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

 

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

 

取引所は複数ありますが、最初はビットフライヤーをおすすめします。

 

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

 

仮想通貨を1円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②ビットフライヤーで仮想通貨を購入する

 

ビットフライヤーで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

 

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはビットフライヤーに日本円を入金します。

 

ホーム画面の「入出金」→「入金」で日本円を入金できます。

 

bitflyer

 

入金方法には「銀行振込」、「ネット銀行振込」、「コンビニ入金」の3つから選択可能です。

 

ビットフライヤーに日本円が入金できたら、例えばETHを購入したいならホーム画面の「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」を選択して購入できます。

 

bitflyer_eth

 

③BINANCEで口座開設

 

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

 

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

 

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

 

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

 

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

 

今回はビットフライヤーを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

ビットフライヤーで「入出金」→「イーサリアム」→「アドレスを登録する」を選択します。

 

bitflyer_address

 

案内メールが来るので、URLをクリック。

 

bitflyer_mail

 

ラベルとBINANCEのイーサリアムアドレスを入力して「次へ」をクリック。

 

bitflyer_address2

 

アドレス所有者「お客様本人」、送付先「海外取引所」を選択しチェックを入れ「追加する」をクリック。

 

bitflyer_address3

 

BINANCEのアドレスが登録されたので、送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送付する」を押せば送金完了です。

 

bitflyer_address4

 

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってBINANCEにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

 

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

 

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでファイルコイン(FIL)を購入する

 

入金が完了したら、BINANCEでファイルコイン(FIL)を購入します。

 

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の1円から買えるビットフライヤーで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

ファイルコイン(FIL)に関するよくある質問

 

最後にファイルコイン(FIL)に関するよくある質問に答えます。

 

  1. ファイルコイン(FIL)は国内取引所で買える?
  2. ファイルコイン(FIL)はステーキングできるの?
  3. ファイルコイン(FIL)の発行上限はどのくらい?

 

順番に回答します。

 

①ファイルコイン(FIL)は国内取引所で買える?

 

ファイルコイン(FIL)は国内取引所では購入できません。

 

ファイルコイン(FIL)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

 

 

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいビットフライヤーで購入しておきましょう。

 

ファイルコイン(FIL)はステーキングできるの?

 

はい、ステーキングできます。

 

BINANCEの公式サイトでファイルコイン(FIL)のステーキングを利用可能です。

 

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

 

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③ファイルコイン(FIL)の発行上限はどのくらい?

 

ファイルコイン(FIL)の発行上限は無制限です。

 

通貨の供給量を安定させるために、発行上限は設けていません。

 

実際に複数の大手取引所で活発な取引がされているので、今後も安定した需要が見込めます。

 

まとめ:ファイルコイン(FIL)は今後の価格上昇が見込める

飛翔

 

ファイルコイン(FIL)は日本ではほとんど知られていませんが、海外投資家たちはその可能性にいち早く気づいて投資を始めています。

 

繰り返しですが、実際にファイルコイン(FIL)はこの1年で価格が約5倍に上昇しています。

 

ファイルコイン(FIL)チャート

 

現在の暗号資産(仮想通貨)相場の上昇トレンドを見ると、ファイルコイン(FIL)もまだまだ上昇するポテンシャルがあるので、今のうちに購入しておくことをオススメします。

 

繰り返しですが、ファイルコイン(FIL)を購入するためには海外取引所を使う必要があり、海外取引所への送金には国内取引所の口座が必須です。

 

ファイルコイン(FIL)に興味がある方はアプリが使いやすいビットフライヤーで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5