CRYPTO

仮想通貨FTX Token(FTT)とは?特徴や将来性・買い方について解説

FTXロゴ

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のFTX Token(FTT)について詳しく知りたい。FTTの特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • FTTの概要
  • FTTの特徴
  • FTTの価格推移
  • FTTの将来性
  • FTTの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にFTTや他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨FTTトークン(FTX Token)は、海外の仮想通貨取引所「FTX」が独自に発行しているトークンのことです。

 

FTXはメジャーリーガーの大谷翔平選手とパートナーシップ契約を結んだことを公表し、大きな話題となりました。

 

 

FTTについても2022年に入ってから価格の上昇が続いており、多くの投資家が注目しています。

 

 

今回は暗号資産(仮想通貨)取引で200万円ほどの利益を上げている僕が、FTTの概要や特徴、そして今後の見通しなどをわかりやすく解説していきます。

 

FTTを買うのにおすすめの取引所などもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ちなみにFTTは国内取引所では取り扱いが無いので、国内取引所から仮想通貨を送金して海外取引所で購入することになります。

 

まずは、500円から暗号資産(仮想通貨)が購入できる国内取引所のコインチェックで口座開設して準備を進めておきましょう。口座開設はもちろん無料です。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

FTTの概要

FTXTOP

 

FTTの概要は以下のとおり。

 

通貨(トークン)名 FTX Token(FTT/エフティーティー)
ティッカーシンボル・単位 FTT
現在の価格(2022年6月時点) ¥3,603
時価総額(2022年6月時点) ¥488,232,523,657
時価総額ランキング(2022年6月時点) 21位
公式サイト FTT公式サイト

 

仮想通貨FTTは海外大手取引所であるFTXが発行する独自トークンです。

 

FTXは現物取引だけではなく、先物取引やレバレッジトークン、インデックストークンなどなど、多種多様な商品を取り扱っています。

 

そのため、世界中のトレーダーがFTXを利用しており、1日の取引額は20億ドルとも言われ、仮想通貨市場は大きな存在感を持っています。

 

またトークンのFTTは時価総額ランキング21位(2022年6月時点)であり、仮想通貨市場においても投資家の人気を集めています。

 

なおFTTは国内取引所には上場していないため、FTTを購入するためにはFTXなどの海外取引所を利用する必要があります。

 

海外取引所は日本円の入金ができないので、あらかじめ国内取引所でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入し、送金する必要があります。

 

FTTを買いたいという方は、コインチェックなどの国内取引所で購入用の仮想通貨を準備しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

FTTの特徴

お金を追う

 

FTTの特徴は以下のとおり。

 

  1. 高レバレッジ取引が可能
  2. ステーキングができる
  3. バーンにより価値が上昇する

 

①高レバレッジ取引が可能

 

FTXでは101倍までレバレッジをかけられるので、少額で大きな利益を得ることが可能です。

 

日本国内の仮想通貨取引所は最高でもレバレッジ4倍なので、リスクをとって高いリターンを得たい方にはFTXのレバレッジ率は魅力的に映るはずです。

 

また、レバレッジトークンという初めからレバレッジをかけた仮想通貨を取り扱っているのも特徴です。

 

 

このように国内取引所では取り扱いが無い、高い収益性を持つ商品を多く取り扱っているのが特徴です。

 

②ステーキングができる

 

FTXではFTTを用いたステーキングができるので、売却益だけではなく保有することで利益を得ることもできます。

 

ステーキングとは?

対象となる仮想通貨を保有するだけで、報酬が貰える仕組み

 

FTTをステーキングすると、報酬以外にも以下のようなメリットがあります。

 

  • リファラルレートの利率が良くなる
  • メイカーフィーリベートが付与される
  • SRM(Serum)のエアドロップが付与される
  • ERC20とETHの出金手数料が無料になる
  • IEO参加の権利が与えられる

 

こうしたメリットはFTTの保有に比例して報酬もランクアップするため、ユーザーに対して長期保有を促す効果があります。

 

ステーキングについての詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

 

スマホでお金
仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

続きを見る

 

③バーンにより価値が上昇する

 

バーン(焼却)とは、仮想通貨を使えないようにする措置のことです。

 

FTTは定期的にバーンを実施し意図的に供給量を減らしています。

 

価格というのは需要と供給により決定されるため、バーンにより希少価値が高まり、FTTの価格を維持しています。バーンの割合はFTTの33%にも上ります。

 

なお、バーンはFTTの供給量が半分になるまで継続される見込みです。

 

FTTの価格推移

貸仮想通貨とは?

FTTの直近の価格推移について見ていきましょう。

  1. 2021年10月~12月
  2. 2022年1月~3月
  3. 2022年4月~

それぞれの時期の価格推移を解説します。

 

①2021年10月~12月

仮想通貨全般が上昇トレンドにあったため、7,500近くまで価格が急上昇。

その後は一旦落ち着きを見せたものの、再度6,000前後を推移し底堅さを見せました。

大手取引所FTXが発行する銘柄ということで大きな注目を集めた形です。

 

②2022年1月~3月

2022年1~3月にかけてビットコインを始めとする仮想通貨全般の下落に連動し、大幅な下落を記録。

一時3,600円ほどまで下落しましたが、その後若干持ち直し6,400円前後まで上昇しています。

 

③2022年4月~

2022年4月以降もLunaの下落などに連動した仮想通貨全般の下落トレンドにより、値を下げています。

現在は3,600円前後で推移しており、今後の仮想通貨トレンドの影響により価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので、FTTへの期待が高まっています。

 

FTTの今後の展望

展望

 

FTTの今後の展望について、解説します。以下のとおり好材料が多いことから、今後も価格が上昇すると見られています。

 

  1. 取引所トークンとして評価が高まる
  2. 豊富なレバレッジトークン
  3. 大谷選手との提携
  4. 大坂なおみ選手との提携

 

①取引所トークンとして評価が高まる


取引所であるFTXの利用者が増えていくことで、FTTの価格もつられて上昇していきます。

 

FTXの事業スピードは極めて速いのことが特徴で、仮想通貨のみならず先物取引(アメリカ大統領選など)、取引所トークンなど多彩な商品を取り扱っています。

 

さらに、ユーザー数が世界一の大手海外取引所の「BINANCE」とも提携しており、波に乗っている取引所と言えます。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

このBINANCEも独自の取引所トークンとして「BNB」を発行しており、ユーザーにメリットが多かったため、結果としてBNBの価格が高騰しました。

>>【仮想通貨】バイナンスコイン(BNB)とは?特徴・今後の展望などを解説

 

FTXに関してもユーザーのメリットが多くなるように取引所が運営されており、FTXへのユーザー数が増加した場合はFTTの需要が高まるため、価格が上昇するはずです。

 

②豊富なレバレッジトークン

 

FTXが取り扱うレバレッジトークンとはビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨にレバレッジをかけた商品を指しています。

 

レバレッジトークンを取り扱う取引所は少ないため、レバレッジトークンを購入したい投資家がFTXを利用するため、FTXに多くの手数料収入が入ります。

 

FTTは手数料収入の33%がバーンされる仕組みなので、レバレッジトークンの人気が継続することでFTT価格も堅調に推移するというわけです。

 

なお、仮想通貨のSOLやRAYといったFTX関連銘柄の人気もFTTの価格上昇の後押しとなります。SOLとRAYについては以下の記事で詳しく解説していますので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

レイ(Ray)rogo
仮想通貨Ray(レイ)/Raydium(レイディウム)とは?概要や特徴、将来性などを解説

続きを見る

ソラナロゴ
仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

続きを見る

 

③大谷選手との提携

 

FTXはメジャーリーガーの大谷翔平選手とパートナーシップ契約を結んだことを公表し、大きな話題となりました。

 

 

世界的な知名度のある大谷選手と提携することにより、FTXの知名度が飛躍的に高まり、ユーザー数が増えることが期待されています。

 

そのため、FTXの知名度上昇に比例してFTXの価格も上昇する可能性が高いと言えるでしょう。

 

④大坂なおみ選手との提携

 

FTXはテニスの大坂なおみ選手とも提携しています。

 

 

大坂選手はアンバサダーとして就任し、仮想通貨に対する女性の関心を高めたり、コンテンツ制作への取り組みなどが期待されています。

 

FTTの購入方法

仮想通貨を購入

 

FTTは国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所かDEXを使う必要があります。

 

海外取引所

 

DEX

 

海外取引所でFTTを購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでFTTを購入する

 

なので、FTTを購入したいという方は、コインチェックの口座を開設して海外取引所で購入してみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:将来有望なFTTで資産運用してみよう

飛翔

 

FTTは日本ではほとんど知られていませんが、既に海外では注目されており価格も上昇しています。

 

FTXは取引所としての存在感を高めており、将来的にバイナンスの地位を脅かす可能性もあります。

 

また、取引所トークンFTTの価格も2021年に入って高騰を続けており、投資家の多くが今後の動向に注目しています。

 

FTTチャート

 

現在の暗号資産(仮想通貨)相場の上昇トレンドを見ると、FTTもまだまだ伸びしろがあるので今のうちに購入しておくのがオススメです。

 

なおFTTは海外取引所か分散型取引所でしか購入できないので、FTTに投資するならコインチェックで口座を開設して取引用のビットコインを送金できるようにしておくと安心です。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , , , , , , , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5