MONEY

仮想通貨Kava(カヴァ)とは?特徴、将来性や購入方法を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のKava(カヴァ)について詳しく知りたい。Kava(カヴァ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Kava(カヴァ)の概要
  • Kava(カヴァ)の特徴
  • Kava(カヴァ)の将来性
  • Kava(カヴァ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のKava(カヴァ)の概要や特徴が知りたい。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

Kava(カヴァ)ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号資産を使った分散型貸付プラットフォームとステーブルコインを提供するDeFiプラットフォームです。

>>【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Kava(カヴァ)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとKava(カヴァ)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Kava(カヴァ)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Kava(カヴァ)の概要

kava①

 

基本情報

 

KAVA(カヴァ)は「主要な暗号資産と互換性のある分散型貸付プラットフォームとステーブルコインによる分散型金融(DeFi)プラットフォームの提供」を目的に開発された暗号資産(仮想通貨)です。

 

具体的にはBTC、ETHといった仮想通貨を担保にして、ステーブルコインであるUSDXを借りることができます。

 

また、Kava(カヴァ)は独自の通貨スワップウォレットのSwitchを開発しています。

 

このSwitchを利用することでユーザー間での暗号資産のスワップ(交換)、異なるブロックチェーン間の資産移動や資産管理が可能になります。

 

このようなKAVAのプラットフォーム上でのサービス利用時に活用されるのがガバナンストークンのKAVAです。

 

Kava(カヴァ)の特徴

kava②

 

Kava(カヴァ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. BINANCEに上場
  2. 複数の暗号資産(仮想通貨)を担保にできる
  3. リップルが出資

 

①BINANCEに上場

 

Kava(カヴァ)は海外の大手取引所であるBINANCEに上場済です。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

BINANCEは世界最大級の仮想通貨取引所であり、多くのユーザーを抱えているためKava(カヴァ)が購入される機会が多くなります。

 

また、BINANCEは上場時の審査が厳しいことで知られており、BINANCEに上場したということで将来性についてはお墨付きが与えられたと考えられます。

 

②複数の暗号資産(仮想通貨)を担保にできる

 

KAVA(カヴァ)のプラットフォーム上では暗号資産(仮想通貨)を担保として、ステーブルコインであるUSDXを借りることができます。

 

担保にできる暗号資産(仮想通貨)はビットコイン、イーサリアム、リップルなど複数の種類が対応していることが特徴です。

 

複数の暗号資産(仮想通貨)を担保にできるため、より手軽にステーブルコインの借り入れができる点がKava(カヴァ)の魅力です。

 

③リップルが出資

 

KAVAプロジェクトには人気通貨であるリップル社が出資しています。

 

リップル社は人気通貨リップル(XRP)の発行元で、海外送金のシステムを抜本的に変えようとしているプロジェクトであり、仮想通貨業界では名の知れた存在です。

 

リップル
【初心者向け】リップル(XRP)とは?特徴や今後の動向を徹底解説

続きを見る

 

知名度の高いリップル社がKAVAプロジェクトが出資していることで、Kava(カヴァ)の将来性について一定の信頼感があります。

 

Kava(カヴァ)の将来性

kava③

 

Kava(カヴァ)の将来性は、KAVAプロジェクトの進捗と浸透度合いによって変わってきます。

 

KAVAプロジェクトの中で最もユーザーに支持されているサービスは「Switch」ですが、今後もリップル社の出資を受け新たなサービスを提供する可能性があります。

 

そして、Kava(カヴァ)にはMakerDAOという同様の借り入れプラットフォームを提供する競合サービスがあります。

 

今のところ複数の暗号資産(仮想通貨)を担保にできるKava(カヴァ)が一歩リードしている状況ですが、両プロジェクトの進捗や普及度合いによってシェアを占める割合が変わってくるでしょう。

 

Kava(カヴァ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Kava(カヴァ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でKava(カヴァ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでKava(カヴァ)を購入する

 

なので、Kava(カヴァ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Kava(カヴァ)は今後の価格上昇に期待が持てる

まとめ:Kava(カヴァ)は今後の価格上昇に期待が持てる

 

今回はKava(カヴァ)について解説してきました。

 

Kava(カヴァ)は複数の暗号資産(仮想通貨)を担保にできる借り入れプラットフォームなので、今後の暗号資産(仮想通貨)投資の需要増加と共に利用者が増えると見込まれます。

 

Kava(カヴァ)は2021年9月現在で700くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

kava価格

 

繰り返しになりますが、Kava(カヴァ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Kava(カヴァ)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

IOSTのエアドロップについてはこちらで紹介しています。

IOST
仮想通貨IOSTのエアドロップはいつ?コインチェックの対応などを解説

続きを見る

 

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5