MONEY

仮想通貨ラリー(Rally/RLY)とは?概要や特徴、将来性を解説

ラリーlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のラリー(Rally/RLY)について詳しく知りたい。ラリー(Rally/RLY)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨ラリー(Rally/RLY)の概要
  • 仮想通貨ラリー(Rally/RLY)の特徴
  • 仮想通貨ラリー(Rally/RLY)の将来性
  • 仮想通貨ラリー(Rally/RLY)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のラリー(Rally/RLY)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

ラリー(Rally/RLY)はイーサリアムのブロックチェーンを活用して、ミュージシャンやアーティストなどのクリエイターが自分のソーシャルトークン(仮想通貨)を発行できるサービスです。

>>【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、ラリー(Rally/RLY)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでラリー(Rally/RLY)に関する理解が深まるはずです。

 

また、ラリー(Rally/RLY)は現在国内取引所では取り扱いが無いため、海外取引所を使う必要があります。

>>【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

意外と知られていないのですが、海外取引所は日本円をそのまま入金することができないので、仮想通貨での入金が必須です。

 

そのため、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ラリー(Rally/RLY)の概要

ラリー①

 

ラリー(Rally/RLY)は、クリエイターがイーサリアムブロックチェーンを利用して独自のコインを発行するためのプラットフォームです。

 

以下の動画を観ると概要がつかみやすいはず。

 

 

クリエイターはソーシャルトークンと呼ばれる独自の暗号資産(仮想通貨)を発行することにより、収入が得られるため活動資金を得やすくなります。

 

ラリー(Rally/RLY)には既に10,000人以上のユーザーと80人以上のクリエイターが参加しています。

 

ラリー(Rally/RLY)の特徴

ラリー②

 

ラリー(Rally/RLY)の特徴は以下のとおり。

 

  1. クリエイターが収入を得やすい
  2. 無料で利用可能
  3. コミュニティ活動報酬

 

①クリエイターが収入を得やすい

 

ラリー(Rally/RLY)を活用することでクリエイターは様々なプラットフォームで利用できるソーシャルトークンを発行できるので、収入を得やすくなります。

 

SNSやオンラインイベントや、対面イベントなどあらゆる機会でコミュニティを通じて収入を得ることができます。

 

トークンをコミュニティと紐づける方法に特に制約は無いため、コミュニティの状況の変化によってトークンの価値も変化していきます。

 

②無料で利用可能

 

ラリー(Rally/RLY)は無料で利用可能です。

 

クリエーターコインを作成するためのコストはかからないので、クリエイターの誰もが自由に独自コインを発行できます。

 

③コミュニティ活動報酬

 

コミュニティ活動報酬は、ラリー(Rally/RLY)のネットワークに積極的に参加しているクリエイターコミュニティに報酬を付与する仕組みです。

 

コミュニティは、その活動内容の活発さなどに基づいて報酬を獲得します。コミュニティごとに$ RLYが報酬として付与され、コミュニティの各参加者は、そのコミュニティのコインの保有に比例した$ RLYを受け取るこことができます。

 

つまり、クリエイターのみならずファンも含めたコミュニティのメンバー全員が直接利益を得ることができるのです。

 

クリエイターとそのコミュニティは、その成長に応じて毎週報酬を獲得できます。

 

こうしたコミュニティ活動報酬制度によって、ラリー(Rally/RLY)ネットワークの活発化を図っています。

 

ラリー(Rally/RLY)の将来性

スカイコイン(SKY)

 

続いて、ラリー(Rally/RLY)の将来性について解説します。

 

  1. 他プロジェクトとの提携
  2. coinbaseへ上場

 

①他プロジェクトとの提携

 

ラリー(Rally/RLY)は様々な他プロジェクトと提携し、プロジェクトを運営しています。

 

以下が提携プロジェクトの一例です。

 

  • a16z Crypto
  • Coinbase Ventures
  • 1confirmation
  • Kenetic Capital
  • Twitchの創設者
  • Cultural Leadership Fund

 

上記以外にもいくつかの主要なブロックチェーンコミュニティメンバーと提携しています。

 

また、ラリー(Rally/RLY)のプロジェクトメンバーはKabam、YouTube、Facebook、Disney、Twitchなどのゲーム、ストリーミング、エンターテインメント企業での開発経験者が多く参加しています。

 

他プロジェクトとの提携を通じて、クリエイターが自分のコンテンツの収益化と自分のファンコミュニティの管理を容易にできるため、今後ラリー(Rally/RLY)の需要が伸びると見込まれています。

 

②coinbaseへ上場

 

ラリー(Rally/RLY)は米の暗号資産(仮想通貨)取引所であるcoinbaseに上場を果たしています。

 

 

大手取引所のcoinbaseに上場したことで、知名度が一気に上がり価格への後押しとなっています。

 

また、今後新たな取引所に上場する可能性もあり、新規上場時にはラリー(Rally/RLY)の価格がさらに高騰する可能性があります。

 

coinbaseは日本でも利用可能であり、使い方については以下の記事で詳しく解説しています。

>>coinbase(コインベース)とは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説

 

ラリー(Rally/RLY)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ラリー(Rally/RLY)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ちなみに、海外取引所でラリー(Rally/RLY)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでラリー(Rally/RLY)を購入する

 

なので、ラリー(Rally/RLY)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ラリー(Rally/RLY)はクリエイター活動の柱になる可能性がある

飛翔

 

今回はラリー(Rally/RLY)について解説してきました。

 

ラリー(Rally/RLY)はクリエイターのコミュニティプラットフォームとしてのシェアを握ると考えられており、その手軽さからユーザー数が増えていくと見込まれています。

 

ラリー(Rally/RLY)は2021年8月現在で60くらいと買いやすい価格なので、少額の10,000円分くらいを購入してみると思わぬ利益が出るかもしれません。

 

ラリー価格

 

繰り返しになりますが、ラリー(Rally/RLY)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ラリー(Rally/RLY)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

定番&将来性のある仮想通貨についてはこちらで紹介しています。

仮想通過
【初心者向け】定番&将来性のある仮想通貨5種類を紹介【資産倍増】

続きを見る

 

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5