MONEY

仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

sandboxサムネ

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のSAND/The Sandboxについて詳しく知りたい。SAND/The Sandboxの特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • SAND/The Sandboxの概要
  • SAND/The Sandboxの特徴
  • SAND/The Sandboxの展望
  • SAND/The Sandboxの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にSANDや他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

The Sandboxとはブロックチェーン技術を基盤としたゲームのことで、日本のスクウェア・エニックスなどの複数の企業やファンドから総額201万ドル(約2億2,000万円)の出資を受けています。

 

sandboxトップ

 

The Sandboxはイーサリアムブロックチェーンを使っています。イーサリアムについては、【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説で詳しく解説しています。

 

ユーザーはゲーム内で販売される土地を購入し、キャラクターやアイテムを作成・取引することができます。これまでに4,000万件ダウンロード、月間ユーザー100万人以上を誇る大人気ゲームです。そしてゲーム内で使える仮想通貨がSANDです。

 

SANDはコインチェックとの提携もあり、この1年で価格が約20倍に上昇しています。

 

SANDチャート

 

この価格上昇を見ると、いかにSANDの需要が高いかがわかりますよね。

 

今回は暗号資産(仮想通貨)取引で200万円ほどの利益を上げている僕が、SAND/the Sandboxの概要や特徴、そして今後の見通しなどをわかりやすく解説していきます。

 

SANDを買うのにおすすめの取引所などもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ちなみに、SANDは国内取引所ではまだ取り扱いがありません。

 

ですが、The Sandboxは2020年9月にコインチェックとNFTマーケットプレイス事業で提携しているため、コインチェックでの上場の可能性が高いです。

 

 

なので、上場後にSANDを買いたいという方は、ひとまずコインチェックで口座開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

SAND/The Sandboxの概要

sandboxトップ2

 

SAND/The Sandboxの概要は以下のとおり。

 

通貨名 SAND
シンボル SAND
価格(2021年5月現在) 約58円
時価総額(2021年5月現在) 約4,000億円
時価総額ランキング 164位
公式サイト The Sandbox公式サイト

 

The Sandboxとは、2021年第1四半期にリリース予定のブロックチェーンゲームのことです。

 

The Sandboxは、ブロックチェーン上に存在するゲーム空間であるため、ユーザーがゲーム内でのポイントを仮想通貨で受け取ったり、アイテムを他のユーザーと売買することが可能です。

 

ちなみに、The Sandboxは「サンドボックスゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームで2012年からシリーズ化されています。

 

サンドボックスゲームとは

ゲームの決まったシナリオが無く、プレイヤーが自分で目的を決めて自由に遊べるゲームのこと。

有名どころでいうと「Minecraft(マインクラフト)」がそれにあたります。

 

また、The Sandboxではゲームのリリース前に以下の方法で資金調達を行っています。

 

  • ゲーム内の土地(LAND)を安く販売
  • ゲーム内通貨のSANDを仮想通貨取引所に上場

 

こうしたことが話題を呼び、多くの企業や投資家の注目を集めSANDの価格高騰につながりました。

 

SAND/The Sandboxの特徴

お金を追う

 

SAND/The Sandboxの特徴は以下のとおり。

 

  • ゲームクリエーターとしてマネタイズできる
  • アセットクリエーターとしてマネタイズできる
  • デジタルアセット「LAND」を売買可能
  • LANDオーナーになることで不動産収入を得られる
  • イーサリアムの規格を採用

 

①ゲームクリエーターとしてマネタイズできる


ボクセルゲームを作って収益化することができます。ボクセルとは小さな立方体のことで、マインクラフトなどがボクセルゲームです。

 

The SandboxではGame Makerというツールを使用し、オリジナルのボクセルゲームを作成して他人に遊んでもらい、収益をあげることが可能です。

 

②アセットクリエーターとしてマネタイズできる


アセットクリエーターとは、ゲーム内のキャラクターや、音声データなどの各種素材を作成する人のことです。

 

The SandboxではVoxEditというツールを使用して、キャラクターやアセットを作成することができます

 

自分で作成したアセットはSANDBOX内で販売して収益をあげることが可能です。

 

③デジタルアセット「LAND」を売買可能


デジタルアセット「LAND」とは、THE SANDBOX内の土地で、合計166,464LAND発行されています。

 

大手取引所のコインチェックでもLANDが購入可能であり、毎回即売り切れになる人気を誇っています。

 

 

LANDは今後、個人間で売買も可能と言われており、今後の活発な取引が期待されています。

 

④LANDオーナーになることで不動産収入を得られる


ゲーム内の土地であるLANDの所有者がオーナーとなります。いわゆる地主ということです。

 

自分が所有するLANDを人に貸したり、他のユーザーが作ったゲームをホストすることで収益を得ることができます。

 

⑤イーサリアムの規格を採用

 

仮想通貨のSANDはERC20、土地(LAND)はERC721、The Sandbox内で作成できるアイテムやゲームはERC1155、いずれもイーサリアムの規格を採用しています。

 

またERC20を採用しているSANDは、イーサリアムベースのDEX(分散型取引所)であるUniswapでイーサ(ETH)と交換可能です。

 

SAND/The Sandboxの今後の展望

展望

 

つづいて、SAND/The Sandboxの今後の展望について解説します。

 

  1. NFT全般への注目度が上がっている
  2. スクウェア・エニックスなどの大手企業が出資している
  3. コインチェックなどの有名企業がゲーム上の土地を購入している

 

①NFT全般への注目度が上がっている


NFTはブロックチェーンゲームに限らずアート作品や不動産など、多岐に渡る分野での活用が期待されています。

 

例えばアート分野では、クリプトアーティスト「Beeple」のデジタルアート「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」が75億円で落札されて話題になりました。

 

 

NFTはまだ発展途上ですが、今後実用化が進むことで一般人の間にも普及するため、SANDなどのNFT関連銘柄の価格上昇につながります。

 

②スクウェア・エニックスなどの大手企業が出資している


The Sandboxは、スクウェア・エニックスなどの複数の大手企業やファンドから、総額201万ドル(約2億2000万円)もの融資を受けています。

 

 

複数の有名企業が出資しているため、それだけThe Sandboxの今後への期待の高さがうかがえます。

 

③コインチェックなどの有名企業がゲーム上の土地を購入している


The Sandboxはこれまでに2回ゲーム内の土地(LAND)のプレセールを実施し、いずれも即完売となり1300ETH以上の資金調達に成功しています。

 

LANDの購入者はゲームのユーザーだけではなく、大手仮想通貨取引所のコインチェックやバイナンス、その他複数の企業も購入しています。

 

 

このように、企業のLAND購入が今後のLANDの価格上昇を後押しすると見られています。さらにLANDの価格上昇に応じてSANDの価値も上がっていくはずです。

 

SANDの購入方法

仮想通貨を購入

 

Venus(XVS)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所やDEXを使う必要があります。

 

海外取引所

 

DEX

 

ちなみにぼくはBINANCEを使っており、取り扱う暗号資産(仮想通貨)が多いことや、手数料が安いことなどから満足しています。口座開設は以下のリンクからサクッとできます。

 

\ 仮想通貨取引量No.1/

BINANCEで口座開設する

 

 

海外取引所でSANDを購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでSANDを購入する

 

なので、SANDを購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:SANDは今後の価格上昇が見込める

飛翔

 

The Sandbox/SANDはエンジンコインなどと共にNFT関連銘柄として、今後の需要増加を見込んで先行投資されている状況です。エンジンコインについて詳しく知りたい方は、【初心者向け】仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?特徴・購入方法などを解説をご覧ください。

 

繰り返しですが、実際にSANDはこの1年で価格が約30倍に上昇しています。

 

Venus(XVS)チャート

 

現在の暗号資産(仮想通貨)相場の上昇トレンドや、NFTが普及することを考えるとSANDもまだまだ上昇するポテンシャルがあるといえます。

 

なおSANDは今のところ、海外取引所でしか購入できません。

 

SANDを国内取引所で買いたいという方は、取り扱う可能性の高いコインチェックで口座を開設して波に乗り遅れないようにしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5