MONEY

暗号資産(仮想通貨)は買い物で使える?ビットコインなどの使い方を解説

暗号資産(仮想通貨)

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)って買い物で使えるのかな?買い物での使い方や使う時の注意点が知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 暗号資産(仮想通貨)とは
  • 買い物に使える暗号資産(仮想通貨)の銘柄
  • 暗号資産(仮想通貨)で買い物をする方法
  • 決済で暗号資産(仮想通貨)を使う際の注意点

 

本記事の信頼性

筆者は実際に暗号資産(仮想通貨)を運用しており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)を持ってるけど普段の買い物でも使えるのかな?使い方がよくわからない…

 

そう思って悩んでいませんか?

 

意外に知られていませんが、暗号資産(仮想通貨)は普段の買い物などで使うことができるんです。

 

そこで今回は、暗号資産(仮想通貨)の買い物での使い方や注意点などをわかりやすく解説していきます。

 

この記事を読むと暗号資産(仮想通貨)の買い物での使い方がわかるので、決済手段の選択肢が広がります。

 

暗号資産(仮想通貨)とは

 

仮想通貨とは、電子データのみでやりとりされる通貨のことです。

 

円やドルといった法定通貨のように国家による保証を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられます。デジタル通貨(digital currency)とも呼ばれます。

 

2009年に登場したビットコイン以降、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨も続々と誕生し、今では仮想通貨は数千種類に上ると見られています。

 

そして、円やドルの法定通貨と仮想通貨を交換する仮想通貨取引所が誕生したことにより、一般人でも仮想通貨の売買が簡単にできるようになったことから、仮想通貨の保有者が一気に増えました。

 

仮想通貨の中で最も有名なのが「ビットコイン」です。仮想通貨はビットコインの他にも数多く存在しており、3,000種類以上に上ると言われています。

 

ビットコイン以外の仮想通貨を総称して「アルトコイン」と呼び、取引所を通じて取引がされています。将来有望なアルトコインについては、【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】で具体的な銘柄を紹介しています。

 

買い物に使える暗号資産(仮想通貨)の銘柄

アルトコインロゴ

 

買い物に使える暗号資産(仮想通貨)の銘柄で代表的なものは以下の3つです。

 

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

 

それぞれ、時価総額の上位を占めており、知名度・将来性抜群の通貨となります。

 

基本的にはこの3つを使うようにしておけば困らないはずです。それぞれの通貨については、以下で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

 

 

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュはコインチェックを使うと簡単に購入できます。コインチェックの使い方は以下の記事を参考にしてください。

 

コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

 

暗号資産(仮想通貨)は500円くらいの少額から買えるので、まずはお試しで5,000円分くらいの少額を買っておくと安心です。

>>ビットコインは高い?実はめっちゃ少額から購入できます【500円】

 

暗号資産(仮想通貨)で買い物をする方法

 

それでは、暗号資産(仮想通貨)で買い物をする方法を紹介します。

 

一番簡単な方法は、事前に保有している暗号資産(仮想通貨)を楽天ウォレット→楽天キャッシュへチャージすることで、楽天ペイなどで利用する方法です。

 

楽天キャッシュ

出典:楽天ウォレット

 

「楽天ウォレット」で運用している暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を、「楽天キャッシュ」にチャージすることで、「楽天ペイ」や「楽天ポイントカード」が使えるお店で暗号資産(仮想通貨)で決済ができるようになります。

 

暗号資産を加盟店で利用する方法は以下の3ステップです。

 

楽天ペイ

出典:楽天ウォレット

 

  1. 楽天ウォレットで暗号資産(仮想通貨)を保有する
  2. 楽天ウォレットから楽天キャッシュに暗号資産(仮想通貨)をチャージ
  3. 楽天ペイなどで決済

 

「楽天ウォレット」のアプリで保有する暗号資産(仮想通貨)を「楽天キャッシュ」にチャージするだけです。

 

「楽天ペイ」や「楽天ポイントカード」アプリにチャージした金額が反映されるので、普段の支払いと同様にバーコードやQRコードで決済可能です。

 

チャージは難しい手順を踏むことなく、スマホだけで完結できるので誰でも簡単に利用できます。ひとまずは楽天ウォレットでビットコインを10,000円分くらい購入して使ってみましょう。

>>楽天ウォレット

 

決済で暗号資産(仮想通貨)を使う際の注意点

暗号資産(仮想通貨)

 

続いて、暗号資産(仮想通貨)を使う際の注意点について触れておきます。

 

  1. 価格の変動リスク
  2. 決済に時間が掛かる
  3. 利用できる店舗が少ない

 

①価格の変動リスク

 

暗号資産(仮想通貨)は日々価格が変動しているため、決済するタイミングのレートで決済されます。

 

たとえば、1BTC=10,000円で購入して翌日に12,000円に上がることもあれば、逆に8,000円に下がっている場合もあります。

 

このように価格が下がるリスクもあるので、注意が必要です。安心して取引をする方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

【初心者向け】初めての仮想通貨投資を安心して始められる方法を解説

 

②決済に時間が掛かる

 

 

決済に使用する暗号資産(仮想通貨)の種類によっては、決済に時間がかかる場合があります。

 

取引内容データの整合性をブロックチェーンで検証するのに時間を要するからです。

 

たとえば、ビットコインでは決済に約10分ほどかかります。

 

暗号資産(仮想通貨)によっては、こうした課題を解決したリップルなどの処理スピードが速いものも存在します。

>>【初心者向け】リップル(XRP)の買い方・購入方法を解説【画像付き】

 

ですが現金・電子マネーと同等の迅速さという点ではまだ一歩遅れを取っているという現状です。

 

③利用できる店舗が少ない

 

暗号資産(仮想通貨)決済についてはまだ導入店舗が少ないのが実情です。

 

有名どころでいうとビックカメラなどがビットコイン決済に対応していますが、なかなか他社による導入までは進んでいません。

 

以下のサイトでビットコインなどが使えるサイトをまとめてくださっていますのでご参考に。

 

Bitcoin日本語情報サイト

ビットコイン情報サイト

出典:bitcoin日本語情報サイト

 

現状の電子マネーの利便性が割と高いので、そちらで満足している利用者が多いため、暗号資産(仮想通貨)決済のニーズが少ないというのもあります。

 

そのため、普段の買い物における決済手段として、電子マネーや現金には無い暗号資産(仮想通貨)ならではの優位性が乏しい状況です。

 

まとめ:暗号資産(仮想通貨)を買い物で使ってみよう

仮想通貨始め方

 

今回は暗号資産(仮想通貨)を買い物で使う方法などについて解説してきました。

 

暗号資産(仮想通貨)を実際に使ってみることで、暗号資産(仮想通貨)の利便性や価値を身をもって体験することができます。

 

例えば、コインチェックだとビットコインを500円から購入できるので、まずは少額を購入してテクノロジーを体験してみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , , , , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5