MONEY

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性、購入方法を徹底解説

TRB_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のTellor (TRB)について詳しく知りたい。Tellor (TRB)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Tellor (TRB)の概要
  • Tellor (TRB)の特徴
  • Tellor (TRB)の将来性
  • Tellor (TRB)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のTellor (TRB)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

Tellor (TRB)はブロックチェーンとスマートコントラクトに、正確な情報を取り込むための仕組み(オラクル)を提供する仮想通貨プロジェクトです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Tellor (TRB)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとTellor (TRB)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Tellor (TRB)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Tellor (TRB)の概要

Tellor (TRB)①

 

Tellor (TRB)は、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのオラクル問題に対処することを目的として、米国を拠点とするチームによって2019年に立ち上げられました。

 

Tellor (TRB)は、分散型金融(DeFi)や分散型アプリケーション(DApp)用のイーサリアムベースの分散型の安全なオラクルです。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

「分散型」のオラクルであるため、中央集権的なオラクルと違い、一社に権限が集中しません。

 

分散して存在する多くのオラクルユーザーから情報を収集し、ブロックチェーンやスマートコントラクトへ情報を蓄積しています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

Tellor (TRB)の特徴

Tellor (TRB)②

 

Tellor (TRB)の特徴は以下のとおり。

 

  1. コンセンサスアルゴリズムにPOWを採用
  2. マイナーを使用して動作する
  3. TRBトークン

 

①コンセンサスアルゴリズムにPOWを採用

 

テラーは、DeFiやDAppsがスマートコントラクトの価値の高いデータを受信できるようにします。

 

データフィードの安定性と信頼性は、プルーフオブワーク(PoW)コンセンサスに参加するマイナーによって保証されます。

 

②マイナーを使用して動作する

 

テラーは、ノードではなくマイナーを使用して動作するという点で、他の一般的なオラクルネットワークとは異なります。このプロジェクトは、Tellorscan、Dispute Centerなど、作業モデルをサポートする他のツールも提供します。

 

マイナーからデータを取得することは、プロジェクトの分散化を改善できる独自のアプローチです。ただし、データを取得するプロセスは遅くなる可能性があります。

 

③TRBトークン

 

テラーのネイティブトークンは、テラートークン(TRB)と呼ばれます。

 

ユーザーはTellor (TRB)にデータを提供することで、TRBを獲得できます。TRBはTellerのシステムで次のようなさまざまなアクティビティを通じて使用されます。

 

  • 支払い:ユーザーはTRBを使用して、必要な特定のデータを取得します。
  • 報酬:マイナーがTellerシステムにデータを追加すると、マイナーへの報酬としてTRBが与えられます。テラーチームはマイニング報酬の10%を受け取ります。
  • 競合:マイナーは、マイニングプロセスに参加するために、1,000TRBをTellerネットワークに送信する必要があります。これは、ネットワークのリスクを減らすための措置です。
  • 紛争補償: TRBは、データの有効性に関する紛争を解決するために使用されます。反対者と支持者の両方がデータの有効性について投票します。

 

このような感じでガバナンストークンとして機能するため、Tellor (TRB)のニーズが高まることでTRB自体の価格も高騰していくはずです。

 

Tellor (TRB)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

Tellor (TRB)の将来性を語る上でのポイントは以下のとおり。

 

  1. コミュニティの存在
  2. 優秀な開発チーム
  3. 虚偽報告の排除

 

①コミュニティの存在


テラーは、プラットフォームの開発をガイドする方法をユーザーに提供するコミュニティガバナンスメカニズムを導入しています。

 

ユーザーは、コミュニティに賛成または反対の提案をすることができます。

 

提案が承認されると、システムは自動的にコミュニティバンクから資金のロックを解除します。これらの提案は、プロトコルの変更から、TRBの循環供給の調整など、金融政策まで、あらゆるものをカバーできます。

 

②優秀な開発チーム


テラーの創設チームであるニコラス・フェット、ブレンダ・ロヤ、マイケル・ゼムローズは、彼らの最初のプロジェクトである大夏と呼ばれるデリバティブ取引所から学んだ貴重な教訓を学びました。

 

特に、ブレンダ・ロヤは有名なイーサリアムの開発者です。彼女は米国政府の経済学者を務めています。

 

ETHlogo
【2021年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

続きを見る

 

チームは非常に早い段階で、DeFiにおけるがデータの信ぴょう性がオラクルに依存するようになっていることに気づきました。

 

もしオラクルが質の低い情報を提供した場合、それは価値の妨げとなります。この状況により、チームはこの問題を解決するためテラーの開発を続けています。

 

③虚偽報告の排除

 

テラーが排除しようとしている主な問題の1つは、虚偽の報告です。

 

多くのブロックチェーンネットワークにおいては、誤って報告されたデータが大きな影響を及ぼす可能性があります。これらの問題は、初期のオラクルが取得した情報の信ぴょう性によってもたらされます。こうした課問題は、ネットワークの全体的な信ぴょう性にも影響してきます。

 

テラーは分散構造を活用して、オラクルからのすべてのデータが正しいことを確認します。このシステムは、多層検証システムとインセンティブを使用して、すべてのオラクルが精査された情報のみを提供するようにします。このようにして、Tellorはオラクルデータレポーターの安全な情報のみをブロックチェーンエコノミーに提供します。

 

Tellor (TRB)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Tellor (TRB)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が継続的にキャッシュバックされるので、めちゃお得です!

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でTellor (TRB)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでTellor (TRB)を購入する

 

なので、Tellor (TRB)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Tellor (TRB)はブロックチェーンに不可欠な存在

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回はTellor (TRB)について解説してきました。

 

Tellor (TRB)は、正しい情報を収集するオラクルであるため、開発者はより堅牢で役立つDappsを作成できるようになります。

 

今後DefiやDapps開発がさらに活発化すると考えられるため、Tellor (TRB)の技術も重宝されるはずです。

 

Tellor (TRB)は2021年10月現在で5,400くらいと比較的買いやすい価格なので、試しに先行投資で10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

Tellor (TRB)価格

 

繰り返しになりますが、Tellor (TRB)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Tellor (TRB)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

人気の仮想通貨SHIBA INU(SHIB)についてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5