MONEY

仮想通貨Vite(ヴィート)とは?概要や特徴、購入方法を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のVite(ヴィート)について詳しく知りたい。Vite(ヴィート)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Vite(ヴィート)の概要
  • Vite(ヴィート)の特徴
  • Vite(ヴィート)の将来性
  • Vite(ヴィート)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のVite(ヴィート)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

Vite(ヴィート)は、プリケーションを動かすプラットフォームを提供をするために開発された仮想通貨です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Vite(ヴィート)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとVite(ヴィート)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Vite(ヴィート)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Vite(ヴィート)の概要

vite①

 

仮想通貨名 VITE
トークン名 VITE
公開月 2018年
発行上限 1,000,000,000 VITE
発行枚数 415,162,655 VITE
公式HP https://www.vite.org/
ホワイトペーパー https://github.com/vitelabs/whitepaper/blob/master/vite_japan.pdf
Twitter @vitelabs
Facebook @vitelabs
YouTube Vite Labs Official Channel

 

Vite(ヴィート)とはEOSと同様に分散型アプリケーション(Dapps)開発のためのプラットフォームを提供しています。

 

EOSロゴ
仮想通貨EOS(イオス) とは?概要や特徴、今後の展望を紹介

続きを見る

 

現在では、アマゾンウェブサービス(AWS)のようにサーバーを利用してプラットフォームを構築し、各種サービスを提供する形が主流です。

 

しかしこうした中央集権的なサーバーを用いたサービスだと、サーバーにトラブルがあったときにサービスが利用できなるくなるといったリスクがあります。

 

このようなサービス停止のリスクを回避する方法として、最近注目を集めているのが分散型プラットフォームです。

 

分散型プラットフォームであれば、どれかひとつの箇所に不具合が起きても他で代替可能になるので、サービスが停止することがありません。

 

こうした次世代の分散型プラットフォームを提供するために開発されたのがVite(ヴィート)です。

 

Vite(ヴィート)の特徴

vite②

 

Vite(ヴィート)の特徴は以下のとおり。

 

  1. DAG構造による高速処理
  2. 無料で受け取れる
  3. Vite wallet(ヴァイトウォレット)

 

①DAG構造による高速処理

 

Vite(ヴィート)はDAG構造という処理の仕組みを採用しています。

 

従来のブロックチェーンはブロックを数珠つなぎにし、ブロックごとに順番にトランザクション処理を行っていきます。

 

一方DAG構造は、1つのブロックにいくつものブロックがつながっています。

 

これによってトランザクション処理をブロックごとに順番に処理することなく、複数の処理を平行して同時に行えるため高速処理が可能になります。

 

②無料で受け取れる

 

Vite(ヴィート)は無料で受けとることができます。

 

Vite(ヴィート)が提供しているウォレット「Vite wallet」に登録するだけで、毎日10~1,000VITE(10円から1万円相当)が付与されます。

 

また、vote(投票)によってもVite(ヴィート)が付与されます。

 

Vite wallet内で付与されたVITEをvote(投票)することで、自分が保有するVite(ヴィート)が増えていきます。

 

③Vite wallet(ヴァイトウォレット)

 

Vite(ヴィート)はウォレットアプリの「Vite wallet」を提供しています。

 

機能自体はシンプルですが、アプリに登録するだけで毎日AirDropで仮想通貨を配布しており、多くの注目を集めています。AirdDropについては、仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツで詳しく解説しています。

 

アプリの使い方はとても簡単で毎日アプリを立ち上げて24時間ごとにタップすると、一定量のVite(ヴィート)が付与されます。

 

Vite(ヴィート)の将来性

vite③

 

Vite(ヴィート)の将来性を語る上でのポイントは以下の3つ。

 

  1. コミュニティの存在
  2. 地方自治体と提携
  3. Vite Pay&Vite Store

 

①コミュニティの存在


Viteのコミュニティは、世界中の180を超える国と地域が参加しており、世界中に20万人を超えるユーザーと開発者がいます。

 

また、Vite Walletには、20,000人を超えるDaily Active Users(DAU)がいます。

 

このように巨大なコミュニティが形成されていることで、今後のVite(ヴィート)の開発の後押しになるかもしれません。

 

人気通貨のドージコインなどもコミュニティが巨大なので興味がある方は、【仮想通貨】ドージコイン(DOGE)の今後の予想や将来性を徹底解説をチェックしてみてください。

 

②地方自治体と提携


2019年1月、Viteとニューヨーク州にあるシラキュース市は、Viteのテクノロジーを使用して低所得者向けの住宅の手頃な価格の問題に対処するための正式なパートナーシップを発表しました。

 

住宅の安定性を改善し、居住者の一時性を減らすために、SyraCoinと呼ばれる地方自治体のトークンエコノミーがすでに開始されています。

 

このように地方自治体と提携したことで、Vite(ヴィート)の信頼性が上がり、今後他の自治体・企業などとの提携が進むと見られています。

 

③Vite Pay&Vite Store


2019年12月、Viteはブロックチェーン開発者Alchemyとの戦略的パートナーシップを発表し、Vite(ヴィート)をAlchemyの加盟店で利用できるようにしました。

 

このパートナーシップを通じて、Viteユーザーは独自のViteStoreでブロックチェーンを活用して即時支払いが可能になります。

 

Vite(ヴィート)による支払いの利便性が認められることで、今後他の店舗での導入も進んでいくはずです。

 

Vite(ヴィート)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Vite(ヴィート)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが多いため満足して使っています。

 

  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • 手数料が安い
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が継続的にキャッシュバックされるので、めちゃお得です!

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でVite(ヴィート)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでVite(ヴィート)を購入する

 

なので、Vite(ヴィート)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Vite(ヴィート)は今後の需要増加が見込まれる

まとめ:Kava(カヴァ)は今後の価格上昇に期待が持てる

 

今回はVite(ヴィート)について解説してきました。

 

Vite(ヴィート)は分散型アプリケーション開発のためのプロジェクトなので、今後のDefiへのニーズ増加と共に需要が増えると見込まれます。

 

Defiについては、【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】で詳しく解説しています。

 

Vite(ヴィート)は2021年9月現在で10くらいと格安なので、試しに先行投資で10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

vite価格

 

繰り返しになりますが、Vite(ヴィート)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Vite(ヴィート)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)についてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5