MONEY

仮想通貨VRA(Veracity/ヴェラシティ)とは?概要や特徴・将来性について解説

VRAlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のVRA(Veracity/ヴェラシティ)について詳しく知りたい。VRA(Veracity/ヴェラシティ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • VRA(ヴェラシティ)の概要
  • VRA(ヴェラシティ)の特徴
  • VRA(ヴェラシティ)の展望
  • VRA(ヴェラシティ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にVRA(ヴェラシティ)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

今回は仮想通貨のVRA(ヴェラシティ)について解説していきます。

 

VRA(ヴェラシティ)は、動画配信プラットフォームの「Verasity」上で使用できるトークンのことを指します。

 

今回は実際にVRA(ヴェラシティ)を保有しているぼくが、VRA(ヴェラシティ)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでVRA(ヴェラシティ)に関する理解が深まるはずです。

 

また、VRA(ヴェラシティ)は現在国内取引所では取り扱いが無く、Kucoinなどの海外取引所を使う必要があります。おすすめの取引所については、【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】で紹介しています。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

VRA(ヴェラシティ)の概要

VRATOP

 

仮想通貨名 VRA(verasity)
公開 2019年
発行上限 約105億枚
公式HP https://verasity.io/

 

VRA(ヴェラシティ)は次世代の動画共有プラットフォーム及びそこで使われるトークンのことです。

 

現在の動画プラットフォームには多くの利害関係者が存在します。そのため、クリエイターに収益が入る前にそれらの利害関係者に収益が渡ってしまい、クリエイターへの収益が減ってしまう場合がほとんどです。

 

VRA(ヴェラシティ)はクリエイターとオーディエンスを直接つなぐプラットフォームを提供することで、より多くの報酬がクリエイターに渡るようにしています。

 

YoutubeやVimeoといった既存の動画配信プラットフォームをVRA(ヴェラシティ)に統合することで、多くのクリエイターに利用してもらうことを目的としています。

 

VRA(ヴェラシティ)はKucoinを始め様々な仮想通貨取引所で取り扱われており、多くのユーザーが自由に売買できる環境が整えられています。

 

VRA(ヴェラシティ)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

VRA(ヴェラシティ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ユーザーが望むコンテンツを適切に提供
  2. コンセンサスアルゴリズムに「PoV(Proof of View)」を採用
  3. 配信者と視聴者双方に報酬を付与

 

①ユーザーが望むコンテンツを適切に提供

 

VRA(ヴェラシティ)はユーザーが好むコンテンツを見つけやすいように設計されています。

 

配信者とユーザーをダイレクトにつなぐので、提供コンテンツの内容が偏ることを防止できます。

 

また、VRA(ヴェラシティ)は高品質なストリーミング技術を採用しているため、ユーザーは高品質な動画を気軽に楽しめます。

 

②コンセンサスアルゴリズムに「PoV(Proof of View)」を採用

 

VRA(ヴェラシティ)はコンセンサスアルゴリズムに「POV」を採用しています。

 

 

これは、オンラインコンテンツの価値を保証するものであり、配信者・視聴者・広告主それぞれに適切な取引を可能にするもので、現在特許を取得中です。

 

③配信者と視聴者双方に報酬を付与

 

VRA(ヴェラシティ)は配信者のみならず動画の視聴者に対してもVRAが付与されます。

 

そのため、配信者はより高品質な動画を作ることに専念できますし、視聴者へもより多くの動画を観ることを促すことになり、VRA(ヴェラシティ)がより活発に利用されるようになります。

 

VRA(ヴェラシティ)の今後の展望

ビットコイン上昇

 

続いて、VRA(ヴェラシティ)の今後の展望について解説していきます。以下のように好材料が多いことから将来性が見込まれています。

 

  1. Kucoin等への上場
  2. 既存の動画配信プラットフォームを活用

 

①Kucoin等への上場

 

VRA(ヴェラシティ)は海外大手取引所のKucoin等に上場しています。

 

KuCoinで扱われるトークンは、KuCoinによる厳しい審査に合格する必要があります。

 

そのため、Kucoinで取り扱われている銘柄については、将来性についてKucoinのお墨付きを得た形となります。

 

投資家にとっては安心して保有するための材料になるため、今後VRA(ヴェラシティ)の保有者が増え、価格を押し上げることが予想されます。

 

その他、OkeXやFlybitといった取引所にも上場しており、今後取引高が増えていくはずです。

 

 

 

②既存の動画配信プラットフォームを活用

 

他にもTHETA(シータ)のような動画配信プラットフォームにブロックチェーン技術を活用したプロジェクトは複数存在しますが、いずれも新たなプラットフォームを開発することを計画しているため集客に苦労しています。

>>仮想通貨THETA(シータ)とは?概要や特徴、将来性について解説

 

VRA(ヴェラシティ)はイチからプラットフォームを作らず、既存の動画配信プラットフォームを活用するため、既存のユーザーをそのまま取り込むことができます。

 

ある程度のユーザー数を見込んだ状態でプロジェクトを稼働できるため、他のサービスと比較して優位に立っていると言えます。

 

VRA(ヴェラシティ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

VRA(ヴェラシティ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

おすすめは、Kucoinです。

 

Kucoinは日本語に対応しているため、安心して利用できます。70種類を超える豊富なアルトコインを扱っているため、VRA(ヴェラシティ)以外の将来有望な銘柄も見つけることができます。

 

ちなみに、海外取引所でVRA(ヴェラシティ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでVRA(ヴェラシティ)を購入する

 

なので、VRA(ヴェラシティ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:VRA(ヴェラシティ)は動画配信サービスの覇権を握る可能性がある

飛翔

 

今回はVRA(ヴェラシティ)について解説してきました。

 

VRA(ヴェラシティ)は既存の動画配信プラットフォームを統合することを目指しているため、今後動画配信の分野で覇権を握る可能性があります。

 

5G導入などの通信環境の改善により動画のニーズは高まっていくので、VRA(ヴェラシティ)の価値も上昇するはずです。

 

VRA(ヴェラシティ)は2021年7月現在で1くらいと手ごろな価格なので、先行投資として30,000円分くらいを保有しておくと今後値上がりするかもしれません。

 

繰り返しになりますが、VRA(ヴェラシティ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、VRA(ヴェラシティ)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

今後伸びそうな草コインについてはこちら。

アルトコイン
【2021年6月更新】おすすめの草コイン厳選5選!購入方法も紹介

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5