MONEY

仮想通貨Counterparty(XCP)とは?概要や特徴、将来性について解説

Counterparty(XCP)_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のCounterparty(XCP)について詳しく知りたい。Counterparty(XCP)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Counterparty(XCP)の概要
  • Counterparty(XCP)の特徴
  • Counterparty(XCP)の将来性
  • Counterparty(XCP)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のCounterparty(XCP)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Counterparty(XCP)は、ビットコインのブロックチェーン上に構築された分散型金融プラットフォームです。

>>仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?概要・特徴や将来性を徹底解説

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Counterparty(XCP)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとCounterparty(XCP)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Counterparty(XCP)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Counterparty(XCP)の概要

Counterparty(XCP)①

 

Counterparty(XCP)とは、ビットコインのブロックチェーン上に作られた、分散型の金融プラットフォームです。

 

暗号資産(仮想通貨)の多くはブロックチェーンの技術を活用して発行されていますが、Counterparty(XCP)はブロックチェーンではなく「Peer to Peer(ピアツーピア)」方式を採用していることが特徴です。

 

Counterparty(XCP)はビットコイン2.0と呼ばれるプロジェクトの一つであり、ビットコインのブロックチェーンを活用してトークンを発行したり、イーサリアムのスマートコントラクト機能をビットコインのブロックチェーン上で実行することが可能です。

 

ビットコイン2.0プロジェクトの中では最も有名な暗号資産(仮想通貨)と言えます。

 

Counterparty(XCP)の特徴

Counterparty(XCP)②

 

仮想通貨Counterparty(XCP)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 独自トークンを発行できる
  2. 分散型取引所(DEX)形式を採用
  3. 「Peer to Peer」を採用

 

①独自トークンを発行できる


Counterparty(XCP)は独自トークンを発行できるのが大きな特徴のひとつです。

 

ユーザーは自身が所有するXCPをバーン(焼却)することで、その代わりに独自トークンを発行することができます。

 

Counterparty(XCP)の強みはこの独自トークンを取引手数料などの支払いに使えるプラットフォームであるという点です。

 

②分散型取引所(DEX)形式を採用


Counterparty(XCP)のプラットフォームはDefiでよく見られるDEX(Decentrailzed Exchange)、分散型取引所の形式を採用しています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

従来の取引所のように中央集権的な管理者が存在せず、発行した独自トークンをユーザー同士で取引できます。このため、例えばコインチェック事件のような、取引所のセキュリティ性をついた「カウンターパーティーリスク」を避けることができます。

 

そのため取引所に左右されることなく、ユーザー同士が直接取引できる点が特徴です。

 

③「Peer to Peer」を採用


Counterparty(XCP)は通信に「Peer to Peer」を採用しています。

 

「Peer to Peer」はお互いをつなぐという意味であり、通信技術では「P2P」とも呼ばれています。

 

インターネットでネットワークへ接続する場合はクライアントサーバーを通して通信を行いますが、「Peer to Peer」ではクライアントサーバーを通さずにユーザーの端末同士で通信を行います。

 

そのため、クライアントサーバーへの負担を減らすことができるため、アクセスが集中する際に処理速度が遅くなる、サーバーがダウンするなどの問題を解決できます。

 

Counterparty(XCP)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

Counterparty(XCP)の将来性を語る上でのポイントは以下のとおり。

 

  1. ビットコインの動きに連動
  2. トークンエコノミーの発展

 

①ビットコインの動きに連動

 

Counterparty(XCP)はビットコインの動きに連動しています。

 

Counterparty(XCP)はビットコインのブロックチェーン上を利用しているため、良くも悪くもビットコインの影響を受けます。

 

ビットコイン自体はここ数年で価格が数十倍に高騰しており、現在もなお上昇トレンドの最中にあります。

 

ビットコイン
ビットコイン(BTC)の今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

 

そのため、Counterparty(XCP)もビットコインの上昇トレンドの影響を受けて、価格が高騰する可能性が十分にあります。

 

②トークンエコノミーの発展


Counterparty(XCP)で発行できる独自トークンの特徴は、ゲーム内のグッズの取引やガバナンスへの参加権といった感じで希少性を持たせることができる点です。

 

こうした希少性を活用し、有料でのコンテンツ販売やアーティストが自分の作品をユーザーへ直接販売することが可能です。

 

このようなトークンエコノミーが発展することによって、個人がより簡単にビジネスで収益を得られるようになります。

 

トークンエコノミーが発展することで、プラットフォームであるCounterparty(XCP)の需要も増えていくと見られています。

 

Counterparty(XCP)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Counterparty(XCP)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

ちなみに上記にはありませんが、その他のおすすめ取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でCounterparty(XCP)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでCounterparty(XCP)を購入する

 

なので、Counterparty(XCP)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Counterparty(XCP)は個人マネタイズのカギを握る

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回はCounterparty(XCP)について解説いたしました。

 

Counterparty(XCP)は日本国内ではまだまだ知名度が低い通貨ですが、独自トークンを利用して個人でもマネタイズが容易にできるためユーザーにとっては便利な暗号資産(仮想通貨)です。

 

Counterparty(XCP)は2021年10月現在は2,600円前後と非常に買いやすい金額ですので、今のうちに購入しておけば、将来大きな利益が出るかもしれません。

 

Counterparty(XCP)価格

 

繰り返しになりますが、Counterparty(XCP)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Counterparty(XCP)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5