※本サイトにはプロモーションが含まれます

Metaverse

メタバース教育とは?概要や導入事例、メリットや将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
メタバース教育について詳しく知りたい。メタバース教育の概要や導入事例、メリットを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは
  • メタバース教育に関する動向
  • メタバース教育のメリット
  • メタバース教育の課題・デメリット
  • メタバース教育の最新事例
  • メタバース教育の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は日頃からメタバースを利用しています。さらにメタバース関連の情報発信で月330万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近メタバースが注目を集めており、TV番組などでも取り上げられる機会が増えてきました。

メタバースの市場規模は今後1600兆円にも上ると見られており、教育の分野においてもメタバースを活用する動きが加速しています。

そこで今回は普段からメタバースを利用する僕が、メタバース教育の事例やメリットを解説します。

なお、メタバースを利用する際はイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめ口座が無料開設できるコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

メタバースとは

メタバースは、仮想空間を構成するコンピューターやサーバーを通じて、インターネット上で実現される仮想社会や仮想経済圏のことを指します。

メタバースは、ゲームやビデオ会議などにおいてよく使われる仮想空間を拡張し、さまざまなアクティビティやビジネスが行われる場所としても利用されています。

例えば、オンラインで買い物や取引をすることができるマーケットプレイスや、仮想でのイベントや会議を実施することができる会議室などがあります。

また、メタバースは、仮想空間内でのアイデンティティやプロフィールを持つことができるため、仮想社会においても、社会的な側面が存在します。

そのため、メタバースを利用することで、個人や企業が、仮想空間上でさまざまなアクティビティやビジネスを展開することができるようになります。

メタバースの語源は、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語です。

もともとはアメリカのSF作家ニール・スティーヴンスンが1992年に発表した小説「スノウ・クラッシュ (Snow Crash)」に登場するインターネット上の仮想空間として登場しました。

なお、この小説はふつうにSFとしても面白いので、興味があるなら読んでおいて損はありません。

 

小説を起源として生まれたメタバースですが、将来的な市場規模は1600兆円にも上るとみられています。

この巨大な市場でシェアを握るべく、すでに以下のような大手企業が続々と参入。

  • アディダス
  • ナイキ
  • プーマ
  • サイバーエージェント
  • スクウェア・エニックス
  • ソニー
  • キャノン
  • パナソニック
  • リコー
  • KDDI

見てのとおり有名企業がこぞってメタバースに投資しており、今後間違いなくメタバースが大きなトレンドになるはず。

なので、今のうちにメタバースを始めることで周囲に差をつけることができ、先行者利益を得られる可能性が高いでしょう。

メタバースの始め方については、メタバースの始め方・やり方、必要機材を徹底解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

メタバース教育に関する動向

メタバースは、VR技術を使用した仮想現実の世界で、アバター同士がコミュニケーションを取り合うことができます。

最近では、教育分野でも活用が進んでおり、アメリカのスタンフォード大学では、ほぼ全ての授業でVRを使用した講義を行っているとのことです。

学生たちは、自分たちのアバターでバーチャル空間に集まり、ディスカッションなどを行い、体感的な実習を行っていると報じられています。

また、Robloxなどのオンラインゲームプラットフォームでは、メタバースを活用した教育ゲームの開発が進んでいます。

教育系VRコンテンツを提供する企業は、メタバース上で仮想大学のキャンパスを作成する計画を進めています。

さらに、東京大学はメタバースを活用した「メタバース工学部」を設立し、大きな注目を集めました。

これには以下の大手企業が協力。

  • 鹿島建設
  • ソニーグループ
  • DMG森精機
  • 丸井グループ
  • 三菱電機
  • リクルート

各社社員の学習にも利用するとしており、利用用途が多岐に渡っています。

これらの動きから、「メタバース×教育」が身近なものになっていく可能性があると言われています。

 

メタバース教育のメリット

metaverse

メタバース教育のメリットは以下のとおり。

  1. 仮想空間で失敗を経験できる
  2. 現実では不可能なもので学習できる
  3. ゲーム感覚で楽しく学べる
  4. 学校に行かなくても学べる
  5. 能動的な学習が可能
  6. 心理的な抵抗感が減る

それぞれ解説します。

 

①仮想空間で失敗を経験できる

バーチャル体験や仮想空間での活動は、現実空間と比較して失敗しても心身のダメージが少ないです。

そのため、失敗を恐れずに挑戦し、学びを得ることができる環境を作りやすいことがメリットとして挙げられます。

例えば、理科の授業では、学生たちが自由に実験を行い、仮想空間で危険を体験することができます。

このような仮想体験は、生徒たちが安全にリアルな体験をすることができるため、教育現場で広く利用されています。

また、仮想空間を使った実習や活動は、実験の再現性が高く、より多くの学生による参加が可能であるため、効率的な学習が可能となっています。

さらに、仮想空間を使用することで、物理的な制約が少ないため、様々な環境やシナリオを用いた学習体験が可能になります。

これにより、従来の教育に比べて、より多角的な学習が実現され、学生たちがより深い理解を得ることができます。

 

②現実では不可能なもので学習できる

メタバース教育では、現実の教育では不可能な環境や物質・生物などを簡単に取り入れることができます。

また、CGや映像を駆使することで、歴史的な出来事を追体験するような授業も実現可能です。

これにより、より臨場感を持った授業が可能になります。

例えば、学生は自分自身でアバターを操作してその仮想空間内を観察することができます。

また、メタバース教育を通じて、生徒は過去の出来事や場所を身体的に経験することができます。

これにより、学習者は目に見えない現象をよりよく理解することができ、より深い学びを実現できます。

 

③ゲーム感覚で楽しく学べる

メタバースにおいては、ゲーム感覚で学べることができるため、通常の授業に興味を持てない生徒でも学習に取り組むことができます。

ゲーム要素を取り入れることで、教材に対する興味やモチベーションを高めることができ、その結果として生徒の学力向上につながると期待されます。

例えば、数学や物理などの理系科目では、ゲーム要素を取り入れたアプリケーションやシミュレーションツールを使用することで、生徒が自主的に学習に取り組むことができます。

また、言語学習においては、アバターを使ってロールプレイングゲームを行い、実践的なコミュニケーション能力を身につけることができます。

このように、メタバースにおけるゲーム要素は、生徒の学習意欲を高め、教育の効果を高める可能性があります。

 

④学校に行かなくても学べる

メタバースによる教育は、遠隔地にいる生徒が授業に参加することができるという利点があります。

たとえば、健康上の理由で学校に行けない生徒や遠隔地に住む生徒でも、オンラインのメタバースにアクセスすることができれば、遠隔で授業を受けることができます。

このように、メタバースを活用することで身体的、精神的、家庭の事情などで登校が難しい生徒たちでも、遠隔で学ぶことができるため、受講の幅が広がります。

また、時間や場所の制約がないため、生徒たちは自分のペースで学ぶことができるようになります。

このような遠隔教育は、生徒たちの多様なニーズに応えることができるため、将来的にはますます重要性を増していくことが考えられます。

 

⑤能動的な学習が可能

ビデオ会議ツールを使った授業は、画面に向き合って聞くだけの受け身的な学習になりがちです。

一方、メタバースを使った学習では、アバターを操作することで、能動的に仮想空間内で様々な体験が可能です。

このように、体験を通じた学習は、学習内容をより深く理解することができ、定着しやすくなるという利点があります。

たとえば、現実の科学実験には高価な装置や危険が伴う場合があり、学生にとって参加が難しいことがあります。

しかし、メタバースを使えば、現実の制約を受けずに、仮想空間で実験を行うことができます。

また、歴史や社会の授業でも、仮想空間を使えば当時の文化や風習を体験することができ、生徒が単に聞いているだけではなく、実際にその時代の人々がどのような生活を送っていたかを理解することができます。

つまり、メタバースを使った学習では、単に情報を聞くだけではなく、自分自身で体験することができるため、学習内容を深く理解し定着させることができます。

 

⑥心理的な抵抗感が減る

メタバースを利用した教育の大きなメリットの1つは、心理的な抵抗感が減ることです。

実際の教育現場では、間違えることが恥ずかしいという心理が働くため、生徒たちは堂々と間違えられる機会が少ないと言われています。しかし、メタバースを利用した教育では、生徒たちは自由に間違えることができます。再度のプレイが可能なため、生徒たちは間違いを恐れずに学習することができます。

たとえば、危険物質の実験を行う際には、バーチャル上で実験を行うことで、生徒たちはリスクを背負うことなく失敗を経験することができます。メタバース上での学習は、現実世界での失敗を許されない場合でも、何度でもやり直すことができるため、安全に学習を進めることができます。

また、メタバースは言語学習にも利用されます。実際に外国人と話すことができる機会が少ない日本人学生たちでも、メタバース上でかわいいアバターと会話をすることができます。メタバースの環境は現実世界とは異なり、視覚的なバイアスがかかりにくいため、生徒たちは外国語を自然に学ぶことができます。

以上のように、メタバースは教育現場での学習を改善するために非常に有用であると言えます。生徒たちは自由に間違えることができ、リスクを背負うことなく学習を進めることができます。また、言語学習においても、メタバースは非常に有用であり、外国語を学ぶための環境を提供することができます。

 

メタバース教育の課題・デメリット

メタバースECのデメリットは以下のとおり。

  1. 初期費用がかかる
  2. VR酔いの危険性
  3. 学習コンテンツが不足
  4. ハッキングのリスクがある
  5. ある程度のITリテラシーが必要
  6. コミュニケーションが取りにくい

順番に解説します。

 

①初期費用がかかる

メタバース教育を実現するためにはある程度の初期費用が必要です。

メタバースを利用するためには、高速なインターネット環境が必須であるため、十分な帯域幅を持つインターネット回線を用意する必要があります。

また、メタバースを使用するためには、パソコンやタブレットなどのデバイスが必要です。これらのデバイスは、高性能である必要はありませんが、最新のバージョンであることが望ましいです。

さらに、学校専用のメタバース空間を構築するためには、専門的な知識が必要であり、ITスタッフや専門業者の協力が必要です。空間の設計や機能の実装、アバターの作成など、さまざまな作業が必要であり、これらを適切に実施するためには、専門的な技術と知識が必要です。

これらの作業を行うためには、費用がかかることがあります。設備や技術者の費用のほかに、ソフトウェアやハードウェアの購入、メンテナンス、アップグレードに必要な費用もあります。したがって、学校によっては、メタバースを導入するには、十分な予算と計画が必要となります。

 

②VR酔いの危険性

VR技術を利用する際には、ヘッドセットを使用して目の前に表示された仮想空間に没入するため、乗り物酔いに似た症状が出ることがあります。

使用時間や体質によって症状が出る時間帯や程度は異なりますが、長時間VR空間にいることで体調不良に陥ることがあります。

このため、VRを利用する際には、適度な休憩を取りながら利用することが望まれます。

また、VR機器を使用する前に、十分な睡眠や食事を摂ることも重要です。

体調不良を感じた場合には、すぐにVR空間を退出し、十分な休息を取ることが大切です。

このように、VRを利用する際には適切な注意が必要であり、体調不良を起こさないようにすることが求められます。

 

③学習コンテンツが不足

メタバースにおいて、学習に活用できるコンテンツが不足しているという問題があります。

現在のところ、このようなコンテンツは限られており、十分な品質を持ったものも少ないため、学習に適したものを見つけることが難しい場合があります。

ただし、国や企業などがメタバースに投資し、コンテンツを開発する取り組みが進められています。

将来的には、より多様な学習に活用できるコンテンツが登場することが期待されています。

また、メタバースの空間を作るための法的枠組みが整備されつつあるため、国内外を自由に移動できる未来が実現する可能性もあります。

 

④ハッキングのリスクがある

ハッキングのリスクがあることも、メタバース教育のデメリットのひとつです。

メタバースは常にオンラインに接続しているので、世界中のハッカーから狙われやすい傾向にあります。

実際にメタバースでも利用される複数のDefiプラットフォームがハッキングの被害にあい、多額の仮想通貨や個人情報などが盗まれています。

このようにメタバースは便利な反面、ハッキングのリスクもそれなりに大きいのが実情です。

 

⑤ある程度のITリテラシーが必要

メタバースは利用者にある程度のITリテラシーが必要になります。

メタバースを使いこなすためには、メタバースの操作性や機能について感覚的に理解することが必要になるからです。

例えば、アバターの動かし方やワールドへの参加方法、他人との会話のやり方などにいちいちつまづいていると、メタバースを利用するのは難しいかと。

そのため、すぐに操作方法を理解して、使いこなすためのITリテラシーが求められます。

 

⑥コミュニケーションが取りにくい

メタバース内では対面と比較するとコミュニケーションが取りにくい面があります。

アバターを介したテキストや音声ベースのコミュニケーションなので、お互いの表情やしぐさがわからないからです。

相手の感情がわかりにくいので、コミュニケーションで齟齬が生じる可能性があります。

 

メタバース教育の最新事例

メタバース教育の最新事例を紹介します。

  1. スタンフォード大学
  2. 角川ドワンゴ学園
  3. 長岡工業高等専門学校
  4. 英会話教室イーオン
  5. 凸版印刷
  6. 富士ソフト

それぞれ解説します。

 

①スタンフォード大学

スタンフォード大学では、VRを使用することで実際に体験したことのない世界を体験することができます。

これにより、自分の想像力だけでは理解できなかった部分を身をもって知ることができます。

つまり、想像だけではわからなかったことを実際に経験することができるので、将来的に同じ状況に直面した場合の行動も変わる可能性があります。

メタバースを活用した授業では、直感的な学習をすることができるため、より深い学習が可能となり、学習効率を高めることができます。

その結果、より知識や経験が深く定着し高い学習効果を得ることができます。

 

②角川ドワンゴ学園

角川ドワンゴ学園は、メタバース空間を利用した学習を行っています。

入学式から専門家を招いた授業まで、すべてをメタバース上で実施することができます。

また、バーチャルキャンパスを活用することで、実際の校舎を再現しています。

360度のVR情報や聴覚を使って、本物の校舎にいるかのように感じることができます。

 

③長岡工業高等専門学校

長岡工業高等専門学校は、メタバース空間を利用して授業や学習に新しい次元を加える取り組みを行っています。

学校内には、授業や講演を聴くためのセミナールームや、生徒同士がディスカッションを行うグループワーク教室などが設置されています。

さらに、進路相談ができるミーティングルームや、生徒同士が交流するためのラウンジもあります。これらの空間を通じて、生徒たちは新しい学びを体験することができます。

また、メタバース空間を通じて、時間・空間・言語・身体性を超えた学びを目指しています。

生徒たちは、仮想空間の中で自分自身が体験できないような場面をシミュレーションすることで、新しい視点や考え方を身につけることができます。

異なる言語や文化背景を持つ人々との交流を通じて、世界観の広がりを体感することができます。

これらの取り組みを通じて、長岡工業高等専門学校は、生徒たちにより広い視野や深い洞察力を養うことを目指しています。

 

④英会話教室イーオン

英会話教室イーオンは、従来の英会話学習においてよくある「学んだけど使用する場面がない」という問題を解決するために、メタバース空間で英語での会話を提供しています。

このメタバース空間では、日常の場面で咄嗟に英語を使用する状況が簡単に作り出されるため、英語を実践的に使うことができます。そのため、従来の英会話学習とは異なり、単に知識を得るだけでなく、使用するスキルを身に付けることができます。

また、メタバース空間での英会話教室は、場所や時間にとらわれず、世界中の人々と簡単にコミュニケーションをとることができるという利点もあります。これにより、多様な文化やバックグラウンドを持つ人々と交流することで、より広い視野や深い理解を得ることができます。

 

⑤凸版印刷

凸版印刷は新入社員研修の一環として、完全オンライン研修に加え、自社開発のメタバースショッピングモールアプリ「メタパ」をカスタマイズして導入しました。

このメタパを使用することで、新入社員同士がメタバース上で交流できるようになり、新しいコミュニケーションのプラットフォームを提供しています。

この取り組みによって、社員研修の新しい形が生まれ、より効率的で刺激的な研修が可能になりました。

また、メタバースは物理的な場所の制約を超えた仮想空間であるため、地理的に離れた場所にいる新入社員同士でも、リアルタイムで交流を図ることができます。

さらに、メタバース上での交流は、従来のビデオ会議やチャットに比べて、より没入感があり、より自然な形でコミュニケーションが取れるというメリットがあります。

これによって、新入社員同士がより良い関係を築き、より生産的でチームワークの良い環境を作り出すことができます。

 

⑥富士ソフト

富士ソフトはバーチャル教育空間「FAMcampus(ファムキャンパス)」を開発しています。

生徒はアバターを使って、集合授業や個別授業を含むさまざまな指導形態に適したフロアにアクセスすることができます。

生徒だけでなく、教師もアバターで同じ空間に存在しているため、オンライン授業による生徒側の問題だけでなく、個別のフォローがやりづらいという教師たちの不満も解消できます。

このように、FAMcampusは、物理的な通学が不要というオンライン授業のメリットを残しながら、メタバースを活用して教育の質を向上させる試みと言えます。

 

メタバース教育の将来性

metaverse

メタバース教育の将来性についても見ていきましょう。

  1. 医療分野への導入
  2. バーチャル留学の実現

それぞれ解説します。

 

①医療分野への導入

近年、メタバース空間を医療分野で活用する取り組みが増えています。

メタバースが仮想空間であるという特性を生かして、手術の練習や人体に関わる研究などが可能になり、医療教育の発展に大きな可能性をもたらしています。

例えば、メタバース空間で手術の練習を行うことで、研修医が安全に手術技術を磨くことができます。また、3Dオブジェクトの臓器を研究することで、リアルでは見ることができない角度から臓器の仕組みを理解することができます。

医療に関わる研究は失敗が許されないため、メタバース空間で安全を確保しながら実施できることは大きなメリットです。また、人体の臓器などを3Dプリンターで作成することも可能であり、臨床医や研究者が臓器の形状や特徴を実際に手に取って確認することができます。

このように、メタバース空間を医療分野で活用することで、現実では困難な研修や研究が可能になり、医療技術の向上につながると期待されています。

 

②バーチャル留学の実現

メタバース空間は、留学生活を現実において経験することが難しい人々にとって、留学体験を提供する可能性があります。

具体的には、3DCGで再現された留学先で現地の語学学校に通い、異なる国籍のルームメイトと交流することができます。

また、メタバースでは、各国の伝統行事を再現することもできます。

これにより、学生たちは授業だけでなく、各国の文化や習慣に触れることができ、異文化理解を深めることができます。

今後、メタバースが発展することで、現実的な留学費用を抑えることができる留学の選択肢の一つとなる可能性があります。

 

まとめ:メタバース教育はこれから普及していく

以上、メタバース教育の事例や将来性について解説しました。

メタバース教育の事例はまだ多くはありませんが、今後メタバースを教育に活用する事例が増えるのは間違いありません。

少しでもメタバース教育に興味があるのなら、まずは実際にメタバースを体験するのがおすすめ。

まずは、アプリが使いやすいコインチェックで口座を無料開設して、メタバース利用に必要となるイーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, , ,

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5