MONEY

1BTC(1ビットコイン)はいくら?価格の見方と今からでも儲かる理由を解説

仮想通貨始め方

 

悩んでいる人
仮想通貨のビットコインを買ってみたいけど、いくらくらいなんだろう?今から買っても儲かるのかな?取引所もたくさんあるので、おすすめの取引所を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • そもそもビットコイン(BTC)とは?
  • 1BTC(1ビットコイン)の最新価格はいくら?
  • ビットコイン(BTC)はいくらから買える?
  • ビットコイン(BTC)は今から買っても儲かる理由
  • 【超簡単】ビットコイン(BTC)を購入するまでの3ステップ
  • ビットコイン(BTC)の買い方・購入手順を徹底解説
  • 【厳選】ビットコイン(BTC)の購入におすすめ取引所3選

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年以降からビットコインを購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のビットコインを買ってみたいけど、なんだか高そう…」

 

そう思って悩んでいませんか?

 

実は、ビットコイン(BTC)は500円くらいの少額から買うことができます。

 

そこで今回は、1ビットコイン(BTC)はいくらなのか?今からビットコイン(BTC)を買っても儲かる理由、そして少額でビットコイン(BTC)を購入する方法などについて解説していきます。

 

この記事を読むと、ビットコイン(BTC)の価格や今後の展望、少額でも買えるということが理解できるので、安心してビットコイン(BTC)を買うことができます。

 

そもそもビットコイン(BTC)とは?

仮想通貨

 

ビットコインは「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」によって開発された暗号資産(仮想通貨)です。

 

ビットコインの主な特徴としては、政府や銀行のような管理者が存在しない「非中央集権型」のシステムであり、管理者が不在でもユーザー同士で取引ができる点です。

 

取引データを1つの塊(ブロック)にし、ブロックをつなぐことで過去から現在までの取引データを全て管理する「ブロックチェーン」という技術が使われています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

全ての取引データを世界中で確認できるため、ハッキングリスクを低く抑えることができます。

 

ビットコインは全ての仮想通貨における基軸通貨であり、ビットコイン(BTC)の価格に連動して他の仮想通貨の価格も上下するので、大変影響力の高い通貨です。

 

そのため、暗号資産(仮想通貨)をまだ保有していない場合は、まずビットコイン(BTC)を少額で購入することをおすすめします。

 

初心者が暗号資産(仮想通貨)取引を安全に始める方法については、【初心者向け】初めての仮想通貨投資を安心して始められる方法を解説で詳しく解説しています。

 

1BTC(1ビットコイン)の最新価格はいくら?

仮想通貨

 

現在のビットコインの最新価格は、以下の通りです。

 

 

 

ビットコイン(BTC)の価格はニュースや大口投資家の参入ですぐに変動するので、こまめにチェックすることをおすすめします。

 

ビットコイン(BTC)はいくらから買える?

仮想通貨

 

続いて、ビットコイン(BTC)はいくらから買えるのかを説明していきます。

 

①ビットコインの単位は「Satoshi」「BTC」の2通り

 

ビットコインの単位には「Satoshi」「BTC」の2通りがあり、それぞれ以下のような使い分けがされています。

 

BTC


「BTC」はビットコイン(BTC)の数量を示す単位で最もよく使われています。読み方は「ビーティーシー」です。

 

仮にビットコインの価格が100万円だとすると、

 

1 BTC = 100万円

 

ということになります。

 

satoshi


「satoshi」は「BTC」をさらに細かく表示する単位として使用されます。

 

読み方は「サトシ」であり、ビットコイン(BTC)の開発者「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」から名付けられています。

 

仮に1 BTC = 100万円だとすると、

 

1 satoshi = 0.00000001 BTC
1 satoshi = 0.01円

 

ということになります。

 

②少額(500円)から購入可能

 

ビットコインの単位は1BTCですが、実は0.1BTC、0.01BTCなど1BTC以下の単位でも購入できます。

 

なので、1BTC=500万円とすると0.1BTC、0.01BTC、0.001BTCの場合以下のとおり買いやすい金額になります。

 

  • 0.1BTC:500,000円
  • 0.01BTC:50,000円
  • 0.001BTC:5,000円
  • 0.0001BTC:500円

 

0.001BTCだと5,000円くらいなので、グッと買いやすくなります。0.0001BTCにしておけば、なんと500円でビットコインが買えちゃいます。

 

以外に1BTC未満で買えることを知らない人が多いので、この情報を知っているだけで賢くビットコインを購入できます。購入にはまず口座開設が必要なので、以下からどうぞ。

>>コインチェックで口座開設する

 

ビットコインは今から買っても儲かる理由

暗号資産(仮想通貨)

 

続いて、ビットコイン(BTC)は今から買っても儲かる理由について説明していきます。ビットコインの買い時については、【初心者向け】ビットコインの買い時は「まさに今」です【積立が正解】で詳しく解説しています。

 

理由①:大企業によるビットコインの購入

 

ビットコインは企業の投資先としても注目されています。

 

テスラ社によるビットコイン購入をきっかけに、大企業が続々と投資目的でビットコインを購入しています。

 

 

上記のとおり。

 

企業の投資額は数億規模と莫大なので、企業がビットコイン購入をすればさらなる価格上昇が見込めます。

 

理由②:高い資産価値を持つ

 

ビットコイン(BTC)は高い資産価値を持っています。

 

なぜなら、ビットコイン(BTC)は発行枚数に上限があるからです。

 

ビットコインの発行上限は2,100万枚と決められており、今後も変えることはできません。

 

既にビットコインは8割(1700万枚)以上が発行済であり、残るは400万枚程度と言われています。

 

現金の発行量には上限は無く、今後も増え続けることを考えた場合、ビットコインの発行枚数は現金と比較してかなり少ないことがわかります。

 

そのため、今後ビットコイン(BTC)の普及と共に、そのお希少価値の高さから価格が高騰する可能性があります。

 

理由③:ビットコインETFの上場

 

ビットコインETFの上場も価格上昇の後押しとなります。

 

ビットコインETFとはビットコインが含まれる上場投資信託のことです。ETF とは、「Exchange Traded Funds」の略で、証券取引所に上場している投資信託のことです。上場しているので投資信託でありながら、株式と同様に好きなタイミングで売買ができることが特徴です。

 

カナダや南米では既にビットコインETFが承認されており、上場を果たしています。

 

 

また、アメリカでも現在ビットコイン(BTC)ETFの上場への審査が行われています。

 

 

この承認が得られれば、機関投資家の大量の投資マネーがビットコイン市場へ流れるため、価格高騰につながると見られています。

 

ビットコイン(BTC)の今後の見通しについては、ビットコイン(BTC)はこれからどうなる?今後の見通しを解説で詳しく解説しています。

 

仮想通貨が儲かる仕組みについては、仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツをご覧ください。

 

【超簡単】ビットコイン(BTC)を購入するまでの3ステップ

スマホでお金

 

ビットコイン(BTC)購入の流れをざっくりまとめると、以下のような3ステップで簡単に購入できます。

 

  1. 仮想通貨取引所に口座を開設する
  2. 仮想通貨取引所の口座に入金する
  3. ビットコイン(BTC)を購入

 

「ビットコイン(BTC)」と聞くと結構難しそうなイメージを持ってしまいますが、実はこんな感じでけっこう簡単に購入することができます。

 

僕自身もまったくの初心者状態でしたが、画面の指示どおりに進めることで困ることなく開設できました。

 

この後でビットコイン(BTC)を買うための詳細な手順を説明していきますので、参考にしてください。

 

ビットコイン(BTC)の買い方・購入手順を徹底解説

仮想通貨を購入

 

先ほど軽くご紹介したビットコイン(BTC)の購入手順を、ステップごとに詳しく紹介してきます。

 

ここでは、コインチェックの画面を例に説明していきます。

 

  • ステップ①:コインチェックに登録する
  • ステップ②:届いたURLにアクセス
  • ステップ③:取引アカウントにアクセス
  • ステップ④:取引アカウントにログイン
  • ステップ⑤:本人確認を完了する
  • ステップ⑥:コインチェックに入金する
  • ステップ⑦:パソコンから仮想通貨/ビットコインを購入する

 

step
1
コインチェックに登録する

 

まず、コインチェックのトップページにアクセスします。メールアドレスとパスワードを入力し、「新規登録」をクリック。

 

coincheck1

 

step
2
届いたURLにアクセス

 

登録したメールアドレスにコインチェックからメールが来るので、記載されているURLをクリック。

 

coincheck2

 

step
3
取引アカウントにアクセス

 

右上の「ログイン」メニューから「取引アカウント」をクリック。

 

coincheck3

 

step
4
取引アカウントにログイン

 

すると、ログインページに遷移するので、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

 

coincheck4

 

step
5
本人確認を完了する

 

ログインすると取引アカウントのページに遷移するので、これで完了です。

 

実際に取引を行うには、本人確認として免許証などの本人確認書類を送付しないといけません。

 

とはいえ、本人確認書類はスマホでサクッとオンライン送信できるのでめちゃ簡単です。「本人確認書類を提出する」をクリックしたら、あとは画面の指示に沿って進めればOKです。

 

coincheck5

 

step
6
コインチェックに入金する

 

仮想通貨/ビットコインを購入するためには、コインチェックへの入金が必要なので忘れずに入金しておきましょう。

 

「日本円の入金」を選択すると、自分のコインチェック口座番号が表示されるのでその口座へ入金してください。

 

コインチェック入金画面

 

入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金が選べますが、銀行振込でスマホから入金するのが簡単でいいかなと思います。

 

step
7
パソコンから仮想通貨/ビットコインを購入する

 

画像にて方法解説しますね。

 

coincheck買い方

 

 

  1. 「販売所(購入)」をクリック
  2. 仮想通貨の中からBTCを選択
  3. 購入枚数を選択
  4. 「購入する」をクリック

 

上記の手順で購入完了です!超簡単w

 

コインチェックでは最低500円くらいから仮想通貨を買えるので、最初は少額にしておくと安心ですよ。

 

当たり前ですが、購入前には日本円の入金を忘れないようにしてくださいね。

 

【厳選】ビットコイン(BTC)の購入におすすめ取引所3選

ブロックチェーンの課題と今後

 

続いて、ビットコイン(BTC)購入におすすめの仮想通貨取引所を厳選して3つ紹介します。

 

おすすめの取引所は、Coincheck、GMOコイン、bitFlyerの3つです。

 

それぞれの取引所の特徴を解説していきます。

 

①Coincheck

コインチェック

 

一番のオススメはコインチェックです。コインチェックは仮想通貨の取引手数料が無料です。

 

コインチェックはマネックスグループ株式会社のグループ会社であり、2012年に仮想通貨取引所としてサービスを開始しました。コインチェックについては、コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しています。

 

ダウンロード数NO.1

 

Coincheckはアプリダウンロード数が270万以上と国内最多です。

 

コインチェックアプリ画面

出典:コインチェック

 

画面の見やすさとわかりやすい操作性で初心者にもとても人気があります。

 

僕自身もよくコインチェックのアプリで仮想通貨を売買していますが、快適なので特に不満はありません。

 

取り扱い通貨数が国内最多

 

また、取扱い通貨が国内取引所で一番多く、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨を含め合計15種類の銘柄を取引できます。

 

取引は販売所形式ですのでスマホ画面からワンタップで簡単に買うことができます。

 

口座開設ははとても簡単でサクッと5分でできるので、この機会に口座を作っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②GMOコイン

GMOコインTOP

 

2つめはGMOコインです。

 

GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所で、高性能な取引ツールを提供しているのが特徴。GMOコインについては、GMOコインとは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説で詳しく解説しています。

 

GMOコインでは「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」の全てが無料なので、どの取引所よりも安く、仮想通貨を購入することができます。

 

取引手数料が無料

 

暗号資産(仮想通貨)売買の取引手数料は無料で、24時間365日の取引が可能。

 

売買を積極的にしたいという方には最適の取引所と言えます。

 

高性能チャート「TradingView」を提供


GMOコインは、販売所と取引所の両方の販売形式を提供しています。

 

取引所では、投資家達に人気の高性能チャート「TradingVeiw」を使うことができます。

 

tradingview

 

本格的にチャートで値動きを見ながら、じっくりと暗号資産(仮想通貨)の取引をしたい人に最適の取引所です。

 

PC・スマホそれぞれに取引ツールを用意していて、スマホでも数種類のチャートや複数のテクニカル指標を利用可能です。

 

GMOコインで口座開設する

 

③bitflyer

ビットフライヤー

 

3つめはbitFlyerです。bitFlyerについては、bitFlyer(ビットフライヤー)とは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説で詳しく解説しています。

 

絶大な知名度を誇り、初心者でも簡単に仮想通貨を購入することができます。

 

シンプルなチャート・取引画面で使いやすいため、初心者から上級者にまで支持されている取引所です。

 

信頼性が高い

bitFlyer株主



ビットフライヤーは資本金が40億円と潤沢であることや、SMBCベンチャーキャピタルやみずほキャピタル、電通といった大手企業からの出資を受けています。

 

さらに、国内取引所のコインチェックやZaifは過去にハッキングの被害を受けていますが、bitFlyerは一度もハッキング被害にあったことがなく、高いセキュリティ性を誇っています。

 

こうした理由から、倒産リスクを最小限に抑えることができ、かつ安定した運営やセキュリティ性の高いサービスを受けることができます。

 

補償制度がある


ビットフライヤーでは、万が一ハッキング被害にあってしまった場合、最大500万円までを補償してくれます。

 

 

このような補償制度がある取引所は国内ではbitFlyerとコインチェックのみ。

 

そのため万が一の際の補償を求めてbitFlyerを選ぶ人が多くなっています。

 

bitFlyerで口座開設する

 

まとめ:ビットコイン(BTC)初心者はまずは少額で始めてみよう

投資

 

今回はビットコイン(BTC)がいくらなのか?等について解説してきました。

 

ビットコイン(BTC)自体の価格は高いですが、購入単位を小さくすることで500円程度から購入できるため誰でも気軽に購入可能です。

>>仮想通貨はいくらから買える?実は500円くらいから購入可能

 

この記事でビットコイン(BTC)の購入手順を学んで、それを実践することで自分の経験になります。

 

<自分のお金を実際に投入すると、真剣度が違うので学ぶことが多くなるため自分の投資リテラシーが各段にUPします。

 

このチャンスを逃すのは大きな機会損失ですよ。

 

コインチェックは最低500円から仮想通貨を購入できるので、まずは10,000円分くらいの少額からトライしてみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , , , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5