BLOG

SEOキーワードの効果的な入れ方と注意点について解説

具体的なSEO対策方法

 

悩んでいる人
ブログを書く上でSEOに効果的なキーワードの入れ方がわからない。SEOキーワードを入れるべき箇所や、入れ方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • SEOキーワードの入れ方が重要な箇所
  • SEOキーワードの入れ方の注意点2つ
  • SEOキーワードの入れ方でよくある質問3つ

 

本記事の信頼性

筆者は2020年8月にブログを開設し、250記事以上更新しています。

 

「SEOに効果的なキーワードの入れ方がわからない…」こんな風に思って困っていませんか?

 

本記事では、SEOキーワードの効果的な入れ方や、入れる項目をわかりやすくご紹介しています。

 

SEOキーワードの入れ方の注意点も併せて紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、SEOに効果的なキーワードの入れ方がわかるので、Googleで上位表示される記事を作ることができます。

 

記事は3分ほどで読み終わります。SEOに効果的なキーワードの入れ方を知りたい方は、3分だけおつきあいください。

 

まだブログを開設していない、という方は初心者でも10分でできるWordpressブログの始め方【超簡単】をご覧ください。初心者でも10分でブログを開設する方法を紹介しています。
ふぁふぁ

 

SEOキーワードの入れ方が重要な箇所

SEOキーワードの入れ方

 

まず、SEOキーワードの入れ方について説明します。そもそも、「キーワードの選び方がわからない!」という方は、以下の記事をご参照ください。

>>SEOキーワード選定の5つの方法と3つのコツ【初心者向け】

 

SEOキーワードの入れ方が重要な箇所は以下の4つ。

 

  1. タイトル
  2. 見出し
  3. 本文
  4. メタディスクリプション

 

順番に説明します。

 

①タイトルへの入れ方

 

タイトルにはキーワードを全て入れます。

 

タイトルは一番最初に読者の目に入る、大事な箇所だからです。

 

例えば、当記事では「SEO キーワード 入れ方」がキーワードなので、タイトルにも以下のように全てのキーワードを盛り込んでいます。

 

タイトル

SEOキーワードの効果的な入れ方と注意点について解説

 

なお、キーワードは左詰めで入れるようにしましょう。左詰めで入れることで、検索結果を見たときに目に入りやすいです。

 

効果的なタイトルの付け方については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>読まれる!ブログのタイトルのつけ方5つ【参考サイトも紹介】

 

②見出しへの入れ方

 

見出しにキーワードを入れるのも必須です。

 

見出しは読者に記事の内容を簡潔に伝える、ガイドの役割を担っているからです。そのため、見出しにキーワードが含まれてないと、読者は自分のニーズが満たされないと感じ、離脱します。

 

たとえば、当記事ではH2見出しに以下のようにキーワードを入れています。

 

  • SEOキーワード入れ方が重要な箇所
  • SEOキーワード入れ方の注意点2つ
  • SEOキーワード入れ方でよくある質問3つ
  • まとめ:SEOキーワード入れ方をマスターしよう

 

上記のようにH2見出しにうまく、キーワードを入れるようにしましょう。入れる際は見出し文が不自然にならないように注意してください。

 

キーワードを入れすぎたり、無理やり入れるのは逆効果ですよ。
ふぁふぁ

 

③本文への入れ方

 

タイトル、見出しにキーワードを入れたので、当然本文にもキーワードが入ってきます。重要なのは、あくまで必要に応じてキーワードを使うこと。

 

SEOを意識するあまり、不必要にキーワードを多用すると不自然な文章になり、読者の利便性を損なうからです。

 

本文は、あくまでも読者の悩みを解決する文章をを書くことを優先し、必要な場合にのみキーワードを入れるようにしましょう。SEOを意識した文章を書くコツは、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【初心者向け】SEOを意識したブログ記事の書き方のコツ10個

 

④メタディスクリプションへの入れ方

 

メタディスクリプションにも忘れずにキーワードを入れます。

 

検索結果に表示されたときに、キーワードが太字で目立つため、ユーザーにとってわかりやすいからです。

 

具体的には以下のとおり。

 

 

メタディスクリプションは最後まで表示されないことがあるので、キーワードを前方に入れておくことで、ユーザーの目に入りやすくなります。

 

ボリューム的には120字程度におさまるようにして、記事の要約をうまく伝えるようにしましょう。上位表示されている記事のメタディスクリプションの書き方を参考にするのも効果的です。

 

WordPressのSEOを強化する対策については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>WordPressのSEOを強化するためにやるべき12の対策

 

SEOキーワードの入れ方の注意点2つ

SEOキーワードの入れ方の注意点2つ

 

続いて、SEOキーワードの入れ方の注意点を説明します。注意点は以下の2つ。

 

  1. 本文はキーワードの出現率が大事
  2. 不自然にキーワードを入れない

 

順番に説明します。

 

①本文はキーワードの出現率が大事

 

本文はキーワードの出現率に気を付けてください。

 

あまりにも頻繁にキーワードを入れると、その記事がGoogleからスパムと認定される可能性があるからです。

 

スパム認定されると、サイトの評価が下がるため以下のようなペナルティが課せられます。

 

  • Googleの検索結果に表示されない
  • Googleの検索結果の順位が下がる

 

キーワードの出現率は3~5%が理想で、自然な文章をこころがけていれば、自ずとこの範囲に収まってくると思います。キーワードの出現率はファンキーレイティングで確認しましょう。

 

②不自然にキーワードを入れない

 

SEOを意識するあまり、不自然にキーワードを入れるのは避けましょう。

 

不自然にキーワードが入っていると、ユーザーが不信感を持ってしまい、逆効果だからです。

 

例えば、以下のようなケースを見かけます。

 

  • キーワード:「沖縄」「観光」
  • H2:沖縄の観光スポット①
  • H2:沖縄の観光スポット②
  • H2:沖縄の観光スポット③

 

上記のようなケースは、意味なくキーワードをH2見出しに入れており、不自然ですよね。

 

優先順位はあくまでも、ユーザーの利便性>SEO対策ということを念頭に置いてください。

 

ユーザー目線でわかりやすいかを、公開前に確認することをおすすめします。
ふぁふぁ

 

SEOキーワードの入れ方でよくある質問3つ

SEOキーワードの入れ方でよくある質問3つ

 

最後に、SEOキーワードの入れ方でよくある質問に答えます。よくある質問は以下の3つ。

 

  1. タイトル、見出しではキーワードは左詰めで入れた方がいい?
  2. タイトルや見出しにキーワードを多く入れるべき?
  3. SEOキーワードは必ず入れないとダメなの?

 

順番に答えます。

 

①タイトル、見出しではキーワードは左詰めで入れた方がいい?

 

結論、左詰めで入れましょう。

 

左詰めの方が検索結果や、記事を開いたときに読者の目に入りやすくなるからです。読者の目に入ることで、クリック率が高まるためSEO効果が期待できます。

 

たとえば、タイトルは32文字以降は検索結果で表示されないため、左詰めでキーワードを入れることにより、確実に検索結果に表示させることができます。

 

このように、キーワードは左詰めで入れたほうが効果的と言えます。

 

うまく左詰めで入れられない場合は、無理に左詰めにしなくてもOKです。
ふぁふぁ

 

②タイトルや見出しにキーワードを多く入れるべき?

 

結論、多く入れても意味はありません。

 

タイトルや見出しは、そもそも読者に内容を短い文章でわかりやすく伝えるものだからです。

 

先述のとおり、キーワードを不自然に多く入れたりすると、読者に不信感を与えます。さらに、Googleからのペナルティを課される可能性もあります。

 

そう考えると、タイトルと見出しにはキーワードを1個だけ入れるのが自然です。不必要にキーワードを入れるのは、逆効果と覚えておきましょう。

 

③SEOキーワードは必ず入れないとダメなの?

 

結論、必ず入れましょう。

 

キーワードはユーザーが検索するときと、Googleがページを認識する際に必須だからです。

 

キーワードを入れないと、ユーザーの検索結果に表示されないため、記事が読まれることはありません。

 

このように、SEO対策のためには、キーワードを入れることは必須と言えます。上位表示させるために、ロングテールキーワードを狙うことも有効です。ロングテールキーワードの選び方は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>ロングテールキーワードの基礎知識と選び方【SEO対策】

 

まとめ:SEOキーワードの入れ方をマスターしよう

まとめ:SEOキーワードの入れ方をマスターしよう

 

SEOキーワードの効果的な入れ方について、解説してきました。内容をおさらいすると以下のとおり。

 

SEOキーワードの入れ方が重要な箇所

 
  1. タイトル
  2. 見出し
  3. 本文
  4. メタディスクリプション

 

SEOキーワードの入れ方の注意点2つ

 
  1. 本文はキーワードの出現率が大事
  2. 不自然にキーワードを入れない

 

SEOキーワードの入れ方でよくある質問3つ

 
  1. タイトル、見出しではキーワードは左詰めで入れた方がいい?→その方がいい
  2. タイトルや見出しにキーワードを多く入れるべき?→1個だけ入れる
  3. SEOキーワードは必ず入れないとダメなの?→必ず入れる

 

キーワードはSEO上、ユーザーとGoogleに記事の内容を伝えるために重要なものです。

 

この記事でSEOキーワードの入れ方をマスターしたら、さっそく記事を書いていきましょう。記事の書き方は、以下で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

人気記事
収益UPするブログアフィリエイト記事の書き方5つ【実例公開】

続きを見る

人気記事
お金を生む
【初心者用】ブログで月5万円を稼ぐロードマップ【25記事で解説】

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-BLOG
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5