MONEY

仮想通貨IOSTのエアドロップはいつ?コインチェックの対応などを解説

IOST

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のIOSTのエアドロップって何なんだろう?そもそもエアドロップが何かよくわからない…。IOSTのエアドロップの内容や時期について教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • IOSTの概要・特徴
  • IOSTのエアドロップとは?
  • IOSTの次のエアドロップはいつ?
  • IOSTのエアドロップの受け取り方法
  • IOSTのエアドロップはコインチェックで受け取れる?
  • IOSTの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にIOSTや他の仮想通貨を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

IOST(アイオーエスティー)コインチェックが2020年9月に日本で初めて取り扱いを開始した仮想通貨です。

>>コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

 

IOSTは、スマートコントラクト(契約を自動化する機能)を利用した分散型アプリケーション(Dapps)を開発するためのプラットフォームです。

 

過去に3回のエアドロップを実施しており、実施直後にはいずれもIOSTの価格が高騰しています。そのため、IOSTの購入を検討しているのであれば、エアドロップ直前での購入がおすすめです。

 

今回は、IOSTを実際に購入して運用している僕がIOSTのエアドロップについて解説していきます。

 

この記事を読むと、IOSTのエアドロップの概要や今後のエアドロップ予定が理解できるので安心してIOSTを買えるはずです。

 

ちなみに、 IOSTは現在国内取引所ではコインチェックのみでしか取り扱いがありません。なので、すぐにでもIOSTを買いたいという方はコインチェックで口座を開設してエアドロップに備えておきましょう。

 

\ エアドロップに備える!/

コインチェックでIOSTを購入する

 

IOSTの概要・特徴

IOST_top

出典:IOST公式

 

IOSTとは、次世代のコンセンサスアルゴリズムである「POB(Proof of Believability)」を採用した分散型ブロックチェーンネットワークです。IOSTについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

IOST
仮想通貨IOSTとは?特徴・仕組みや購入方法を解説

続きを見る

 

IOSTは2018年1月に非営利財団であるIOST財団によってローンチされました。正式名称は Internet of service tokenの頭文字をとってIOSTと名付けられました。

 

IOSTは以下のような特徴を持っています。

 

  1. 非中央集権のコンセンサスアルゴリズム(PoB)を採用
  2. JavaScriptでスマートコントラクトを開発可能
  3. シャーディングによる高速処理

 

IOSTは、非中央集権性をより高めるため独自の「Proof of Beliebability(PoB)」というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

 

PoBは、ネットワークへの貢献度をブロック生成権の付与基準にしており、貢献度に応じてブロック生成権(報酬の高い処理)を付与される確率が高くなります。

 

IOSTは多くのエンジニアやプログラマーが使っているJavaScriptというプログラム言語で開発可能であり、誰でもシステム開発が可能になるため、システム開発が活発化しさらに発展していきます。

 

さらに、IOSTはシャーディングという技術を用いてスケーラビリティ問題(処理速度の遅延)を解決していることが特徴です。

 

IOSTのエアドロップとは?

IOSTの特徴

 

エアドロップは仮想通貨の知名度アップや資金調達のために、トークンを無料で配るキャンペーンのことで仮想通貨で利益を上げる方法のひとつです。

 

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

 

IOSTでは直近では2月17日に2021年度第1回目となるエアドロップが行われました。内容は以下のとおりです。

 

エアドロップされた暗号資産 Donnieトークン(DON)
エアドロップの量 総通貨量の5%
エアドロップ受け取り資格 2021年2月25日までにエアドロップへ参加した取引所でIOSTを保有していること

 

エアドロップはIOSTを保有しているだけで、無料で暗号資産(仮想通貨)がもらえるため非常にお得なキャンペーンと言えます。

 

もらった暗号資産(仮想通貨)が値上がりすればそれを売って利益を得ることも可能なので、投資家にとってはメリットが多い施策です。

 

IOSTの次のエアドロップはいつ?

エアドロップ

 

IOSTの公式ブログやTwitterでは以下のようにアナウンスされています。

 

エアドロップ概要

  • 日付:2021年9月30日 午後5時(日本時間)
  • 配布日:上記日付から1週間以内に取引所へ配布
  • 貰える量:50万枚を参加者のIOST保有枚数で等分
  • 受け取り方:取引所で自動付与
  • 対応取引所:未発表

 

Twitterでも9/30のエアドロップについて多くのツイートがされています。

 

 

 

 

TwitterのIOSTの公式アカウントをフォローしておくとエアドロップについての最新情報をGETできるので、フォローしておきましょう。

 

過去のエアドロップ時にも以下のようにツイートで最新情報を発信していました。

 

 

はやめにIOSTを保有し、エアドロップに乗り遅れないようにしておきましょう!

 

IOSTのエアドロップの受け取り方法

IOSTのエアドロップの受け取り方法

 

エアドロップの受け取り方は以下の2通りです。

 

  • 自動で口座に配布される
  • 自分で出金申請を行う

 

1回目のエアドロップは自動で口座へ配布されていたので、2回目も同じ方法になる可能性が高いです。

 

エアドロップを受け取るには以下の条件を満たしている必要があります。

 

受け取り条件

発表された期限までに対象の取引所でIOSTを保有していること

 

つまり、対象の取引所でIOSTを保有しているだけで、何もしなくても自動的にトークンを受け取ることが可能です。

 

IOSTのエアドロップはコインチェックで受け取れる?

IOSTのエアドロップはコインチェックで受け取れる?

出典:コインチェック

 

2021年2月のエアドロップ時にはコインチェックは参加しなかったため、コインチェックで受け取ることはできませんでした。

 

もし今回のエアドロップもコインチェックが参加しない場合は、まずコインチェックでIOSTを購入し海外取引所のBINANCEなどにIOSTを送っておく必要があります。

 

  1. コインチェックでIOSTを購入する
  2. BINANCEにIOSTを送金する
  3. BINANCEでエアドロップを受け取る

 

こんな手順になるんですね。

 

なのでまずは早めにIOSTを保有しておくことが必要になるので、忘れずにIOSTを購入しておきましょう。

 

IOSTの購入方法【コインチェックで買える】

コインチェック

 

IOSTは日本だとコインチェックのみで購入可能です。

 

僕もコインチェックを使っていますが、アプリや取引画面が見やすいのと、積立もできるので重宝しています。

 

しかも、取引時に発生する手数料は全て無料ですので、無駄なコストもかかりません。

 

IOSTが気になる方はまずは無料で口座を開設しましょう。スマホから5分くらいでサクッと開設できます。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:IOSTを早めに購入してエアドロップに備えよう

ビットコインの価格は今後も上昇傾向にある

 

IOSTはまだまだ認知度が低いですが、エアドロップの実施などにより一時Twitterのトレンド入りを果たすなど、徐々に注目を集めています。

 

IOSTは2021年9月現在5円程度であり、ビットコインに比べるとだいぶ買いやすい価格なので、少ない資金でもたくさん購入することができます。

 

IOST価格

 

エアドロップで付与されるトークンはIOSTの保有量によって配布されるため、多くのIOSTを持っているとより多くのトークンをもらうことができ、将来的に売却益が期待できます。

 

このタイミングで行動を起こすか起こさないかで未来が大きく変わってきます。

 

IOSTはコインチェックでしか取り扱いが無いので、口座開設という行動を起こしてその一歩を踏み出しましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックでIOSTを購入する

 

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5