※本サイトにはプロモーションが含まれます

Metaverse

メタバース建築とは?概要や導入事例、メリットや将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
メタバース建築について詳しく知りたい。メタバース建築の概要や導入事例、メリットを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは
  • メタバース建築に関する動向
  • メタバース上の土地とは
  • メタバース建築のメリット
  • メタバース建築の課題・デメリット
  • メタバース建築に参入しているプラットフォーム
  • メタバース建築の最新事例
  • メタバース建築の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は日頃からメタバースを利用しています。さらにメタバース関連の情報発信で月330万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近メタバースが注目を集めており、TV番組などでも取り上げられる機会が増えてきました。

メタバースの市場規模は今後1600兆円にも上ると見られており、建築の分野においてもメタバースを活用する動きが加速しています。

そこで今回は普段からメタバースを利用する僕が、メタバース建築の事例やメリットを解説します。

なお、メタバースを利用する際はイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめ口座が無料開設できるコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

メタバースとは

メタバースは、仮想空間を構成するコンピューターやサーバーを通じて、インターネット上で実現される仮想社会や仮想経済圏のことを指します。

メタバースは、ゲームやビデオ会議などにおいてよく使われる仮想空間を拡張し、さまざまなアクティビティやビジネスが行われる場所としても利用されています。

例えば、オンラインで買い物や取引をすることができるマーケットプレイスや、仮想でのイベントや会議を実施することができる会議室などがあります。

また、メタバースは、仮想空間内でのアイデンティティやプロフィールを持つことができるため、仮想社会においても、社会的な側面が存在します。

そのため、メタバースを利用することで、個人や企業が、仮想空間上でさまざまなアクティビティやビジネスを展開することができるようになります。

メタバースの語源は、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語です。

もともとはアメリカのSF作家ニール・スティーヴンスンが1992年に発表した小説「スノウ・クラッシュ (Snow Crash)」に登場するインターネット上の仮想空間として登場しました。

なお、この小説はふつうにSFとしても面白いので、興味があるなら読んでおいて損はありません。

 

小説を起源として生まれたメタバースですが、将来的な市場規模は1600兆円にも上るとみられています。

この巨大な市場でシェアを握るべく、すでに以下のような大手企業が続々と参入。

  • アディダス
  • ナイキ
  • プーマ
  • サイバーエージェント
  • スクウェア・エニックス
  • ソニー
  • キャノン
  • パナソニック
  • リコー
  • KDDI

見てのとおり有名企業がこぞってメタバースに投資しており、今後間違いなくメタバースが大きなトレンドになるはず。

なので、今のうちにメタバースを始めることで周囲に差をつけることができ、先行者利益を得られる可能性が高いでしょう。

メタバースの始め方については、メタバースの始め方・やり方、必要機材を徹底解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

メタバース建築に関する動向

建築業界は新しいテクノロジーを取り入れたり、様々なシミュレーション技術を使用することで、建設業のDX化を進めています。

この中でも、仮想・デジタル空間やアバターを活用する取り組みが注目されており、これを「メタバース」と呼んでいます。

メタバースは、建設業界において研究開発の一環で長年にわたって取り組まれてきましたが、このキーワードの登場により、より一層注目が集まっています。

具体的には、メタバースを活用することで、建築現場における様々な課題を解決することができます。たとえば、建物の外観や内部空間を仮想的に作成し、詳細な設計や施工計画を立てることができます。また、建物の維持管理や改修においても、メタバースを利用することで、実際に手を加える前に検討や評価ができます。

さらに、メタバースを利用することで、建築業界におけるデジタルツインの概念が発展する可能性もあります。デジタルツインとは、現実世界の建物や機械などと、それに対応するデジタルモデルを結びつけることで、現実世界での状況を正確に反映させることができる技術です。

メタバースを活用することで、より高度なデジタルツインを構築することが可能になり、建築業界における様々な分野において革新的な成果が生まれる可能性があります。

このように、建築業界においてはメタバースを活用することで、より高度な設計・施工技術の開発や、現実世界とデジタル空間を結びつけた革新的な取り組みが進められています。

 

メタバース上の土地とは

メタバースの土地とは、「メタバース内の区画および空間」のことを指しています。

例えば、メタバース「the Sandbox」は以下のようにOpenseaでメタバース内の土地を販売しています。

sanbox_sell-min

メタバースの土地はNFTであることが特徴であり、購入した場合は、以下のようなことが可能になります。

  • 土地を転売する
  • 土地を貸し出す
  • 土地に建物を建てる

そのため、現実の不動産と同じような扱いとなり新たな投資手段として注目を集めています。

>>【保存版】メタバースの不動産とは?特徴や購入方法を徹底解説

今後メタバースの市場規模は100兆円にも上ると考えられており、またとないビジネスチャンスとして企業や個人投資家がこぞって参入している状況です。

メタバースはまだ注目されて間もないため、今の内から土地取得や関連銘柄へ投資しておくことで先行者利益が得られる可能性があります。メタバースへ投資する方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

>>メタバースへ投資する方法とは?関連する暗号資産・株・ゲームをまとめて紹介

 

メタバース建築のメリット

metaverse

メタバース建築のメリットは以下のとおり。

  1. 現実には実現不可能な建築ができる
  2. 賃貸することができる
  3. 転売で利益が得られる
  4. オリジナル空間を作れる
  5. コスト効率の向上
  6. 環境への配慮

それぞれ解説します。

 

①現実には実現不可能な建築ができる

メタバースは、現実世界では不可能な建築物を作ることができるという点が魅力的です。

現実の建築には、建築基準法や構造計算などの複雑な手続きが必要であり、国家試験にも合格しなければ建築家になることはできません。

しかし、メタバース上ではこれらの手続きや学歴が必要なく、誰でも簡単にオリジナルの建築物を作ることができます。

メタバース上で作られた建築物は、現実世界では実現が困難な建築物が作られることもあります。このような建築物を「アンビルド建築」と呼びます。

例えば、重力の影響を受けずに浮遊する建築物や、現実では不可能な形状の構造物を設計することが可能です。

これにより、アーティストや建築家は、従来の枠組みを超えた新しい表現方法を追求することができ、視覚的な驚きや感動を提供する新しい空間を創出することが可能になります。

 

②賃貸することができる

メタバース上では土地を購入してオリジナルの建物を作り、それを単体やセットで売却したり、賃貸営業を行うことができます。

メタバース空間内では、リアル世界にはない斬新なデザインに関するアイデアが求められることが予想されます。

メタバース内でのビジネスモデルは、リアルでの賃貸営業における問題点をほとんど取り除いたものになっています。

たとえば、メタバース内にショッピングモールを建設し、その中にテナントを入れて商業施設を運営することができます。

また、テーマパークを作り、24時間遊べる空間を提供することもできます。さらに、週末には音楽ライブやフェスなどのイベントを開催し、多くの人を集めることもできます。

このように、メタバース上の賃貸営業はリアルでの賃貸営業に比べてデメリットが少なく、不労所得を得ることができる可能性が高いとされています。

 

③転売で利益が得られる

メタバース内でも土地の売買が可能であり、将来需要が高まると予想されるメタバース不動産に先行投資することで大きな利益を得ることができます。

現実世界と同様にメタバース内でもブロックチェーン技術を活用し、デジタルデータの所有者や唯一性を確保することができるため、不動産取引が実現しています。

メタバース不動産投資家とメタバース建築家が動きを合わせて、稼いでいる事例もあるようです。

実際に様々なプラットフォームでメタバースの土地が販売されており、投資目的で購入する人も急増中。

将来性の高いメタバース内の土地に投資することで、数倍もの利益を得ることができる可能性があるため、注目が集まっています。

メタバース不動産で利益を出すコツについては、【保存版】メタバースの不動産とは?特徴や購入方法を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④オリジナル空間を作れる

メタバースは世界中のユーザーと交流できる仮想空間であるだけでなく、自分のオリジナル空間を作成できることも魅力のひとつです。

このため、3DCGを活用して、自分が理想とする空間を作成することを目的とする人も増えています。

現在、専門的な知識がなくても、メタバース空間を作成できるサービスが増えており、誰でも簡単に挑戦することができます。

これにより、より多くの人々が、自分自身のクリエイティブなアイデアを形にすることができるようになっています。

また、自分だけのオリジナル空間を持つことで、他の人との交流の場として楽しむこともできます。

メタバースの作り方については、メタバースの作り方を徹底解説!必要なスキルやおすすめソフトも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑤コスト効率の向上

メタバース内での建築は、現実世界の建築に比べて物資や人件費などのコストが大幅に削減できます。

具体的には、建築材料の購入や運搬、施工にかかる人件費などが不要になるため、より低コストで高品質な建築物を実現することができます。

この結果、多くの人々が手が届く価格で豊かな空間体験を享受することが可能になります。

 

⑥環境への配慮

メタバース建築は、現実世界の建築に伴う環境への負荷を大幅に削減することができます。

具体的には、建築材料の生産や運搬に伴うCO2排出がなく、廃棄物も発生しません。

結果的に、持続可能な社会の実現に貢献するとともに、自然環境の保護にもつながります。

 

メタバース建築の課題・デメリット

メタバース建築の課題・デメリットは以下のとおり。

  1. 導入コストがかかる
  2. 費用対効果が不明
  3. ハッキングのリスクがある
  4. ある程度のITリテラシーが必要
  5. コミュニケーションが取りにくい

順番に解説します。

 

①導入コストがかかる

一番のデメリットは導入コストがかかる点です。

メタバース内での建築業界において、現実の建築と同様に建物のデザインやモデリング、そしてシミュレーションなどが必要となります。

しかし、これらのプロセスには高い技術と大量のデータ整備が必要となり、そのコストが非常に高額になることが課題となっています。

まず、建築物の規模感によってもコストが変わってきます。建物単位だけでなく、都市単位まで考えると必要なデータ量が膨大になり、コストも膨大になってしまいます。次に、データの収集や整備に関するコストもかかってきます。現状、メタバース内での建物や景観をモデリングするためのデータが充分に整備されておらず、必要なデータを収集するためには多大な時間とコストがかかってしまいます。

そして、最後にシミュレーションの精度に関する問題もあります。建築物をシミュレーションする際には、非常に高い精度が必要とされます。しかしながら、そのためには大量のデータを使用する必要があり、そのためにかかるコストも高額になってしまいます。

これらの課題に対して、既にメタバース・デジタルツインの活用に取り組めている企業の大半が、各業界を代表する大企業となっているのが現状です。これは、大企業が持つ技術や人材、そして豊富な資金力が必要とされるためです。一方で、技術の進歩やデータの整備が進んでいくことで、将来的には中小企業も参入しやすくなると期待されています。

 

②費用対効果が不明

費用対効果が不明な点もデメリットと言えます。

要因としては現場サイドにメタバースやデジタルツインの効果が理解されづらいことが挙げられます。

その1つ目の理由は、これらの技術が比較的新しいため、これまでの技術と比べて活用の先行事例が少ないため、効果を想定しにくいという点です。

新しい技術を導入する場合、その技術の効果を事前に想定することが重要ですが、メタバースやデジタルツインの場合、活用例が少なく、その効果を見極めることが難しいという問題があります。

2つ目の理由は、これらの技術を活用する業務設計がなされていないことにより、効果が十分に挙げられないという点です。メタバースやデジタルツインは、これまでの業務をより効率的に行うために導入されることが多いです。

しかし、これらの技術を活用するためには、現場の作業員から経営層までが技術の目的やメリットを理解し、新たな業務設計を行う必要があります。特に、これらの技術を導入することで、現場の業務が大きく変化する可能性があるため、コミュニケーションを十分に取り、新たな業務設計を行うことが求められます。

つまり、メタバースやデジタルツインといった新しい技術を導入する場合には、技術自体の理解だけでなくその効果を正確に想定し、業務設計を行うことが重要です。

これらの技術はまだ発展途上であり、十分に活用されているとは言い難いですが、今後ますます普及が進むことが予想されます。

 

③ハッキングのリスクがある

ハッキングのリスクがあることも、メタバース建築のデメリットのひとつです。

メタバースは常にオンラインに接続しているので、世界中のハッカーから狙われやすい傾向にあります。

実際にメタバースでも利用される複数のDefiプラットフォームがハッキングの被害にあい、多額の仮想通貨や個人情報などが盗まれています。

このようにメタバースは便利な反面、ハッキングのリスクもそれなりに大きいのが実情です。

 

④ある程度のITリテラシーが必要

メタバースは利用者にある程度のITリテラシーが必要になります。

メタバースを使いこなすためには、メタバースの操作性や機能について感覚的に理解することが必要になるからです。

例えば、アバターの動かし方やワールドへの参加方法、他人との会話のやり方などにいちいちつまづいていると、メタバースを利用するのは難しいかと。

そのため、すぐに操作方法を理解して、使いこなすためのITリテラシーが求められます。

 

⑤コミュニケーションが取りにくい

メタバース内では対面と比較するとコミュニケーションが取りにくい面があります。

アバターを介したテキストや音声ベースのコミュニケーションなので、お互いの表情やしぐさがわからないからです。

相手の感情がわかりにくいので、コミュニケーションで齟齬が生じる可能性があります。

 

メタバース建築に参入しているプラットフォーム

メタバース建築ができるおすすめのプラットフォームを紹介します。

  1. Comony
  2. Mona
  3. Spatial

それぞれ解説します。

 

①Comony

Comonyはラストマイルワークス株式会社が提供する建築メタバースプラットフォームです。

一級建築士試験の製図試験の標準解答例を元に、建築特化の3D空間を作成できます。

ComonyのUIはシンプルで、空間プレゼン、ポートフォリオ、バーチャルツアーなど、様々な用途で利用できます。

アップロードした空間は、世界中の誰とでもコミュニケーションを取ることができます。

建築に興味がある人はもちろん、世界中の名建築やユニークなアンビルド作品を24時間見ることができます。

 

②Mona

Monaは、CEOのJustin Melillo氏とCOOのMatthew Hoerl氏によって共同設立された、クリエイター向けのWeb3メタバース世界構築プラットフォームです。

Monaのプラットフォームを利用することで、クリエイターは自分たちが描く世界を忠実に再現し、多様なユーザーに向けて自分たちの作品を販売することができます。

Monaは、高性能なレンダリング機能を持っており、クリエイターの意図する世界をリアルに再現することができます。

そのため、クリエイターが作り上げるバーチャルワールドのクオリティーも非常に高いものとなっています。

 

③Spatial

Spatialは、メタバース空間を作成および旅行するためのプラットフォームで、異なるデバイス間でクロスプラットフォーム対応しているという特徴があります。

Spatialは、Oculus Quest、HoloLens、Magic Leap 1などのMRデバイス、タブレット端末、デスクトップ、iPhoneなどのスマートフォン機器を含むさまざまなデバイスに対応しています。このため、ユーザーは異なるデバイスでアクセスでき、一貫したメタバース空間体験を楽しむことができます。

Spatialは、世界中のアーティストがバーチャルギャラリーを作成し、イベントを開催しているため、NFTを利用してデジタルコンテンツを販売することができます。ユーザーは、実際のアート展示やライブイベントに参加するように、自分のVRヘッドセットから参加できます。Spatialを使って、人々はあらゆる場所から参加できるオンラインイベントを主催することができます。

 

メタバースに参入している建築事業

メタバースに参入している建築事業を紹介します。

  1. Metaverse Architecture Lab
  2. tenshabi
  3. CyberMetaverse Productions
  4. クリーク・アンド・リバー社

それぞれ解説します。

 

①Metaverse Architecture Lab

Metaverse Architecture Lab(メタバースアーキテクチャラボ)はサイバーエージェントが設立した、メタバース空間の建築物や空間デザインを研究・企画・制作する専門組織です。

この組織は、簡単なテンプレートで構築できるバーチャル店舗や実店舗などを再現したデジタルツインの空間や建築物を制作することができます。Metaverse Architecture Labは、広告としてメタバースを利用することが求められている中、アパレル企業のブランディングや小売り企業の販促に生かせるバーチャルな商業空間を研究しています。

Metaverse Architecture Labは、現実世界の建築物やインテリアデザインを再現するだけでなく、空想的な建築物や空間デザインを制作することもできます。建築物や空間デザインは、複数のメタバースに対応し、それぞれの空間に合わせたデザインができます。

このようなメタバース空間の研究・制作により、広告やマーケティング、教育、エンターテインメントなどの分野で利用が期待されています。Metaverse Architecture Labは、メタバースの未来を見据え、その発展を牽引する存在として、新たなビジネスモデルの創出や、クリエイターの支援を行っています。

 

②tenshabi

tenshabiは、メタバースに関する事業を展開している企業です。

メタバースのキャリアに興味を持つ学生や社会人、メタバース事業を立ち上げたい企業などが集まる場を提供するイベント「METANAVI」を開催しています。

このイベントは、メタバース関連企業やキャリアを目指す人たちが出会い、交流する機会を提供することで、将来的にはメタバース上での企業活動やキャリア形成を当たり前にすることを目指しています。

イベントでは、メタバースについての講演やディスカッション、ビジネスマッチングなどが行われ、参加者同士がコミュニケーションを図ることができます。

また、METANAVIは、定期的に開催されているだけでなく、オンライン上での開催や、各地での開催も予定されています。

 

③CyberMetaverse Productions

CyberMetaverse Productionsは、バーチャル店舗開発に特化した事業会社で、オリジナルの「メタバース商空間」を提供しています。

これは、リアルな店舗やECとは異なる販売チャネルとして、メタバース空間における企業の販促活動を支援するものです。

既存のメタバースプラットフォームを活用することもできますが、オリジナルのメタバース空間を構築することもできます。

企業のブランディングに合わせたデザインや機能を提供し、顧客の目を引く魅力的なバーチャル空間を作り出すことができます。

これにより、より多くの顧客を惹きつけ、企業のビジネスを促進することができます。

CyberMetaverse Productionsは、メタバース空間における企業活動の可能性を追求し、ビジネスの未来を拓くことを目指しています。

 

④クリーク・アンド・リバー社

クリーク・アンド・リバー社は、一級建築士が建築データを基に設計開発したメタバース空間の住宅展示場プラットフォーム「超建築メタバース」を提供しています。

このプラットフォームはリアルな住宅展示場の発展形として、コミュニケーションと出会いを重視した「ランドスケープモデル」と、物件を整理して吟味できる「ミュージアムモデル」の2つのモデルを提供しています。

超建築メタバースは、実際の建築データを元に作られており、建物内部を自由自在に探索でき、実際の建物のように部屋の間取りや家具の配置を確認できます。

また、建築家や設計者、インテリアデザイナーなど、建築に関する専門家がユーザーに建築についてのアドバイスや質問に答えることもできます。

超建築メタバースは、建築業界において住宅展示場のようなリアルな場所を訪れることが難しい場合に、建築物の内部を自由自在に探索可能です。

そのため、超建築メタバースは建築デザインについての知識を深めることができる貴重なプラットフォームとなっています。

 

メタバース建築の将来性

metaverse

メタバース建築の将来性についても見ていきましょう。

  1. 新しい価値創造が可能になる
  2. 顧客のインタラクティブな体験が可能になる
  3. リアル空間よりも低コストで実現できる
  4. 新たなビジネスモデルが生まれる可能性
  5. リアルと仮想の融合

それぞれ解説します。

 

①新しい価値創造が可能になる

メタバース建築は、現実の制約を超えたデジタル空間であるため、現実では実現できないような建築物や空間の創造が可能になります。

また、リアルとデジタルを融合させることで、新たな付加価値を創造することができます。

例えば、商品の展示・販売、アート作品の展示、コンサートやイベントなどがあります。

 

②顧客のインタラクティブな体験が可能になる

メタバース建築は、リアルとは異なる仮想空間であるため、顧客とのインタラクティブな体験を提供することができます。

3D空間を利用した視聴覚的な体験や、仮想キャラクターとのやり取りなどが実現できます。

これにより、より深いコミュニケーションが可能になり、顧客のエンゲージメントが高まります。

 

③リアル空間よりも低コストで実現できる

メタバース内では物理的な制約がないため、リアル空間で建築する場合と比較して、低コストで実現することができます。

また、メタバース建築は、デジタル空間であるため、簡単に変更や修正ができるため、リアル空間に比べて柔軟性が高いという利点があります。

 

④新たなビジネスモデルが生まれる可能性

新たなビジネスモデルの実現が可能です。

例えば、商品の展示・販売や、仮想空間でのイベントやコンサートの開催、オンラインでのスクールやワークショップの開催などが考えられます。

これらの新しいビジネスモデルは、新たな収益源となり、経済活性化につながる可能性があります。

 

⑤リアルと仮想の融合

メタバース空間では、リアルと仮想が融合した新しいエクスペリエンスが提供されます。

例えば、仮想的な建築物の中でリアルな商品を見ることができたり、リアルな建物の内部を仮想的に自由に移動できることが可能になります。

このように、メタバース空間によって、従来とは異なる新しい体験やサービスが提供されます。

 

まとめ:メタバース建築はこれから普及していく

以上、メタバース建築の事例や将来性について解説しました。

メタバース建築の事例はまだ多くはありませんが、今後メタバースを建築に活用する事例が増えるのは間違いありません。

少しでもメタバース建築に興味があるのなら、まずは実際にメタバースを体験するのがおすすめ。

まずは、アプリが使いやすいコインチェックで口座を無料開設して、メタバース利用に必要となるイーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, , ,

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5