※本サイトにはプロモーションが含まれます

Metaverse

メタバースの作り方を徹底解説!必要なスキルやおすすめソフトも紹介

 

悩んでいる人
メタバースの作り方について詳しく知りたい。メタバースの作り方の手順やおすすめソフトを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは
  • メタバースの作り方を知る際に必要な機材・スキル
  • メタバースの作り方
  • メタバースの作り方を学ぶメリット
  • メタバース作成におすすめのソフト3選
  • メタバースの作り方に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は日頃からメタバースを利用しています。さらにメタバース関連の情報発信で収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近メタバースが注目を集めており、TV番組などでも取り上げられる機会が増えてきました。

メタバースの市場規模は今後1600兆円にも上ると見られており、メタバースを自分で作りたい!という方も増えています。

そこで今回は普段からメタバースを利用する僕が、メタバースの作り方の手順を解説します。

なお、メタバースを利用する際はイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめ口座が無料開設できるコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

メタバースとは

メタバースは、仮想空間を構成するコンピューターやサーバーを通じて、インターネット上で実現される仮想社会や仮想経済圏のことを指します。

メタバースは、ゲームやビデオ会議などにおいてよく使われる仮想空間を拡張し、さまざまなアクティビティやビジネスが行われる場所としても利用されています。

例えば、オンラインで買い物や取引をすることができるマーケットプレイスや、仮想でのイベントや会議を実施することができる会議室などがあります。

また、メタバースは、仮想空間内でのアイデンティティやプロフィールを持つことができるため、仮想社会においても、社会的な側面が存在します。

そのため、メタバースを利用することで、個人や企業が、仮想空間上でさまざまなアクティビティやビジネスを展開することができるようになります。

メタバースの語源は、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語です。

もともとはアメリカのSF作家ニール・スティーヴンスンが1992年に発表した小説「スノウ・クラッシュ (Snow Crash)」に登場するインターネット上の仮想空間として登場しました。

なお、この小説はふつうにSFとしても面白いので、興味があるなら読んでおいて損はありません。

 

 

小説を起源として生まれたメタバースですが、将来的な市場規模は1600兆円にも上るとみられています。

この巨大な市場でシェアを握るべく、すでに以下のような大手企業が続々と参入。

  • アディダス
  • ナイキ
  • プーマ
  • サイバーエージェント
  • スクウェア・エニックス
  • ソニー
  • キャノン
  • パナソニック
  • リコー
  • KDDI

見てのとおり有名企業がこぞってメタバースに投資しており、今後間違いなくメタバースが大きなトレンドになるはず。

なので、今のうちにメタバースを始めることで周囲に差をつけることができ、先行者利益を得られる可能性が高いでしょう。

メタバースの始め方については、メタバースの始め方・やり方、必要機材を徹底解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

メタバースの作り方を知る際に必要な機材・スキル

   

メタバースの作り方を知る際に必要な機材・スキルは以下のとおり。

  1. パソコン
  2. 編集ソフト
  3. 編集スキル

それぞれ解説します。

 

①パソコン

メタバースとは、仮想現実空間における次世代のインターネット空間のことです。メタバースを構築するには、高性能のコンピュータが必要不可欠です。これは、メタバースがリアルタイムで大量の情報を処理するため、高速で複雑な計算が必要であるためです。そのため、開発者は、高性能のコンピュータを使用して、メタバースを構築するためのプラットフォームやアプリケーションを開発します。

メタバースを構築するためのプラットフォームを選択する際には、パソコンのスペックも考慮する必要があります。一部のプラットフォームは、高度な3Dグラフィックスやリアルタイムレンダリングを必要とするため、高性能なグラフィックカードやCPUが必要となる場合があります。そのため、パソコンの性能によっては、メタバースの構築や編集が制限されることがあります。

メタバースの構築に必要なパソコンのスペックは、プラットフォームによって異なります。例えば、大規模なプロジェクトを開発する場合には、高性能なパソコンが必要になることがあります。しかし、小規模なプロジェクトを開発する場合には、比較的低スペックのパソコンでも構築が可能な場合があります。

つまり、メタバースを構築する上で必要なパソコンのスペックは、プロジェクトの規模や選択したプラットフォームによって異なります。

そのため、開発者はそれに応じた適切なパソコンを用意する必要があると言えます。

 

②編集ソフト

メタバース構築には、編集ソフトが必要です。

メタバースでよく使用される編集ソフトは以下の3つ。

  • Unity
  • Blender
  • DOOR

それぞれの機能は、Unityでは3Dオブジェクトの配置、Blenderでは3Dオブジェクトの作成、DOORではメタバース空間の構築から公開までを行うことができます。

Unityは現在のメタバース開発で最も使われているソフトウェアの1つです。初心者でも使いやすく、提供されている情報も多いため、使い方を学ぶのに適しています。Unityでは、自作したものだけでなく、購入した3Dオブジェクトもダウンロードして配置することができます。ただし、Unityでは3Dオブジェクトを作成することはできないので、Blenderを使う必要があります。

Blenderは、3Dオブジェクトを作成するためのソフトウェアです。Unityと組み合わせることで、メタバース空間にオブジェクトを配置することができます。Blenderは、機能が多く、高度な3Dモデリングにも対応しているため、プロのクリエイターにも人気があります。

最後に紹介するDOORは、NTTが提供しているサービスで、専門知識や高性能なパソコンを必要とせずに、メタバース空間の構築から公開までを一貫して行うことができます。初心者でも使いやすく、手軽にメタバースの制作を始めることができます。

メタバースを構築するためには、これらの編集ソフトの知識が必要です。UnityとBlenderを組み合わせることで、高度な3Dオブジェクトを作成してメタバース空間に配置することができます。初心者には、DOORがおすすめです。メタバースに興味を持っている人は、まずは編集ソフトの使い方を学び、自分だけのメタバース空間を作ってみましょう。

 

③編集スキル

メタバースを作る際に最も必要となるのは、編集ソフトウェアを扱うスキルです。

メタバースの開発には、Unity、Blender、DOORなどの編集ソフトウェアが必要です。それぞれのソフトウェアには異なる機能がありますが、基本的には3Dオブジェクトを作成し、配置することができます。

DOORは初心者にも使いやすいサービスですが、Unityを使う場合はC#、Blenderの場合はC、C ++、Pythonの言語を理解する必要があります。これは、編集ソフトウェアを活用して3Dオブジェクトを作成し、配置するために必要なプログラミング言語であり、専門的な知識が必要です。

Unityは、初心者でも簡単に使えることで知られていますが、Blenderは比較的高度なスキルが必要です。Blenderを扱うためには、3Dオブジェクトの作成方法や編集ツールの機能などについて理解する必要があります。

したがって、メタバースの開発には、編集ソフトウェアを扱うスキルが必要不可欠です。編集ソフトウェアの使い方については、オンラインコースや書籍などで学ぶことができますが、プログラミング言語を習得するには、より高度な訓練が必要になります。メタバースを構築するには様々なスキルが必要ですが、編集ソフトウェアを扱うスキルは、その中でも最も重要な要素の1つです。

 

メタバースの作り方

metaverse

メタバースの作り方の手順は以下のとおり。

  1. メタバースの設計
  2. 3D素材の作成
  3. 3D素材の配置
  4. プラットフォームを選ぶ
  5. 空間をアップロード

それぞれ解説します。

 

①メタバースの設計

メタバースを構築するにあたり、最初に行うべきことは空間の設計です。この空間の設計は、動画制作における絵コンテ作りに例えることができます。

空間全体の広さや持たせる機能、配置するものやインタラクションなどを決め、まずは全体のイメージを固めていきます。

具体的に決めておく項目は以下の3つ。

  • 空間の広さ
  • 機能
  • 配置するもの

空間の広さは、狭い会議室のような空間なのか、広いイベントスペースのような空間なのかを決めます。

機能には、チャットや画面の共有など、どのような機能を持たせるかを考えます。また、配置するものにはブースや椅子など、メタバース空間に置くものを決めます。

しかし、広くしたり、機能を豊富にしたり、配置するものを多くすると高性能なパソコンが必要になり、コストもかさんでしまいます。

そのため、最初は必要最低限の広さ、機能、配置物を設計することをおすすめします。

これによって、不必要なコストをかけずに必要最低限のメタバース空間を作り上げることができます。

 

②3D素材の作成

メタバースの設計が終わったら次は3D素材の制作に入ります。

空間自体や配置する素材、アバターなどを、Blenderを使って作成します。BlenderはUnityと一緒に使用することができ、高品質な3Dモデルを作成することができます。

素材の制作には、3Dデザインや3Dモデリングのスキルが必要であり、専門知識が必要な場合もあります。

しかし、Blenderは初心者でも使いやすく、3Dモデルの作成に必要な基本的な機能が備わっているため、初めての人でも取り組むことができます。

ただし、高品質な3Dモデルを作成するには、一定の時間と労力が必要になります。したがって、プロの3Dデザイナーや3Dモデラーに依頼することも一つの選択肢です。

 

③3D素材の配置

続いて、制作した3Dモデルをメタバース空間内に配置する作業が必要になります。

この作業は、Unityを使用して行います。Unityは、多くの情報が提供されているため、初心者でも比較的簡単に進めることができます。

Unityではアバターの動作設定も行うことができます。また、UnityはBlenderと同じく、C#を使用するため、Blenderで作成した3Dモデルと連携して使うことができます。

制作した3DモデルをUnityで配置し、アバターの動作設定を行うことで、よりリアルなメタバース空間を作ることができます。

 

④プラットフォームを選ぶ

メタバース空間が形になったら、次に行うのはプラットフォームごとの設定です。これは、選んだプラットフォームに合わせてアバターの動作や、空間内での移動方法などを設定することを意味します。

例えば、VRChatやDOORなどのプラットフォームにはそれぞれ独自の設定があります。こうしたプラットフォームごとの設定を行うことで、より快適なメタバース空間を実現できます。

それぞれの違いは以下のとおり。

プラットフォーム 料金 アップロードに必要なプレイ時間
VRChat 無料 数時間〜十数時間
DOOR 無料 なし

VRChatは無料で利用できますが、アップロードまでに数時間〜十数時間のプレイ時間が必要です。DOORは完全無料で、プレイ時間に関係なくアップロードできます。また、DOORは3D素材の配置から公開までをサービス内で完結できるため、手軽にメタバース空間を実現できることが魅力です。

メタバース空間を実現するためには、自分がどのプラットフォームを使うかを慎重に検討し、そのプラットフォームに合わせた設定を行うことが重要です。

 

⑤空間をアップロード

最後に、作成したメタバース空間をアップロードして公開すれば完成です。

 

メタバースの作り方を学ぶメリット

メタバースの作り方を学ぶメリットは以下のとおり。

  1. 創造性やアイデアを自由自在に表現できる
  2. コミュニケーションやビジネスの場を広げられる
  3. 技術力や知識を身につけられる

それぞれ解説します。

 

①創造性やアイデアを自由自在に表現できる

メタバース内では自分が思い描く世界を自由自在に表現することができます。

3Dモデリングやプログラミング、音楽制作、アニメーションなどのスキルを組み合わせて、オリジナルの世界を作り上げることが可能です。

自分の想像力をフル活用して、創造性のある作品を制作することができます。

 

②コミュニケーションやビジネスの場を広げられる

メタバースは、世界中の人々が集まるオンラインの空間であるため、様々な人々との交流が可能です。

自分が作成したメタバースでイベントを開催することで、同じ趣味や興味を持つ人々と繋がり、コミュニティを形成することができます。

また、ビジネスにおいても、メタバース内での展示会やショップの開設など、新たなビジネスの場を広げることができます。

 

③技術力や知識を身につけられる

メタバースを作るためには、3Dモデリングやプログラミング、UI/UXデザインなど、様々なスキルが必要です。

これらのスキルを身につけることで、自分の能力を向上させることができます。また、メタバースを作成することで、Webやゲーム制作に関する知識も深めることができます。

これらの知識やスキルは、今後の自分自身のキャリアにも役立ちます。

 

目的別のおすすめメタバースプラットフォーム

metaverse

続いて、目的別のおすすめメタバースプラットフォームを紹介します。

  1. オンラインセミナー/イベント用
  2. リモートワーク/ミーティング用
  3. ショップ用
  4. バーチャルライブ用

それぞれ解説します。

 

①オンラインセミナー/イベント用

オンラインセミナー/イベント用のおすすめメタバースプラットフォームは以下のとおり。

  • Cluster
  • HIKKY

概要・特徴について説明します。

 

Cluster(クラスター)

Clusterとは日本の企業であり、メタバースプラットフォーム「cluster」を開発・運営しています。

clusterは、日本を代表するメタバース空間であり、アカウント登録やログインも日本語で説明されているため、日本人でも簡単に参入できます。

メタバース内では、コンサートやオフ会、ゲームなどのイベントが楽しめます。

また、Clusterは、オンラインショッピングやオンラインサロンなど、様々な業界とのコラボレーションも積極的に行っています。

そのため、メタバース内で様々な体験ができることが特徴です。

 

HIKKY(ヒッキー)

HIKKYは、仮想現実(VR)のサービスを提供する企業であり、企業やクリエイター、ユーザーがメタバースを利用して新たなビジネスチャンスや楽しみ方を見出すことを支援しています。

また、HIKKYは「パラリアルワールドプロジェクト」を実行し、現実世界に存在する100都市を5年以内にメタバース化することを目指しています。

このプロジェクトにより、メタバースと現実の良さが共存した新しい都市が誕生することを期待しています。

現在、日本の渋谷と秋葉原は、HIKKYによってメタバース化され、仮想空間内でのイベントや交流が行われています。

HIKKYのサービスを利用することで、現実世界では実現しないような体験を仮想空間で楽しむことができます。

これからメタバースがますます普及していく中で、HIKKYはその先駆者として、様々なビジネス分野やエンターテインメント業界において注目されています。

 

②リモートワーク/ミーティング用

リモートワーク/ミーティング用のおすすめメタバースプラットフォームは以下のとおり。

  • Horizon Workrooms
  • oVice

概要・特徴について説明します。

 

Horizon Workrooms

Horizon Workrooms」はMeta社が2021年9月に発表したVRを利用したバーチャル会議ソフトです。

Horizon Workroomsでは各自が作成したアバターを使って、会議に参加します。

 

VR空間の中に自分のPC画面を表示させることもでき、1つの画面を共有したり、ホワイトボードを使ってディスカッションが行えます。

現実世界で行われる会議そのものをメタバース内で再現しています。

 

ovice(オヴィス)

oViceは日本国内で展開されているメタバースオフィスの一つであり、大手企業である「エン・ジャパン株式会社」や「花王株式会社」などでも採用されている実績があります。

oViceは、クリック一度でアバターに近づいてスムーズにコミュニケーションを取ることができるため、利便性が高く、ビジネスに特化したメタバースオフィスと言えます。

oViceは、外部ツールとも連動できるため、SlackやGoogleドライブなどのツールを使用している企業でもスムーズに導入することができます。また、初めてoViceを導入する企業にとっても、無料相談を受け付けているため、安心してサービスを導入することができます。

oViceは、企業内での会議やチームのコラボレーションなどに最適であり、利用することで、リモートワークや分散した場所からでも効率的な業務が可能になります。oViceの利用によって、コミュニケーションの円滑化や業務の効率化が図れるため、多くの企業にとって魅力的なオフィスプラットフォームとなっています。

 

③ショップ用

ショップ用のおすすめメタバースプラットフォームは以下のとおり。

  • メタパ
  • STYLY

概要・特徴について説明します。

 

メタパ

メタパはリアルとバーチャルを融合したメタバースショッピングモールです。

スタッフによる接客を受けたり、友人と一緒に買い物をすることが可能。

スマホで気軽にメタバース内で買い物ができます。

 

STYLY

STYLYはアーティストに空間表現の場を提供する VR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。

スマホやタブレット(iOSおよびAndroid端末)でメタバースVR・ARコンテンツをシームレスに体験可能です。

ショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどを自由にデザインすることができます。

 

④バーチャルライブ用

バーチャルライブ用のおすすめメタバースプラットフォームは以下のとおり。

  • REALITY
  • VARK

概要・特徴について説明します。

 

REALITY

REALITYはスマートフォン向けメタバースです。

簡単な操作で自分だけのアバターを作成することができ、ライブ配信等で収益を得ることができます。

法人向けの「REALITY World」も提供しており、メタバースを利用したイベントやビジネスのサポートも行っています。

 

VARK(ヴァーク)

VARKは、バーチャルライブイベントを主軸に据えたメタバースを展開する企業です。

同社が提供する「VARK」と呼ばれるエンターテインメント特化型メタバースにおいては、アバターを操作してライブイベントに参加できます。

現実世界とは異なり、場所を問わずライブイベントに参加可能であり、至近距離からでもライブを楽しめることが特徴です。

また、「WORLD」という機能も追加され、アバターを通じたコミュニケーションや様々なコンテンツを楽しむことができます。

VARKは、ライブ配信が好きな人には大変魅力的なメタバースであり、今後も機能追加が期待されます。

同社が提供するメタバースは、バーチャル空間上に仮想のライブ会場を用意し、アーティストやバンドがライブ演奏を行います。

ライブイベントに参加するには、アバターを操作してチケットを購入する必要があります。

また、同社はコンテンツ制作にも注力しており、ライブイベント以外にも、様々な企業やクリエイターとのコラボレーションによるコンテンツ制作を手がけています。

VARKは、VR技術を活用したエンターテインメントを提供することで、人々の娯楽のあり方を変えている先進的な企業です。

 

メタバースの作り方に関するよくある質問

最後にメタバースの作り方に関するよくある質問に答えます。

  1. メタバースの勉強会って開催されてる?
  2. メタバースの学校ってあるの?
  3. メタバースエンジニアの年収はどのくらい?
  4. メタバースですぐに稼げるの?

順番に回答します。

 

①メタバースの勉強会って開催されてる?

はい、されています。

FacebookやClunhouse、Clusterなどで日々メタバース勉強会が開催されています。

ほとんどが無料で参加できるので、興味があるなら参加してみましょう。

 

②メタバースの学校ってあるの?

はい、あります。

国際アート&デザイン大学校では教師や生徒がアバターを操作しメタバース内で授業を行っています。

出典:PRtimes

さらにメタバースプラットフォームのVRChat内に「私立VRC学園」という学校が作られています。

メタバース上に無料でオンラインスクールが作れるサービスなども登場しており、メタバース内で学ぶことが当たり前になりつつあります。

 

③メタバースエンジニアの年収はどのくらい?

エンジニアのスキルによりますが550万円~1000万円程度です。

Unityエンジニアやプラットフォーム開発エンジニアの求人が多いようです。

今後のメタバースの市場拡大に伴って、エンジニアの需要が増加し年収も上昇する可能性が高いです。

 

④メタバースですぐに稼げるの?

メタバースを作ってすぐに稼げるとは限りません。

メタバース自体はまだ始まったばかりの技術であり、まだ発展途上にあるからです。

すぐにサクッと稼ぎたいのであれば、NFT転売が最も効率よく稼げます。

NFT転売のやり方は、NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

まとめ:メタバースの作り方を学んで先行者利益を得よう

以上、メタバースの作り方や目的別のおすすめプラットフォームなどを解説しました。

今後メタバースが普及するにしたがって、メタバース構築スキルを持った人材の需要が大きく増加するのは間違いありません。

メタバースはまだ始まったばかりの技術なので、今から参入しておくことで先行者利益を得ることができます。

この記事でメタバースの作り方を学んだら、さっそくメタバースを作ってみましょう!

まずは、アプリが使いやすいコインチェックで口座を無料開設して、メタバースでの取引用に入金を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

bitflyer

※ブログで稼ぐ方法をLINE登録者限定で配信しています。

今ならLINE登録で豪華6大特典を無料プレゼント中!

無料特典

  • ブログで確実に月10万稼ぐ方法 
  • ブログで月330万稼いだ方法を公開
  • 上位獲得KWリスト
  • 記事構成テンプレート 
  • ブログ記事タイトル集200選
  • ブログ公開前チェックシート

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-,

© 2024 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5