Metaverse

【結論あり】メタバースの危険性とは?注意すべき点や将来性について解説

 

悩んでいる人
メタバースをこれから始めてみたいけど危険性ってあるのかな?メタバースの危険性や注意すべき点について知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは
  • メタバースの危険性
  • メタバースの将来性
  • メタバースの危険性を払拭するコツ
  • メタバースのやり方・はじめ方
  • メタバースを始める際の注意点

 

本記事の信頼性

筆者は日頃からメタバースを利用しており、メタバースに関するブログで月330万円の収益を得ています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近人気のメタバースですが、「メタバースには危険性がある」という声が多いのも事実です。

今回は日頃からメタバースを利用している僕が、メタバースの危険性について解説します。

メタバースの危険性を払拭するコツや始め方なども併せて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、メタバース内では仮想通貨を利用してアバターやアイテム、土地などを取引します。

メタバースを余すことなく体験するためにも、取引画面が使いやすいコインチェックでサクッと口座開設して入金を済ませておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

メタバースとは

メタバースとは、簡単に説明すると「経済圏を持った仮想空間」です。

メタバースはオンラインゲームのようにストーリーや敵を倒すなどの決まった目的はありません。

その代わり、他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、ショッピングやビジネスをするなど現実と同様の経済活動を行える点が特徴です。

>>【実例あり】メタバースでできること8選【おすすめプラットフォームも紹介】

メタバースの語源は英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語です。

もともとはアメリカのSF作家ニール・スティーヴンスンが1992年に発表した小説「スノウ・クラッシュ (Snow Crash)」に登場するインターネット上の仮想空間として登場しました。

人間がアバターを操作してネットの世界で様々な活動をする様子が描かれています。

なお、この小説はふつうにSFとしても面白いので、エンタメとして読んでおくのも良いかと(^^)/

 

 

小説が発端のメタバースですが、今後は様々な用途にメタバースが利用されると予想されており、将来的な市場規模は1600兆円にも上るとみられています。

この巨大な市場でシェアを握るべく、すでに以下のような大手企業が続々と参入。

  • アディダス
  • ナイキ
  • プーマ
  • サイバーエージェント
  • スクウェア・エニックス
  • ソニー
  • キャノン
  • パナソニック
  • リコー
  • KDDI

上記のような世界的な有名企業が我先にとメタバースに投資しており、今後間違いなくメタバースが大きなトレンドになるはず。

なので、今のうちにメタバースを始めることで周囲に差をつけることができ、先行者利益を得られる可能性が高いでしょう。

 

メタバースの危険性

将来有望なメタバースですが、いくつかの危険性も指摘されています。

メタバースの危険性は以下の5つ。

  1. 中毒になる可能性がある
  2. セカンドライフと同様の失敗
  3. ハッキングのリスクがある
  4. 個人情報が吸い上げられる
  5. 消費者がコントロールされる

順番に解説します。

 

①中毒になる可能性がある

メタバースは依存性が高いため、いわゆる「メタバース中毒」に陥る可能性があります。

現実世界よりメタバース内の方が快適に感じるため、長時間メタバース内に入り浸ってしまう状態です。

特に、「ファントム・タイムライン症候群」になるユーザーが増えると予想されています。

これはメタバースと現実世界の境界線があいまいになる状態を指し、特に若年層への悪影響が懸念されています。

 

②セカンドライフと同様の失敗

セカンドライフと同様の失敗をする可能性も指摘されています。

セカンドライフは、アメリカのリンデンラボ社が開発したメタバースプラットフォーム。

>>メタバースの元祖セカンドライフとは?人気だった理由などを解説

出典:SecondLife

2007年当時に人気絶頂を迎え、約100万人のユーザーがセカンドライフ内の仮想空間に参加していました。

現在のメタバースと同様に商品の売買などを通じて、ゲーム内で通貨を稼ぎ換金できたことが大きな特徴のひとつ。

ですが、2007年以降はグラフィックの不具合や接続速度遅延、そしてFacebookの台頭などによりユーザー数が激減し衰退の一途を辿りました。

このセカンドライフの失敗により「メタバース=使えない」というイメージが残っています。

そのため、今後のメタバースもセカンドライフと同様に普及することなく終わるとの見方をする人も少なくありません。

 

③ハッキングのリスクがある

ハッキングのリスクがあることも、メタバースの危険性のひとつです。

メタバースは常にオンラインに接続しているので、世界中のハッカーから狙われやすい傾向にあります。

実際にメタバースでも利用される複数のDefiプラットフォームがハッキングの被害にあい、多額の仮想通貨が盗まれています。

このようにメタバースは便利な反面、ハッキングのリスクもそれなりに大きいのが実情です。

 

④個人情報が吸い上げられる

メタバースプラットフォームに必要以上の個人情報が吸い上げられる可能性もリスクとして挙げられます。

メタバース内で経済活動を成立させるためには、従来とは比べものにならないほど多くの個人情報が必要になるからです。

メタバースを利用する際はメールアドレスや仮想通貨のウォレット情報、そしてヘッドセットやVRゴーグルなどの各種デバイスによって身体的特徴などのデータを提供しています。

メタバースプラットフォームや各デバイスの提供企業などはこうした情報を基に、各ユーザーに最適な広告などのマーケティング戦略を打つことが可能になります。

さらにデータ漏洩やなりすましによる個人情報の悪用などの危険性もあるため、セキュリティ性の担保が急務となっています。

 

⑤消費者がコントロールされる

気づかないうちに消費者がコントロールされる危険性も指摘されています。

ネットにおけるステマ問題のような感じで、メタバース内では純粋なコンテンツと広告の判別が難しくなると考えられるからです。

例えば、メタバース内ではアバターが使用されますが、そのアバターを人間が操作しているのかAIが操作しているのかはわかりません。

そのため、友達と思っていたアバターが実は商売目的でAIによって制御されている可能性もあります。

友人おすすめのコンテンツに課金したつもりが、まんまと企業の戦略にハマっているだけ、ということもありえます。

食いものにされないためにも、ブロックチェーンや仮想通貨、NFTなどに関する必要最低限のITリテラシーが必要になるでしょう。

 

メタバースの将来性

メタバースの将来性は以下のとおり。

  1. 市場規模の拡大
  2. 個人のビジネスチャンス
  3. 生活様式のオンライン化
  4. NFTの需要増加

順番に解説します。

 

①市場規模の拡大

メタバースの市場規模は今後約1600兆円にも上ると予測されています。

この巨大な市場でシェアを握るべく、多くの企業がメタバースへの参入を表明しています。

参入した企業の一部を挙げると以下のとおり。

  • スクウェア・エニックス
  • Nike
  • バンダイナムコ
  • ディズニー
  • adidas
  • GUCCI
  • Microsoft

今後も先陣を切った大企業の動きに追随し、他の企業の参入が加速すると見られています。

各業界における需要の増加やVRやARの普及による小売業界のデジタル化などにより、今後もメタバース市場は拡大する可能性が高いです。

 

②個人のビジネスチャンス

企業が参入するということは、個人にとっても絶好のビジネスチャンスでもあります。

個人でも早いうちにメタバースを理解して足を踏み入れた人がその恩恵を受けることができます。

例えば、以下のような方法でメタバースを利用して稼ぐことが可能です。

  1. ゲームを作って報酬を得る
  2. NFTアートを売買する
  3. ゲームをプレイして報酬を得る
  4. メタバース内の土地を売買する
  5. アバターを作成して販売する
  6. メタバース関連銘柄に投資する
  7. メタバース用のアイテムをデザインする
  8. メタバース内で接客する

アバター作成やメタバース内の不動産取引、そしてNFT売買などで収益を得ることができます。

メタバース内でゲームをプレイして稼ぐPlay to Earnも今後さらに普及すると見られており、ゲームに縁のなかった層にまで浸透する可能性があります。

メタバースで稼ぐ方法については、【副業】メタバースでお金を稼ぐ方法8選【始め方も紹介】で具体的な方法を紹介しているので併せてご覧ください。

 

③生活様式のオンライン化

生活様式のオンライン化が進み、ネット空間内で活動をすることが当たり前になりつつあります。

オフィスに出社することなくリモートワークで自宅で仕事をしたり、メタバース内で友人と交流したり、ショッピングやライブなどを楽しんでいる人が増えています。

旅行会社などはバーチャル旅行を提供しており、自宅にいながら海外旅行を体験できる時代が来ています。

出社を禁止し原則リモートワークに切り替える企業も増えており、オンオフ問わずあらゆることがオンラインで対応可能。

>>【結論あり】メタバース内で仕事をすることのメリット・デメリットを解説

こうしたオンライン化の浸透がメタバース普及への土台となり、メタバースに触れる人が急速に増えていくと考えられます。

そのため、早い段階でメタバースに触れておくことで、こうした世の中の変化にスムーズに対応できます。

 

④NFTの需要増加

NFTの需要増加もメタバースの将来性の後押しとなるでしょう。

なぜなら、メタバース内の経済活動にはNFTが欠かせないからです。

>>【初心者向け】メタバースとNFTの関係とは?活用例・始め方を徹底解説

以下のようにメタバース内のあらゆるものがNFT化されており、マーケットプレイスを利用することで他のユーザーと売買可能です。

  • アバター
  • 土地
  • 建物
  • 洋服
  • アクセサリー
  • アート作品

NFTは唯一無二であり資産価値を持つため、転売や土地の賃貸等で利益を得ることができます。

>>【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説

国内でもアート・スポーツ・エンターテイメント等の各業界が様々な形でNFTに参入しており、この先はメタバースとの融合を目指すはずです。

個人でもNFTアートを購入する人が増えており、メタバースを始める参入ハードルが下がりつつあります。

 

メタバースの危険性を払拭するコツ

メタバースの危険性を払拭するためには以下の5つを抑えておくといいでしょう。

  1. メタバースに関する本を読む
  2. メタバースを実際に体験する
  3. NFTを取引してみる
  4. Play to Earnゲームで稼いでみる
  5. メタバース関連銘柄に投資する

順番に解説します。

 

①メタバースに関する本を読む

まずは読書でメタバースに関する基本的な知識を得ておきましょう。

最初は「メタバースとは何ぞや?」というチンプンカンプンな状態なので、体系的にまとめられた本を読むことで概要を理解できます。

メタバースを学ぶためのおすすめの本は以下の3冊。

この中から1冊でもいいので読んでおくと、サクッとメタバースのことがわかるようになります。

どれも1000円前後なので、ランチ一回分で今後の世界的なトレンドを把握できるので安い投資かと。

 

②メタバースを実際に体験する

本で知識を得たら、実際にメタバースを体験してみましょう。

メタバース内でアバターを操作したり、他のユーザーと交流することでメタバースのことが理解できます。

メタバースと聞くと難しいかもしれませんが、始め方は割と簡単で以下の手順でOKです。

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設
  2. ビットコインとメタバース上の通貨を交換
  3. メタバースとウォレットを連携する
  4. メタバース内を散策する

メタバースの始め方はこの後で詳しく解説します。

 

③NFTを取引してみる

メタバースと相性がいいNFT取引も経験しておくとベターです。

メタバース内のキャラクターやアイテム、土地などはNFT化されてるのが普通です。

なので、NFT取引を経験しておくと、メタバース内での取引もスムーズにできるはずです。

まずは以下の本をどれでもいいので1冊読んで、サクッとNFTの基礎知識を仕入れておきましょう。

読み終えたら、実際にOpenseaで1,000円くらいの手頃なNFTを購入してみましょう。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているので参考にしてください。

自分でNFTを出品してみたい!という方は、【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】を読むとスムーズかと。

 

④Play to Earnゲームで稼いでみる

Play to Earnゲームで稼いでみるのもおすすめです。

Play to Earnとはゲームをプレイして稼ぐという意味であり、PCやスマホでプレイするだけで仮想通貨を稼ぐことができます。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

Play to Earnゲームは将来的にメタバース進出を予定しているものが多く、独自のメタバース内で経済圏を作ることが主流になると予想されています。

初期費用がかかるものが多いですが、大体1ヵ月程度で原資回収できるケースが多いです。

中にはSweatcoinAgletのように無料で始められるものもあるので、サクッと始めてみましょう。

 

⑤メタバース関連銘柄に投資する

メタバース関連銘柄への投資で稼ぐこともできます。

株や仮想通貨の中にはメタバース関連銘柄が数多くあるので、それらに投資することで間接的にメタバースの恩恵を得ることができます。

具体的には以下のとおり。

 

メタバース関連仮想通貨

  1. SAND
  2. MANA
  3. ENJIN
  4. SLP

 

メタバース関連株

  1. Meta
  2. Nvidia
  3. Microsoft
  4. ソニー
  5. KDDI

このあたりに投資しておくと、将来メタバースが普及した際に値上がりが期待できます。

メタバース関連銘柄については、メタバースへ投資する方法とは?関連する暗号資産・株・ゲームをまとめて紹介で具体的に紹介しているので参考にしてください。

特に、メタバース銘柄の株式や仮想通貨は将来有望なものが多いので、それぞれの口座は早めに開設しておきましょう。

メンテナンスで利用できない時間があったりするので、複数登録しておくと安心です。

おすすめの取引所と証券会社は以下のとおり。口座開設はもちろん無料です。

 

おすすめ仮想通貨取引所

 

おすすめ証券会社

 

メタバースのやり方・始め方

メタバースの始め方は以下のとおりです。

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設
  2. ビットコインとメタバース上の通貨を交換
  3. メタバースとウォレットを連携する
  4. メタバース内を散策する

順番に解説します。

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設

メタバースを始める前の事前準備として、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座が必要になります。

メタバースで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換

続いて、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換する必要があります。

上記は自分が使うメタバースによって変わってくるので、適宜ググりつつ進めてみてください。

 

③メタバースとウォレットを連携する

メタバースを使う際にはウォレットが必要になります。

ウォレットは簡単に言うと仮想通貨を保管する財布のようなものです。

財布とログイン機能も併せもっているので、メタバースを使う際にはウォレットが必須です。

ウォレットの代表各はMetamaskなので、ひとまずMetamaskをインストールして連携しておきましょう。

Metamaskのインストール手順については、MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

④メタバース内を散策する

あとはメタバース内を散策して、他のユーザーとの交流やイベント参加を体験してみましょう。

おすすめのメタバースプラットフォームは以下のとおり。

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. Decentraland
  4. The Sandbox
  5. NFT DUEL
  6. VRChat
  7. NeosVR

最初はユーザー数が多く、無料で使えるClusterを使ってみるといいでしょう。

 

メタバースを始める際の注意点

メタバースを始める上では以下の点に注意しましょう。

  1. 知らないメールやサイトにアクセスしない
  2. ウォレットのリカバリーフレーズは誰にも教えない

それぞれ解説します。

 

①知らないメールやサイトにアクセスしない

メタバースはまだまだ未成熟の市場なので、スパムや詐欺などで資産が盗まれる可能性が少なからずあります。

知らない人からのメールや、怪しいサイトにはアクセスしないことが重要です。

また、各メタバースの公式サイトを装ったフィッシングサイトも確認されているのでURLなどをきちんと確認するようにしましょう。

 

②ウォレットのリカバリーフレーズは誰にも教えない

MetaMaskなどのウォレットで設定する「リカバリーフレーズ」は誰にも教えてはいけません。

リカバリーフレーズは資産を管理するパスワードのようなものなので、これを教えてしまうとウォレット内の暗号資産(仮想通貨)を盗まれる可能性があります。

リカバリーフレーズを聞いてくる人がいたら、詐欺だと考えて良いでしょう。

 

まとめ:メタバースは危険ではない!興味があるなら始めてみよう

今回はメタバースの危険性について解説しました。

メタバースは危険性もありますが、はるかに多くの利便性があり無料アプリで簡単に始められます。

>>【初心者向け】メタバースを手軽に体験できるアプリを紹介【無料あり】

今回紹介したメタバースのプラットフォームを体験してみて、自分に合ったメタバースを見つけてみましょう。

なお、メタバース内でアイテム等を売買するにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

メタバースの世界を楽しみたいという方は、取り扱い通貨が国内最大級のコインチェックで口座を無料開設して、イーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5