Metaverse

【保存版】メタバースの不動産とは?特徴や購入方法を徹底解説

 

悩んでいる人
メタバースの不動産って何なんだろう?メタバースの不動産の特徴や買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースの不動産とは?
  • メタバースの不動産の特徴
  • メタバースの不動産の購入手順
  • 不動産が購入できるメタバースサービス一覧
  • 不動産以外に投資できるメタバース銘柄
  • メタバースの不動産購入に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にメタバースに触れています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

FacebookがMetaに社名変更したことでメタバースが脚光を浴びています。この機会にメタバースに興味を持った方も多いのではないでしょうか。

 

実はメタバース上の土地や建物は不動産としての価値があり、不動産収入を目論む投資家達が我先にと投資し始めています。

 

実際にadidasなどの世界的企業がメタバース上の土地購入に動いています。

 

 

こうした状況を受けて、自分もメタバースの不動産に投資したいと考えている方も多いはず。

 

そこで今回はメタバースの不動産とは何か?メタバースの不動産の買い方などについて解説します。

 

不動産が購入できるメタバースサービス一覧も併せて紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、メタバースの不動産を購入するためにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

メタバースの不動産とは?

 

メタバースの不動産とは、「メタバース内の土地および建物・空間」のことを指しています。

 

例えば、代表的なメタバースサービスの「the Sandbox」では以下のようにOpenseaでメタバース内の土地を販売しています。

 

sanbox_sell-min

 

実際に企業が約5億円でthe Sandboxの土地を購入しており、将来的な資産価値があると判断していることがわかります。

 

 

メタバース不動産の活況の背景には、MetaやMicrosoftなど大手IT企業の参入があると見られており、今後も多くの企業がメタバースへ進出すると予想されています。

 

そのため、メタバース不動産の需要は今後も増える可能性が高いでしょう。

 

メタバースの不動産の特徴

 

メタバースの不動産の特徴は以下のとおり。

 

  1. メタバースの不動産はNFT
  2. メタバースの不動産価格は変動する
  3. 取引が迅速

 

①メタバースの不動産はNFT

 

メタバースの不動産はNFTであることが特徴です。

>>NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

 

NFTであるため世界に一つしかないことや所有者情報が記録されており、信頼性が担保されています。

 

さらにNFTマーケットプレイスで容易に売買が可能なので、誰でも気軽にメタバースの不動産を購入できます。

>>【徹底比較】おすすめNFTマーケットプレイス5選!選び方のコツも紹介

 

また、メタバース上の土地などには上限があり、The Sandboxでは上限数が166,464個と決まっています。

 

このように上限が設定されているため、希少性が生まれ価値が上がりやすい特徴を持っています。

 

②メタバースの不動産価格は変動する

 

メタバースの不動産価格は仮想通貨の価格や需要によって変動します。

 

以下の土地も現在(2022年2月時点)は約80万円ほどですが、その時の状況で40万円に下がったり100万円に上がったりします。

 

sanbox_sell-min

 

そのため、価格安い時に土地などを不動産として購入しておけば、今後価格が高騰した際に売却することで利益を得ることができます。

 

現在はメタバースは一部の人々にしか知られていないため、今のうちに投資しておくことで先行者利益を得られる可能性が高いと言えます。

 

③取引が迅速

 

メタバース上の不動産は取引が迅速です。

 

不動産をNFTとしてマーケットプレイスで取引できるため、数クリックで購入が完了します。

 

例えば、現実世界で不動産を購入する場合には以下のようなプロセスを踏む必要があります。

 

  • 現地で物件の下見
  • 重要事項説明へ署名
  • 売買契約を結ぶ
  • 手付金を支払う
  • ローン申し込み

 

しかし、メタバースであれば以下のようにわずかな手順で購入が完了します。

 

  • 不動産を選ぶ
  • 購入する

 

このように不動産購入に伴う手間や時間が各段に少ないことも、メタバースの不動産の大きな特徴です。

 

メタバースの不動産の購入手順

メタバースの不動産の購入手順

 

メタバースの不動産の購入手順は以下のとおり。

 

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. メタマスクを接続する
  3. メタバースのアカウントを作る
  4. メタバースの土地を購入する

 

①仮想通貨取引所の口座を開設する

コインチェック

 

メタバースを利用する際に暗号資産(仮想通貨)が必要なので、口座を開設します。

 

取引所はいくつかありますが、「コインチェック」がおすすめ。

 

アプリがとても使いやすく、初心者でも迷うことなく簡単に暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

 

暗号資産(仮想通貨)のアプリダウンロード数No.1の取引所であり、口座開設は無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェック公式サイト

 

②メタマスクを接続する

 

続いて、メタマスクを接続します。メタマスクとは仮想通貨を管理する財布のようなものです。

 

Google chromeのTOPページにある「Install Meta Mask for Chrome」をクリックしてインストールしておきましょう。

 

メタマスクの設定については、MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

Metamask_TOP
MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

続きを見る

 

③メタバースのアカウントを作る

 

続いてメタバースのアカウントを作りましょう。

 

自分が土地を買いたいメタバースのアカウントを作ればOKです。

 

土地が買える代表的なメタバースは以下のとおり。

 

 

上記が最も人気のあるメタバースなので土地を買うならこの二択という感じです。

 

④メタバースの不動産を購入する

 

アカウントが作成できたら、不動産を購入できるようになります。

 

例えば、the SandboxであればOpenseaで検索すると以下のように売り出し中の土地が表示されます。

 

sandbox_sell2

 

あとは好きな土地を購入すればOKです。Openseaの使い方についてはOpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

 

不動産が購入できるメタバースサービス一覧

不動産が購入できるメタバースサービス一覧

 

不動産が購入できるおすすめのメタバースサービスは以下の3つです。

 

 

順番に説明します。

 

①Decentraland

mana

 

Decentralandは、ブロックチェーンを使ったメタバース空間で探索やゲームを楽しむことができます。

 

 

プラットフォーム内で動画や画像のコンテンツを作成したり、土地を保有してDecentralandのマーケットプレイスで売買可能です。

 

作成したコンテンツや土地の価値が下落するのを防ぐ対策がとられており、安心して利用できます。

MANA_TOP
仮想通貨Decentraland(ディセントラランド)/Mana(マナ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

続きを見る

 

②The Sandbox

sandbox

 

The Sandboxは、メタバース上に提供された複数のゲームから自分の好きなゲームを選んでプレイできます。

 

 

ゲーム内で入手したアイテムをマーケットプレイス内で売却して利益を得ることも可能です。

 

また、ゲーム内の土地の貸し出しなどで収入を得ることができ、現実世界と同じような資産運用が可能です。

 

adidasなどの大手企業ともコラボしており、今後さらに人気となる予感です。

 

 

sandboxについては以下の記事で詳しく紹介しています。

sandboxサムネ
仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

③Cryptvoxels

cryptoboxels

 

Cryptovoxelsはイーサリアム上で構築されたメタバースです。

 

メタバース内の土地をNFTとして保有することができ、プレーヤーがワールドを作成できるのでDecentralandと類似したメタバースと言えます。

 

Decentralandは緻密な3D描写ですが、Cryptovoxelsは立方体で構成されたレゴブロックのような世界が特徴です。

 

なお、上記を含めたおすすめのメタバースについては、【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので参考にしてください。

【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】

続きを見る

 

不動産以外に投資できるメタバース銘柄

 

メタバースは不動産だけではなく、メタバースを開発する企業や仮想通貨にも投資可能です。

 

おすすめ銘柄は以下のとおり。

 

  1. SAND
  2. MANA
  3. ENJIN
  4. SLP

 

①SAND

 

SANDはThe Sandbox(ザ・サンドボックス)というメタバースゲームで使われる暗号資産(仮想通貨)です。The Sandbox(ザ・サンドボックス)については以下の記事で詳しく解説しています。

>>仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

 

The Sandboxでは特定の目的やゴールは決まっておらず、LANDという土地を購入してジオラマを作ります。

 

そしてプレイヤーが作ったキャラクターやアイテムを、デジタル上の唯一無二の存在である「NFT」として販売することもできます。

 

また、ゲーム内のツールを使えば自分だけのゲームを作ることができ、作ったゲームは有料で販売できます。

 

The Sandboxは将来性にも期待が持てます。

 

The Sandboxは11月2日に、ソフトバンクが中心とした投資家から約105億円の出資を受けたと発表しています。

 

 

今回の出資はThe Sandbox内のユーザーが利用できるシステムの成長を後押しするものだと声明を出しており、メタバースといえばThe Sandboxと言われるくらいの優位性を獲得することに意欲的です。

 

今後のアップデートに期待が持てるでしょう。

 

なお、The sandbox(ザ・サンドボックス)のLandはCoincheck NFT(β版)で売買することができます。

 

コインチェックの口座開設は無料なので、興味がある方はLandを購入してメタバースに触れてみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

②MANA

 

MANAはVR技術を利用したメタバースゲームのDecentraland(ディセントラランド)で使われる暗号資産(仮想通貨)です。

>>仮想通貨Decentraland(ディセントラランド)/Mana(マナ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

 

Decentralandでも作ったキャラクターやファッション、アクセサリーをNFTとして販売できます。

 

ゲーム内で自身のもつNFTを販売するときは、Decentralandの独自通貨であるMANA(マナ)を利用します。

 

また、販売する商品はNFTですので、デジタル商品のフリマアプリのようなサイト「OpenSea」などの外部のマーケットに出品することも可能です。

 

また、Decentralandでは、他のNFTゲームとNFTを相互利用できることも特徴のひとつです。

 

主にNFTを相互利用できるNFTは以下の通りです。

 

  • AxieInfinity(アクシー・インフィニティ)
  • Etheremon(イーサエモン)
  • Battle Racers(バトル・レーサーズ)

 

今までのゲームは、ゲームで作ったアイテムなどはそのゲーム内でしか使用できないことがほとんどでした。

 

しかしDecentralandでは、作りこんだキャラクターやアイテムが他のゲームでも使えます。ゲーム好きからすれば嬉しい要素ですよね。

 

プレイヤー数も日に日に増加していることもあり、今後MANAの価格も上昇する可能性が高いでしょう。

 

③Enjin

 

ENJINは大人気ゲームのマインクラフトのプラグインであるEnjin Craft(エンジンクラフト)で使われる暗号資産(仮想通貨)です。

 

ゲーム関連のブロックチェーン技術の開発を行っている「Enjin」によって開発されました。Enjinについては以下の記事で詳しく解説しています。

>>【初心者向け】仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?特徴・購入方法などを解説

 

このEnjin Craftプラグインマインクラフトに導入すると、Enjin Craftを導入したサーバーでマインクラフトをプレイすると、そのサーバーで作成したアイテムはNFTとなり売買が可能になります。

 

すでにマインクラフトには1億4千万人以上のユーザーが存在し、今後もユーザー数は増えていく見通しです。

 

ENJIN自体も急成長しているので、こちらもチェックしておくとよいでしょう。

 

ENJINは国内の仮想通貨取引所、コインチェックでも購入が可能です。手軽に購入が可能なので、今のうちに購入しておくのもよいでしょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

④SLP

 

SLPは大人気ブロックチェーンゲームのAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)で獲得できる暗号資産(仮想通貨)です。

>>仮想通貨Smooth Love Potion(SLP)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

 

ゲーム中に存在するキャラクターやアイテムがNFTで、ゲーム内のマーケットプレイスで売買ができます。

 

2022年1月現在、1ヶ月プレイすると約2万円の収入を獲得できます。

 

Axie Infinityをはじめるためには、ゲーム内のキャラクターの「アクシー」をイーサリアムで購入する必要があり、手数料が高くついていました。

 

しかし、Axie Infinityが11月4日に分散型取引所(DEX)Katanaを公開したことで、アクシー購入の際の手数料を安くできるようになったので、ゲームに参加する敷居が低くなりました。

 

そのため、これからユーザー数の増加が予想されており、SLPの需要も増すと見られています。

 

メタバースの不動産購入に関するよくある質問

メタバースの不動産購入に関するよくある質問

 

最後にメタバースの不動産購入に関する質問にお答えします。

 

①メタバースの不動産はいくらくらいで買えるの?

 

メタバースによりますが、5万円~100万円ほど。

 

人気のあるメタバースや良い立地だと高額になる傾向があります。

 

自分の予算と相談して決めましょう。

 

②メタバースの不動産は絶対売れるの?

 

絶対売れるとは断言できません。

 

なぜなら、メタバースの不動産は高額になる傾向があるため二次流通が若干低いからです。

 

ですが、今後メタバースが普及するに従い売れやすくなると言えるでしょう。

 

④メタバースの不動産で儲かったら税金はかかるの?

 

はい、課税対象になります。

 

NFTを売却して、売却益が出ている場合は課税対象になるので税理士などに確認しておきましょう。

 

メタバースの不動産を気軽に購入してみよう

 

今回はメタバースの不動産について解説しました。

 

メタバースの不動産購入は難しいイメージがありますが、現実世界の不動産購入に比べると少ない手間で簡単に購入可能です。

 

今回紹介したメタバースの中からお手頃な不動産を購入してみると、思わぬ先行者利益が得られるかもしれません。

 

なお、メタバースの不動産を購入するためにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

 

メタバースの不動産を購入してみたいという方は、アプリダウンロード数No.1のコインチェックで口座を無料開設してイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5