MONEY

【初心者向け】メタバースの始め方・やり方を徹底解説【簡単3ステップ】

metaverse

 

悩んでいる人
メタバースを始めてみたいけどやり方がわからない。メタバースってそもそも何なんだろう?初心者にもわかりやすくメタバースの始め方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは?
  • メタバースの始め方・やり方【簡単3ステップ】
  • メタバースのおすすめプラットフォーム7選
  • メタバースを始める上での注意点
  • メタバースの始め方に関するQ&A

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にメタバースに触れており、仮想通貨ブログで月7桁の収益を得ています。さらに、Twitterブログで継続して情報発信しています。

 

ここ最近、TVやネットで「メタバース」という言葉をよく目にするようになりました。

ですが、メタバースを始めようと思ってもどうやって始めればいいのかわかりにくいですよね。

そこで今回はメタバースの始め方を初心者にもわかりやすく解説していきます。

おすすめのメタバースのプラットフォームも具体的に紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

メタバース内でアイテムや土地を売買したい方は、Coincheckで口座開設をしておきましょう。無料なのでサクッと開できます。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

もくじ

メタバースとは?

メタバースとは?

 

メタバースとは、簡単に説明すると「経済活動が行える仮想空間」です。

>>【初心者向け】メタバースとは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!

オンラインゲームのように特定の目的があるわけでなく、探索や買い物・ビジネスでの利用など、より現実世界に近い経済活動が行えるので注目を集めています。

メタバースの語源は、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」から成り立っており、アメリカのSF作家ニール・スティーヴンスンの小説「スノウ・クラッシュ (Snow Crash)」に登場したのが最初のきっかけです。

 


スノウ・クラッシュ〔新版〕 上 (ハヤカワ文庫SF)

 

スクウェア・エニックスやディズニーなどの大手企業なども続々とメタバースへ参入しており、今後の盛り上がりを予感させます。

 

 

暗号資産(仮想通貨)においても、メタバース関連銘柄は軒並み高騰しており注目の高さがうかがえます。将来性に期待できるメタバース関連銘柄については以下を参照ください。

メタバース関連銘柄
【日本・米国】株価上昇が期待できるメタバース関連銘柄を徹底解説

続きを見る

 

メタバースの始め方・やり方の手順【簡単3ステップ】

 

メタバースの始め方は以下の3ステップです。

 

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設
  2. ビットコインとメタバース上の通貨を交換
  3. メタバースとウォレットを連携する

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設

メタバースを始める前の事前準備として、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座が必要になります。

メタバースで遊ぶ際にビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の買い方は【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】を参考にしてください。

 

②暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換

続いて、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をメタバース上の通貨に交換する必要があります。

 

 

上記は自分が使うメタバースによって変わってくるので、適宜ググりつつ進めてみてください。

 

③メタバースとウォレットを連携する

メタバースを使う際にはウォレットが必要になります。

ウォレットは簡単に言うと仮想通貨を保管する財布のようなものです。

財布とログイン機能も併せもっているので、メタバースを使う際にはウォレットが必須です。

ウォレットの代表各はMetamaskなので、ひとまずMetamaskをインストールして連携しておきましょう。

>>Metamaskをダウンロードする

 

メタバースのおすすめプラットフォーム7選

 

メタバースのおすすめプラットフォームは以下の7つです。

 

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. Decentraland
  4. The Sandbox
  5. NFT DUEL
  6. VRChat
  7. NeosVR

 

①Cluster

cluster

 

まずはメタバースの代表格、Clusterです。

ユーザーが3Dアバターを選んでメタバース内に入り、公開されているワールドを探索したり、イベントやライブに参加したりできます。

 

どのプラットフォームを使うか迷った場合は、まずはこのClusterを試すといいでしょう。

②Axie Infinity

axie01

 

Axie Infinityは、Axie(アクシー)というモンスターを育成する対戦型のゲームです。

アクシーやゲーム内の土地は全てNFTなのでマーケットプレイスで売買して収益を得ることができます。

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

ゲームをやり込んでいくと、より強いアクシーやレアなアイテムをGETできるようになり、効率的に収益を上げることができるようになります。

Axie Infinityは、初心者が始めても月に1~5万ほどは稼ぐことが可能です。初期費用は短期間で回収できるので、興味があるなら始めてみることをおすすめします。

AXIE_TOP
アクシーインフィニティ(Axie Infinity)とは?ゲームの初め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説!

続きを見る

 

③Decentraland

mana

 

Decentralandは、ブロックチェーンを使ったメタバース空間で探索やゲームを楽しむことができます。

プラットフォーム内で動画や画像のコンテンツを作成してDecentralandのマーケットプレイスで売買可能です。

作成したコンテンツの価値が下落するのを防ぐ対策がとられており、安心して利用できます。

MANA_TOP
仮想通貨Decentraland(ディセントラランド)/Mana(マナ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

続きを見る

 

④The Sandbox

sandbox

 

The Sandboxは、メタバース上に提供された複数のゲームから自分の好きなゲームを選んでプレイできます。

ゲーム内で入手したアイテムをマーケットプレイス内で売却して利益を得ることも可能です。

また、ゲーム内の土地の貸し出しなどで収入を得ることができ、現実世界と同じような資産運用が可能です。

sandboxサムネ
仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

⑤NFT DUEL

NFTDUEL

 

NFT DUELは、ユーザーが作成したアバターを操作してメタバース内でコミュニケーションをとり、他のユーザーとトレーディングカードバトルができるゲームです。

リリース日は2022年4~6月ごろを予定しており、アニメ・漫画・ゲームなどのトレーディングカードをNFTとして取引できます。

リリース以降は「XANALIA」にてカードが販売され、ユーザーはXANALIAやOpenSeaを利用してカードを売買することができるようになります。

 

⑥VRChat

VRchat

 

VR Chatは、VRゴーグルを使う体験型のVRプラットフォームです。

VRとSNSを両立させたプラットフォームであり、オリジナルのアバターを作成し他のユーザーと交流を図ることができます。

VR Chatはユーザーの動きをゲーム内のアバターに反映させ、ジェスチャーなどで意思表示することが可能です。

 

⑦NeosVR

NeosVR

 

NeosVRは、自由度の高いメタバース空間です。

VRで複数のユーザーが協力して作業をしたり、絵や動画などのデジタルデータをVRで共有したりできます。

ユーザーはアバターとしてお互いに対話できるため、密接なコミュニケーションを図ることができます。

 

メタバースを始める上での注意点

 

メタバースを始める上では以下の点に注意しましょう。

 

  1. 知らないメールやサイトにアクセスしない
  2. ウォレットのリカバリーフレーズは誰にも教えない

 

①知らないメールやサイトにアクセスしない

メタバースは新興市場なので、スパムや詐欺などでユーザーの資産が狙われやすい状況です。

身元不明のメールや怪しいサイトにはアクセスしないように心がけましょう。

また、各メタバースを模倣した偽サイトもあるので必ず公式サイトへアクセスするようにしてください。

 

②ウォレットのリカバリーフレーズは誰にも教えない

MetaMaskなどのウォレットの設定で必要になる「リカバリーフレーズ」は誰にも教えてはいけません。

リカバリーフレーズはウォレットのセキュリティを担保するものなので、これを教えてしまうとウォレットの資産を全て盗まれる可能性があります。

特に初心者を狙ってDMなどで巧妙にリカバリーフレーズを聞き出す手口が多いので、気をつけてくださいね。

 

メタバースの始め方に関するQ&A

NFTゲームに関するよくある質問

 

最後にメタバースの始め方に関する質問にお答えします。

 

①メタバースは無料で始められる?

基本的には無料で始められます。

Clusterは無料で使えますし、その他のメタバースも無料のものが多いです。

最初はメタバースを体験する意味でも無料で使えるプラットフォームを選ぶといいでしょう。

 

②メタバースはスマホで利用できる?

利用できます。

殆どのメタバースはスマホアプリをリリースしているので、スマホでの利用もあらかじめ想定されています。

例えば、稼げるメタバースのAxie Infinityもスマホでプレイが可能です。

>>【スマホ版】Axie Infinityを始める方法を解説(iPhone・android)

PCとスマホで自分にあった方を選ぶと良いかと。

 

③メタバースで稼げる?

メタバースの種類によっては稼げます。

例えばAxie Infinityであれば、初心者でも月に1万円以上稼ぐことができます。

アクシーの購入などで初期費用が必要になるものの、数ヵ月で回収できるので副業として始める人も増えています。

AXIE_TOP
【スマホ版】Axie Infinityを始める方法を解説(iPhone・android)

続きを見る

 

その他の稼げるNFTゲームについては以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

NFT_TOP
【2022年最新】おすすめNFTゲーム人気ランキング10選【GameFi】

続きを見る

 

メタバースは簡単に始められる!さっそく始めてみよう

 

今回はメタバースの初め方について解説しました。

メタバースは一見難しそうに見えますが、実は以外と簡単に始めることができます。

今回紹介したメタバースのプラットフォームをいくつか触ってみて、楽しいと感じたメタバースを引き続き使うといいでしょう。

なお、メタバース内でアイテムを売買するにはビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

メタバースの世界を楽しみたいという方は、取り扱い数No.1のコインチェックで口座を無料開設してビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5