NFT

MonkeyLeague(モンキーリーグ)とは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

monkeyleague

 

悩んでいる人
MonkeyLeague(モンキーリーグ)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?MonkeyLeague(モンキーリーグ)の概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)の概要
  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)の特徴
  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)のゲーム内容
  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)の始め方
  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)の稼ぎ方
  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)の将来性
  • MonkeyLeague(モンキーリーグ)のよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、ゲームをプレイしながら仮想通貨が稼げるPlay to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「MonkeyLeague(モンキーリーグ)」です。

今回は日頃からPlay to earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、MonkeyLeagueの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでMonkeyLeagueの始め方がわかるので、楽しく遊びながら仮想通貨を稼げるようになるはずです。

なお、MonkeyLeagueを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

MonkeyLeagueを始める事前準備として少額の1円から購入できるビットフライヤーに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)の概要

monkeyleague

出典:MonkeyLeague

ゲーム名 MonkeyLeague(モンキーリーグ)
対応言語 英語
対応機種 PC
トークン MBS
ブロックチェーン Solana
公式サイト MonkeyLeague公式サイト

 

MonkeyLeagueはサッカーをコンセプトにしたPlay to Earnゲームです。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

Solana上に構築されており、プレイすることでMBSトークンを獲得できます。以下の動画を観るとゲームの概要がつかみやすいかと。

サッカーにチェスの要素を組み合わせており、ストライカー、ミッドフィルダー、ディフェンダー、ゴールキーパーのモンキーNFTのチームを戦略的に動かして得点を狙います。

ゲームモードは以下のように複数のモードが用意されています。

  • プレイヤー vs A.I
  • プレイヤー vs プレイヤー
  • チーム vs チーム
  • トーナメント 

このように様々な楽しみ方ができるので、飽きずに長くプレイできるゲームと言えます。

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)の特徴

MonkeyLeagueの特徴は以下のとおり。

  1. サッカーにチェスの要素をプラス
  2. トークンにMBSを採用
  3. ブロックチェーンにを採用
  4. NFTの種類が豊富
  5. 様々な方法で稼ぐことができる

順番に説明します。

 

①サッカーにチェスの要素をプラス

MonkeyLeagueはサッカーにチェスの要素をプラスした斬新なゲームです。

そのため、単に点を取るだけでなく先を読む必要があるため、頭を使って考えるゲームと言えます。

ストライカー、ミッドフィルダー、ディフェンダー、ゴールキーパーのモンキーNFTからなるチームを戦略的に動かすことが求められるため、大人でも夢中になれるゲーム内容です。

 

②トークンにMBSを採用

MonkeyLeagueはゲーム内トークンにMBSを採用しています。

MBSの使用用途は以下のとおり。

  • NFTの購入
  • ゲーム内報酬の受け取り

MBSはFTXやGate.io等で購入可能なので、入手のしやすさも特徴です。

 

③ブロックチェーンにSolanaを採用

MonkeyLeagueはSolanaチェーンを使用して開発されています。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

Solanaチェーンは取引処理が高速かつ低コストであることが特徴であり、ゲーム内でNFT売買を迅速に行うことが可能。

Solanaのトランザクション生成速度は毎秒5万件であり、Defi分野においても重宝されておりSTEPNのようなNFTゲームでも採用されています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

MonkeyLeagueではNFTを取引する機会が多いので、低コスト・高速処理のSolanaチェーンによってストレスなく取引を行うことができます。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

④NFTの種類が豊富

MonkeyLeagueはNFTの種類が豊富です。

ゲーム内のNFTには以下のようなものがあり、マーケットプレイスなどで取引可能です。

  • モンキー
  • スタジアム

MonkeyLeagueのキャラクターであるモンキーのみならず、スタジアムもNFTとして保有可能です。

モンキーNFTやスタジアムNFTは複数の種類があるため、コレクションとして集めることができます。

 

⑤様々な方法で稼ぐことができる

MonkeyLeagueでは様々な方法で稼ぐことが可能です。

以下のように複数の収益化の方法が用意されています。

  • ゲームに勝利する
  • チームを保有する
  • スタジアムを保有する
  • NFTを取引する
  • NFTをレンタルする

このようにゲームをプレイする以外の方法でも稼ぐことができるので、ゲームが苦手な人でも稼ぎやすいと言えます。

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)のゲーム内容

続いて、MonkeyLeagueのゲーム内容の詳細について見ていきましょう。

  1. ゲーム内容
  2. チーム管理
  3. ポジション&フィールド
  4. ストア
  5. 複数の収益化モデル
  6. エコシステム&MBSトークン
  7. ブリーディング
  8. NFT

順番に解説します。

 

①ゲーム内容

MonkeyLeagueはモンキーNFTを購入して、チームを結成する必要があります。

モンキーNFTは以下のポジションごと用意する必要があり、最低4人のチームを作ります。

  • ストライカー
  • ミッドフィルダー
  • ディフェンダー
  • ゴールキーパー

モンキープレーヤーには、パスの出し方、コントロール、正確さ、ディフェンスといったスキルが設定されており、それぞれ現在のステータスレベルと到達可能な最大レベルが決められています。

出典:MonkeyLeague

試合は2つのチームでそれぞれ数ラウンドずつ行われます。

ラウンドでは両チームがターン制で攻撃と守備を交互に行います。

それぞれのターンではドリブル、ボールを渡すなどモンキーNFTの行動を決定する必要があります。

ゴールの際はチャレンジモードとなり、ストライカーのステータスとゴールキーパーのステータスがランダムで比較され、どちらが勝つかが決まります。

出典:MonkeyLeague

MonkeyLeagueの主な目的はゴールを決めて試合に勝ち、ランクを上げることです。

Player vs Playerモードが稼動すると、リーグ制の対戦モードが主流になるとのこと。

 

ゲームループ

対戦ではモンキーNFTがエナジーを消費します。

ゲームプレイに必要なサプライパックは毎日無料で受け取ることができます。

ただ、マッチプレイ用のエナジーやスタミナ用の栄養アイテム、HP用のメディカルケアアイテムはゲーム内ショップで入手する必要があります。

出典:MonkeyLeague

 

プレイヤーの軌跡

MonkeyLeagueはお試しプレイヤーからプロを目指すプレイヤーまで、さまざまなプレイヤーが好きなようにプレイできるように設計されています。

マッチプレイやランクアップによってプレイヤーレベルが上がっていきます。高いレベルには独自の特典やアドバンテージがあります。

出典:MonkeyLeague

 

モンキーNFTのレンタル

MonkeyLeagueにはレンタル制度も用意されています。

有料でモンキーNFTをレンタルすることで、最初から4体のNFTを揃えなくてもプレイ可能です。

 

②チーム管理

MonkeyLeagueではフィールド内外で選手たちを適切に管理する必要があります。

選手とチームの成長を管理し、誰がどの試合でどのポジションでプレーするかを調整することでチーム全体の能力が上がり、試合に勝ちやすくなるからです。

マッチプレイに勝利して選手をレベルアップさせることで、スキルが向上していきます。

 

王国を築く

適切なプレイヤーをスカウトすることが強いチーム、すなわち王国を築くための第一歩です。

モンキーNFTはMonkeySpaceやMagic Edenで購入可能です。

出典:MonkeyLeague

モンキーNFTにはそれぞれ、現在のベストポジションと、ゲームのコアスキルの最大ポテンシャルをすべて満たした際に最適となるポジションがあります。

出典:MonkeyLeague

さらにそれぞれポジションのスコアがあり、スキルレベルとそのポジションでの行動の現在のパワーを表しています。

チーム編成の際には、フィールド上の各ポジションを埋めるモンキーNFTを選び、現在のステータスや今後のポテンシャルなどを見ながら配置する必要があります。

 

フィールド外での管理

出典:MonkeyLeague

現実世界と同じように、モンキーアスリートも無限にプレイすることはできません。

アクションや試合を行うたびにスタミナと成功率が低下し、ケガをする可能性も高くなります。

モンキーアスリートのスタミナと健康を栄養とメディカルケアアイテムで管理し、試合までに万全の体勢を整える必要があります。

出典:MonkeyLeague

試合の前に各プレイヤーのスキル、ポジションスコア、スタミナ、HPのレベルを確認しながらチームを編成します。

モンキーNFTが4人以上いると試合での選択肢が増えるので、有利に試合を運ぶことができます。

モンキーNFTのステータスを上げ、マッチプレイでレベルアップさせることで、パフォーマンスを向上させることができます。

 

③ポジション&フィールド

フィールド上の主なポジションは、ストライカー、ディフェンダー、ミッドフィルダー、ゴールキーパーです。

各ポジションには独自のゾーンがあり、オプションや機動力が設定されています。

各ポジションには、すべてのポジションに共通するアクションと、そのポジション特有の技や特典があります。

モンキープレーヤーを選択してアクションやムーブを実行すると、以下のようにハイライトされた部分がそのアクションとモビリティの領域を示します。

 

ストライカー

出典:MonkeyLeague

 

ミッドフィルダー

出典:MonkeyLeague

 

ディフェンダー

出典:MonkeyLeague

 

ゴールキーパー

出典:MonkeyLeague

 

ゲームアクションの一覧

ゲームアクションには以下のようなものがあります。

出典:MonkeyLeague

ドリブルやシュート、タックルなど細かいアクションを指定できるので、自由度が高いことが特徴です。

 

④ストア

モンキーNFTは試合をするたびにスタミナが減少し、怪我をする可能性が高くなるため、無制限にプレイすることはできません。

プレイヤーは毎日無料でゲームアイテムを受け取ることができますが、必要に応じてゲーム内ストアでアイテムを購入しなければなりません。

 

エナジー

エナジーは試合をするために使用されます。

毎日無料で手に入るエネルギーで試合をすることができますが、より多くの試合をするためには、ゲーム内のショップでエナジーを追加購入する必要があります。

 

栄養アイテム

出典:MonkeyLeague

 

ケアアイテム

出典:MonkeyLeague

 

⑤複数の収益化モデル

MonkeyLeagueは複数の収益化モデルを持っています。

MonkeyLeagueではチームを作って試合をすることはMBSを稼ぐ方法の1つに過ぎません。

出典:MonkeyLeague

試合をする以外にも以下のような方法でMBSを獲得することが可能です。

  • チームやスタジアムを保有し料金をもらう
  • モンキーNFTのブリード・レンタル
  • 土地を開発する

このように複数の収益源が用意されているため、各プレイヤーが自分に合った方法で収益を得ることができます。

 

⑥エコシステム&MBSトークン

出典:MonkeyLeague

MonkeyLeagueのエコシステムは無料プレイとPlay to Earnの両方の長所を兼ね備えています。

2種類のトークンを採用しており、ゲーム内トークンが$MBS、ガバナンストークンは$SCOREです。

出典:MonkeyLeague

MBSは以下のような方法で獲得可能です。

  • 取引所で購入
  • ゴールを決める
  • ミッションを達成する
  • 試合やトーナメントで勝利する

ゲーム内ストアからの収益はプールされ、一部がプレイヤーの報酬として還元されます。

 

⑦ブリーディング

出典:MonkeyLeague

親となるモンキーNFTを掛け合わせて、新たなモンキーNFTをブリーディングする(生み出す)ことが可能です。

ブリーディングの詳細はリリース前に発表されますが、ブリーディングには親子や兄弟ではない2匹のモンキーNFTとブリーディングカプセルが必要です。

各モンキーにはブリーディング回数の上限が設定されています。

 

⑧NFT

ゲーム内の2大資産である「モンキーアスリート」と「スタジアム」は、ゲームのプレイヤーが所有するものです。

モンキーNFTを使用して試合を行い勝利したり、スタジアムを所有して試合やイベントを開催することで収入を得ることができます。

 

モンキーアスリート

出典:MonkeyLeague

モンキーアスリートは「外見」「ゲームスキル」「ゲーム特典」からなる32種類のDNAを持ち、コレクション性と実用性を兼ね備えています。

2兆5000億通りの組み合わせがあり、それぞれレアリティが設定されています。

モンキーアスリートのNFTはレアリティの異なる11種類の外見特性と、この特性の組み合わせが生成される確率を示すアルファスコアで構成されています。

アルファスコアはジェネレーションゼロでは180~800の間で設定されています。

出典:MonkeyLeague

また、モンキーNFTは、「アキュラシー」「パス」「コントロール」「ディフェンス」の4つのゲームスキルと、12種類の「パーク」(ブースター)を持って生まれてきます。

試合をしてスキルのステータスを上げることでレベルが上がり、潜在能力を最大限に発揮することができます。

出典:MonkeyLeague

ゲーム内で特定のアクションを行う際に特典が用意されており、各ポジションに3つずつ用意されています。

出典:MonkeyLeague

 

スタジアム

出典:MonkeyLeague

スタジアムはMonkeyLeagueの土地資産であり、プレイヤーの収入源になります。

スタジアムの所有者は試合やトーナメント、イベントを開催し、$MBSで料金を徴収することができます。

また、設備をアップグレードして、提供するサービスを増やすことも可能です。

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)の始め方

MonkeyLeagueの始め方は以下のとおりです。

  1. ビットフライヤーで口座開設
  2. ビットフライヤーでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでSOLを購入する
  6. Phantomwalletをインストールする
  7. PhantomwalletにSOLを入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①ビットフライヤーで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はビットフライヤーをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②ビットフライヤーでイーサリアムを購入する

ビットフライヤーで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムはビットフライヤーにログイン後、「取引所」→「ETH」で購入可能です。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

以下はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

  1. ビットフライヤーの入出金メニューから「送付」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでSOLを購入する

続いて、ゲームに必要となるSOLを購入します。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Phantom Walletをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

MonkeyLeagueを使うにはSOL系のウォレットが必要で、おすすめはPhantom Walletです。

まだ導入していない方はインストールしておきましょう。

 

⑦Phantom WalletにSOLを入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したSOLをPhantom Walletに入金しておきましょう。

  1. 入金を選択
  2. SOLを選択
  3. 表示されたアドレス宛に入金

上記の手順でOKです。

 

⑧NFTを購入する

続いて、公式サイトでウォレットを接続しましょう。

あとは、好きなNFTを購入すればゲームを始めることができます。

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)の遊び方・稼ぎ方

MonkeyLeagueの稼ぎ方は以下の2つ。

  1. ゲームをプレイして稼ぐ
  2. NFT保有で稼ぐ
  3. トークンの売買で稼ぐ
  4. ステーキングで稼ぐ

順番に解説していきます。

 

①ゲームをプレイして稼ぐ

1つめがゲームをプレイして稼ぐ方法です。

以下のようなゲームモードで勝利すると、MBSトークンを獲得できます。

  • プレイヤー vs A.I
  • プレイヤー vs プレイヤー
  • チーム vs チーム
  • トーナメント 

試合に勝利するごとにモンキーNFTのレベルが上がり、ステータスが向上するのでさらに勝ちやすくなります。

 

②NFT保有で稼ぐ

2つめがNFTを保有して稼ぐ方法です。

MonkeyLeagueでは土地である「スタジアム」をNFTとして保有することができ、以下のような形で収益化が可能です。

  • 試合やトーナメントを実施
  • イベントを開催
  • サービス提供

このようにゲームをプレイしなくても、スタジアムNFTの保有で受動的な収入を得ることができます。

NFTの土地は不動産価値が認められており、他のゲームでも活発に取引されているのでこの機会に保有しておくと、先行者利益が得られるかもしれません。

NFT不動産投資については以下の記事で詳しく解説しているので、よかったら併せてご覧ください。

>>NFT不動産投資とは?始め方とメリット・デメリットを解説【おすすめメタバースも紹介】

 

③トークンの売買で稼ぐ

3つめがトークンの売買で稼ぐ方法です。

MonkeyLeagueのトークンであるMBSを売買することで利益を得ることも可能です。

現在はFTXやGate.ioで購入可能であり、今後取引所への上場も予定しているため、より取引がしやすくなる見込みです。

トークン売買はゲームが苦手な方にもおすすめの稼ぎ方と言えます。

 

④ステーキングで稼ぐ

出典:Medium

4つめがステーキングで稼ぐ方法です。

ステーキングとはトークンを預けることで、報酬として利息分のトークンがもらえる仕組みです。

>>仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

2022年6月27日からMBSのステーキングが開始しており、90日間ロックしておくと、報酬としてMBSがもらえます。

以下のように早くステークすればするほど、より多くの報酬が得られます。

出典:Medium

ステーキングはトークンを預けるだけで増えるので、できるだけ放置で稼ぎたいひとにはおすすめの稼ぎ方です。

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)の将来性

MonkeyLeagueの将来性についても見ていきましょう。

  1. 多数の企業と提携
  2. トークノミクスが理想的
  3. ロードマップが明確

順番に解説します。

 

①多数の企業と提携

MonkeyLeagueはすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

出典:MonkeyLeague

BGAやRANKER DAOなど有名企業・プロジェクトが多数名を連ねています。

今後新たな企業・プロジェクトと提携する可能性もあるため、MonkeyLeagueの信頼性や実用性がより評価されそうです。

 

②トークノミクスが理想的

MonkeyLeagueはトークノミクスが理想的と言えます。

MonkeyLeagueのトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

出典:MonkeyLeague

運営チームの保有割合が12,5%であり、プレイヤーへの報酬が51%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがMonkeyLeagueは理想的な割合と言えるでしょう。

 

③ロードマップが明確

出典:MonkeyLeague

MonkeyLeagueはロードマップを明確に示しています。

2022.Q4までのロードマップを示しており、内容としては以下のとおりです。

 

2022.Q2

  • 開発者の拡充
  • MBSステーキング1.0

 

2022.Q3

  • ブリーディングカプセル販売
  • ブリーディング開始
  • α版ゲームリリース
  • マーケットプレイス開始
  • β版ゲームリリース

 

2022.Q4

  • ゲーム内ストア開始
  • PvEモード開始
  • SCOREトークンローンチ

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性に期待が持てそうです。

 

MonkeyLeague(モンキーリーグ)のよくある質問

最後にMonkeyLeagueに関するよくある質問に答えます。

  1. MonkeyLeagueの初期費用はいくら?
  2. MonkeyLeagueはスマホで遊べるの?
  3. MonkeyLeagueの開発チームは公開されてる?

順番に回答します。

 

①MonkeyLeagueの初期費用はいくら?

MonkeyLeagueの初期費用は約80,000円ほどで始められます。

モンキーNFTの最安値が約20,000円であり、4体そろえると80,000円程度が必要です。

出典:MonkeyLeague

ただ、初期費用としてはそこまで高額ではないので、誰でも気軽に始めることができます。

 

②MonkeyLeagueはスマホで遊べるの?

いいえ、スマホでは遊べません。

いまのところはPC(ブラウザ版)のみ対応となっています。

スマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③MonkeyLeagueの開発チームは公開されてる?

はい、公式サイトで公開されています。

出典:MonkeyLeague

主要メンバーは以下のとおり。

 

Shahaf Bar-Geffen

2006年にWEB3グループ(IPGが買収)とPositive Mobile(Brightcomが買収)を共同設立。

経験豊富な技術起業家&WEB3パイオニア。

2017年にレイヤー1プロトコルに成功したCOTIを共同設立しました。

 

Raz Friedman

Playtika社の共同設立者であり、元最高製品責任者。

ゲームデザイナーおよび開発者として、数十億の収益を上げる広く人気のあるゲームを担当。

Playtikaは大規模なゲーム開発会社で、Nasdaq(NASDAQ:PLTK)で取引されている株式公開企業です。

 

Tal Friedman

ゲーム業界のベテランで、トップスタジオの製品、マネタイズ、カスタマーサクセスチームを10年にわたり率いた経験があります。

没入型モバイルゲームのグローバルリーダーであるPlaytikaに5年間勤務し、直近では売上高トップのゲームのゼネラルマネージャーを務めていました。

 

まとめ:MonkeyLeague(モンキーリーグ)は将来性に期待できる

今回はMonkeyLeagueの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

MonkeyLeagueはサッカー×チェスの斬新なNFTゲームであり、Play to earnの普及に伴って今後人気を集めることが予想されます。

MonkeyLeagueはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、MonkeyLeagueで効率的に稼ぐためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるビットフライヤーです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5