NFT

beFITTERとは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

 

悩んでいる人
beFITTERというゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?beFITTERの概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • beFITTERの概要
  • beFITTERの特徴
  • beFITTERのゲーム内容
  • beFITTERの始め方
  • beFITTERの稼ぎ方
  • beFITTERの将来性
  • beFITTERに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩くことで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「beFITTER」です。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、beFITTERの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでbeFITTERの始め方がわかるので、ゲームで遊びながら稼げるようになるはずです。

なお、beFITTERを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

beFITTERを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

beFITTERの概要

befitter

出典:beFITTER

ゲーム名 beFITTER
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン HEE・FIU
ブロックチェーン BSC
公式サイト beFITTER公式サイト

beFITTERは運動することでHEEトークンが獲得できるMove to earnゲームです。

BSCチェーンを利用して開発されており、歩く・走るなどの運動をすることで稼ぐことができます。

>>バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

さらに、あらかじめNFTペットを仲間にすることでより多くの報酬を得ることも可能です。

獲得したHEEはスニーカーの購入やリペア、新たなスニーカーのMINTに使用できます。

beFITTERはユーザーが適切な運動習慣を身に付け、健康を増進させることを目的に開発されています。

健康になりつつ、仮想通貨で稼げるゲームとしてSNS等で大きな注目を集めているゲームの一つです。

その他のおすすめMove to Earnゲームについては、Move to Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

beFITTERの特徴

beFITTERの特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーンにBSCを採用
  2. 2種類のトークンを採用
  3. NFTが売買可能
  4. 3種類の運動方法
  5. 他のアプリと併用可

順番に説明します。

 

①ブロックチェーンにBSCを採用

beFITTERはバイナンススマートチェーン(BSC)を使用して開発されています。

BSCは海外大手取引所のBINANCEが開発したブロックチェーンであり、格安手数料と高速処理が特徴のチェーンです。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

そのため、BSCを利用することでNFT取引の際の手数料が安くなり、さらに高速で売買が可能になります。

実際に大手DEXであるPancakeswapや多くのMove to EarnゲームがBSCを利用して開発されています。

>>PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方や使い方を徹底解説

beFITTERではNFTスニーカーを取引する機会が多いので、低コスト・高速処理のBSCを活用することによってユーザーはストレスなく取引が可能です。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②2種類のトークンを採用

出典:beFITTER

beFITTERは2種類のトークンを採用しています。

beFITTER内で使えるトークンは以下の2つ。

  • FIU
  • HEE

 

FIU

FIUはガバナンストークンです。

使用用途は以下のとおり。

  • NFTのリペア
  • NFTのミント
  • NFTのレベルアップ
  • チャレンジへの参加

FIUはチャレンジやSocialFiなど社会的な交流を伴う活動に報酬を与えるもので、将来的にDAOでの投票権などが付与される予定です。

 

HEE

HEEはゲーム内トークンです。

使用用途は以下のとおり。

  • NFTの修理
  • NFTのミント
  • NFTのレベルアップ

HEEはアプリを利用した運動に対して報酬として付与されます。

 

③NFTが売買可能

ユーザーはNFTをアプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

beFITTER内のスニーカーやその他のアイテムは全てNFT化されており、ユーザー同士で自由に売買することができます。

レベルの高いスニーカーやレアリティの高いアイテムは高値で取引されており、自分で育てたスニーカーを売却して利益を得ることができます。

NFT転売で利益を出すコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

④3種類の運動方法

beFITTERには3種類の運動方法が用意されています。

具体的な運動方法は以下のとおり。

  • Walk:1 - 6(km/h)
  • Run:6 - 12(km/h)
  • Cycle:10 - 20(km/h)

歩く・走る以外にもサイクリングでも稼げるので、運動が苦手でも気楽に稼げます。

それぞれ最適な速度が違うので、自分の速度にあった運動を選ぶことが重要です。

 

⑤他のアプリと併用可

beFITTERは他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoinなどと同時起動しておけば、今までと同じように歩くだけでそれぞれのゲームトークンを獲得できます。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

>>歩くだけで仮想通貨が貯まるアプリSweatcoinとは?特徴や始め方、稼ぎ方を解説

このように系統が似ているMove to EarnゲームとbeFITTERを同時にプレイすることで、トークンの獲得効率がさらに効率的になります。

 

beFITTERのゲーム内容

beFITTERのゲーム内容について見ていきましょう。

  1. ゲームモード
  2. エナジーシステム
  3. NFTアイテム
  4. 不正防止策
  5. Socialfiの要素
  6. ヘルスアドバイザー&トレーニングシステム

順番に解説します。

 

①ゲームモード

出典:beFITTER

beFITTERには複数のゲームモードが用意されており、自分に合った遊び方が選べます。

  • ソロモード
  • ペットモード
  • チャレンジモード

それぞれのモードの内容について解説していきますね。

 

ソロモード

ソロモードでは複数のアクティビティをこなすことでトークンが獲得可能です。

アクティビティの種類は以下のとおり。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • サイクリング
  • スイミング(予定)
  • 睡眠(予定)

これらのアクティビティを行うことで収入を得ることができます。

ウォーキング、ランニング、サイクリングには制限速度が設定されており、不正行為を防止しています。

アクティビティ 制限速度
ウォーキング 1-6 km/h
ランニング 6-12 km/h
サイクリング 10-20 km/h

この制限速度を破ると、トークンの獲得量が減少するなどのペナルティがあります。

 

ペットモード

出典:beFITTER

一定のランクに達すると、ユーザーはさまざまな「アクティブ」属性を持つペットを飼えるようになります。

このペットはアクティビティ仲間になります。ペットと共にアクティビティを行うとボーナストークンを獲得できる可能性が高くなります。

その代わり、ペットに餌を与えたり、服を着せたりして世話をする必要があります。

2匹のペットをカップリングして、新しいペットを作ることもできます。

ただし、2匹のペットの相性が悪い場合や恋愛対象ではない場合には繁殖できません。

 

チャレンジモード

チャレンジモードは以下のモードが用意されています。

  • 1対1:友人や家族、マッチングした相手と対戦する
  • トーナメント:トーナメントで他のユーザーと競う

対戦に勝利したり、トーナメントで上位に入賞すると報酬を得ることができます。

 

②エナジーシステム

beFITTERにはエナジーという仕組みが導入されており、トークンの獲得量と密接に関係しています。

 

エナジーキャップ

エナジーキャップは、そのアカウントが所有するNFTの数とレアリティで変動します。

NFTの数が多いアカウントほど、エナジーキャップは大きくなります。エナジー量は、以下のような基準で計算されます。

レアリティ エナジー量
Standard +5
Rare +6
Iconic +7

例:スタンダード1つ+レア2つの合計エネルギー上限は 5×1 + 6×2 = 17となります。

 

エナジー消費と回復

エナジーは活動の種類によって消費のされ方が異なります。激しい活動であればあるほど、エナジーは早く消費されます。

  • 1エネルギー:4分間の歩行に相当
  • 1エネルギー:2分間のランニングに相当
  • 1エネルギー:3分間のサイクリングに相当

6時間ごとの特定の時間帯に、エナジーキャップの25%が回復します(AEDT時間00:00, 06:00, 12:00, 18:00に固定)。

エナジー回復のためにはNFTシューズを所有している必要があります。

 

③NFTアイテム

出典:beFITTER

シューズ、ペット、Fitter Pass、ボックスを含む全てのbeFITTERのアプリ内アイテムはNFTです。

各NFTはBNB Chainに保存され、アプリのアクティビティでそのNFTアイテムを使用できるようになります。

NFTシューズの入手方法は以下の2通り。

  • Market Tab
  • Rent Tab

Market TabでNFTシューズを購入するか、Rent Tabでレンタルすることで入手可能です。

最初の#0000から#5000までのNFTシューズはジェネシスとして配布されます。

 

ステータス

NFTシューズには以下のステータスが設定されています。

  • Support:トークン獲得量に影響
  • Durability:シューズの耐久性
  • Luck:チャレンジの当選確率向上
  • Range:開発中

 

コンディション

新品のNFTシューズは、コンディションが最大100%です。

コンディションは、活動するにつれて徐々に低下していきます。コンディションが低くなると、NFTシューズの機能が低下し、獲得できる能力も低下します。

具体的には以下のように変動します。

  • コンディションが40%の場合、稼動率は50%に低下
  • コンディションが20%になると、獲得能力は10%に低下
  • コンディションが90%を超えると、稼動率が10%上昇

 

種類とレアリティ

NFTシューズには3つのタイプがあります。

  • DAILY
  • FITNESS
  • RACER

この3種類であり、それぞれアクティビティに合わせて設計されています。

ウォーキング、ランニング、サイクリングのいずれにおいても、靴のコンディションを維持し寿命を延ばすために、適切なタイプの靴を選択することが必要です。

NFTのシューズのレアリティは以下の3種類です。

  • スタンダード
  • レア
  • アイコン

5,000個のGenesis NFTシューズのうち、スタンダードとレアがそれぞれ70%と25%を占め、アイコンは5%ほど。

NFTシューズのレアリティによって、各ステータスの最小値と最大値が以下のように異なります。

レアリティ ステータス最小値 ステータス最大値
Standard 1 20
Rare 6 35
Iconic 25 50

 

ミント

親となる2つのNFTシューズを掛け合わせて、新たなNFTシューズを生み出すことが可能です。

NFTシューズは1つにつき最大7回までしかミントすることができません。

 

レベルアップ

レベルアップするごとに、報酬ポイントが付与されます。

このポイントを使ってシューズのステータスを強化できます。

レアリティごとの報酬ポイントは以下のとおりです。

レアリティ 報酬ポイント
Standard 3
Rare 4
Iconic 5

 

リペア

すべての靴にはコンディションと呼ばれる寿命があり、最大で100%となります。

活動に応じて徐々に低下していきます。コンディションが低くなり、使用できなくなる前に修理する必要があります。

コンディションが低くなるほど、修理にかかる費用は高くなります。

修理費用は、靴の状態、レベル、レアリティの3つの要素によって変動します。

 

④不正防止策

beFITTERでは以下のような不正防止策を導入しています。

  • 違法なGPSの検出
  • 安全でないデバイスの検知
  • センサーによるユーザー移動の制御
  • GPSによる移動状況の監視
  • 各アクティビティにおける異常速度を検出
  • AI機械学習により不正行為による繰り返しパターンを検出

不正行為として認定されると、デバイス所有者の信頼性が低下します。

信用度が低いユーザーはアプリケーションのあらゆるチャレンジに参加することができなくなります。


⑤Socialfiの要素

出典:beFITTER

beFITTERは複数のSocialfiの要素を実装しています。

 

招待とフォロー

beFITTERでは、個人アカウント(個人用)とプロフェッショナルアカウント(事業者、ブランドアンバサダー用)を作成することができます。

ユーザーは友人、家族、同僚など同じ趣味を持つ人を招待し、ふぉろーすることでネットワークを作ることができます。

 

健康情報

beFITTERでは健康情報として、ユーザーが自分の活動を共有することが可能です。

ユーザーが健康フィードで共有できる主なコンテンツは以下の通り。

  • ユーザーの活動結果画像/動画
  • GPSで描かれた絵画
  • コネクションに参加を呼びかけるチャレンジ
  • 現実世界におけるユーザーの3Dキャラクター画像/3Dペット画像(ARカメラ機能)

 

ヘルスクラブ

ヘルスクラブは特定のユーザーと共通の趣味についてコミュニケーションを図る場です。

ヘルスクラブでできることは以下のとおり。

  • 朝のウォーキングクラブ、犬の散歩クラブ、ブランドやビジネスのクラブを結成
  • 友人やコネクションをクラブに招待する
  • クラブでコミュニティやチャリティーのイベントを開催する
  • お気に入りのトレーナー、アスリート、ウェルネスの専門家による無料ガイダンスに参加する

 


⑥ヘルスアドバイザー&トレーニングシステム

beFITTERではアドバイザー&トレーニングシステムを利用することができます。

 

ヘルスアドバイザー

仕事の種類や習慣などに応じて、日課のリマインダーを設定することができます。

beFITTERはユーザーの行動を分析し、水を飲む、薬を飲む、立ち上がるなどの健康習慣のリマインダーを提供します。

 

トレーニングシステム

初心者、日常生活者、アスリートなど、各ユーザーに適した運動プランを提案します。

オンラインエクササイズやパーソナルトレーナーとのオンライントレーニングにより、専門家やパーソナルトレーナーとの練習を可能にします。

 

beFITTERの始め方

beFITTERの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBNBを購入する
  6. アプリをダウンロード
  7. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBNBを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはBNBが必要になるので、BNBを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥アプリをダウンロードする

続いて、beFITTERのアプリをダウンロードしてウォレットを設定します。

出典:beFITTER

ウォレットが設定できたらBINANCEからBNBを送金しておきましょう。

 

⑦NFTを購入する

ウォレットへの送金が完了したらアプリ内のマーケットプレイスでNFTシューズを購入します。

あとは歩いたり走ったりすることで、運動時間に応じたトークンが獲得できます。

 

beFITTERの稼ぎ方

beFITTERの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. 運動して稼ぐ
  2. NFTで稼ぐ
  3. レンタルで稼ぐ
  4. ステーキングで稼ぐ

順番に解説します。

 

①運動して稼ぐ

まずは基本となる運動して稼ぐ方法です。

購入したNFTスニーカーを装着した状態で歩いたり走ったりすることでHEEトークンが獲得できます。

NFTスニーカーにはレベルとレアリティが設定されており、高レベル・高レアリティの方がHEEをより多く獲得することができます。

 

②NFTで稼ぐ

NFTを売買して稼ぐことも可能です。

beFITTERのNFTスニーカーなどのNFTアイテムはマーケットプレイスで購入することができ、レベルやレアリティによって価格が異なります。

レベルが上がるほどNFTの価格が高価になり、より多くのHEEを獲得できるようになります。

 

③レンタルで稼ぐ

NFTスニーカーを他のユーザーにレンタルして稼ぐことも可能です。

他のユーザーにレンタルすることで自分で歩かずにHEEを報酬として受け取れます。

スニーカーをレンタルするには、まずアプリにアクセスして自分のニーズに合ったスニーカーを選んで、保有者のレンタル条件に合意します。

レンタル契約が完了すると、24時間以内にスニーカーが借り手に送られます。レンタル契約は最長で7日間まで可能です。借り手がレンタル契約の条項に従わない場合、信用度が低下します。

借り手が歩行を終了するたびに、スマートコントラクト機能に基づいてレンタル契約に従った報酬を獲得することができます。

 

④ステーキングで稼ぐ

ステーキングで稼ぐこともできます。

beFITTERのトークンであるFIUやHEEをステーキングして利益を得ることも可能です。

出典:beFITTER

ステーキングはトークンを預けておくことで、報酬としてトークンが獲得できる仕組みであり、基本的には預けた後は放置でOKです。

そのため、ステーキングはゲームが苦手な方にもおすすめの稼ぎ方と言えます。

 

beFITTERの将来性

beFITTERの将来性についても見ていきましょう。

  1. トークノミクスが理想的
  2. ロードマップが明確
  3. Move to Earnの普及
  4. 多数の企業と提携

順番に解説します。

 

①トークノミクスが理想的

beFITTERはトークノミクスが理想的と言えます。

beFITTERのトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

出典:beFITTER

運営チームの保有割合が15%であり、エコシステムへの配分が30%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがbeFITTERは理想的な割合と言えるでしょう。

 

②ロードマップが明確

出典:beFITTER

beFITTERはロードマップを明確に示しています。

2023年Q2までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q3

  • IDOとトークンのリストアップ
  • ステーキング
  • メインネットV1の立ち上げ
  • レンタルシステムのリリース
  • アプリ内システムの最適化
  • 共同ブランディング・パートナーシップ

 

2022.Q4

  • メインネットV2立ち上げ
  • ウェアラブル(睡眠)
  • アプリ内システム最適化
  • 広告配信

 

2023.Q1

  • ウェアラブル(水泳)
  • 健康解析
  • アプリ内システム最適化

 

2023.Q2

  • トレーニングプラン
  • Web3 SocialFiの要素
  • マラソン・トライアスロンイベント
  • アプリ内システム最適化

トークンの上場やウェアラブルデバイス対応などを予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③Move to Earnの普及

今後Move to earnゲームは仮想通貨に関心が無い一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことにより、Move to Earnが現実的に可能であることが証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

このbeFITTERをはじめ、calo runやRunbloxなどの多数の類似ゲームがリリースされ、実際に多くのユーザーが運動をしながら報酬を得ています。

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

>>RunBlox(ランブロックス/仮想通貨RUX)とは?特徴や始め方、将来性を徹底解説

Move to earnゲーム人気に後押しされ、beFITTERも今後多くのユーザーに支持される可能性が高いです。

 

④多数の企業と提携

beFITTERは既に多数の企業と提携を果たしています。

出典:beFITTER

HuobiやGate.ioなど大手取引所などと提携しており、beFITTERの将来性の高さが評価されていることがわかります。

今後さらに提携先が増える可能性もあり、beFITTERのユーザー数の後押しとなるかもしれません。

その他、beFITTERは健康に関するトレーニングやダイエットなどの情報を提供するプラットフォームであり、それに関連した商品やサービスの販売も行っています。

これらのサービスを利用することで、健康的な生活を送るための支援を受けることができます。

また、beFITTERは仮想通貨やブロックチェーン技術を活用し、ユーザーがトレーニングやダイエットの進捗を記録し、報酬を受け取ることができるようになっています。

これにより、健康への取り組みを継続するモチベーションを高めることができます。

 

beFITTERに関するよくある質問

最後にbeFITTERに関するよくある質問に答えます。

  1. beFITTERはスマホで遊べるの?
  2. beFITTERは他のアプリと同時使用できる?
  3. beFITTERの開発チームは公開されてる?

順番に回答します。

 

①beFITTERはスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

現在開発中ですがiOSとAndoroid対応のアプリがリリース予定であり、インストールするだけでOKです。

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

②beFITTERは他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

Move to Earnゲームは同時使用可能なものが多いため、併用することでそれぞれのゲームのトークンを獲得できます。

beFITTERとの併用がおすすめなMove to Earnゲームは以下のとおり。

いずれもスマホで同時起動できるので効率的にトークンを獲得できます。

 

③beFITTERの開発チームは公開されてる?

はい、公式サイトで公開されています。

出典:beFITTER

主要メンバーは以下のとおり。

  • BA NGUYEN:CO-FOUNDER
  • TRANG DOAN:PRODUCT OWNER
  • THAI TRIEU:ART-DIRECTOR

このようにメンバーの顔写真や経歴が公開されているので、安心して利用できます。

 

まとめ:beFITTERは将来性に期待できる

今回はbeFITTERの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

beFITTERはMove to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

beFITTERはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、beFITTERを始めるためにはNFTスニーカーを購入する必要があり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

NFTスニーカーの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して少額の10,000円くらいを入金しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5