NFT

CNP Students(CNPS)とは?特徴や買い方、将来性について解説

CNPS01

 

悩んでいる人
NFTのCNP Students(CNPS)について詳しく知りたい。CNP Students(CNPS)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • CNP Students(CNPS)とは?
  • CNP Students(CNPS)の特徴
  • CNP Students(CNPS)のWL獲得方法
  • CNP Students(CNPS)の買い方
  • CNP Students(CNPS)の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTコレクションを運営しています。さらに、NFTの情報発信ブログで月330万の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

CNP Students(CNPS)ってどんなNFTなんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

CNP Students(CNPS)はCryptoNinja Partners(CNP)から派生した学生向けのNFTコレクションです。

今回は実際にNFTコレクションを運営している僕が、CNP Students(CNPS)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。この記事を読むことでCNP Students(CNPS)に関する理解が深まるはずです。

なお、CNP Students(CNPS)の購入にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要となります。

なので、CNP Students(CNPS)に興味がある方は、無料で口座開設できるビットフライヤーでイーサリアムを購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

CNP Students(CNPS)とは?

CNPS01

コレクション名 CNP Students(CNPS)
販売個数 11,111点
価格 0.001ETH
販売日 2022年10月~11月
ブロックチェーン イーサリアム
公式SNS CNPS公式Twitter

CNP Students(CNPS)は、人気NFTコレクション「CryptoNinja Partners(CNP)」から生まれた学生向けのNFTコレクションです。

>>NFTのCryptoNinja Partners(CNP)とは?特徴や買い方、将来性について解説

14歳~17歳の学生によって運営されており、CNPのキャラクターが学生服を着るなど学校に関連した服装をしていることが特徴。

元ネタのCryptoNinja Partners(CNP)は2022年5月15日に実施したプレセールでは2時間経たずに完売し、大きな注目を集めました。

プレセール後の現在も活発な取引が続いており、取引ボリュームも837ETH(2億円)を超えています。

そのため、CNP Students(CNPS)もCryptoNinja Partners(CNP)人気に後押しされる形で人気が出ると見られています。

 

CNP Students(CNPS)の特徴

CNP Students(CNPS)の特徴は以下のとおり。

  1. 学生向けのコレクション
  2. 価格が安い
  3. 販売数が豊富
  4. コミュニティが充実
  5. ジェネラティブNFT

順番に説明します。

 

①学生向けのコレクション

CNP Students(CNPS)は学生をターゲットにしたコレクションです。

NFTを体験して楽しむことをコンセプトにしており、学生向けにWLを配布する予定です。

NFTアート自体も学生服やセーラー服などを着た学生にちなんだものになっています。

CNPS

さらに、運営メンバーは以下のとおり13歳~17歳の学生たちで構成されています。

  • CNPS founder: Tsubasaさん
  • CNPSエンジニア: kaito-winwinさん
  • CNPSイラストレーター: SENBENさん
  • CNPSライター: じゃむまるさん

学生クリエイターとのコラボなども計画されており、初の学生が主体となって展開するコレクションなので注目を集めています。

 

②価格が安い

CNP Students(CNPS)は価格が安いことも特徴のひとつです。

0,001ETHなので200円ほどで購入可能。

人気コレクションとなると10万円以上の価格がつくこともよくありますが、CNP Students(CNPS)であれば1,000円以内で購入可能。

そのため、学生を始め誰でも気軽に購入できるため初めてのNFTアートにCNP Students(CNPS)を選ぶ人が多くなるでしょう。

さらに価格が上がった時に売ることで利益を得ることもできます。

NFT転売で利益を得るコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているのでよかったらご覧ください。

 

③販売数が豊富

CNP Students(CNPS)の販売数は11,111体を予定しています。

販売数が限られたコレクションの場合だと早いもの勝ちとなり、本当に欲しい人が入手できない場合もよくあります。

しかし、CNP Students(CNPS)は販売数が多いため、より多くの人がホルダーになることができます。

 

④コミュニティが充実

CNP Students(CNPS)はコミュニティが充実している点も大きな特徴です。

CryptoNinjaシリーズのホルダーが派生コレクションを盛り上げようとする姿勢が強く、運営とホルダーが一丸となってコレクションを成長させています。

専用コミュニティの「Ninja DAO」の参加者も約26,000人に上っており、ホルダーが積極的にコミュニティに参加していることがわかります。

NFT系のDAOでは世界最大とのことであり、海外からも注目されるコレクションに成長しています。

さらに、インフルエンサーのはあちゅう氏もCryptoNinja Partners(CNP)をTwitterアイコンに設定。

23万人以上のフォロワーを抱えるはあちゅう氏の影響でより一層CNPコレクションの認知度が高まり、CNP Students(CNPS)人気につながりそうです。

 

⑤ジェネラティブNFT

CNP Students(CNPS)はジェネラティブNFTです。ジェネラティブとは機械で自動生成されるNFTのこと。

あらかじめキャラクターや配色を設定しておき、プログラムでそれらを組み合わせることにより11,111体のNFTを生成。

同一の組み合わせは存在しないため、レアな組み合わせの個体はプレミアがついて高値で取引される傾向にあります。

 

CNP Students(CNPS)のWL獲得方法

CNP Students(CNPS)のWL獲得方法は以下のとおり。

  1. 「CNPS」「CNP」「NinjaDAO」に関するコンテンツの投稿
  2. 特定のNFTホルダー
  3. WLのGiveaway企画に応募する

順番に説明します。

 

①「CNPS」「CNP」「NinjaDAO」に関するコンテンツの投稿

「CNPS」「CNP」「NinjaDAO」のキーワードを含んだコンテンツを投稿することでWLが獲得できます。

ブログ以外にも以下のコンテンツでもOKです。

  • ブログ記事
  • YouTube動画
  • TikTok動画
  • インスタ投稿

コンテンツを応募すると以下のようにCNPSもしくはWLが獲得可能です。

  • 最優秀賞(1名):CNPS 2体
  • 参加賞:CNPS優先購入権 1体

コンテンツを制作した後は自身のTwitterアカウントでツイートし、専用のフォームから応募が必要です。

【応募フォーム】

不明点はNinjaDAO「#cnps-students」で質問してください。

確実にCNPSを入手したい方はコンテンツを投稿しておきましょう。

 

②特定のNFTホルダー

CNP・CNPJホルダーもWLが付与される予定です。

CNPはフロア価格が約50,000円ほどですが、派生プロジェクトのWLなどを獲得しやすいので、保有しておくとメリットが多いです。

CNPの買い方については、NFTのCryptoNinja Partners(CNP)とは?特徴や買い方、将来性について解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③WLのGiveaway企画に応募する

Twitter等でWLのGiveaway企画に応募することで、WLを獲得できる場合もあります。

以下のように運営メンバーが定期的にGiveawayを行っています。

リプ欄にCNPS、YWLへの熱い想いを書くと当選率が大幅にアップし、学生は当選確率2倍なのでWLを獲得するチャンスです。

TwitterのGiveaway企画については、NFTのGiveaway企画とは?Twitterでのやり方・受け取り方を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

CNP Students(CNPS)の買い方

CNP Students(CNPS)の買い方は以下のとおり。

  1. ビットフライヤーに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. MetaMaskを導入
  4. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  5. Openseaに登録
  6. CNP Students(CNPS)を購入

順番に説明します。

 

①ビットフライヤーに登録

NFTを始める最初のステップとして、ビットフライヤーで口座開設をしましょう。

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからビットフライヤー公式サイトにアクセスします。

 

ビットフライヤー公式サイト

 

トップページの「新規登録」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②イーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはビットフライヤーに日本円を入金します。

ホーム画面の「入出金」→「入金」で日本円を入金できます。

bitflyer

入金方法には「銀行振込」、「ネット銀行振込」、「コンビニ入金」の3つから選択可能です。

ビットフライヤーに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」を選択して購入できます。

bitflyer_eth

 

③MetaMaskを導入

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)に購入したイーサリアムを送る必要があります。

MetaMaskとは、ネット上で利用できるイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。

MetaMaskを使うことで、簡単に仮想通貨の送金や受け取りが可能です。

ブラウザの拡張機能を使うのであれば、GoogleChromeの使用をおすすめします。

GoogleChromeでMetaMaskは以下のようにインストールしましょう。

「Chrome」→「環境設定」→「拡張機能」→「Chromウェブストア」と進み、Chromeウェブストアで「MetaMask」と検索します。

MetaMask

表示されたMetaMaskをインストールして、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

新しいウォレットを追加する

その後、説明にしたがって必要項目を記入していきます。

登録が完了すれば、MetaMaskの導入は完了です。

 

④イーサリアムをMetaMaskへ送金

ビットフライヤーで購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

まずは作成したMetaMaskを開き、「0x」から始まるアドレスをコピーしてください。

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択します。

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、ネットワークを間違えると送金した仮想通貨が戻ってこないこともあるので、ここには特に注意しましょう。

イーサリアムメインネット

ビットフライヤーで「入出金」→「イーサリアム」→「アドレスを登録する」を選択します。

bitflyer_address

案内メールが来るので、URLをクリック。

bitflyer_mail

ラベルとイーサリアムアドレスを入力して「次へ」をクリック。

bitflyer_address2

アドレス所有者「お客様本人」、送付先「プライベートウォレット等」を選択しチェックを入れ「追加する」をクリック。

bitflyer_address3

Metamaskのアドレスが登録されたので、送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送付する」を押せば送金完了です。

bitflyer_address4

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってMetaMaskにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

⑤Openseaに登録

次に、OpenSeaに登録する手順を説明します。

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面右上のアカウントマークを選択しましょう。

そこから「Setting」を選択すると、OpenSeaと紐付けるウォレットを選ぶ画面が表示されます。

Setting

先ほどMetaMaskのウォレットを作成したので、MetaMaskを選択しましょう。

MetaMask

すると「署名の要求」というポップアップウィンドウが表示されるので、「署名」を選択します。

署名

これでOpenSeaとMetaMaskの紐付けが完了しました。

再度画面右上のアカウントマークを選択して「Setting」を選択します。

すると、「Profile Setting」ページが表示されるので、必要な箇所を入力しましょう。

最低限であれば、「Username」と「Email Adress」のみで結構です。

Profile Setting

入力が完了したら「Save」を選択すると、入力したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールを開いて「VERIFY MY EMAIL」をクリックしてください。

VERIFY MY EMAIL

これでメール認証も完了したことになります。

以上でOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができるようになりました。

 

⑥CNP Students(CNPS)を購入

公式DiscordのリンクからOpenseaにアクセスし、好きなNFTを選んで「Buy now」で購入できます。

以上がCNP Students(CNPS)購入の一連の流れです。この手順を参考にしつつ進めてみてください。

 

CNP Students(CNPS)の将来性

CNP Students(CNPS)の将来性は以下のとおり。

  1. NFT初心者による購入増加
  2. 二次創作によるコミュニティの盛り上げ
  3. CNP人気による後押し

順番に説明します。

 

①NFT初心者による購入増加

CNP Students(CNPS)に関する解説記事が多いため、学生を始めNFT初心者による購入増加が見込まれます。

初めてNFTを購入する場合は手順がわからず、色々と困ることが多いです。

その点、CNP Students(CNPS)であれば当ブログのように解説記事が数多くあるので、それらの記事を参考にしながらサクッと購入できます。

現在はごく一部の人だけがNFTに触れている状況であり、これからNFTを始めて買う層が最初のNFTにCryptoNinja Partners Baby(CNPB)を選択することで大きな需要が見込まれます。

>>NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

 

②二次創作によるコミュニティの盛り上げ

CryptoNinja Partnersでは二次創作でのマネタイズを許可しており、ファンによる二次創作が活発に行われています。

人気コレクションの二次創作できるとあり、様々なクリエイターが参加しています。

こうした二次創作が盛んになることで、CNP Students(CNPS)の知名度がより一層向上します。

 

③CNP人気による後押し

CNP Students(CNPS)の元ネタとも言えるCryptoNinja Partners(CNP)人気による後押しが期待できます。

2022年5月15日に実施したプレセールでは2時間経たずに完売し、大きな注目を集めました。

プレセール後も活発な取引が続いており、取引ボリュームも837ETH(2億円)を超えています。

さらにCNPRなどの派生プロジェクトも軒並み人気であり、CNP Students(CNPS)もその恩恵を受ける可能性が高いです。

CNPRについては、CryptoNinja Partners Rookies(CNPR)とは?特徴や買い方、将来性について解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

まとめ:CNP Students(CNPS)は将来性に期待できる

今回はCNP Students(CNPS)について解説してきました。

CNP Students(CNPS)は11,111体の豊富なキャラクターとコミュニティの盛り上がりにより、今後も人気が継続すると見込まれます。

CryptoNinjaシリーズは日本を代表するNFTコレクションであり、今のうちに保有しておくと将来利益が出るかもしれません。

繰り返しになりますが、CNP Students(CNPS)を購入するには暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムが必要になります。

なので、CNP Students(CNPS)を買いたいという方は、ビットフライヤーで口座を無料開設して購入用のイーサリアムを買っておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5