NFT

【超簡単】NFTデジタルアートとは?仕組みや買い方、作り方を徹底解説

NFT

 

悩んでいる人
NFTデジタルアートについて詳しく知りたい。NFTデジタルアートの仕組みや買い方、作り方などを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTデジタルアートの概要
  • NFTデジタルアートの特徴
  • NFTデジタルアートの将来性
  • 代表的なNFTデジタルアート、アーティスト
  • NFTデジタルアートの買い方
  • NFTデジタルアートの売り方
  • NFTデジタルアートの作り方

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらにNFTデジタルアート作品を作成しており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近テレビのニュースでもNFTの話題について、よく目にするようになりました。

直近では小学3年生の作った夏休みの自由研究が、NFTデジタルアートとして約380万円で落札されたことが大きな話題となりました。

 

 

皆さんのなかにはNFTデジタルアートという名前を聞いたことはあるけれど、実際にどういったものなのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はNFTデジタルアートの概要や買い方、売り方などを解説します。

この記事を読むとNFTデジタルアートのことが理解できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、NFTデジタルアートを入手するにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

もくじ

NFTデジタルアートの概要

NFTアートの概要

 

NFTとは「Non−Fungible Token」の頭文字をとった言葉で、「代替不可能なトークン」を意味する言葉です。

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

従来のデジタルアートは容易にコピー可能でしたが、NFTはブロックチェーン技術を活用して世界にひとつしかないという付加価値を付与しています。

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?仕組みやメリットを解説

続きを見る

こうすることでデジタルアートが簡単に複製できなくなり、クリエイターの権利を守ることができます。

また、クリエイターの権利保護のみならず、NFTとデジタルアートが融合したことで、コンテンツに希少性が生まれ資産としての価値を持つようになっています。

次に、NFTデジタルアートの特徴について解説します。

 

NFTデジタルアートの特徴

NFTアートの特徴

 

NFTデジタルアートの特徴は以下の通りです。

 

  1. 改ざんが困難
  2. 情報の記録が可能
  3. 誰でも作成・購入可能

 

①改ざんが困難

NFTデジタルアートはブロックチェーン技術を活用して作成されています。

ブロックチェーンは改ざんが非常に難しいため、NFTデジタルアート自体も複製することが困難です。

そのため、そのNFTデジタルアートの真贋が一目でわかるので、販売する際に本物であることを証明する必要がありません。

 

②情報の記録が可能

NFTデジタルアートはブロックチェーン上に発行者や所有者の情報を正しく記録することができます。

つまり、誰が作成し、誰が所有していたかが一目瞭然でわかります。

今までのアート作品でも著名人が所有していたとされるものはありましたが、それを証明できる作品は少ないのが現状でした。

一方、NFTデジタルアートであれば所有者情報が漏れなく記録されているため、誰もが容易に確認可能です。

 

③誰でも作成・購入可能

NFTデジタルアートは誰でも作成・購入が可能です。

取引を行うための条件などは一切ありません。

誰でも自由に自分が作ったデジタルアートをNFTとして販売し、他人のNFTを購入することが可能です。

こうした参入ハードルの低さもNFTデジタルアートの特徴と言えるでしょう。

なお、NFTデジタルアートの購入、販売はNFTマーケットプレイスにて行われます。

代表的なNFTマーケットプレイスは以下の3つです。

 

①OpenSea(オープンシー)

①OpenSea(オープンシー)

出典:https://opensea.io/

 

OpenSea(オープンシー)2017年12月にニューヨークを拠点としてつくられたNFTマーケットプレイスです。Openseaについては以下の記事で詳しく紹介しています。

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

NFTマーケットプレイスとしては世界最大規模をほこります。

取引額、ユーザー数も多く著名人もNFTアートを出品しているので、一番おすすめのNFTマーケットプレイスです。

またOpenSeaでは、自身の持っているオリジナルのデジタルコンテンツを無料でNFTアートにすることができます。

これはOpenSeaを利用する上で大きなメリットのひとつです。

 

②Rarible(ラリブル)

②Rarible(ラリブル)

出典:https://rarible.com/

 

Rarible(ラリブル)アメリカのデラウェア州に拠点を置くRarible社が運営しているNFTマーケットプレイスです。

販売されているNFTアートが非常に見やすいことが特徴で、UIが非常に整っています。

また、RaribleがOpenSeaと大きく違うのは、コミュティ上のすべての意思決定がユーザーによって行われるDAO(分散型自立組織)を目指している点です。

さらにRaribleは独自トークンのRARIをユーザーに配布しています。

 

RARITOP
仮想通貨Rarible(rari/ラリブル)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

RARIは、Raribleが将来的にDAOに移行するにあたってガバナンストークンとして働く予定です。

RARIの保有者は、システムのアップグレードの提案と投票などに関わることができると発表されています。

 

③SuperRare(スーパーレア)

③SuperRare(スーパーレア)

出典:https://superrare.com/

 

SuperRare(スーパーレア)は、その名の通り、NFTマーケットプレイスの中でもとくに質の高いNFTアートが多く出品されていることが特徴です。

SuperRareでは、NFTアーティストがNFTアートを出品する際には厳しい審査を受ける必要があります。

審査は1度で通ることはほとんどないほど厳しく、知名度やNFTアートの希少性によって判断されるのです。

このような厳しい審査を通過して出品されているNFTアートはどれも質が高く、高額で取引されています。

また、SuperRareに出品されているNFTアートには、ひとつずつクリエイターのコメントがついており、SuperRareに出品しているクリエイターたちの熱意を感じられることでしょう。

 

NFTデジタルアートの将来性

NFTアートの将来性

 

NFTデジタルアートの将来性は以下のようなものがあります。

 

  1. あらゆるものがNFTになる
  2. 2030年に暗号資産市場は約5430億円になると予想されている
  3. 日本でもNFTイベントが開催され始めている

 

①あらゆるものがNFTになる

NFTデジタルアートにできるのは、イラストや写真だけではありません。

音楽や動画、VRアート等もNFT化することが可能です。

それ以外にもTwitter創始者のジャック・ドーシーのツイートがNFT化され約3億円で落札されています。

このようにあらゆる電子データがNFT化できるため、市場の拡大のみならず対象の拡大による需要増加も見込めるでしょう。

 

②2030年に暗号資産市場は約5430億円になると予想されている

コインデスクによると、暗号資産市場の成長率は2021年から毎年12.8%ずつ伸びていき、2030年には2021年の3倍になる約5430億円まで成長するとの調査を発表しました。

NFTアートはブロックチェーンの技術を使って成り立っているので、暗号資産市場の規模が増えればユーザーも増加し、よりNFT業界が盛り上がっていくことは間違い無いでしょう。

また、新しいブロックチェーン技術が開発されることにより、今まで見たことの無いようなNFTアートが誕生するかもしれません。

 

③日本でもNFTイベントも開催されはじめている

現在では海外で盛り上がっているNFTアート業界ですが、日本でもNFTアートには注目が集まっており、NFTを扱ったイベントが少しずつ開催されはじめてきました。

10月16日にはCrypto2.0ProtocolTerminalが企画する「Future of Blockchain -ブロックチェーンが魅せる未来-」でNFTを使ったライブパフォーマンスが行われました。

そのほかにも、7月にはアジアで開催されるNFTの祭典「Crypto Art Week Asia (クリプトアートウィーク・アジア)」が東京と大阪の2都市で開催されています。

今後も日本でNFTアートを扱うイベントの数は増えていくでしょうし、より身近にNFTアートに触れる機会も増えていくと考えられます。

日本は漫画やアニメなど、優良なコンテンツが多数存在しますので、今後世界に向けて日本が率先してNFTアートを発信していくことになるでしょう。

 

代表的なNFTデジタルアート、アーティスト

代表的なNFTアート、アーティスト

 

代表的なNFTデジタルアートやNFTアーティストを紹介します。

 

①Crypto Punks

②Hashmasks

③Beeple

④MAD DOG JONES

⑤村上隆

 

①Crypto Punks(クリプトパンクス)

cryptopunks

 

Crypto Punks(クリプトパンクス)2017年6月にラルバラボズ社が作った世界最初のNFTデジタルアートといわれています。

ゾンビをモチーフにした24ピクセル×24ピクセルのシンプルなデザインで、AIが生成したジェネレーティブアートであることが特徴です。

Crypto Punksには1万体のキャラクターが存在し、そのうちの1体のキャラクターが2021年1月に約8,000万で落札されたことで世界的に注目を集めました。

今やCrypto PunksはNFTデジタルアート愛好家たちにとって憧れの存在となっています。

2021年現在、1体のキャラクターは約3,000万円で購入することが可能です。

 

②Hashmasks(ハッシュマスク)

hashmasks

 

Hashmasks(ハッシュマスク)は、70名の匿名のアーティストたちによって作られた、全部で16,384枚存在するデジタルポートレート(肖像画)です。

肖像画には5つの特徴である、「マスク」、「キャラクター」、「目の色」、「所有物」、「肌の色」があり、1つとして同じ作品は存在しません。

NFTコレクターであり投資家のダニー氏が、Hashmasksの作品の一つである「光の輪のデーモン」を約6,900万円で購入したことにより注目を浴びました。

Hashmasksは今後新しく制作される予定はないので、手に入れるためには所持しているコレクターからマーケットプレイスを通じて購入するしかありません。

 

③Beeple(ビープル)

beeple

 

Beeple(ビープル)は、NFTデジタルアートを一躍有名にしたアーティストです。

ネット上でBeepleと呼ばれているグラフィックデザイナー、Mike Winkelmann(マイク・ウィンケルマン)は、自身が数年間かけて製作したスケッチを集めたコラージュ「Everydays – The First 5000 Days」という作品をオークションに出品しました。

この作品には入札が殺到し、最終的に約75億円で落札されました。

この落札額はNFTデジタルアートとしては過去最高額となり、ほぼ無名のアーティストであった彼を一躍トップアーティストにするとともに、NFTアートへの世間の注目を集めるきっかけにもなったのです。

彼の作品は現在もNFTマーケットプレイスのOpenSeaに出品されているので、気になった方は購入してみてはいかがでしょうか。

 

④MAD DOG JONES(マッド・ドッグ・ジョーンズ)

MDJ

 

MAD DOG JONES(マッド・ドッグ・ジョーンズ)カナダ・トロント出身のビジュアルアーティストです。

故郷カナダの自然を元に、日本のアニメやSF映画に影響を受けたサイバーパンクの世界観を融合させた独自の作品が特徴です。

MAD DOG JONESが注目されるきっかけとなったNFTデジタルアートは、28日ごとに新しい作品が自動生成される「REPLICATOR(自動複製装置)」という作品です。

この作品はオークションで最終的に約4億円で落札されたのです。

MAD DOG JONESの作品はOpenSeaに出品されていますので、彼の世界観を垣間見たいという方はぜひ一度OpenSeaを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

⑤村上隆

村上隆

 

日本を代表する著名な画家である村上隆氏も、OpeanSeaに自身の代表的なモチーフである「花」をドット絵にしたNFTデジタルアートを出品しました。

しかし4月7日にNFTデジタルアートは出品されましたが、すぐに出品は取り下げられてしまいました。

村上隆氏は、出品を取り下げた理由として、技術的な問題からより最適な形式でNFTアートを提供するために出品を取り下げたと発表しました。

しかし2022年1月に再度NFTコレクションをリリースしており、海外のファンを中心に話題となっています。

 

 

NFTデジタルアートの購入方法

NFTデジタルアートを取り扱っているマーケットプレイスはいくつかありますが、利便性と取り扱いNFT量の多さからOpeanSeaというNFTマーケットプレイスをおすすめします。

OpenSeaでは日本円やクレジットカードでの購入ができないため、まず国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、ウォレットに送る必要があります。

国内の仮想通貨取引所は、手数料の安さと使いやすさからコインチェックがおすすめです。

 

OpenSeaでNFTデジタルアートを購入する流れは以下の通りです。

 

  1. コインチェックでイーサリアムを購入する
  2. 仮想通貨ウォレットのMetaMaskを登録する
  3. MetaMaskにイーサリアムを送る
  4. OpeaSeaとMetaMaskを紐付ける
  5. OpenSeaで会員登録する
  6. OpenSeaでNFTアートを購入する

 

まずは国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを購入し、仮想通貨ウォレットのMetaMaskに送金します。

MetaMaskはブラウザ版とアプリ版があるので、まずはインストールしておきましょう。

OpenSeaのサイトにいくと、簡単にMetaMaskと紐付けができるので、サクッと会員登録まで済ませておきましょう。

OpenSeaの詳細な使い方については、以下の記事で解説しています。

 

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

 

コインチェックNFT(β)で購入する

出典:https://nft.coincheck.com/

 

国内でNFTアートを購入したいのであれば、コインチェックNFT(β)もおすすめです。

まだ試運転段階であって取り扱うNFTの数はまだ多くはありませんが、ブロックチェーントレーディングカードの「Crypto Spells」や、メタバースプラットフォームの「The Sandbox」で使用されるトークンの取り扱いがあります。

コインチェックNFT(β)では、今後取り扱うNFTアートは増えていくと思われますので、今のうちに登録しておくとよいでしょう。

コインチェックNFT(β)でNFTアートを購入するためには、まずはコインチェックの口座を開設しておかなくてはならないので、先にコインチェックの会員登録を済ませておきましょう。

 

コインチェック公式サイト

 

NFTデジタルアートの販売方法

NFTアートの販売方法

 

購入したNFTデジタルアートは販売ができます。

ここではNFTマーケットプレイスのOpenSeaでの販売方法を解説します。

OpenSeaでNFTを販売する流れは以下の通りです。

 

  1. アカウントページのコレクションを選び「Sell」ボタンを選択
  2. 販売方法を決定する
  3. 販売金額、販売期間を設定する
  4. 出品する

 

②の販売方法には、決まった価格でのみ販売可能な固定額販売かオークション形式を選択できます。

オークション形式にも2つの出品方法があります。

1つ目はヤフオク!のように販売期間内に一番高音の価格をつけた購入者に販売する方法と、2つ目は徐々に価格が下がっていく「ダッチオークション」形式が選択可能です。

オークション形式では価格が高くつり上がる可能性がある一方で、思いのほか高く得ることができないリスクも存在します。

ダッチオークション形式では入札すればその場で販売が決まるため、早期の取引が期待できますが、買い手がなかなかつかない場合は設定した最低価格で販売することになってしまいます。

どの販売方法もメリット、デメリットがあるので、自分の好みに合った販売方法を選択しましょう。

 

NFTデジタルアートの作り方

NFTアートの作り方

 

もしあなたがオリジナルのデジタルコンテンツを作成できるのであれば、簡単にNFTデジタルアートを作成できます。

OpenSeaであれば、所持しているデジタルコンテンツを無料でNFTデジタルアートにすることができるのです。

デジタルコンテンツをOpenSeaでNFTデジタルアートにする方法は以下の通りです。

 

  1. ユーザー登録をする
  2. ホーム画面から「Create」を選択する
  3. Create new itemページで必要事項を記入

 

以上で完成です。

これであなただけのNFTデジタルアートが完成しました。

クリエイターページから自身のコレクションにNFTデジタルアートが登録されているか確認しておきましょう。

 

まとめ:NFTデジタルアートは今後急速に普及する見込み

まとめ:今のうちに購入しておけば将来価値が上がる可能性も

 

以上、NFTデジタルアートの概要や買い方、売り方などを解説しました。

NFTデジタルアートはまだ発展途上であり、今後さらなる市場拡大が見込まれています。

自分が作成したNFTデジタルアートが売れたり、今の段階で安く購入したNFTデジタルアートが人気になり価格が高騰する可能性があります。

いずれにせよ、早く始めておくことで先行者利益を得ることが可能となります。

NFTに興味がある方は迷っている時間がもったいないので、今日から行動してみましょう。

なお、NFTマーケットプレイスでNFTデジタルアートを売買する際には主にイーサリアムが必要になるので、コインチェックで口座を開設してNFT購入用のイーサリアムを買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5