NFT

買ってどうする?NFTアートの使い道8選!始め方・稼ぎ方、注意点も徹底解説

NFT

 

悩んでいる人
NFTアートって買ってどうするの?NFTアートの使い道について教えてほしい。併せて始め方や注意点なども教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTアートとは
  • NFTアートの使い道8選
  • NFTアートの始め方
  • NFTアートで稼ぐ方法
  • NFTアートに関する注意点

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTコレクションを運営しています。さらに、NFTの情報発信ブログで月330万の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近TVやネットニュースで「NFTアート」という単語を耳にすることが増えてきました。

NFTアートはこの世に一つしかないこと証明された電子データであり、個人ユーザーだけでなく大手企業も次々とNFT分野に参入しています。

しかし、NFTアートはどんな使い道があるのか、いまいちわからない方も多いはず。

そこで今回はNFTコレクションを運営し、NFTに関する情報発信で月330万稼ぐ僕が、NFTアートの使い道について解説します。

NFTアートの具体的な使い道の他、NFTの始め方がサクッと理解できるのでぜひ最後までご覧ください。

なお、NFTを始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、1円から購入できるビットフライヤーで購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

NFTアートとは

NFT

NFTアートとはNFT技術を使って作られたデジタルアートのことです。

NFTとは(Non-Fungible Token)の略で、「複製不能なデジタルデータ」のこと。暗号資産(仮想通貨)と同様にブロックチェーンを使って発行・取引されます。

複製不能なので、「世界にひとつしかない」点が大きな特徴です。

従来のデジタルデータは簡単にコピーができるため、資産価値はほぼありませんでした。

しかし、ブロックチェーンの仕組みを活用することでコピーや改ざんが困難となり、デジタルデータそのものに価値を持たせることが可能になりました。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?仕組みやメリットを解説

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が価格を上げているのはこの仕組みのためです。

NFTを活用できる分野は幅広く、デジタルアートはもちろん、スポーツや音楽でもすでに導入の動きが見られています。

今後もあらゆる分野でNFTの導入が進むと見られており、チリーズなどの暗号資産(仮想通貨)のNFT銘柄やNFT売買のプラットフォームなどの需要が増える見込みです。

人気のNFT銘柄については、【将来有望】NFT関連のおすすめ仮想通貨5選!取引所も紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

NFTアートの使い道8選

NFT

NFTアートの使い道は以下のとおり。

  1. コレクションする
  2. メタバースに展示する
  3. SNSアイコンにする
  4. メタバースアイコンにする
  5. 転売して利益を得る
  6. コミュニティに参加する
  7. 融資の担保にする
  8. 商用利用する

順番に解説します。

 

①コレクションする

まずは単純にアート作品としてコレクションする方法です。

マーケットプレイスで購入したNFTアートは自分のコレクションとしてネット上に保管されています。

NFTアートは様々なクリエイターが趣向をこらして制作しているため、見ているだけでも飽きません。

また、友人などにトランスファーしてプレゼントすることも可能なので、お互いお気に入りのNFTアートを交換するのも楽しそうです。

 

②メタバースに展示する

自分が保有するNFTアートを仮想空間に展示することもできます。

以下のようにoncyberなどを使ってNFTをメタバース内に展示し、多くの人に見てもらう人が増えています。

実物のアート作品だと展示するスペースが必要になったり、保管にも気を使いますがメタバースであれば不要です。

メタバース内の美術館も登場しているので、今後NFTアート作品をメタバース上に展示する機会が増えてくるかと。

メタバースの始め方については、【初心者向け】メタバースの始め方・やり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③SNSアイコンにする

最もポピュラーな方法がこのSNSアイコンにする方法です。

TwitterのアイコンなどにNFTアートを設定することで、自分の趣味や属するコミュニティを表現することができます。

そのため、最近ではアイコンに設定することを想定したPFP(Profile-Picture)用のジェネラティブNFTが主流となっています。

Twitterでは以下のコレクションのNFTアートをアイコンにしている人をよく見かけます。

NFTアートをアイコンに設定することでホルダー同士の交流が生まれたり、自分が知らなかったNFTアートを知る事ができます。

NFTアイコンについては、NFTアイコンとは?メリット・デメリット、おすすめコレクションについて解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④メタバースアイコンにする

メタバースのアバターのアイコンにすることも可能です。

メタバースとは、インターネット上にある仮想空間のことを指します。

ユーザーはアバターを操作し、他のユーザーと交流したり商品を売買したり、ゲームに参加することができます。

このアバターにNFTを設定することができます。

メタバース内の土地や建物、アイテムなどはNFTとして取引されるので、メタバースとNFTは一心同体とも言えるでしょう。

>>【初心者向け】メタバースとNFTの関係とは?活用例・始め方を徹底解説

 

⑤転売して利益を得る

NFTアートを転売して利益を得ることもできます。

購入時よりも高い価格で売ることで、売却益を得ることが可能です。

現在、NFTアートを取引しているユーザーの大部分が転売目的であり、NFTアートが投資対象として確立した人気を獲得しています。

WL(ホワイトリスト)という優先購入権で安く購入し、二次流通で高めの金額で売りさばく転売が主流です。

>>NFTのホワイトリストとは?概要や獲得条件、メリットについて徹底解説

NFT転売のコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑥コミュニティに参加する

NFTアートを保有することで保有者限定のコミュニティに参加することができます。

例えば、Bored Ape Yacht Club(BAYC)は所有者専用のコミュニティを用意しています。

>>猿のNFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」とは?概要や特徴、買い方について解説

DiscordでBored Ape Yacht Club(BAYC)保有者だけが参加できるグループチャットが用意されており、日々活発な交流がされています。

さらに、2021年の8月には投与すると猿が突然変異する「セラム(血清)」がコミュニティで配布されました。

出典:opensea

突然変異した猿は「Mutant Ape Yacht Club(MAYC)」と呼ばれ、こちらもOpenseaなどで高値で取引されています。

>>NFTのMutant Ape Yacht Club(MAYC)とは?特徴や将来性、買い方を解説

このようにクローズドのコミュニティに参加できるため、そこでしか得られない有益な情報などが入手できるようになります。

 

⑦融資の担保にする

NFTを融資の担保して資金を調達することもできます。

NFTを担保にお金を貸すサービスが登場しており、「NFTfi」というプラットフォームがローンチされています。

NFTfiではローンの担保にしたNFTアートが閲覧でき、ETHを貸付する場合は担保NFTの画面から貸付オファーを出します。

オファーをNFTホルダーが承諾すると、スマートコントラクト機能によりにNFTがロックされ、ホルダーにETHが振り込まれます。

期限内に返済をすることで、NFTのロックが解除されます。

期間を過ぎてしまうと、ホルダーではロックが解除できなくなり、貸し手にNFTが渡ります。

こんな感じでNFTを担保にして資金調達できるため、従来より気軽にお金を借りられるようになりました。

 

⑧商用利用する

NFTアートの中には商用利用を許可しているものがあり、グッズ化などでマネタイズ可能です。

商用利用を許可しているコレクションの一部は以下のとおり。

  • BAYC
  • XANA:Genesis
  • しきぶちゃん
  • CryptoNinja

いずれも人気コレクションであり、上記のホルダーは保有するNFTアートをもとにオリジナル商品などを作って販売することができます。

既に知名度や人気があるキャラクターなどを使用できるので、売れやすいというメリットがあります。

 

NFTアートの始め方

NFT

 

それでは、NFTの始め方を具体的に解説していきます。具体的手順は以下のとおり。

  1. ビットフライヤーに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. MetaMaskを導入
  4. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  5. NFTマーケットプレイスに登録

順番に解説します。

 

①ビットフライヤーに登録

NFTを始める最初のステップとして、ビットフライヤーで口座開設をしましょう。

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからビットフライヤー公式サイトにアクセスします。

 

ビットフライヤー公式サイト

 

トップページの「新規登録」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②イーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはビットフライヤーに日本円を入金します。

ホーム画面の「入出金」→「入金」で日本円を入金できます。

bitflyer

入金方法には「銀行振込」、「ネット銀行振込」、「コンビニ入金」の3つから選択可能です。

ビットフライヤーに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」を選択して購入できます。

bitflyer_eth

 

③MetaMaskを導入

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)に購入したイーサリアムを送る必要があります。

MetaMaskとは、ネット上で利用できるイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。

MetaMaskを使うことで、簡単に仮想通貨の送金や受け取りが可能です。

ブラウザの拡張機能を使うのであれば、GoogleChromeの使用をおすすめします。

GoogleChromeでMetaMaskは以下のようにインストールしましょう。

「Chrome」→「環境設定」→「拡張機能」→「Chromウェブストア」と進み、Chromeウェブストアで「MetaMask」と検索します。

MetaMask

表示されたMetaMaskをインストールして、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

新しいウォレットを追加する

その後、説明にしたがって必要項目を記入していきます。

登録が完了すれば、MetaMaskの導入は完了です。

 

④イーサリアムをMetaMaskへ送金

ビットフライヤーで購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

まずは作成したMetaMaskを開き、「0x」から始まるアドレスをコピーしてください。

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択します。

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、ネットワークを間違えると送金した仮想通貨が戻ってこないこともあるので、ここには特に注意しましょう。

イーサリアムメインネット

ビットフライヤーで「入出金」→「イーサリアム」→「アドレスを登録する」を選択します。

bitflyer_address

案内メールが来るので、URLをクリック。

bitflyer_mail

ラベルとイーサリアムアドレスを入力して「次へ」をクリック。

bitflyer_address2

アドレス所有者「お客様本人」、送付先「プライベートウォレット等」を選択しチェックを入れ「追加する」をクリック。

bitflyer_address3

Metamaskのアドレスが登録されたので、送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送付する」を押せば送金完了です。

bitflyer_address4

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってMetaMaskにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

⑤NFTマーケットプレイスに登録

次に、使いたいNFTマーケットプレイスに登録します。

ここでは、最も人気のあるOpenSeaに登録する手順を説明します。

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面右上のアカウントマークを選択しましょう。

そこから「Setting」を選択すると、OpenSeaと紐付けるウォレットを選ぶ画面が表示されます。

Setting

先ほどMetaMaskのウォレットを作成したので、MetaMaskを選択しましょう。

MetaMask

すると「署名の要求」というポップアップウィンドウが表示されるので、「署名」を選択します。

署名

これでOpenSeaとMetaMaskの紐付けが完了しました。

再度画面右上のアカウントマークを選択して「Setting」を選択します。

すると、「Profile Setting」ページが表示されるので、必要な箇所を入力しましょう。

最低限であれば、「Username」と「Email Adress」のみで結構です。

Profile Setting

入力が完了したら「Save」を選択すると、入力したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールを開いて「VERIFY MY EMAIL」をクリックしてください。

VERIFY MY EMAIL

これでメール認証も完了したことになります。

以上でOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができるようになりました。

 

NFTアートで稼ぐ方法

NFT

NFTアートで稼ぐ方法は以下のとおり。

  1. NFTアートを販売して稼ぐ
  2. NFTアートを転売して稼ぐ
  3. NFTアート制作を受注して稼ぐ
  4. NFTアートに関する情報発信で稼ぐ

順番に解説します。

 

①NFTアートを販売して稼ぐ

ひとつめはNFTアートを販売して稼ぐ方法で、これが最もポピュラーです。

例えば以下のようなデジタルデータをNFT化して販売し、利益を得るやり方ですね。

  • イラスト
  • 写真
  • 動画
  • 音楽

今はPFPと言ってSNSアイコン用のNFTアートが人気です。

>>NFTアイコンとは?メリット・デメリット、おすすめコレクションについて解説

なので、最初はアイコン映えするようなシンプルなイラストのNFTを作ると売れやすいでしょう。

「絵が描けない…」というあなたも心配無用。スマホアプリでサクッとドット絵などを作ることできます。詳細は以下の記事をご参照ください。

>>【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】

 

②NFTアートを転売して稼ぐ

ふたつめはNFTアートを転売して稼ぐやり方。

NFTを安い時に購入し、購入時よりも高い価格で売ることで売却益が得られます。

NFT界隈では「二次流通」と呼ばれており、現在のNFTコレクターの多くはこの転売目的が大半を占めています。

インフルエンサーが購入したコレクションや、海外コレクターに人気があるコレクションなどは高値で売れやすい傾向にあります。

実際にぼくが所有するNFTアートも、海外のコレクターから購入時の3倍の価格(900円→2700円)でオファーが入っています。

インフルエンサーや海外コレクターが欲しがるNFTは一瞬で完売するので、少しでも気になる作品があれば買っておくといいでしょう。

ただ、やみくもにNFTを買っても稼げないので、転売のコツを押さえておきましょう。

転売を成功させるコツややり方については、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【2022年】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

 

③NFTアート制作を受注して稼ぐ

NFTアート制作を受注して稼ぐことも可能です。

NFTアートを作りたくても、自分で作るスキルが無い人の代わりに作品を作って報酬が得られます。

NFTアートは自分で作成してもすぐに売れないことも多いですが、仕事として受注すれば確実に報酬が得られるのが魅力。

イラストが描けたり、音楽を作れるなどのスキルがあればそれを活かして受注制作の道も模索してみましょう。

>>NFTイラストの作り方・販売方法を解説【おすすめプラットフォームも紹介】

>>NFT音楽の作り方・販売方法とおすすめプラットフォームを徹底解説

 

④NFTアートに関する情報発信で稼ぐ

NFTアートに関する情報発信で稼ぐことも可能です。

なぜなら、NFTに関してよくわかっていない人が大半であり、今後NFTに関する検索ニーズが高まるからです。

そうした層へ向けて自分が持つNFTに関する知識や経験をコンテンツとして発信することで、マネタイズができます。

例えば以下のような方法で情報発信ができますよね。

  • ブログ
  • YouTube
  • Voicy
  • Instagram
  • TikTok
  • 電子書籍

ブログやYouTubeに仮想通貨取引所のアフィリエイトリンクを貼って紹介料をもらったり、NFTに関する電子書籍を出版して印税を手にすることも可能です。

中でもブログは文章を書ければ誰でも始められるので、おすすめです。

>>【稼げる】NFTを売買したらブログで発信すべき3つの理由

僕自身もNFTに関する情報をブログで発信しており、月最高330万の収益を得ることができています。

月330万を稼いだノウハウについてはBrainで全公開しているので、稼ぎたい方には有益かと。

>>仮想通貨ブログで月10万を安定的に稼ぐ!月330万稼ぐ執筆ノウハウを全公開

 

NFTアートに関する注意点

NFTアートに関する注意点は以下の3つ。

  1. 取引手数料
  2. 偽物の場合がある
  3. 価値が下がるリスク

 

①取引手数料

NFTを購入する際にはガス代と言われる取引手数料が発生します。

>>NFTを始める時の初期費用はいくらかかる?手数料・ガス代を徹底解説

そのため、頻繁にNFT売買を行うと取引手数料がかさんでしまうので注意が必要です。

Coincheck NFTでは販売価格の10%、さらに出庫手数料として0.01ETHが取引手数料としてかかります。

自分が使うNFTマーケットプレイスの取引手数料をしっかりと確認しておきましょう。

 

②偽物の場合がある

本物を模した偽物がNFTとして販売されているケースが散見されています。

上記はthe sandboxの公式アカウントによる注意喚起ツイートです。

あまりにも安い価格のものは偽物を疑ったほうがいいでしょう。

NFTは発行者やこれまでの所有者を確認できるので、購入前にこれらを確認し怪しい点があれば購入を控えてください。

 

③価値が下がるリスク

NFT自体の価格は日々変動しており、急騰することもあれば突然暴落するリスクもあります。

NFTも投資の一種であるということを念頭におき、あくまで余裕資金の範囲内で購入するようにしましょう。

 

まとめ:NFTアートの使い道を学んで先行者利益を得よう

まとめ:メタバースが当たり前になる未来が近い

以上、今回はNFTアートの使い道について解説しました。

まだNFTは一部の人しか利用していない状況です。

しかし、大企業が続々と参入していることから、今後一気にNFTが一般人の間にまで普及すると考えられます。

今のうちからNFTを勉強し知識を得ておけば、先行者として利益を得ることができるでしょう。

さらに知識だけでなく実際にNFTを体験しておくことで、周囲にさらに差をつけることができます。

NFT取引は仮想通貨が必要になるので、1円から購入できビットフライヤーでサクッと購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5