NFT

NFTのMeebits(ミービッツ)とは?特徴や買い方、将来性を徹底解説

meebitstop-min

 

悩んでいる人
NFTのMeebits(ミービッツ)について詳しく知りたい。Meebits(ミービッツ)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Meebits(ミービッツ)とは?
  • Meebits(ミービッツ)の特徴
  • Meebits(ミービッツ)の買い方
  • Meebits(ミービッツ)の将来性
  • Meebits(ミービッツ)の価格推移

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTコレクションを運用しています。暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Meebits(ミービッツ)ってどんなNFTなんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

 

Meebits(ミービッツ)は、Larva Labsという会社が制作しているNFTコレクションです。

 

今回は実際にNFTコレクションを運営している僕が、Meebits(ミービッツ)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。この記事を読むことでMeebits(ミービッツ)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Meebits(ミービッツ)の購入にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要となります。

 

なので、Meebits(ミービッツ)やNFTを始めたいという場合には、無料で口座開設できるコインチェックでイーサリアムを購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

Meebits(ミービッツ)とは?

出典:meebits公式サイト

 

Meebits(ミービッツ)は、Larva Labsが2021年5月から制作しているボクセルアートのNFTコレクションです。

 

イーサリアムを利用して作成されており、人・動物・スカルなどバリエーションの違うMeebits(ミービッツ)が20,000体生成されています。

 

meebits05

出典:Opensea

 

メタバース内のアバターとして動かすことができるため、高い人気を誇っており中には約3500万円で取引されたものもあります。

 

Bored Ape Yacht ClubやCryptopunksと並ぶ高額NFTの代名詞であり、世界中のNFTコレクターが注目するコレクションです。

>>NFTのBored Ape Yacht Club(BAYC)とは?概要や特徴、買い方について解説

>>NFTのCryptoPunks(クリプトパンクス)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

 

Meebits(ミービッツ)の特徴

出典:meebits公式サイト

 

Meebits(ミービッツ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. Larva Labsが制作
  2. MeebitsDAO
  3. メタバース上で動かせる

 

①Larva Labsが制作

 

Meebits(ミービッツ)は、Bored Ape Yacht ClubやCryptopunksを手掛けるLarva Labsが制作しています。

 

Bored Ape Yacht ClubやCryptopunksも大人気NFTコレクションであり、それらを手掛けるLarva Labsが制作したMeebits(ミービッツ)は大きな注目を集めています。

 

実際に安いものでも200万円ほどで取引されており、NFTコレクターの間でも高い人気を誇っていることがわかります。

 

②MeebitsDAO

 

Meebitsには、所有者たちが交流を図るための「MeebitsDAO」というコミュニティが用意されています。

 

 

DAO(ダオ)とは「Decentralized Autonomous Organization」の頭文字をとった言葉であり、「自律分散型組織」を意味します。具体的には中央管理者がおらず参加者の自主性によって運営される組織を指しています。

>>仮想通貨のDAO(自律分散型組織)とは?概要やメリット・デメリットを徹底解説

 

MeebitsDAOに参加することで、以下のような活動が可能になります。

 

  • 専用コミュニティに参加できる
  • コインを集めてアイテムと交換できる
  • 創業メンバーとの交流

 

上記以外にもMeebitsをメタバースのアバターとして使用するツールを提供したり、メンバー限定イベントの開催など多彩な活動を行っています。

 

③メタバース上で動かせる

 

Meebitsはメタバース上で動かすことができます。

 

メタバース内でアバターとして利用したり、アニメーションソフトを使って動かすことも可能です。

 

 

 

そのため、NFTとして集めるだけでなくMeebitsを利用した映像コンテンツなどを作ることができます。

 

Meebits(ミービッツ)の買い方

 

Meebits(ミービッツ)の買い方は以下のとおり。

 

  1. コインチェックに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. Coincheck NFT(β版)でMeebitsを購入

 

①コインチェックに登録

 

最初のステップとして、コインチェックで口座開設をしましょう。

 

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

 

まず、以下のリンクからコインチェック公式サイトにアクセスします。

 

コインチェック公式サイト

 

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②イーサリアムを購入

 

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

 

イーサリアムを購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

 

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

 

②イーサリアムを購入

 

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

 

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にてイーサリアムを選択して日本円で購入します。

 

イーサリアムを選択

 

③Coincheck NFT(β版)でMeebitsを購入

 

Coincheck NFT(β版)にログインし、TOP画面にある「Meebits」を選択します。

 

 

好きなMeebitsを選んでください。

 

 

「購入確認」をクリックしたら購入完了です。

 

 

以上がMeebits購入の一連の流れです。この手順を参考にしつつ進めてみてください。

 

Meebits(ミービッツ)の将来性

 

Meebits(ミービッツ)の将来性は以下のとおり。

 

  1. NFT人気による需要の増加
  2. メタバースへの進出
  3. タレント事務所のUTAと契約

 

①NFT人気による需要の増加

 

世界的なNFT人気による需要の増加が見込まれます。

 

Bored Ape Yacht ClubやMeebits、CloneXなどのNFTが世界中で人気であり、セレブを始め多くの投資家が購入しています。

 

今後あらゆる分野でNFTの導入が進むと見られており、NFTが普及することで需要が増加していくはず。

 

そのため、現時点で絶大な人気を誇るMeebits(ミービッツ)の人気はさらに不動のものになると予測されています。

 

資産としてNFTを購入したり、転売目的でNFTを購入する人が増えることでMeebits(ミービッツ)の需要もより一層増えるでしょう。

>>【2022年】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

 

②メタバースへの進出

 

Meebits(ミービッツ)を制作するYuga Labsはメタバース「Otherside(アザーサイド)」のローンチを予定しています。

 

 

ティーザー映像を観ると、Meebits(ミービッツ)を始め以下の有名NFTのキャラクターが登場するなど豪華な内容となっています。

 

  • Mutant Apes
  • Cryptopunks
  • Bored Ape Yacht Club
  • Nouns
  • CoolCats

 

現在開発中ですが、Othersideがローンチされた後はMeebits(ミービッツ)の価格上昇が期待できるでしょう。

 

今後メタバースも一気に普及すると見られており、価格の後押しとなりそうです。

>>【初心者向け】メタバースとは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!

 

③タレント事務所のUTAと契約

 

Larva Labs社はアメリカのタレント事務所のUTA(United Talent Agency)と契約を結んでいます。

 

 

この契約により、Meebitsは今後映画やアニメ、音楽などのエンターテイメント分野に進出することが考えられます。

 

露出の機会が増えることで、多くの人の目に触れるためMeebitsの人気上昇につながりそうです。

 

Meebits(ミービッツ)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

Meebits(ミービッツ)の価格推移を見てみましょう。

 

 

Meebits(ミービッツ)はコレクション開始以降、一気に人気となり180万円~400万円程度の高値圏で推移しています。

 

人気NFTを数多く展開するLarva Labs社が手掛けており、インフルエンサーの多くが購入しているため、今後も価格は高い水準を維持する可能性が高いです。

 

さらにNFT需要の増加やメタバースへの進出などにより、Meebits(ミービッツ)の認知度が向上し、価格の上昇が見込めます。

 

まとめ:Meebits(ミービッツ)は将来有望なNFT

 

今回はMeebits(ミービッツ)について解説してきました。

 

Meebits(ミービッツ)は高いコレクション性とタレント事務所との契約により、今後の価格上昇が見込めます。

 

資産価値が高いNFTなので、購入を前向きに検討してみるのもいいでしょう。

 

繰り返しになりますが、Meebits(ミービッツ)を購入するには暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムが必要になります。

 

なので、Meebits(ミービッツ)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のイーサリアムを買っておきましょう。

 

\ 初心者でも使いやすい!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5