NFT

NFTのメリット・デメリットとは?購入方法もわかりやすく解説

 

悩んでいる人
NFTを始めてみたいけどメリットとデメリットを知りたい。始め方や購入方法も教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTの概要
  • NFTのメリット
  • NFTのデメリット
  • NFTの購入方法
  • NFTを販売してみた

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTアートを出品し、完売させています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近「NFT」が大きな注目を集めており、TwitterなどのアイコンにNFTを設定する人が急増しています。

 

こうした中、「自分もNFTを始めてみたい」と考えている方も多いはず。

 

ですが、NFTにも当然メリット・デメリットがあるので、事前に知っておくと安心です。

 

そこで今回は実際にNFTを販売している僕がNFTのメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

 

NFTの購入方法についても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

NFTの概要

 

NFTとは(Non-Fungible Token)の略で、「複製不能なデジタルデータ」のこと。暗号資産(仮想通貨)と同様にブロックチェーンを使って発行・取引されます。

 

従来のデジタルデータは簡単にコピーができるため、資産価値はほぼありませんでした。

 

しかし、ブロックチェーンの仕組みを活用することでコピーや改ざんが困難となり、デジタルデータそのものに価値を持たせることが可能になりました。

 

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が価格を上げているのはこの仕組みのためです。

 

NFTを活用できる分野は幅広く、デジタルアートはもちろん、スポーツや音楽でもすでに導入の動きが見られています。

 

今後もあらゆる分野でNFTの導入が進むと見られており、チリーズなどの暗号資産(仮想通貨)のNFT銘柄やNFT売買のプラットフォームなどの需要が増える見込みです。

 

チリーズ(CHZ)ロゴ
仮想通貨チリーズ(Chiliz/CHZ)とは?特徴や今後の展望を解説

続きを見る

 

NFTのメリット

 

NFTのメリットは以下のとおり。

 

  1. 世界に一つしかない
  2. 偽造不可能
  3. 相互運用性

 

①世界に一つしかない

 

NFTは世界に一つしかない「一点もの」をブロックチェーン技術により担保しています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?仕組みやメリットを解説

続きを見る

 

これまで「1点モノの価値」といえば絵画や骨とう品など実際に存在するモノに限られており、この価値を証明できる仕組みがありませんでした。

 

しかしNFTによって形のないデジタルデータにも価値を持たせることが可能になったのです。

 

そのためNFT作品はその希少性から価値が高騰する傾向にあり、将来の売却益を見込んで今からNFTを購入する人が増えていて、僕もその一人です。

 

 

②偽造不可能

 

NFTはデジタルコンテンツと所有者をブロックチェーン技術で一致させるため、偽造することができません。

 

ブロックチェーンに取引履歴が全て記録されているため、どれがオリジナル作品なのか、誰が所有者なのかが一目瞭然だからです。

 

偽造不可能な点もNFTの希少性を高める要因のひとつとなっています。

 

③相互運用性


NFTは作成された時点から、複数のウォレットやマーケットプレイス上で売買など取引が可能になります。

 

NFT_TOP
【徹底比較】おすすめNFTマーケットプレイス5選!選び方のコツも紹介

続きを見る

 

これはNFTの仕様に共通の規格が用いられているためです。例えるなら作品を作るためのフォーマットが決められているようなものです。

 

この規格に則って作成されていれば、どのNFTも他サービス内で取り扱うことができます。

 

具体的にはポケモンをドラクエの世界で飼育したり、マインクラフトの世界にマリオを登場させるといったようなことが可能になります。

 

NFTのデメリット

 

NFTのデメリットは以下の3つです。

 

  1. 法的整備が整っていない
  2. 手数料が割高
  3. 価値が低下する可能性がある

 

①法的整備が整っていない

 

NFTは2021年ごろから普及し始めたため、まだ法的整備が整っていません。

 

実際に偽物のNFTアートが安い価格で売られているのを目にすることもあります。

 

著作権や保有者の権利が曖昧な部分もあり、今後その点を巡って法的論争となる可能性があります。

 

②手数料が割高

 

NFTはガス代と呼ばれる手数料が割高になる傾向があります。

 

【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

続きを見る

 

なぜなら、NFT取引は手数料が高騰しているイーサリアムを使うことが多いからです。

 

polygonなどの手数料が安いチェーンもありますが、マーケットがイーサリアムよりも小さいという欠点があります。

 

今後NFTがさらに盛り上がっていくようなら、手数料はさらに上がる可能性があります。

 

そのため、NFT購入時には作品代だけではなく手数料にも注意するようにしましょう。

 

③価値が低下する可能性がある

 

NFTの価格は仮想通貨がベースなので、価値が低下する可能性があります。

 

NFTはまだ新興市場であり、ちょっとしたきっかけで価格が乱高下する傾向にあります。

 

例えば10,000円で買ったNFTが翌日には5,000円になっていることも十分に起こり得ます。

 

また、転売目的で買ったものの新たな買い手が見つからない場合もあるので注意が必要です。

 

NFT
【2022年】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

続きを見る

 

NFTの購入方法

 

NFTを購入できるマーケットプレイスはいくつかありますが、利便性と取り扱いNFT量の多さからOpeanSeaというNFTマーケットプレイスをおすすめします。

 

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

 

OpenSeaでは日本円やクレジットカードでの購入ができないため、まず国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、ウォレットに送る必要があります。

 

国内の仮想通貨取引所は、手数料の安さと使いやすさからコインチェックがおすすめです。口座開設は無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで口座開設する

 

OpenSeaでNFTアートを購入する流れは以下の通りです。

 

  1. コインチェックでイーサリアムを購入する
  2. 仮想通貨ウォレットのMetaMaskを登録する
  3. MetaMaskにイーサリアムを送る
  4. OpeaSeaとMetaMaskを紐付ける
  5. OpenSeaで会員登録する
  6. OpenSeaでNFTアートを購入する

 

まずは国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを購入し、仮想通貨ウォレットのMetaMaskに送金します。

 

MetaMaskはブラウザ版とアプリ版があるので、以下の記事を参考にしつつインストールしておきましょう。

 

Metamask_TOP
MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

続きを見る

 

OpenSeaのサイトにいくと、簡単にMetaMaskと紐付けができるので、サクッと会員登録まで済ませておきましょう。

 

OpenSeaの詳細な使い方については、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

 

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

 

NFTを販売してみた

 

ここからは、実際に僕がNFTを販売してみた経験談です。

 

これから自分でNFTを売ってみたい人には参考になるかと。

 

ぼくはOpenseaで「Cryptoman NFT」という仮想通貨を擬人化したキャラクターのNFTを販売しています。

 

 

このコレクションを販売したのは少し前なのですが、ここ数日で一気に全て売れました。

 

NFTを販売する際にやったことは以下のとおりです。

 

  1. アイコンをNFTにする
  2. 自分のNFTを宣伝する
  3. 自分でもNFTを購入する

 

①アイコンをNFTにする

 

当たり前の話ですがSNSアイコンの自分のNFTに設定しました。

 

 

NFTを販売しているにも関わらず、アイコンが関係ない実写の写真とかだと適当に運営しているのかなと思ってしまいますよね。

 

アイコンを自分のNFTにすることで作品のアピールにもなりますし、しっかりとNFTコレクションを運営している姿勢を表明することに繋がります。

 

買う側もせっかく買うのであれば、真面目にコレクションを展開しているNFTを買いたいはずなので、アイコンにも気を付けるべきかと。

 

②自分のNFTを宣伝する

 

自分のNFTを積極的に宣伝しました。

 

 

そもそも有名人でもない一般人のNFTは「認識すらされていない」状態なので、まずは自分のコレクションを知ってもらう必要があるからです。

 

サクッとNFTを作ってOpenseaなどに載せれば売れると思いがちですが、おそらく誰も見にすらこないでしょう。

 

自分のコレクションを多くの人に認識してもらって、やっとその作品を買うかどうか検討してもらえる段階に入ります。

 

NFT販売の最初の一歩は「自分のコレクション」を知ってもらうことです。

 

なお、インフルエンサーのえとみほさんが僕のNFTをTwitterアイコンにしてくださっています。

 

 

③自分でもNFTを購入する

 

自分もNFTを購入しました。

 

そもそも自分で買ったこともないものを売るのって微妙ですよね。

 

具体的には以下のような感じでおすすめNFTを募りました。

 

 

購入に際して様々なコレクションを見るのでイケてるコレクションとそうじゃないものがなんとなくわかってきます。

 

NFTへの審美眼が備わってくるので、自分のコレクション展開にも活きてくるはずです。

 

NFTを売るコツについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

NFT
今話題のNFTアートを販売してみたら全部売れた件【売るコツも紹介】

続きを見る

 

まとめ:NFTは今後さらに盛り上がる見込み

まとめ:NFTは今後あらゆる分野で導入が進む可能性がある

 

今回はNFTのメリット・デメリットについて解説してきました。

 

NFTはまだ発展途上で一部の敏感な人が購入している状況であり、今のうちに参入しておくと先行者利益を得られる可能性が高いです。

 

ただ、残念ながらこの記事を読んだ100人のうち97人は何の行動もしません。

 

行動しないと何も始まらないので、まずは以下の記事を参考にサクッとNFTを始めてみましょう。

 

NFT
NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

続きを見る

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5