NFT

NFTのMint(ミント)とは?Mintの意味・やり方をわかりやすく解説

 

悩んでいる人
NFTを始めてみたいけど、Mint(ミント)って何なんだろう?Mintの意味ややり方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTのMint(ミント)とは?
  • NFTのMint(ミント)のやり方
  • NFTがMint(ミント)できるマーケットプレイス
  • NFTをMint(ミント)する際の注意点
  • NFTのMint(ミント)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTアートを出品し、収益を得ています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

話題のNFTについて調べていると「Mint(ミント)」という言葉をよく目にします。

 

 

最初は何のことか全くわかりませんよね。実はMint(ミント)はNFTでは必須の作業になります。

 

そこで今回は、NFTのMint(ミント)の意味ややり方についてわかりやすく解説します。

 

この記事を読むとMint(ミント)のことが正しく理解できてNFTを始めることができるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、NFTを売買するにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、無料で口座開設できるコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

もくじ

NFTのMint(ミント)とは?

NFTの概要

 

NFTのMint(ミント)とは、デジタルアートをNFT化する際にブロックチェーンに記録する作業のことです。

 

こう書くと難しいかもですが、ざっくりと「Mintする=NFTにする」くらいのイメージでOK。「Mint」という英単語は「作り出す」という意味なので、それが由来となっています。

 

従来のデジタルアートはネット上に公開すると即座に複製され、どれがオリジナル作品なのかが判別できませんでした。

 

しかし、NFTにすることでブロックチェーン上に作成者情報が永遠に記録されるため、オリジナルであることが客観的に証明されます。

 

また、既存のアート作品は最初に売れた時しかクリエイターに報酬は入りませんが、NFTであれば二次流通でもクリエイターに報酬が入ることが特徴です。

 

最近ではスマホアプリで誰でも簡単にイラストが描けるので、それをNFTにして稼いでいる人も増えています。

 

NFTアートを作るおすすめアプリについては、【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】で紹介しているのでよかったらどうぞ。

 

NFT
【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】

続きを見る

 

NFTのList(リスト)との違い

 

NFTには「List(リスト)」という作業もあり、こちらは作ったNFTを出品することを指しています。

 

MintとListの違いはざっくり以下のとおり。

 

  • Mint:NFT化する
  • List:NFTを出品する

 

MintとListはちょっと紛らわしいですが、上記のとおり覚えておけばOKです。

 

NFTをMintする際はガス代がかかる場合も

 

NFTをMintする際にはガス代という手数料がかかる場合があります。

 

NFTマーケットプレイスにより、手数料の有無は異なります。

 

例えば、Openseaの場合はMintは無料ですが、初回出品時に2.5%のガス代が発生します。

>>【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

 

なので、自分が使う予定のあるNFTマーケットプレイスのガス代については、事前に確認しておくようにしてください。

 

NFTのMint(ミント)のやり方

NFT

 

それでは、NFTのMint(ミント)のやり方を具体的に解説していきます。

 

NFTのMint(ミント)のやり方の具体的手順は以下のとおり。

 

  1. コインチェックに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. MetaMaskを導入
  4. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  5. NFTマーケットプレイスに登録
  6. デジタルコンテンツをNFTにする
  7. ウォレットに登録されたNFTを出品する

 

①コインチェックに登録

 

NFTをMintする最初のステップとして、コインチェックで口座開設をしましょう。

 

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

 

まず、以下のリンクからコインチェック公式サイトにアクセスします。

 

コインチェック公式サイト

 

コインチェックでは簡単に口座を開設できるので、トップページの「口座開設(無料)はこちら」から登録できます。

 

①コインチェックに登録

 

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②イーサリアムを購入

 

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

 

イーサリアムを購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

 

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

 

②イーサリアムを購入

 

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

 

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にてイーサリアムを選択して日本円で購入します。

 

イーサリアムを選択

 

③MetaMaskを導入

 

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)に購入したイーサリアムを送る必要があります。

 

MetaMaskとは、ネット上で利用できるイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。

 

MetaMaskを使うことで、簡単に仮想通貨の送金や受け取りが可能です。

 

ブラウザの拡張機能を使うのであれば、GoogleChromの使用をおすすめします。

 

GoogleChromでMetaMaskは以下のようにインストールしましょう。


「Chrom」→「環境設定」→「拡張機能」→「Chromウェブストア」と進み、Chromウェブストアで「MetaMask」と検索します。

 

MetaMask

 

表示されたMetaMaskをインストールして、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

 

新しいウォレットを追加する

 

その後、説明にしたがって必要項目を記入していきます。

 

登録が完了すれば、MetaMaskの導入は完了です。

 

④イーサリアムをMetaMaskへ送金

 

コインチェックで購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

 

まずは作成したMetaMaskを開き、「0x」から始まるアドレスをコピーしてください。

 

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択します。

 

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、ネットワークを間違えると送金した仮想通貨が戻ってこないこともあるので、ここには特に注意しましょう。

 

イーサリアムメインネット

 

コインチェックで「暗号資産の送金」から「Ethereumを送る」選択し、「送金先リストの編集」を選択します。

 

「新規ラベル」には「myMetaMask」など、自分のMetaMask宛に送ることがわかる名前をつけて、「新規宛先」にMetaMaskのコピーしたアドレスをペーストします。

 

myMetaMask

 

送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送金する」を押せば送金完了です。

 

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってMetaMaskにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

⑤NFTマーケットプレイスに登録

 

次に、使いたいNFTマーケットプレイスに登録します。

 

ここでは、最も人気のあるOpenSeaに登録する手順を説明します。

 

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面右上のアカウントマークを選択しましょう。

 

そこから「Setting」を選択すると、OpenSeaと紐付けるウォレットを選ぶ画面が表示されます。

 

Setting

 

先ほどMetaMaskのウォレットを作成したので、MetaMaskを選択しましょう。

 

MetaMask

 

すると「署名の要求」というポップアップウィンドウが表示されるので、「署名」を選択します。

 

署名

 

これでOpenSeaとMetaMaskの紐付けが完了しました。

 

再度画面右上のアカウントマークを選択して「Setting」を選択します。

 

すると、「Profile Setting」ページが表示されるので、必要な箇所を入力しましょう。

 

最低限であれば、「Username」と「Email Adress」のみで結構です。

 

Profile Setting

 

入力が完了したら「Save」を選択すると、入力したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールを開いて「VERIFY MY EMAIL」をクリックしてください。

 

VERIFY MY EMAIL

 

これでメール認証も完了したことになります。

 

以上でOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができるようになりました。

 

⑥デジタルコンテンツをNFTにする

 

続いて、自身が作成したデジタルコンテンツをNFTにします。これがMintと呼ばれる工程です。

 

OpenSeaにログインした状態でトップページの「Create」を選択しましょう。

 

Create

 

「Create new item」のページが表示されるので、作品をアップロードして必要項目を入力してください。

 

Create new item

 

最低限であれば作品のアップロードと作品名だけ入力して最後に「Create」ボタンを押せば、このようなページが表示されてNFTアートが完成します。

 

Create

 

自身のプロフィールページでも自分のコレクションが増えているか確認しましょう。

 

これで、あなたが作った世界で一つのNFTアートが完成しました。

 

NFTアート

 

⑦ウォレットに登録されたNFTを出品する

 

次に、OpenSeaにNFTを出品しましょう。

 

自分のアカウントページからコレクションを選択して、画面右上の「Sell」を選択します。

 

すると、NFTの販売方法が選択できるページに移動しますので、売りたい方法を選択して販売します。

 

Sell

 

販売方法には以下の方法があります。

 

  1. 固定額販売
  2. オークション
  3. ダッチオークション
  4. プライベートセール

 

①固定額販売

 

固定額販売とは、最初に設定した価格でNFTを販売する方法です。

 

固定額販売でNFTを販売したい場合、「Types」から「Fixed Price」を選択しましょう。

 

「Price」で販売価格を設定して、「Duration」で販売期間を設定し、「Complete listing」を選択すれば出品が完了します。

 

Complete listing

 

②オークション

 

人気のあるNFTで、購入希望者が多い場合はオークション形式でNFTを販売できます。

 

購入希望者のうち、販売期間終了までに一番高い金額を提示した買い手がNFTを購入できます。

 

オークションを選択する場合は「Type」から「Timed Auction」を選択しましょう。

 

「Method」は「Sell to highest bidder 」を選択します。

 

「Starting price」に開始価格を設定します。

 

「Duration」で販売期間を設定します。

 

オークション

 

また、「Include reserve price」をオンにすると、最低落札価格を設定できます。

 

Include reserve price

 

最低落札価格を設定すると、設定した金額より高い金額が提示されないと、NFTを販売する必要がありません。

 

たとえば、最低落札価格を10,000円に設定していた場合、最終的に購入希望価格が8,000円までしか届かなかった場合、そのオークションを無効にできます。

 

どうしても販売したい最低金額が決まっている場合は、設定しておくとよいでしょう。

 

③ダッチオークション

 

ダッチオークションとは、時間がたつに連れて徐々に価格が下がっていく販売方法です。

 

通常のオークション形式と違い、入札が入った時点で取引が成立するので、価格設定がよければ販売するまでにかかる時間が早いのが特徴です。

 

ダッチオークションを選ぶ場合は、「Type」から「Timed Auction」を選び、「Method」は「Sell with declining price 」を選択します。

 

Starting price」で開始価格を設定して、Duration」には販売期間を設定します。

 

Ending price」に最終的に止まる金額を設定します。

 

Starting price」から「Ending price」までの価格を「Duration」で設定した期間によって徐々に価格が下がっていきます。

 

ダッチオークション

 

④プライベートセール

 

特定の相手にNFTを販売したい場合は、プライベートセールを選択することもできます。

 

プライベートセールを選択する場合は、まず「Type」から「Fixed Price」を選択します。

 

そして、「More options」を選択して、「Reserve for specific buyer」の項目をオンにします。

 

すると、ウォレットアドレスを入力する欄が表示されるので、販売したい相手のウォレットアドレスを入力しましょう。

 

プライベートセール

 

以上でNFTのMintと出品が完了です!お疲れ様でした。

 

NFTがMint(ミント)できるマーケットプレイス

NFT

 

続いて、NFTを始める際におすすめのマーケットプレイスを紹介します。

 

  1. Opensea
  2. Rarible
  3. SuperRare

 

順番に説明します。

 

①OpenSea(オープンシー)

①OpenSea(オープンシー)

出典:https://opensea.io/

 

OpenSea(オープンシー)は2017年12月にニューヨークを拠点としてつくられたNFTマーケットプレイスです。Openseaについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

 

NFTマーケットプレイスとしては世界最大規模をほこります。

 

取引額、ユーザー数も多く著名人もNFTアートを出品しているので、一番おすすめのNFTマーケットプレイスです。

 

またOpenSeaでは、自身の持っているオリジナルのデジタルコンテンツを無料でNFTアートにすることができます。

 

これはOpenSeaを利用する上で大きなメリットのひとつです。

 

②Rarible(ラリブル)

②Rarible(ラリブル)

出典:https://rarible.com/

 

Rarible(ラリブル)はアメリカのデラウェア州に拠点を置くRarible社が運営しているNFTマーケットプレイスです。

 

販売されているNFTアートが非常に見やすいことが特徴で、UIが非常に整っています。

 

また、RaribleがOpenSeaと大きく違うのは、コミュティ上のすべての意思決定がユーザーによって行われるDAO(分散型自立組織)を目指している点です。

 

さらにRaribleは独自トークンのRARIをユーザーに配布しています。

 

RARITOP
仮想通貨Rarible(rari/ラリブル)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

RARIは、Raribleが将来的にDAOに移行するにあたってガバナンストークンとして働く予定です。

 

RARIの保有者は、システムのアップグレードの提案と投票などに関わることができると発表されています。

 

③SuperRare(スーパーレア)

③SuperRare(スーパーレア)

出典:https://superrare.com/

 

SuperRare(スーパーレア)は、その名の通り、NFTマーケットプレイスの中でもとくに質の高いNFTアートが多く出品されていることが特徴です。

 

SuperRareでは、NFTアーティストがNFTアートを出品する際には厳しい審査を受ける必要があります。

 

審査は1度で通ることはほとんどないほど厳しく、知名度やNFTアートの希少性によって判断されるのです。

 

このような厳しい審査を通過して出品されているNFTアートはどれも質が高く、高額で取引されています。

 

また、SuperRareに出品されているNFTアートには、ひとつずつクリエイターのコメントがついており、SuperRareに出品しているクリエイターたちの熱意を感じられることでしょう。

 

NFTをMint(ミント)する際の注意点

 

NFTをMint(ミント)する際の注意点は以下のとおりです。

 

  1. 必ずオリジナルコンテンツを使う
  2. 他人に代行を依頼しない
  3. 偽マーケットプレイスを使わない

 

順番に説明します。

 

①必ずオリジナルコンテンツを使う

 

NFTをMintする際は、必ず自分が作成したオリジナルコンテンツを使うようにしてください。

 

Mint作業自体は数分で簡単にできるので、他人の作品をNFTにすることもできてしまいます。

 

他人の作品をNFTにして販売した場合、著作権侵害という犯罪になるので絶対にやめましょう。

 

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

NFT
NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

続きを見る

 

②他人に代行を依頼しない

 

他人にNFT出品を依頼することもやめておきましょう。

 

詐欺の可能性があり、自分のコンテンツやトークンなどを奪われてしまう可能性があるからです。

 

NFTをMintする際はMetamaskなどのウォレット連携が必要になるため、その情報を悪用されると自分の資産が盗まれてしまいます。

 

NFTの出品代行などのサービスもありますが、利用しないのが無難ですね。

 

③偽マーケットプレイスを使わない

 

偽のマーケットプレイスにも注意が必要です。

 

Openseaなどにそっくり似せた詐欺サイトが数多くあり、うっかりそこに登録してしまうと個人情報やトークンなどが盗まれます。

 

なので、URLを必ず確認し公式サイトを使うようにしてください。

 

NFTのMint(ミント)に関するよくある質問

 

続いて、NFTのMint(ミント)に関するよくある質問について答えます。

 

  1. どんなデータでもMintできるの?
  2. Mintはお金がかかるの?

 

①NFTはどんなデータでもMintできるの?

 

基本的にはデジタルデータであればなんでもNFTとしてMintできます。

 

現在、NFT化されているものは以下のとおり多岐に渡っています。

 

  • イラスト
  • 写真
  • 音楽
  • 動画
  • チケット
  • トレーディングカード

 

個人がNFTを始める際はイラストや写真、音楽を扱う場合がほとんどです。

 

最初はSNSのアイコンなどに設定できるイラストで始めると売れやすいかと。

 

NFTを売るコツについては、【結論】NFTアートが売れない理由3つと売るための5つのコツで僕の実体験をふまえて詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

NFT
【結論】NFTアートが売れない理由3つと売るための5つのコツ

続きを見る

 

②NFTのMintはお金がかかるの?

 

マーケットプレイスによってはガス代という手数料がかかります。

 

主要なマーケットプレイスで比較すると以下のとおり。

 

  Opensea Foundation Rarible Coincheck NFT(β)
Mint時のガス代 無料 約1200円 約2000円 無料

 

ガス代はNFTをListする時や購入する時にもかかってくるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

Openseaのガス代の詳細については、【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

続きを見る

 

まとめ:NFTのMintを理解したら早速始めてみよう

 

以上、NFTのMintの意味・やり方について解説してきました。

 

NFT市場は今後急速に拡大すると予想されており、今のうちに始めておくことで先行者利益を得ることができます。

 

迷っている間にどんどんチャンスは逃げていきます。NFTに興味があるならこの記事を参考にサクッと始めてみるといいですよ。

 

なお、NFTを売買する際には主にイーサリアムが必要になるので、コインチェックで口座を無料開設してNFT購入用のイーサリアムを買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

Openseaの使い方はこちらで画像付きで解説しています。

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

NFTについてはこちらで詳しく解説しています。

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

NFTを売るコツについては以下で詳しく解説しています。

NFT
【結論】NFTアートが売れない理由3つと売るための5つのコツ

続きを見る

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5