NFT

NFTスニーカーとは?特徴や買い方・作り方とおすすめプラットフォームを徹底解説

 

悩んでいる人
NFTスニーカーを購入してみたいけど、やり方がわからない。NFTスニーカーの特徴や購入・販売方法を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTスニーカーとは
  • NFTスニーカーの特徴
  • おすすめのNFTスニーカー
  • NFTスニーカーの始め方
  • NFTスニーカーの出品方法
  • NFTスニーカーの購入方法
  • NFTスニーカーを売買できるプラットフォーム

 

本記事の信頼性

筆者はNFTを日常的にNFTを売買しており、自分でもNFTアート作品を販売し一時流通は完売しています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近NFTがTVでも報じられるようになり、あらゆるものがNFTとして販売され人気となっています。

中にはスニーカーのNFTもあり、人気のNFTスニーカーは高値で取引されるなど注目を集めています。

そこで今回は、NFTスニーカーの特徴や購入・販売方法などについてわかりやすく解説します。

なお、NFTスニーカーを購入・販売するにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、仮想通貨を1円から購入できるビットフライヤーで購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

NFTスニーカーとは

NFTスニーカーとはスニーカーをNFT化して唯一無二の価値をつけたものです。

人気のスニーカーは精巧につくられた偽物やコピー品が多く、そのスニーカーが本物かどうかを判別することが困難です。

そのため、メーカーの著作権侵害やうっかり偽物を買わされるケースが多発しており、問題になっています。

一方で、NFTはブロックチェーンを活用しているため、作成者の情報やいつNFT化されたかが記録されています。

つまり、スニーカーをNFT化することで作成者とオリジナルであることを証明できるのです。

そのため、安心して購入することができ、唯一無二のデジタル資産として注目を集めています。

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

NFTスニーカーの特徴

NFTスニーカーの特徴は以下のとおり。

  1. 本物であると証明できる
  2. 二次販売が可能
  3. 偽造品の被害を減らせる
  4. 有名ブランドが参入
  5. 唯一性の保証

順番に解説します。

 

①本物であると証明できる

NFTスニーカーは本物であることが容易に証明可能です。

なぜなら、NFTなので発行者の情報が記録されているため、誰がそのNFTを作成したかが明確にわかるからです。

具体的にはそのNFTスニーカーの作成者や今までの所有者などの取引履歴が全てブロックチェーンに記録されているため、本物であることを客観的に証明可能。

一方で、知らない第三者が発行したNFTスニーカーは違法コピーであることも瞬時にわかります。

実物のスニーカーだと「スーパーコピー」と呼ばれる精巧な偽造品も多く、真偽の判別が困難です。

しかし、NFTスニーカーであれば真贋判定が容易な点が大きな特徴と言えるでしょう。

 

②二次販売が可能

NFTスニーカーは二次販売が可能です。

二次販売とはスニーカーの購入者がさらに別の人にその作品を販売することです。

従来のスニーカーは一次販売の際にメーカーに売上が入って終わりでした。

一方、NFTスニーカーは二次販売であってもメーカーもしくは作者に利益が入る仕組みになっており、転売されるたびに印税を受け取ることができます。

そのため、作者は正当な利益を漏らさずに手にすることができるのです。

NFT転売で利益を出すコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③偽造品の被害を減らせる

NFTスニーカーは偽造品による被害を減らすことに繋がります。

人気のスニーカーは精巧に作られた偽造品が蔓延しており、専門家でも鑑定が困難なケースがあります。

正規の工場から流出したパーツを用いて作られているため、見た目では本物と見分けがつかないのです。

しかし、NFTスニーカーではブロックチェーンを用いて作られるため、偽造は不可能です。

>>【超初心者向け】ブロックチェーンについて学べるおすすめの本3冊【無料あり】

仮にNFTスニーカーの画像を複製したとしてもブロックチェーンの記録を見ることでコピーと判別できます。

このように、正当な権利者が発行したNFTスニーカーを増やすことで、偽造品の被害を最小限に抑えられるでしょう。

 

④有名ブランドが参入

NFTスニーカーには既に有名ブランドが続々と参入しています。

具体的にNFTスニーカーを販売している有名ブランドは以下のとおり。

  • Nike
  • Asics
  • アディダス
  • アンダーアーマー

このように誰もが知るブランドがNFTスニーカーを発売し、実際に完売しています。

そのため、他のスポーツブランド等もこの動きに追随すると見られており、今後さらに多くのNFTスニーカーが発売される見込みです。

 

⑤唯一性の保証

NFTスニーカーはNFT技術を使用しているため、通常のスニーカーとは異なり、唯一性が保証されています。

この技術により、スニーカーは一種のデジタルアセットとして、ブロックチェーン上に登録されます。

そのため、NFTスニーカーはそのデザインやデータを含めて高い価値がつく傾向にあります。

 

おすすめのNFTスニーカー

続いて、おすすめのNFTスニーカーを紹介します。

  1. Nike
  2. Under Armour
  3. ASICS

それぞれ解説します。

 

①Nike

NikeはNFTスニーカーコレクションの「Dunk Genesis Cryptokicks」を展開しています。

2万足用意されており、1足5~7万円でコレクターを中心に活発な取引がされています。

2足を掛け合わせて新しいスニーカーを生み出す「ミント」も可能。

 

②Under Armour

スポーツメーカーのUnder ArmourはNBAのゴールデンステート・ウォリアーズのスティーブン・カリー選手にちなんだNFTスニーカーを発表しています。

このNFTスニーカーは以下のゲームでも使用可能。

  • Gala Games
  • Decentraland
  • Sandbox

1足約30,000円で、売り上げは慈善団体に寄付されるとのことです。

 

③ASICS

ASICSも自社の人気スニーカーをNFTスニーカーとして販売しています。

購入特典としてシューズの3Dモデル等の使用が可能になります。

レンダリングやアニメーション、そしてメタバース内のアバターに履かせて楽しむことができます。

メタバースの始め方については、【初心者向け】メタバースの始め方・やり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

NFTスニーカーの始め方

それでは、NFTスニーカーの始め方を具体的に解説していきます。具体的手順は以下のとおり。

  1. ビットフライヤーに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. MetaMaskを導入
  4. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  5. NFTマーケットプレイスに登録

順番に解説します。

 

①ビットフライヤーに登録

NFTスニーカーを始める最初のステップとして、ビットフライヤーで口座開設をしましょう。

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからビットフライヤー公式サイトにアクセスします。

 

ビットフライヤー公式サイト

 

ビットフライヤーでは簡単に口座を開設できるので、トップページの「新規登録」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②イーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはビットフライヤーに日本円を入金します。

ホーム画面の「入出金」→「入金」で日本円を入金できます。

bitflyer

入金方法には「銀行振込」、「ネット銀行振込」、「コンビニ入金」の3つから選択可能です。

ビットフライヤーに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」を選択して購入できます。

bitflyer_eth

 

③MetaMaskを導入

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)に購入したイーサリアムを送る必要があります。

MetaMaskとは、ネット上で利用できるイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。

MetaMaskを使うことで、簡単に仮想通貨の送金や受け取りが可能です。

ブラウザの拡張機能を使うのであれば、GoogleChromeの使用をおすすめします。

GoogleChromeでMetaMaskは以下のようにインストールしましょう。

「Chrome」→「環境設定」→「拡張機能」→「Chromeウェブストア」と進み、Chromeウェブストアで「MetaMask」と検索します。

MetaMask

表示されたMetaMaskをインストールして、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

新しいウォレットを追加する

その後、説明にしたがって必要項目を記入していきます。

登録が完了すれば、MetaMaskの導入は完了です。

 

④イーサリアムをMetaMaskへ送金

ビットフライヤーで購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

まずは作成したMetaMaskを開き、「0x」から始まるアドレスをコピーしてください。

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択します。

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、ネットワークを間違えると送金した仮想通貨が戻ってこないこともあるので、ここには特に注意しましょう。

イーサリアムメインネット

ビットフライヤーで「入出金」→「イーサリアム」→「アドレスを登録する」を選択します。

bitflyer_address

案内メールが来るので、URLをクリック。

bitflyer_mail

ラベルとイーサリアムアドレスを入力して「次へ」をクリック。

bitflyer_address2

アドレス所有者「お客様本人」、送付先「プライベートウォレット等」を選択しチェックを入れ「追加する」をクリック。

bitflyer_address3

Metamaskのアドレスが登録されたので、送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送付する」を押せば送金完了です。

bitflyer_address4

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってMetaMaskにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

⑤NFTマーケットプレイスに登録

次に、使いたいNFTマーケットプレイスに登録します。

ここでは、最も人気のあるOpenSeaに登録する手順を説明します。

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面右上のアカウントマークを選択しましょう。

そこから「Setting」を選択すると、OpenSeaと紐付けるウォレットを選ぶ画面が表示されます。

Setting

先ほどMetaMaskのウォレットを作成したので、MetaMaskを選択しましょう。

MetaMask

すると「署名の要求」というポップアップウィンドウが表示されるので、「署名」を選択します。

署名

これでOpenSeaとMetaMaskの紐付けが完了しました。

再度画面右上のアカウントマークを選択して「Setting」を選択します。

すると、「Profile Setting」ページが表示されるので、必要な箇所を入力しましょう。

最低限であれば、「Username」と「Email Adress」のみで結構です。

Profile Setting

入力が完了したら「Save」を選択すると、入力したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールを開いて「VERIFY MY EMAIL」をクリックしてください。

VERIFY MY EMAIL

これでメール認証も完了したことになります。

以上でOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができるようになりました。

 

NFTスニーカーの購入方法・買い方

続いて、OpenseaでNFTスニーカーを購入する方法を説明していきます。

  1. 購入したいNFTスニーカーを検索
  2. メタマスクに保有しているイーサリアムで支払いを行う
  3. WETHで取引する場合もある

 

①購入したいNFTスニーカーを検索

まずは、OpenSeaのトップページから「Explore」を選択します。

Explore

すると、出品されているNFTの一覧が表示されるので、好きなNFTを選びましょう。

画面上部の検索バーから特定のNFTを検索できます。

またジャンル分けもされているので、もしNFT Musicが欲しい場合は、「Music」を選択しましょう。

Music

 

②メタマスクに保有しているイーサリアムで支払いを行う

欲しいNFTが決まったら、商品ページに移動して支払いをします。

表示されている価格で購入する場合は「Buy now」を選択しましょう。

Buy now

表示されるポップアップウインドウのチェックボックスにチェックを入れ、「Confirm Checkout」を選択します。

Confirm Checkout

これで購入が完了しました。

アカウントページでNFTが自分のものになっているか確認しましょう。

NFTはウォレットに登録されるので、MetaMaskでも確認が可能です。

ちなみに、購入する際にはイーサリアムで支払いを行うための手数料(ガス代)が必要なので、表示されている価格とガス代を足した金額が合計支払い金額です。

 

③WETHで取引する場合もある

NFTを購入しようとしたら、イーサリアムのマークが赤く表示されている場合があります。

その際は、ETHではなく、WETHで支払う必要があります。

WETH

WETHはラッピングされたイーサリアムという意味で、簡単に説明すると、ERC-20の規格に準拠したイーサリアムと同価値のトークンです。

WETHで支払うメリットとしては、普通にイーサリアムで支払いを行うより支払い手数料が安くなります。

赤いイーサリアムが表示されているNFTを購入しようとすると、「Convert ETH」というボタンが出てくるので、選択するとUniswapのswapページが表示されます。

Convert ETH

そこで所持しているETHとWETHをスワップできます。

WETHにスワップできたら、NFTを購入しましょう。

 

NFTスニーカーの出品方法・作り方

次に、OpenSeaでNFTスニーカーを作成して、出品する方法を解説します。

NFTスニーカーを出品する方法は以下の通りです。

  1. デジタルコンテンツをNFTにする
  2. ウォレットに登録されたNFTを出品する

それぞれ、解説します。

 

①デジタルコンテンツをNFTにする

まずは、自身が作成したデジタルコンテンツをNFTにします。

OpenSeaにログインした状態でトップページの「Create」を選択しましょう。

Create

「Create new item」のページが表示されるので、作品をアップロードして必要項目を入力してください。

Create new item

最低限であれば作品のアップロードと作品名だけ入力して最後に「Create」ボタンを押せば、このようなページが表示されてNFTアートが完成します。

Create

自身のプロフィールページでも自分のコレクションが増えているか確認しましょう。

これで、あなたが作った世界で一つのNFTアートが完成しました。

NFTアート

②ウォレットに登録されたNFTを出品する

次に、OpenSeaにNFTを出品しましょう。

自分のアカウントページからコレクションを選択して、画面右上の「Sell」を選択します。

すると、NFTの販売方法が選択できるページに移動しますので、売りたい方法を選択して販売します。

Sell

以上で出品完了です。

 

NFTスニーカーを売買できるプラットフォーム

NFT

続いて、NFTスニーカーを売買するのにおすすめのプラットフォームを紹介します。

  1. Opensea
  2. Rarible
  3. SuperRare

順番に説明します。

 

①OpenSea(オープンシー)

①OpenSea(オープンシー)

出典:https://opensea.io/

OpenSea(オープンシー)は2017年12月にニューヨークを拠点としてつくられたNFTマーケットプレイスです。Openseaについては以下の記事で詳しく紹介しています。

opensea_TOP
OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

続きを見る

NFTマーケットプレイスとしては世界最大規模をほこります。

取引額、ユーザー数も多く著名人もNFTアートを出品しているので、一番おすすめのNFTマーケットプレイスです。

またOpenSeaでは、自身の持っているオリジナルのデジタルコンテンツを無料でNFTアートにすることができます。

これはOpenSeaを利用する上で大きなメリットのひとつです。

 

②Rarible(ラリブル)

②Rarible(ラリブル)

出典:https://rarible.com/

Rarible(ラリブル)はアメリカのデラウェア州に拠点を置くRarible社が運営しているNFTマーケットプレイスです。

販売されているNFTアートが非常に見やすいことが特徴で、UIが非常に整っています。

また、RaribleがOpenSeaと大きく違うのは、コミュティ上のすべての意思決定がユーザーによって行われるDAO(分散型自立組織)を目指している点です。

さらにRaribleは独自トークンのRARIをユーザーに配布しています。

RARITOP
仮想通貨Rarible(rari/ラリブル)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

RARIは、Raribleが将来的にDAOに移行するにあたってガバナンストークンとして働く予定です。

RARIの保有者は、システムのアップグレードの提案と投票などに関わることができると発表されています。

 

③SuperRare(スーパーレア)

③SuperRare(スーパーレア)

出典:https://superrare.com/

SuperRare(スーパーレア)は、その名の通り、NFTマーケットプレイスの中でもとくに質の高いNFTアートが多く出品されていることが特徴です。

SuperRareでは、NFTアーティストがNFTアートを出品する際には厳しい審査を受ける必要があります。

審査は1度で通ることはほとんどないほど厳しく、知名度やNFTアートの希少性によって判断されるのです。

このような厳しい審査を通過して出品されているNFTアートはどれも質が高く、高額で取引されています。

また、SuperRareに出品されているNFTアートには、ひとつずつクリエイターのコメントがついており、SuperRareに出品しているクリエイターたちの熱意を感じられることでしょう。

 

NFTスニーカーまとめ

NFTスニーカーの登場により「自分で作ったスニーカーを売って稼ぐ」という願いが実現しつつあります。

さらに有名なNFTスニーカーを転売して利益を得ることも可能です。

「NFTスニーカーで稼ぎたい」と考えている方は、このタイミングで始めることで先行者利益を得やすくなります。

残念ながら、この記事を読んだ100人中95人は行動しません。

この瞬間に行動を起こした5人しか、その恩恵は得られません。

ビットフライヤーで口座を開設して、まずは最初の一歩であるイーサリアム購入に踏み出しましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5