NFT

NFTアートを販売してみた!販売する際にやったこと、売るコツを徹底解説

NFT

 

悩んでいる人
NFTを販売してみたいけど売れるのかな?実際にNFTを販売してみた人の話が聞きたい。NFTを売るためのコツも教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTアートを販売してみたら全部売れた
  • NFTアートを販売する際にやったこと
  • NFTアートとして売れるもの
  • NFTアートが売れない理由
  • NFTアートを販売する際のコツ

 

本記事の信頼性

筆者は実際にOpenseaでNFTコレクションを出品し全て完売しています。さらにNFTに関するブログを運営し月330万ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近何かと「NFT」という言葉をよく耳にするようになり、自分でNFTアートを販売して稼いでいる人が増えてきました。

 

この状況を受けて自分もNFTを販売してみたい!と考えている方も多いはず。

 

ですが、実際にNFTを販売してみて売れるんだろうか?と不安に思ってしまいますよね。

 

そこで今回は実際にNFTを販売し、完売している僕がNFTを販売した体験談や売るためのコツなどを解説します。

 

この記事を読むとNFT販売の実際の状況がわかるので、安心してNFTを販売できるようになるはずです。

 

なお、NFTを販売するためには手数料としてイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

NFTアートを販売してみたら全部売れた

NFT

 

ぼくはOpenseaで「Cryptoman NFT」という仮想通貨を擬人化したキャラクターのNFTを販売しています。

 

 

このコレクションを販売したのは少し前なのですが、ここ数日で一気に全て売れました。

 

もちろん、しばらくは出品した後にどうすればいいかわからずまったく売れない状態でした。

 

自分のNFTコレクションをもっとたくさんの人に知ってほしいと思い、様々な行動をした結果です。

 

そこで、NFTを販売するためにやったことなどをまとめていきます。

 

そもそもNFTがなぜ売れるのかについては、NFTはなぜ売れる?売れる理由や売れるもの、売るコツを徹底解説で詳しくまとめているので読んでもらえると幸いです。

 

NFTアートを販売する際にやったこと

NFT

 

NFTを販売する際にやったことは以下のとおりです。

 

  1. アイコンをNFTにする
  2. 自分のNFTを宣伝する
  3. 自分でもNFTを購入する
  4. Giveawayを行う
  5. NFTに関する発信をする

 

それぞれ解説します。

 

①アイコンをNFTにする

 

当たり前の話ですがSNSアイコンの自分のNFTに設定しました。

 

 

NFTを販売しているにも関わらず、アイコンが関係ない実写の写真とかだと適当に運営しているのかなと思ってしまいますよね。

 

アイコンを自分のNFTにすることで作品のアピールにもなりますし、しっかりとNFTコレクションを運営している姿勢を表明することに繋がります。

 

買う側もせっかく買うのであれば、真面目にコレクションを運営しているNFTを買いたいはずなので、アイコンにも気を付けるべきかと。

 

まずは自己紹介かわりにアイコンをNFTにしておきましょう。

 

 

②自分のNFTを宣伝する

 

自分のNFTを積極的に宣伝しました。

 

 

そもそも有名人でもない一般人のNFTは「認識すらされていない」状態なので、まずは自分のコレクションを知ってもらう必要があるからです。

 

サクッとNFTを作ってOpenseaなどに載せれば売れると思いがちですが、おそらく誰も見にすらこないでしょう。

 

自分のコレクションを多くの人に認識してもらって、やっとその作品を買うかどうか検討してもらえる段階に入ります。

 

NFT販売の最初の一歩は「自分のコレクション」を知ってもらうことです。

 

ちなみに、ぼくのNFTコレクション「Cryptoman NFT」は一時流通は完売しており、一時期インフルエンサーのえとみほさんがTwitterアイコンにしてくださっていました。

 

 

③自分でもNFTを購入する

 

自分もNFTを購入しました。

 

そもそも自分で買ったこともないものを売るのって微妙ですよね。

 

具体的には以下のような感じでおすすめNFTを募りました。

 

 

購入に際して様々なコレクションを見るのでイケてるコレクションとそうじゃないものがなんとなくわかってきます。

 

NFTへの審美眼が備わってくるので、自分のコレクション展開にも活きてくるはずです。

 

④Giveawayを行う

 

NFTのGiveawayを行いました。

 

NFTのGiveawayとは、NFTコレクションの宣伝のために無料でNFTアートをプレゼントする企画のことです。

 

僕も以下のようにGiveawayを実施。

 

Giveawayの応募には以下の条件が課されることが多く、効率的にフォロワーを獲得し、コレクションの認知度を上げることができます。

 

  • 企画者をフォロー
  • いいね
  • RT

 

ぼくも上記ツイートの通り、フォロー・いいね・RTをお願いしています。

 

このGiveawayをきっかけに僕のコレクションを知ってもらい、そこから購入につながりました。

 

NFTのGiveawayのやり方については、NFTのGiveaway企画とは?Twitterでのやり方・受け取り方を徹底解説で詳しく解説しているのでよかったら併せてご覧ください。

 

⑤NFTに関する発信をする

 

精力的にNFTに関する発信をしました。

 

NFT関連の発信をすることで、信頼感を高めることができるため買われやすくなります。

 

あくまで一例ですが、ツイートがラーメンとかバイトの話題ばかりの人が運営するNFTコレクションって何か微妙ですからね。。。

 

NFTに関する発信を続けることで、NFTに興味がある人のフォロワーも増えるため自分のコレクションの認知度も向上します。

 

さらに、NFTに関するブログなどを運営することで、広告収入などを得ることも可能になります。

 

NFTブログの始め方については、【初心者向け】NFTブログの始め方、3万円稼ぐ方法を徹底解説【簡単5STEP】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

NFTアートとして売れるもの

NFT

 

続いて、NFTとして売れるものを説明していきます。NFTとして売れるものは以下のとおり。

 

  1. イラスト
  2. 写真
  3. 動画
  4. 音楽
  5. その他デジタルデータ

 

順番に解説します。

 

①イラスト

 

イラストはNFTアートとして最も一般的です。

 

出典:Cryptoman NFT

 

上記のようなイラストを1~50枚程度NFT化し、コレクターアイテムとして販売することが可能です。

 

イラストが描ける人であればそのままNFTにできますし、イラストをココナラなどで外注してNFTにすることもできます。

>>ココナラでイラストを発注してみる

 

TwitterなどのSNSではNFTアートをアイコンにするのが流行っているので、今後も一定のニーズが見込めます。

 

そのため、NFTを売るのが初めての人でも着手しやすい分野と言えます。

 

NFTイラストの作り方については、NFTイラストの作り方・販売方法を解説【おすすめプラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

②写真

 

写真もNFTとして売ることができます。

 

スマホの中にある写真をNFTにすれば、撮影などの手間をかけずにNFT作品を作成できます。

 

実際に、インドネシアの大学生が自撮り写真をNFT化して販売し、売上が1億円を超えて話題となりました。

 

 

自撮りといっても、毎日PCの前に座る自分を撮影した簡単なものです。

 

gozari

 

有名シェフが購入し、自分のSNSで紹介したのをきっかけに爆発的な人気となり、ある作品は35万円を超えるなど一躍ブームとなりました。

 

このように手の込んだ写真でなくても、NFT化することで何かのきっかけでバズり大量購入される可能性を秘めています。

 

NFT写真については、【簡単】写真をNFT化して販売する手順を徹底解説で詳しく解説しています。

 

③動画

 

イラスト・写真のような静止画だけではなく、動画もNFTとして売ることができます。

 

動画にすることで情報量が多くなるため、写真よりもストーリー性をもたせたアート色の強い作品にできます。

 

実際に、VRアーティトのせきぐちあいみさんの作品「Alternate dimension 幻想絢爛」が約1300万円で落札され、大きな話題となりました。

 

 

幻想絢爛は、せきぐちさんの最初のNFT作品であり、限定1点のみということからかなりの高額で落札されました。

 

動画撮影や編集はスマホアプリでも可能なので、試しにNFTにしてみることで思わぬ価格がつくかもしれません。

 

NFT動画については、NFT動画の作り方・販売方法とおすすめプラットフォームを徹底解説で詳しく解説しています。

 

④音楽

 

音楽もNFTとして売ることが可能です。

 

楽曲自体をNFTとして販売したり、そのNFT所有者限定の楽曲配布などの特典をつけることもできるので、プロミュージシャンも音楽NFTに参入しています。

 

例えば、ミュージシャンの小室 哲哉氏は自身の楽曲「Internet for Everyone (Mix & Stems)」をオークション形式で販売しています。

 

 

元楽曲をパートごとに6トラックに分解し、それぞれのデータをNFTとして販売しています。

 

小室氏は他にもイノフェスで即興で作った音源をNFTとして販売しており、NFTへの関心が高いことが伺えます。

 

 

トップミュージシャンである小室哲哉氏が音楽NFTをリリースすることで、音楽をNFT化する動きが加速しそうです。

 

NFT音楽については、NFT音楽の作り方・販売方法とおすすめプラットフォームを徹底解説で詳しく解説しています。

 

⑤その他デジタルデータ

 

ぶっちゃけるとデジタルデータにできるものは、なんでもNFT化して売る事ができます。

 

Twitter社のCEOであるジャック・ドーシー氏の初ツイートをNFTとして高額取引された例もあります。

 

 

その他、以下のようなあらゆるものがNFT化可能です。

 

  • ライブチケット
  • ゲームアイテム
  • トレーディングカード

 

そのため、今後はあらゆるものをNFTとして資産性を持たせた形で販売する機会が増えていくはずです。

 

NFTアートが売れない理由

NFT

 

NFTアートが売れない理由は主に以下の5つに集約されます。

 

  1. 認知度不足
  2. トレンドを抑えていない
  3. SNS等で宣伝していない
  4. 価格が高い
  5. 二次流通が期待できない

 

順番に解説します。

 

①認知度不足

 

そもそも単なる一般人が作ったNFTアートは、その存在自体が知られていないのでまず売れません。

 

あなたがNFTアートを販売している事実を知っている人が少ないので、そもそも購入される確率が極めて低いのです。

 

例えばラーメン屋を開いたとして、そのお店のことを誰もしらなければお客様は来ませんよね。

 

そのため、まずはあなたのNFTアートを世の中の人に知ってもらうことが先決となります。

 

ブログやSNS等を通じて積極的に自分のNFTアートの存在を発信し、認知度を高めていきましょう。

 

②トレンドを抑えていない

 

単純に自分が作りたいものをNFTアートにしてしても、残念ながら売れないでしょう。

 

なぜなら、NFTアートにもトレンドがあり売れやすいNFTアートが存在するからです。

 

現在売れているNFTアートの特徴としては以下の点が挙げられます。

 

  • ドット絵
  • かわいい女の子
  • SNS等のアイコンにしやすい
  • ジェネラティブ

 

こうしたトレンドを抑えずに、リアルな子猫の絵をNFTにしてもおそらく売れないでしょう。

 

なので、まずは自分のNFTアートがこうしたトレンドに沿っているかどうかを確認することが重要です。

 

良く売れているNFTアートを観察し、売れているポイントを自分の作品にうまく取り入れましょう。

 

以下の記事でNFTがなぜ売れるのかを解説しているので、売れる理由もしっかりと押さえておきましょう。

>>NFTはなぜ売れる?売れる理由や売れるもの、売るコツを徹底解説

 

③SNS等で宣伝していない

 

NFTアートが売る場合にはブログ・Twitter・YouTubeといったSNS等での宣伝が必須となります。

 

先述のとおり自分のコレクションが認知されなければそもそも売れないからです。

 

しかし積極的に宣伝することへの遠慮から、宣伝がおろそかになっているケースがほとんどです。

 

SNS等で何度も自分のコレクションを露出させることで、徐々にあなたのコレクションが認識されていき、そのうちに購入してくれる人が現れます。

 

これは単純接触効果と言って、人はいつも目にするものに好感を抱くためです。

 

逆に言うと中途半端な宣伝で終わっていては、売れる可能性が極めて低いと言えます。

 

自分自身が宣伝マンとなりGiveawayなどを通じて、自分のNFTアートをしっかりと売り込んでいきましょう。

 

NFTのGiveawayのやり方については、NFTのGiveaway企画とは?Twitterでのやり方・受け取り方を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④価格が高い

 

その他よくある失敗として、価格が高すぎることが挙げられます。

 

0.1ETH(4万円)くらいの価格設定にして一個も売れてないコレクションなどを見かけます。

 

こうなると高いだけで人気の無いコレクションに見えてしまって、買う気にならないんですよね。

 

なので、最初は0.001ETH~0.01ETH(400円~4,000円)くらいに設定しておいて、誰でも気軽に買えるようにしておくと良いかと。

 

まずは出品した分を確実に売っていき、売れているコレクションとして確立することが先決。

 

ある程度売れるようになってから、徐々に値上げしていくのがコツです。

 

この辺については、僕が実際にNFTアートを完売させた経験を踏まえて今話題のNFTアートを販売してみたら全部売れた件【売るコツも紹介】で解説しています。

 

⑤二次流通が期待できない

 

二次流通が期待できない場合も売れない原因となります。

 

なぜなら、現在のNFTコレクターの大半は転売で利益を得るためにNFTを購入しているからです。

>>NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

 

そのため、転売で利益が得られなさそうなNFTはどれだけクオリティが高くても売れません。

 

その代わり、利益が出そうなNFTは微妙な出来でもバンバン売れるということになります。

 

二次流通を促すにはロードマップでコレクションの運営計画を示したり、ホルダー特典などを付与するなどの工夫が必要になってきます。

 

NFTアートを販売する際のコツ

NFT

 

NFTを販売する際のコツは以下のとおりです。

 

  1. 安い価格で出品する
  2. ETHで出品する
  3. マーケティングする
  4. 高い品質を保つ

 

①安い価格で出品する

 

まずは0.001ETH(300円くらい)で出品してみましょう。

 

なぜなら、安い価格の方がお試しで購入してくれる確率が高くなるからです。

 

いきなり0.1ETH(3万円くらい)で出品してる人がいますが、ほぼ100%買われてません。

 

はたから見ると「高いだけで誰も買ってないコレクション」に見えるので、ちょっとイメージが悪くなるんですよね。

 

なので、最初は数百円の低価格で展開し、買ってもらえるようになってから価格を見直すようにするとよいかと。

 

NFTが売れない理由については、【結論】NFTアートが売れない理由3つと売るための5つのコツで詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

②ETHで出品する

 

ETHチェーンで出品するようにしましょう。

 

Polygonチェーンはガス代が安いというメリットがあるのですが、取引高が少ないというデメリットがあります。

 

つまり、転売を視野に購入を検討している人からするとPolygonチェーンのNFTは転売しにくいので微妙なんですよね。

 

 

クリエイター側にとっても二次流通がしやすい方が、報酬も得やすいという利点があります。

 

なので、今後コレクションをしっかりと運営したいのであればETHで出品するのが良さそうです。

 

③マーケティングする

 

NFT販売においてはマーケティング必須です。

 

なぜなら、どういったNFTが売れているのかという需要を知ることでニーズに合った作品を作れるからです。

 

具体的なマーケティング内容は以下のとおり。

 

  1. どういうNFTが売れてるのか
  2. 価格はどのくらいか
  3. コレクションのボリュームはどのくらいか
  4. 誰をターゲットに売るのか
  5. コンセプトをどうするか
  6. NFTアートを作成する
  7. 宣伝する

 

たとえば、ドット絵のNFTがバカ売れしてるところに緻密な子猫のイラストを出品しても売れないですよね?

 

ですが、多くの場合いきなりNFTアートを作ってしまい、①~⑤のマーケティングを行っていないのです。

 

あなたが売りたいものではなく、みんなが欲しいものを提供することが重要です。

 

このNFTマーケティングについては、【イケハヤ氏に学ぶ】NFTを売る際に重要なことは「マーケティング」ですでわかりやすく解説しているので参考にしてください。

 

④高い品質を保つ

 

NFTアートを売るために最も重要なことは、作品自体が高い品質であることです。

 

NFTアートは、デジタル上での所有権が管理されるため、作品自体が高い品質であることが、取引される上で重要な要素となります。

 

そのため、NFTアートを売るためには、独特で魅力的な作品を作ることが重要です。

 

また、作品が世界的な視点を持っていることや、仮想通貨との相性が良いこと、所有権の管理がスムーズであることも、売れるNFTアートになるための重要な要素となります。

 

 

気軽にNFTアートを販売してみよう

 

今回はNFTを販売してみた体験談や売るためのコツについて解説しました。

 

NFTはまだ始まったばかりの分野なので、今から始めることで先行者利益を得やすくなります。

 

この記事を参考にすることで、正しい方向性でNFTを販売できるのでさっそく始めてみてください。

 

NFTの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説を参考にしてください。

 

なお、NFTを販売するにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

 

アプリダウンロード数No.1のコインチェックで口座を無料開設してイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5