NFT

NFTの用語集33選!NFT以外のWeb3.0関連のクリプト用語も徹底解説

NFT

 

悩んでいる人
NFTでよく使われる用語について詳しく知りたい。NFT以外のWeb3.0関連のクリプト用語も知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTの用語集|NFT以外のWeb3.0関連のクリプト用語も徹底解説

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFTコレクションを運営しています。さらにNFTの情報発信ブログで月100万以上の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

NFTに触れていると聞きなれない用語をよく目にします。

NFT用語を正しく理解していないと、誤った理解で損失を被る場合があるので注意が必要です。

そこで、今回はNFTでよく使われる用語を解説していきます。

この記事を読むとNFTの重要用語が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、NFTの購入にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要となります。

なので、NFTアイコンに興味がある方は、無料で口座開設できるコインチェックでイーサリアムを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

NFTの用語集|NFT以外のWeb3.0関連のクリプト用語も徹底解説

NFTの用語について解説していきます。

  1. NFT
  2. NFTマーケットプレイス
  3. Opensea(OS)
  4. ロイヤリティ
  5. ウォレット(Wallet)
  6. メタマスク(MetaMask)
  7. GOX(ゴックス)
  8. ジェネラティブ
  9. スマートコントラクト
  10. SBT(Soulbound/ソウルバウンドトークン)
  11. Discord(ディスコード)
  12. DYOR
  13. Binance(バイナンス)
  14. Bot(ボット)
  15. PFP(ピーエフピー)
  16. フルオンチェーン
  17. ホワイトリスト(WL:White list)
  18. Mint(ミント)
  19. メタバース
  20. ガス代
  21. Giveaway
  22. リスト(List)
  23. AMA(Ask me anything)
  24. プレセール
  25. パブリックセール
  26. エアドロップ(Airdrop)
  27. スワップ(Swap)
  28. ガチホ
  29. リビール
  30. ブロックチェーン
  31. イーサリアム(ETH)
  32. ビットコイン(Bitcoin)
  33. トークン

順番に解説します。

 

①NFT

NFTとは(Non-Fungible Token)の略で、「複製不能なデジタルデータ」のこと。暗号資産(仮想通貨)と同様にブロックチェーンを使って発行・取引されます。

従来のデジタルデータは簡単にコピーができるため、資産価値はほぼありませんでした。

しかし、ブロックチェーンの仕組みを活用することでコピーや改ざんが困難となり、デジタルデータそのものに価値を持たせることが可能になりました。

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が価格を上げているのはこの仕組みのためです。

NFTを活用できる分野は幅広く、デジタルアートはもちろん、スポーツや音楽でもすでに導入の動きが見られています。

今後もあらゆる分野でNFTの導入が進むと見られており、チリーズなどの暗号資産(仮想通貨)のNFT銘柄やNFT売買のプラットフォームなどの需要が増える見込みです。

 

②NFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスはNFTアートが売買できるプラットフォームです。

NFTマーケットプレイスでできることは以下のとおり。

  • NFTを販売
  • NFTの購入
  • 購入したNFTの転売
  • NFTのトランスファー

NFTマーケットプレイスを利用することであらゆるNFT取引が可能になります。

NFTの販売や転売で利益を得ることも可能です。

NFT転売のコツについては、NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Opensea(OS)

OpenSeaは2017年12月にニューヨークを拠点にしたNFTマーケットプレイスです。

2021年8月にはNFTの月間取引額が約3,650億円、ユーザー数は22万人を超え、今もなお規模が拡大しています。

OpenSeaではNFTの販売方法がオークション形式をとることもあるので、私たちの身近なもので例えるとヤフオク!やメルカリのNFT版だと考えるとわかりやすいと思います。

Openseaについては、OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④ロイヤリティ

ロイヤリティとは、NFTを転売した際の収益がクリエイターにも還元される仕組みのこと。

転売される度に利益の一部がロイヤリティとしてクリエイターに支払われます。

 

⑤ウォレット(Wallet)

ウォレットとは、仮想通貨を安全に保管できるネット上の財布のことです。

仮想通貨は電子データとして暗号化され、ウォレット内に保管されます。

そのため、ハッキングのリスクを減らすことができます。

また、ウォレットは仮想通貨の保管以外にも入出金なども可能です。

 

⑥メタマスク(MetaMask)

MetaMaskイーサリアム系のトークンやNFTをWeb上で一括管理できる仮想通貨ウォレットです。

仮想通貨の保管・管理だけではなく、分散型取引所やdApps、ブロックチェーンゲームへ連携、利用が可能です。

今流行している分散型取引所(DEX)のPancakeSwapや、NFTマーケットプレイスのOpenSeaを利用するためには、仮想通貨ウォレットを連携する必要があります。

また、仮想通貨取引所に購入した仮想通貨を置いたままにしていると、万が一取引所がハッキングされてしまったら、所持していた仮想通貨も無くなってしまう可能性があります。

そうした仮想通貨取引所のハッキングリスクを回避するためにも、自分が所有している仮想通貨ウォレットに仮想通貨を移しておく必要があるのです。

 

⑦GOX(ゴックス)

GOX(ゴックス)は、取引所などに預けていた資産を盗まれることを意味します。

過去に起きた仮想通貨取引所の「Mt.Gox(マウントゴックス)」社がハッキングによりBTCを盗まれた事件が由来です。

ちなみに、送金ミスなど自分のミスで資産を失うことを「セルフGOX」と呼びます。

 

⑧ジェネラティブ

ジェネラティブNFTとは機械で自動生成されるNFTのこと。

あらかじめキャラクターや配色を設定しておき、プログラムでそれらを組み合わせることによりバリエーション豊かなNFTを生成。

有名コレクションであるBAYCもジェネラティブNFTです。CryptopunkやCryptoNinjaなどもジェネラティブNFTです。

商品ページのプロパティを見ると、以下のように背景や、アクセサリー、表情など様々なパーツを組み合わせていることがわかります。

その他、CryptopunkやCryptoNinjaなども全てジェネラティブNFTであり、現在のNFTアートの主流と言えます。

同一の組み合わせは存在しないため、レアな組み合わせの個体はプレミアがついて高値で取引される傾向にあります。

ジェネラティブNFTについては、ジェネラティブNFTとは?特徴や買い方、おすすめコレクションについて解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑨スマートコントラクト

スマートコントラクトとはあらかじめ設定されたルールに従って自動で実行されるプログラムのことです。

自動で取引を承認したり、契約を締結したりできるため、取引履歴データの偽造や改ざんなどのリスクを低減できるメリットがあります。

 

⑩SBT(ソウルバウンドトークン)

SBT(ソウルバウンドトークン)は譲渡や転売できないNFTを指します。

トークンが特定のアカウントに紐づけられるため、学歴や身分の証明に使われると期待されています。

 

⑪Discord(ディスコード)

Discordはオンラインでのコミュニケーションを可能にするオープンソースの、プラットフォームを提供するオンラインチャットアプリです。

テキスト、音声、ビデオチャットなど、あらゆる形式のコミュニケーションを行うことができます。

Discordは、コミュニティやギルドなどのグループを作成し、その中で友人とチャットを行うことが可能です。

 

⑫DYOR

DYORとは、「Do Your Own Research(自分で調べる)」という意味です。

投資などで用いられ、投資を考える際には、自分で詳しく調べるようにという意味合いがあります。

 

⑬Binance(バイナンス)

Binance

20196ート

Binanceの割

Binanceく、多様なート

Binanceについては、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑭Blockchain (ブロックチェーン)

Blockchain(ブロックチェーン)は分散型データベースであり、非常に安全な取引を可能にします。

ットークの分

Blockchainています。

ランの高る点な技術と言えます。

 

⑮Bot(ボット)

Botットール

ットットーワード

シャディーワードット使

 

⑯PFP(ピーエフピー)

NFTのPFPは「Profile Photo」または「Profile Picture」の略で、SNSのプロフィールアイコン用の画像のことを指しています。

>>NFTアイコンとは?メリット・デメリット、おすすめコレクションについて解説

PFPをNFTに設定することで、自分の趣味や所属するコミュニティを表現することが可能です。

自分が作成したNFTや、保有するNFTをアイコンに設定することで自分の活動や好み、所属するコミュニティなどを周知する効果があります。

現在ではPFPがNFTの主流となっており、売上ランキング上位の全てがPFPといっても過言ではありません。

ファッション感覚でTwitter等のアイコンにNFTを設定できるため、その時々でお気に入りのPFPを設定するユーザーが多いです。

PFPについては、NFTのPFPとは?特徴やメリット、おすすめコレクションについて解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑰フルオンチェーン

フルオンチェーンとは全てがブロックチェーン上に書き込まれるNFTの総称です。

フルオンチェーンNFTは、ブロックチェーン上にデータを書き込むことで、所有権や個別性を保証することができます。

ブロックチェーン上に直接データが書き込まれているため、永遠にそこに存在します。

 

⑱ホワイトリスト(WL)・アローリスト(AL)

NFTのホワイトリスト/アローリストとは、NFTを優先的に安く購入するためのリストのことです。

>>NFTのホワイトリストとは?概要や獲得条件、メリットについて徹底解説

具体的にはプレセール前の指定日までにホワイトリスト/アローリストに登録しておくと、そのNFTの優先購入権が与えられます。

ホワイトリスト/アローリストで購入したNFTは通常よりも安く購入できるため、転売することで利益を得やすいのが特徴です。

ホワイトリスト/アローリストの登録時はSNSフォローやRT、Telegram参加なのどのタスクが課せられることが多く、そのコレクションのマーケティング活動の一部を担う形となります。

ただし、ホワイトリスト/アローリストにも登録人数の上限や抽選方式などにより100%安く買えるわけではないので注意が必要です。

 

⑲Mint(ミント)

NFTのMint(ミント)とは、デジタルアートをNFT化する際にブロックチェーンに記録する作業のことです。

>>NFTのホワイトリストとは?概要や獲得条件、メリットについて徹底解説

こう書くと難しいかもですが、ざっくりと「Mintする=NFTにする」くらいのイメージでOK。「Mint」という英単語は「作り出す」という意味なので、それが由来となっています。

従来のデジタルアートはネット上に公開すると即座に複製され、どれがオリジナル作品なのかが判別できませんでした。

しかし、NFTにすることでブロックチェーン上に作成者情報が永遠に記録されるため、オリジナルであることが客観的に証明されます。

また、既存のアート作品は最初に売れた時しかクリエイターに報酬は入りませんが、NFTであれば二次流通でもクリエイターに報酬が入ることが特徴です。

最近ではスマホアプリで誰でも簡単にイラストが描けるので、それをNFTにして稼いでいる人も増えています。

NFTアートを作るおすすめアプリについては、【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】で紹介しているのでよかったらどうぞ。

 

⑳メタバース

メタバースとは、簡単に説明すると「経済圏を持った仮想空間」です。

メタバースはオンラインゲームとは異なり、クリアすべき特定のゴールなどはありません。

その代わり、友人とのコミュニケーションやショッピング、そしてビジネスでの利用など、現実世界とほぼ同じ経済活動を行えることが大きな特徴です。

>>【実例あり】メタバースでできること8選【おすすめプラットフォームも紹介】

メタバースの語源は、英語の「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語です。

 

㉑ガス代

NFTのガス代とは手数料のことです。

>>【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

NFTはブロックチェーン上に存在する電子データであるため、取引履歴がブロックチェーンに保存されます。

こうした取引履歴の承認は「マイナー」によって行われており、ガス代はマイナーに支払う手数料として利用されています。

 

㉒Giveaway

NFTのGiveawayとは、NFTコレクションの宣伝のために無料でNFTアートをプレゼントする企画のことです。

僕も自分のNFTコレクションを運営しており、以下のように定期的にGiveawayを実施しています。

Giveawayの応募には以下の条件が課されることが多く、効率的にフォロワーを獲得し、コレクションの認知度を上げることができます。

  • 企画者をフォロー
  • いいね
  • RT

ぼくも上記ツイートの通り、フォロー・いいね・RTをお願いしています。

Giveawayに当選した場合は無料でNFTアートを入手することができ、価値が上がった際には転売することで利益を得ることができます。NFT転売のコツは以下の記事で詳しく解説しています。

>>【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

いくつかのGiveawayに応募しておくと当選しやすいため、Giveaway専門のアカウントを複数作成しているNFTコレクターもいます。

NFTに興味があってもあまり予算をかけられない場合は、Giveawayに応募してみると良いでしょう。

 

㉓リスト(List)

List(リスト)とは「NFTを出品する」という意味です。

要はNFTを販売するという意味で「リストする」などと言ったりします。

 

㉔AMA(Ask me anything)

AMAーネットQ&A

、NFTコレクション運営者けることが可能です。

 

㉕プレセール

プレセールとはホワイトリスト/アローリスト保有者向けのセールのことを指します。

 

㉖パブリックセール

パブリックセールとはNFTの一般販売のことを指します。

 

㉗エアドロップ(Airdrop)

エアドロとはNFTを無料でプレゼントする企画のことです。

TwitterのフォローやRTが条件として課されることが多く、プロジェクトの宣伝のためにエアドロが行われます。

 

㉘スワップ(Swap)

スワップとは仮想通貨を他の仮想通貨に変更するプロセスです。

スワップは取引所または他の取引プラットフォームを介して行われます。

取引所は取引安全性を確保するため、取引プロセスを改善し、安全な取引を実現するためのプライバシー保護機能を提供しています。

取引所は、個人のデータを保護するための密約技術やパスワード管理技術を使用しています。

 

㉚ガチホ

ガチホは「ガチでホールドする」という意味です。

ガチホ自体は投資用語であり、短期の価格変動は気にせずとにかく長期保有するというスタイルです。

 

㉛リビール

NFTのリビール(Reveal)とは、NFTの絵柄を明らかにする作業のことです。

こう書くと難しいかもですが、ざっくりと「リビール(Reveal)する=本来のNFTアートの姿を現す」くらいのイメージでOK。

「Reveal」という英単語は「明らかにする、あらわにする」という意味なので、それが由来となっています。

最近のNFTアートはジェネラティブNFTが主流でリビール(Reveal)までは同じ絵柄で、本当の絵柄が隠されているケースが多いです。

>>ジェネラティブNFTとは?特徴や買い方、おすすめコレクションについて解説

これにより、ガチャみたいな感覚で自分の持つNFTがどんなデザインなのかがワクワクするんですよね。

リビール(Reveal)のタイミングは主に以下の3つで行われます。

  1. 発行者から購入者にNFTがトランスファーしたタイミング
  2. 運営が設定した日時のタイミング
  3. 特定のイベントをクリアしたタイミング

最も多いのは②の運営が設定した日時でリビール(Reveal)されるケースです。

運営がdiscordや公式サイトなのでリビール(Reveal)日を公開しているので、こまめにチェックしておきましょう。

 

㉜イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、さまざまな契約を自動で履行できる「スマートコントラクト」機能を持つプラットフォームです。

このプラットフォーム内でガス(手数料)として使える暗号資産をイーサ(単位: ETH )と呼びます。

2021年現在、イーサ(ETH)はビットコイン(BTC)に次いで時価総額2位であることから、実用性への期待感が伺えます。

参加者の合意を形成するコンセンサスアルゴリズムには、マイニングで通貨を発行するProof of Work(PoW)が用いられています。

今後は通貨の保有量や日数によってマイニング難易度を柔軟に調整するProof of Stake(PoS)に移行する予定です。

イーサリアムはDApps開発プラットフォームで大きなシェアを占めていますが、手数料の高騰や処理遅延といった「スケーラビリティ問題」の解決が急務となっています。

 

㉝ビットコイン(Bitcoin)

ビットコイン(BTC)は暗号資産(仮想通貨)の一種であり、知名度・時価総額共にNo.1の暗号資産(仮想通貨)です。

2008年にサトシ・ナカモトによって開発され、当時はその革新的な技術が注目を集めました。

ビットコイン(BTC)のネットワークは、ブロックチェーンという分散型台帳技術によりデータの透明性や安全性を担保していることが特徴です。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

ブロックチェーンではすべての取引データをブロックと呼ばれるデータの塊にして、チェーンのように繋いでいます。そのため、改ざんしようとするとそのチェーンの整合性が崩れて、すぐに検知されるため改ざんはほぼ不可能です。

こうしたビットコイン(BTC)の高い安全性やその資産価値から一時1BTC=700万円を突破するなど価値が年々上昇し続けており、今後さらに価格が上昇すると見込まれています。

 

㉞トークン

トークンとは、デジタル空間上で個々の資産を識別するために使用されるデータのことです。

一般的には、ブロックチェーン上で使用されるオンラインコインから物理的な商品まで様々なものを表すために使われています。

デジタル資産の価値を表しているため、テクノロジーを使用して金融取引を行うのに有用なものでもあります。

いくつかのプラットフォームでは、特殊なトークンを使用して、投票機能や注文処理に利用しているケースもあります。

 

NFTの用語集のまとめ

仮想通貨Ravencoin(RVN)は今後需要が増える見込み

今回はNFTの用語について解説しました。

NFTの用語を正しく理解しておくことで、正しく情報収集ができるようになります。

今回紹介したNFT用語をきちんと理解し、NFTで効率的に稼いでいきましょう!

繰り返しですが、NFTを購入するためにはイーサリアム等の仮想通貨が必要であり、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

NFTに興味があって口座を持っていない方は、アプリダウンロード数No1コインチェックでサクッと口座を無料開設しておきましょう。

この記事を読んだ97%の人が行動しません。行動するだけで3%になれるので、迷っているなら行動することをおすすめします。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5