NFT

DEFYとは?特徴・始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
DEFYというゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?DEFYの特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • DEFYの概要
  • DEFYの特徴
  • DEFYの始め方
  • DEFYの稼ぎ方
  • DEFYの将来性
  • DEFYに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Move to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月170万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩きながら稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「DEFY」です。

DEFYはMove to EarnにAR要素を取り入れたゲームです。

今回は日頃からMove to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、DEFYの特徴や始め方などを詳しく解説していきます。

今回の記事を読むことでDEFYの始め方をしっかりと理解することができます。

なお、DEFYを始めるためにはマスクNFTを購入する必要があるため、仮想通貨取引所の口座開設が必須となります。

稼ぐチャンスを逃さないためにも、今のうちにDEFYを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、マスクNFT購入用のイーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

DEFYの概要

引用:DEFY公式サイト

ゲーム名 DEFY
対応言語 英語
対応機種 Android版、iOS版
トークン FCOIN・DEFY
ブロックチェーン Polygon
公式サイト https://defydisrupt.io/

 

DEFYとは、歩いて稼ぐMove to EarnゲームにAR要素を取り入れたゲームです。

以下の公式動画を観ると概要が掴みやすいかと。

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたPolygon(ポリゴン)チェーンを利用して開発されています。

>>仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

パズルを解いたり、マップを見ながら報酬を獲得して回るなど戦略性があるので、歩くだけのSTEPNなどと比較すると少し難易度が高い傾向にあります。

AR要素があるのでポケモンGOやドラクエウォークに近いかもしれません。将来的にはドローンを打ち落とすといったゲーム要素も加わる予定とのこと。

DEFYはThe SandboxやOpensea等に出資する香港の大手ゲーム会社であるAnimoca Brandsと提携しており、今後の将来性が期待されています。

 

DEFYの特徴

引用:DEFY公式サイト

 

DEFYの特徴は以下のとおり。

  1. AR要素を取り入れたゲーム
  2. マスクNFTが必要
  3. 2種類のトークン
  4. polygonチェーンを採用

順番に説明します。

 

①AR要素を取り入れたゲーム

DEFYはMove to EarnにAR要素を取り入れたゲームです。

メタバースの世界を支配するFuture Systemsという組織を倒すというゲームストーリーであり、各エリアを監視するドローンの目をかいくぐり、ネットワークをハッキングする必要があります。

引用:DEFY公式サイト

このように、AR要素を加えたことでゲームの攻略性が高くなり、よりゲームに没頭して楽しめるように作られています。

DEFYはゲームプレイヤーのライフスタイルを改革し、ゲームに費やす時間を価値あるものにすることを目的に開発されており、大きな理念として以下の3つを掲げています。

  1. まともな生活費を稼ぎ、奨学金を卒業する
  2. 体を動かし、健康を増進し、自分の世界を探索する
  3. コーディングやその他の貴重なスキルの基礎を学ぶ

ゲームを通じてこれらのことを習得する機会をプレイヤーに提供しています。

 

②マスクNFTが必要

引用:DEFY公式サイト

DEFYを始めるためには最初にマスクNFTと呼ばれるNFTを購入する必要があります。

DEFYでプレイヤーはこのマスクNFTを装着し、自分の正体を隠してハッキングに挑みます。

マスクはDEFYアプリ内でMINTして入手できますが、以下のようにOpenseaでも購入可能です。

引用:Opensea

マスクには大きく分けて2つの種類があります。

 

ジェネリックマスク

アカウント作成時に無料で配布される汎用マスクです。

 

プレミアムマスク

プレミアムマスクは、ジェネリックマスクよりも大きなメリットがあり、プレミアムマスク所持者のみが使える機能等が用意されています。

また、プレミアムマスク所有者はゲーム内の土地を購入することができます。土地の所有者は、その境界内で獲得したFCOINに対して報酬を得ることができます。土地はNFTマーケットプレイスで売買可能です。

また、プレミアムマスクはゲーム内でアップグレード可能で、近日公開予定の機能「MINT」を使用することで、NFTマスクをバーンして新しいより良いマスクを作ることができるようになります。

 

NFTの買い方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③2種類のトークン

DEFYにはFCOINとDEFYの2種類のトークンが存在します。

それぞれのトークンの用途の違いは以下のとおりです。

 

FCOIN

FCOINは、DEFYのゲーム内トークンです。

FCOINはFuture Systems coinの略で、メタバースを支配するFuture Systems metaverseで流通する通貨です。当初はFCOINは世界に大きな利便性をもたらしましたと考えられていましたが、人間の生活をコントロールするために使われていることが明らかになります。

引用:DEFY公式サイト

FCOINは世界中に散らばるFuture Systemsのタワーをハッキングすることで獲得することができます。そのほかにもゲーム内のタスクを完了することによっても獲得できます。

FCOINはゲーム内でNFTを購入する際に使用したり、装備のアップグレードに使用したり、DEFYプラットフォームを通じてDEFYに交換することができます。

FCOINをKhaos treasuryに送ると、プレーヤーの貢献度に応じて6時間ごとにDEFYトークンが付与されます。

 

DEFY

DEFYは、DEFYエコシステムのガバナンスとユーティリティを担うトークンです。

DEFYは、Polygon layer 2プラットフォーム上のERC-20暗号トークンです。ゲーム内で収集したFCOINをスワップして獲得したり、DEX/CEXで購入したりすることができます。

DEFYトークンはゲーム内のNFT資産の購入や、DEFY DAOを介したガバナンストークンとして使用されます。

DEFY DAOを通じて業務提携や開発計画などについてプレイヤーが投票する機会を与え、ユーザーの意見を運営に反映します。

DEFYの運営チームは、ユーザーがゲーム構造や報酬構造、そしてストーリー展開について意見を言って参加できるようなDAOを目指しています。

DAOについては、仮想通貨のDAO(自律分散型組織)とは?概要やメリット・デメリットを徹底解説で詳しく解説しています。

 

④polygonチェーンを使用

DEFYはpolygonチェーンを使用して開発されています。

>>仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

polygonチェーンはガス代が安く取引が高速という点が特徴であり、ゲーム内のNFT売買などがストレスなく行えます。

例えばイーサリアムの処理速度が10件/1秒程度なのに対し、Polygonは6,000件/1秒を処理することが可能です。

DEFYではマスクNFTや装備などのNFTを売買する機会が多いので、低コスト・高速処理のpolygonチェーンによって活発な取引を促すことにつながります。

 

DEFYの始め方

引用:DEFY公式サイト

 

DEFYの始め方について説明していきます。

他のNFTゲームを始める際にも必要になる手順なので、早めに済ませておきましょう。

  1. コインチェックで口座開設
  2. Metamaskをインストール
  3. NFTプラットフォームとMetamaskを接続

順番に解説します。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際に必要なマスクNFTの購入にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設してイーサリアムやリップルなどの仮想通貨を購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

③NFTプラットフォームとMetamaskを接続

続いて、NFTプラットフォームとMetamaskを接続します。

DEFYのマスクNFTはOpenseaで購入できるので、Openseaと接続しておきましょう。Openseaの使い方については以下の記事で詳しく解説しています。

>>OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

Metamaskの接続のやり方は以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

DEFYの稼ぎ方

引用:DEFY公式サイト

 

DEFYの稼ぎ方は以下の3つです。

  1. タワーハッキングで稼ぐ
  2. NFTを売って稼ぐ
  3. 土地を保有して稼ぐ

順番に解説します。

 

①タワーハッキングで稼ぐ

1つめがタワーをハッキングしてFCOINを獲得する方法です。

タワーの侵入に成功すると、そのタワーのハッキングを開始することができます。

制限時間内に一連のタスクを完了することで、ハッキングに成功しデータにアクセスできるようになります。各チャレンジでは、コードがグリッド状の文字とともに表示されます。

引用:DEFY公式サイト

グリッドに表示されたコードを正しく見つけると、タスクが完了します。

以下のようにタワーの種類によって難易度が設定されており、獲得できるFCOINの数が異なってきます。

難易度 獲得できるFCOINの量
Low 0 - 5,000
Middle 5,000 - 10,000
High 10,000以上

そのため、効率的に稼ぐたまえには難易度がHighのタワーを積極的に攻略する必要があります。

 

②NFTを売って稼ぐ

自分が保有するマスクNFTを売って稼ぐことが可能です。

マスクNFTは以下のようにマーケットプレイスで売買可能であり、買った価格より高く売ることで利益を得ることができます。

引用:Opensea

特にプレミアムマスクは高値で取引される傾向にあるため、転売することで利益を得やすい傾向にあります。

NFT転売で利益を得るコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③土地を保有して稼ぐ

引用:DEFY公式サイト

ゲーム内の土地を保有して稼ぐことができます。

プレミアムマスク保有者はゲーム内の土地区画であるLANDをDEFYを使って購入することができ、その土地で発生した報酬の一部を受け取ることができます。

土地の価値はその地域のプレイヤーの交流度合いが高まるにつれて上昇していき、マーケットプレイスで売買することもできます。

LANDの所有者はその土地内でNFTアートを展示したり、音楽を流すなどカスタマイズして付加価値をつけることが可能です。

ちなみにここ最近、メタバース内の土地は不動産価値があるため大手企業などがこぞって購入しています。

メタバースの土地の買い方については、【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

DEFYの将来性

引用:DEFY公式サイト

 

DEFYの将来性についても見ていきましょう。

  1. トークンアロケーションが理想的
  2. ロードマップが明確
  3. 多数の企業との提携

順番に解説します。

 

①トークンアロケーションが理想的

DEFYのトークンアロケーション(配分割合)は理想的なバランスと言えます。

引用:DEFY公式サイト

コアチームの保有割合が15%であり、エコシステムへの配分が29%となっています。

運営の保有割合が多いとプロジェクト途中でのトークンの持ち逃げなどのリスクが高いですが、15%なので理想的な割合と言えるでしょう。

 

②ロードマップが明確

DEFYはロードマップを明確に示しています。

引用:DEFY公式サイト

 

2023年までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

フェーズ1

  • DEFYホワイトペーパーリリース
  • DEFYトークンの戦略的パートナーシップ
  • トークン公開プレセール
  • トークンDEX/CEX上場
  • Genesis NFT仮想プライベートマスクミント
  • モバイルアプリ クローズドアルファリリース

 

フェーズ2

  • モバイルアプリベータ版リリース
  • PvEゲームのグローバルライブ
  • DEFY LANDセール
  • セカンダリーNFT仮想プライベートマスクミント
  • FCOIN→DEFYトークンのスワップ開始

 

フェーズ3

  • ファクション&PvPプレイ
  • 自宅からハック
  • パッシブで稼ぐ機会

 

フェーズ4

  • カスタマイズ可能な仮想空間「LAND」
  • クリエイターズプラットフォーム
  • アバターの充実

 

トークンのスワップ機能や自宅からのハックモード追加等を予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③多数のメディア・企業との提携

DEFYは既に多数の企業との提携を果たしています。

引用:DEFY公式サイト

先述の大手ゲーム会社であるanimoca BRANDSや「ダストランド・ランナー」を開発するOLIVEX等、有名企業とパートナーシップを締結しています。

こうした大手企業との提携により、より魅力的なゲーム開発が行えるようになります。

 

DEFYに関するよくある質問

 

最後にDEFYに関するよくある質問に答えます。

  1. DEFYは無料で遊べる?
  2. DEFYはスマホで遊べるの?
  3. 他のアプリと同時使用できる?

順番に回答します。

 

①DEFYは無料で遊べる?

DEFYは無料では遊べません。

最初にマスクNFTを購入する必要があり、約5万円ほど初期費用が必要です。

引用:Opensea

ただ、今後イーサリアムの価格変動等で安く買える可能性もあるので、相場をチェックしておきましょう。

>>【2022年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

 

②DEFYはスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

iOSとAndoroid対応のアプリがリリースされているため、インストールするだけでOKです。

その他のスマホで遊べるブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③他のアプリと同時使用できる?

はい、同時使用できます。

実際にSTEPNなどと併用しているユーザーが多いため、それぞれのゲームのトークンを獲得できます。

こんな感じでいくつものアプリを併用することで、トークンの獲得効率を何倍にも高めることができます。

特に歩いて稼ぐSTEPNとの相性が良いため、一緒にSTEPNを始めることをおすすめします。STEPNの始め方は以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【簡単】STEPN(ステップン)の始め方・やり方を画像付きで徹底解説

 

まとめ:DEFYは新タイプのMove to Earnゲーム

 

今回はDEFYの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

DEFYはMove to earnゲームにAR要素を加えた新しいゲームであり、今後人気を集めることが予想されます。

そのため、ユーザーが少ない今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、DEFYで獲得したトークンを日本円に換金するためには、国内取引所の口座開設が必須となります。

そのため、スムーズに日本円で受け取るためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5