NFT

【2022年版】NFTトレカとは?仕組みや購入方法をわかりやすく解説

NFT

 

悩んでいる人
NFTトレカを買ってみたいけど買い方がわからない。NFTトレカの買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTトレカとは?
  • NFTトレカの特徴
  • おすすめNFTトレカ5選
  • NFTトレカの買い方
  • NFTトレカの将来性
  • NFTトレカに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

 

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらにNFTアート作品を作成・販売しており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

2020年、人気アイドル「SKE48」のNFTトレカが発行され、即日完売となり大きな話題となりました。

>>【画像付き】コインチェックでSKE48の「NFTトレカ」を購入する手順を解説

自分でもNFTトレカを買ってコレクションしたり、転売で儲けてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、NFTトレカの仕組みや買い方などについてわかりやすく解説します。

この記事を読むとNFTトレカの概要が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、NFTトレカを入手するにはビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

NFTトレカとは?

NFTの概要

 

NFTトレカとは、ブロックチェーン技術を使って発行されたトレーディングカードです。

NFTは「代替不能なトークン」の意味であり、「世界にひとつしかない」ことを意味しています。

>>NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

このNFTの特徴をトレーディングカードに実装したのが、NFTトレカです。

NFTトレカそれぞれの所有者が明確になっており、発行枚数が限られていて複製不可能なので1枚1枚に高い希少性があります。

例えば、発行枚数が100枚しかないNFTトレカはかなりの高額で取引されることになります。

NFTトレカはブロックチェーン上に存在するので、世界中のユーザーと取引ができ、さらに破損したり紛失したりすることが無い点が魅力です。

 

NFTトレカの特徴

NFT

 

NFT特徴は以下の通りです。

 

  1. 改ざんが困難
  2. カードが資産になる
  3. 誰でも購入できる

 

①改ざんが困難

NFTトレカはブロックチェーン技術を使って発行されています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?仕組みやメリットを解説

ブロックチェーンは情報の改ざんが難しいという特徴を持っています。

そのため、NFTトレカを複製することが難しいため、そのNFTトレカの価値が保証されます。

 

②カードが資産になる

NFTトレカは唯一無二であることが証明されているため、資産としての価値を持ちます。

従来のトレカはゲームで使うか、コレクションするくらいしか使い道が無いのが現状でした。

一方、NFTトレカは従来の使い方以外にも、カード自体の価格が変動するので安い時に買って高い時に売ることで利益を出すことが可能です。

>>【2022年】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

このように株や不動産のように資産化する点がNFTトレカの特徴のひとつです。

 

③誰でも購入、販売が可能

NFTトレカは誰でも購入、販売が可能です。

取引に際しての条件や制限は無いことが特徴です。

そのため、購入へのハードルが低いこともNFTトレカの利点と言えるでしょう。

 

おすすめNFTトレカ5選

おすすめNFTトレカ5選

 

ここからは、おすすめのNFTトレカを5つご紹介します。

 

  1. SKE48
  2. BABYMETAL
  3. ももいろクローバーZ
  4. CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  5. Sorare(ソラーレ)

 

①SKE48

SKE48

出典:http://ske48.enskyshop.com/

人気アイドルグループ「SKE48」が発行するNFTトレカです。

発行枚数が100枚と限られていることから、カードの希少性が上がりファン以外にもコレクターアイテムとして人気を集めています。

SKE48はアイドルグループの中で先駆けてNFTトレカに参入しており、他のアイドルを牽引していると言えるでしょう。

 

②BABYMETAL

babymetal

ヘビメタ×アイドルユニットのBABYMETALが発行するNFTトレカです。

国内よりも海外で大変な人気となり、海外ロックフェスなどにも出演している実力派ユニットです。

2021年5月に結成10周年を記念した「METAL RESISTANCE全10章」というNFTトレカを発売し、大きな注目を集めました。

アメリカの特設サイトで72時間&1,000セットのみの限定発売ということもあり、ファンを中心に購入され即日完売となりました。

 

③ももいろクローバーZ

ももクロ

人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が発行するNFTトレカです。

東京ドームで行われた結成10周年ライブの模様を限定2,288パックで販売しています。

NFTマーケットプレイスのOpenseaで販売されており、仮想通貨のイーサリアムで購入可能であることも大きな特徴です。

>>OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

国内ではコインチェックが「Coincheck NFT(β版)」というNFTマーケットプレイスを運営しています。

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

④CryptoSpells(クリプトスペルズ)

cryptospells

CryptoSpellsは、対戦型のカードゲームです。数多くのプレイヤーがいることで知られており、大会も開催されています。

カード自体も活発に売買されており、レアなカードは数十万円の値段がつくこともあります。

CryptoSpellsのカードは、別のカードゲームである「MyCryptoHeros」に持ち込んで遊ぶことができることも特徴です。

 

⑤Sorare(ソラーレ)

sorare

Sorareは、実際のサッカーゲームと内容がリンクしているNFTゲームです。実在のプロサッカー選手のNFTトレカを売買可能です。

具体的な収益化の方法としては、チームの作成、トーナメントへの参加、NFTトレカの売買などです。

ゲーム内で使用したチームが実際の試合で勝利すると、報酬が得られることも特徴です。

 

NFTトレカの買い方

NFT

 

それでは、NFTトレカの買い方を具体的に解説していきます。

NFTトレカの買い方の手順は以下のとおり。

 

  1. コインチェックに登録
  2. Coincheck NFT(β版)にログイン
  3. 好きなNFTトレカを購入

 

①コインチェックに登録

NFTトレカを買うための最初のステップとして、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

まず、以下のリンクからコインチェック公式サイトにアクセスし、口座を開設しておきましょう。

 

コインチェック公式サイト

 

②Coincheck NFT(β版)にログイン

コインチェックに口座開設できたら、さっそくログインしましょう。

ログイン後、左側の「Coincheck NFT(β版)」をクリックし、続いて「NFTトレカ」をクリックしましょう。

coincheckNFT02

 

左上に「出品中」と表示されている商品をクリックします。

 

コインチェック②

 

すると以下のような商品詳細ページに移動するので、「購入確認」をクリックします。

 

コインチェック③

 

その後、確認画面になるので「購入」をクリックすれば購入完了です。

 

コインチェック④

 

NFTトレカの購入はビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめビットコインなどを買っておくのを忘れないようにしてください。

 

NFTトレカの将来性

NFTトレカの将来性

 

NFTトレカの将来性は以下のようなものがあります。

 

  1. 手数料が安くなることで取引量が増加
  2. 2030年に暗号資産市場は約5430億円になると予想されている
  3. 日本でもNFTイベントが開催され始めている

 

①手数料が安くなることで取引量が増加

現在、NFTトレカが流通しているイーサリアムは手数料高騰と処理速度遅延といったスケーラビリティ問題が課題となっています。

こうした課題を解決するため、polygonなど手数料が安く、高速処理が可能なブロックチェーンが次々と登場しています。

このように格安・高速で利用できるブロックチェーンを活用することで、NFTトレカの売買がより活発になると見られています。

 

②2030年に暗号資産市場は約5430億円になると予想されている

コインデスクによると、暗号資産市場の成長率は2021年から毎年12.8%ずつ伸びていき、2030年には2021年の3倍になる約5430億円まで成長するとの調査を発表しました。

NFTはブロックチェーンの技術を使って成り立っているので、暗号資産市場の規模が増えればユーザーも増加し、よりNFT業界が盛り上がっていくことは間違い無いでしょう。

NFT需要の増加に伴いNFTクレカの取引量も増えていくはずです。

 

③日本でもNFTイベントも開催されはじめている

現在では海外で盛り上がっているNFT業界ですが、日本でもNFTには注目が集まっており、NFTを扱ったイベントが少しずつ開催されはじめてきました。

2021年10月16日にはCrypto2.0ProtocolTerminalが企画する「Future of Blockchain -ブロックチェーンが魅せる未来-」でNFTを使ったライブパフォーマンスが行われました。

そのほかにも、7月にはアジアで開催されるNFTの祭典「Crypto Art Week Asia (クリプトアートウィーク・アジア)」が東京と大阪の2都市で開催されています。

今後も日本でNFTを扱うイベントの数は増えていくでしょうし、より身近にNFTに触れる機会も増えていくと考えられます。

日本は漫画やアニメなど、優良なコンテンツが多数存在しますので、今後世界に向けて日本が率先して魅力的なNFTトレカを発売すると見られています。

 

NFTトレカに関するよくある質問

 

続いて、NFTトレカに関するよくある質問に答えます。

 

  1. NFTトレカは日本円で購入できる?
  2. NFTトレカは未成年でも買える?
  3. NFTトレカを転売した利益は税金がかかる?

 

①NFTトレカは日本円で購入できる?

いいえ、できません。

現状ではNFTトレカはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)で購入する形となっています。

そのため、NFTトレカを買いたい場合は仮想通貨取引所でビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をあらかじめ購入しておく必要があります。

 

②NFTトレカは未成年でも買える?

はい、買えます。

ただし、取引所によっては未成年の口座開設が不可な場合もあるので、事前に確認しましょう。

また、NFTトレカ購入に際しては親権者の同意を得てください。

 

③NFTトレカを転売した利益は税金がかかる?

はい、税金がかかります。

NFTトレカで転売した利益は「雑所得」となり、課税対象です。

事前にしっかりと税金のことを調べてからNFTトレカを購入するようにしましょう。

 

NFTトレカのまとめ

まとめ:今のうちに購入しておけば将来価値が上がる可能性も

 

以上、NFTトレカの仕組みや買い方について解説してきました。

NFTはまだ知らない人も多く、今のうちから始めることで先行者利益を得ることができます。

迷っている時間がもったいないので、少しでもNFTトレカに興味があるなら行動してみましょう。

なお、NFTトレカを売買する際にはビットコイン・イーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。コインチェックで口座を開設してNFTトレカ購入用のビットコイン等を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5